2013/12/16

冬の松島 思うこといろいろ

この間、養老渓谷の帰り道。

「泊りでどこか行こうよ。どこでもいいからさ」と母。
この、どこでもいいから。を、真に受けてはいけないことは
長年娘をやっていればわかること。
ついでに、母の行きたいところ≠私の行きたいところ。
これも、まぁ、よぉーーーーくわかっております。

で、あれこれ考えて…
2013.12.12.miyagi 088
ちょっとだけでも応援ツアー。

初めの予定。
1日目:松島観光
2日目:女川町から南三陸へ。最後に気仙沼でお買い物♪

自分の記憶の中に震災のことは留めておきたかった。
で、ボランティアには行けなかったけど…
たくさんの義援金は贈れなかったけど…
でも、何かしたかったから。
ホントはもっと早く行きたかったんだけど、何しろ遊ぶのに忙しかったからさ。


一応、大雑把に予定は伝えておいたはずだけど、
延々と東北道を北上中「せっかくだから、中尊寺も行こうよ。
ずいぶん前に行ったけど、世界遺産になってからは行ってないからさ」
と、母の一言で、大幅に予定変更。(泣)

あのぉ。。。
私、日光の社寺が世界遺産になってから、まだ一度も行ってないんですけどぉ。(笑)



朝6時。実家へ母を迎えに行き、中尊寺の本堂でお参り。
2013.12.12.miyagi 006
お賽銭を入れて、手を合わせたところで…

正午を告げる鐘が鳴りました。
2013.12.12.miyagi 007
このお坊さん。足元はプーマの青いスニーカー。
このミスマッチ。カッコ良すぎ!!!(笑)

この建物の中に、金色に輝くお堂が入ってます。
昔来た時は、人の頭ごしに金色堂を見たけれど、
この日はほぼ貸切。真っ正面で説明アナウンスを聞きましたとさ。
2013.12.12.miyagi 008

もう一つ世界遺産の毛越寺。
平安様式の本堂がとってもいい感じ。
2013.12.12.miyagi 010

で、もっと素敵なのが浄土庭園。
2013.12.12.miyagi 014

もっと味があるのが、常行堂。
茅葺き屋根のお堂がたまりません♪
2013.12.12.miyagi 016

浄土庭園のシンボルとなる池中立石。
この微妙な方向き加減がよろしいそうですが、震災の後は、
もっと傾いてしまっていたそうです。無事復活。
2013.12.12.miyagi 018


一関から1時間半かけて松島へ…
おいしい懐石料理をいただいて(食べてしまったので写真なしっ!)
トロッとしたお湯の松島温泉にのぼせるほど浸かって
眠れない長ぁ~~い夜を過ごして・・・

翌朝っ。
2013.12.12.miyagi 019

空の色が、刻一刻と変わっていく。
2013.12.12.miyagi 022

2013.12.12.miyagi 026

2013.12.12.miyagi 029

きたぁ~~!
2013.12.12.miyagi 032

どーーしても、キラキラ輝く海面を見ると、この曲が頭の中を巡りだす。
「輝きの海へ」 やぎりん。サイコ~♪
2013.12.12.miyagi 034
めぐやん中3 なおやん中1の時の吹奏楽コンクール。
泣いて笑っての思い出の曲だからさ。

眠れない夜。何をしてたかと言うと、、、
部屋についてた露天風呂に浸かってた。(笑)
2013.12.12.miyagi 035
で、朝になってから、もう一回(呆)

松島へ来たら、やっぱり行かなきゃね。瑞巌寺。
この参道の雰囲気はとっても好きかも。
で、ふわっと漂う針葉樹の香り♪
2013.12.12.miyagi 037

間もなく山門。と言う辺りまで、津波は押し寄せてきたそうです。
2013.12.12.miyagi 039

で、私は、日本三景にはどうもご縁がないようで、
本堂は改修工事中。
2013.12.12.miyagi 040
宮島へ行った時は、鳥居が風で壊れて改修工事中だったのよね。(泣)

でも、代わりに、国宝の庫裡と
2013.12.12.miyagi 041

陽徳院(政宗公正室愛姫)御霊屋を見てきましたよ~。
2013.12.12.miyagi 046

瑞巌寺のお隣。円通院のお庭は、素敵な枯山水の庭。
2013.12.12.miyagi 047

2013.12.12.miyagi 048

まさか、仙台まで来て紅葉の景色に会えるとは思いませんでした。
2013.12.12.miyagi 049

こういう素朴な景色って大好きっ。
2013.12.12.miyagi 052

そして、茅葺き屋根も大好きっ。
2013.12.12.miyagi 055

観光船の案内所。
「津波はこの高さまで来ました」
私の身長とほぼ同じ。160センチ越え。
2013.12.12.miyagi 056
松島の商店街。今はホントにきれいなのよ。
でも、その時は海水に飲み込まれてしまったそうです。

観光船に乗って、松島湾めぐり~。
かもめの飛ぶ姿ってかっこいい♪
2013.12.12.miyagi 061

観光船について回ると餌がもらえるのを知ってるから
わんさか飛んでくるんだわ。
2013.12.12.miyagi 065

恵みをもたらせてくれる海だけど…
でも、絶対、忘れちゃいけないんだよね。
2013.12.12.miyagi 077
一旦塩釜の漁港へ行って、海鮮丼とカキを食べて…

向かうは石巻から女川町へ。
石巻市内は、すごくきれいな街になっていました。
で、時々不自然なように現れる空き地。
草が生えているけど、よく見ると、そこには家の基礎の部分が。
地盤沈下からか、防潮堤の内側にも水がたまっているところもあちこちに。
石森章太郎の漫画の絵が描いてある電車に遭遇しつつ、


女川町到着。
2013.12.12.miyagi 078
この建物とは別のコンクリートでできた建物は
基礎の部分からなぎ倒されていました。

震災前は、ここに、庭先で干物を作ったり、
魚を獲る網を直たりしているような
穏やかな日常があったんだろうな。
と思ったら涙が止まりませんでした。
2013.12.12.miyagi 079

高台にある病院から。
海面から20mくらいのところにあるこの病院の駐車場まで
津波で車が打ち上げられてきたそうです。
2013.12.12.miyagi 081

山の斜面には、不自然なままにすのこやビニール。木の枝が引っ掛かったまま。

がれきはすっかり片づけられて、新しい街を作る段階に。
2013.12.12.miyagi 082
この日見たもの。感じたこと。忘れません。

とにかく、祈ることしかできませんが。。。
2013.12.12.miyagi 084

帰り道。「マリンパル女川」で、お買いもの♪
2013.12.12.miyagi 087

カキの殻がかわいく飾られてました。
2013.12.12.miyagi 086

海産物の他に…
女川フィッシュ。
かわいいっ。
2013.12.12.miyagi 089
小さな復興プロジェクト
Onagawa fish house アウラ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まだまだ震災の爪跡が残る東北地方ですが、復興への道を着実に歩んでいる姿が見られますね。
自分には何も出来てないような、そんな気がします。
で、chikoやんさんのお子さんも吹奏楽を・・・?
我が家の長男も高校のとき吹奏楽部で2年連続東関東大会に出場。
大学に入ってからは最初ジャズサークル、その後横浜市の某マーチングバンドにてサックス吹いてました。
3年生となった現在は就活であちこち歩き回っている様です(^_^;)

今春友達と復興ツアーの「カキの食べ放題旅行」へ行こう!、
と言っていたのですが時期が時期だっただけに
カキシーズンが終わってしまいました。w

行きたいなぁ。
ホッケー見に八戸にもまた行く、って思っていたのになぁ。

リンゴさん こんばんは。

確実に前に進んでほしいですね。
私に何ができるかな? って思った時、ホント。三陸ワカメを買うとか
物産展をやっていたら「かもめの玉子」を買うとか
そんなことしかできないけれど、それでも、何かできたらいいな。って思ってます。

あらら。リンゴさんのお宅のお子さんも吹奏楽?
2年連続で東関東。って、追っかけにも力が入りますね。
私のところは、ほぼダメ金で、メソメソしてる子たちを連れて帰る
ってのが夏のお仕事でした。
でも、子供たちにはいい夢見せてもらったな~。
息子さん。就活ガンバレですね♪

Laylaさん こんばんは。

かき小屋。魅力的よね~。
別にびっくりするほどカキが大好き!!!ってわけじゃないんだけど
どぉ~しても魅力的に思えちゃうわっ。

ちょうど女川の直売所で復興ツアーのバスと一緒になりました。
みんな、パワフルだわ。
ワカメに干物に缶詰めに…どっさり買い込んでいらっしゃいましたよー。

それにしても、確かにカキのシーズンは忙しいやね。
カキじゃないシーズンも忙しいんだけどさ。(笑)