2014/04/27

期間限定 残雪期の至仏山

2年くらい前から、残雪期の至仏山。スノーシューツアーに目をつけてました。
登山用のスノーシューを買ってツアーに申し込むぞ! って。

でも、団体で登山は、やっぱり、すごく抵抗がある。
で、調べると、アイゼン&ストックで十分だってことが判明。
ここで、おニューのスノーシュー購入熱は一気に冷める。

さらに、残雪期の至仏山は割と安全に登山が楽しめるらしい。
1人で行けそうだな♪
思わずにっこり。入念に下調べ。
こういう労は自分でもびっくりするほど惜しまない。(汗)

残雪期の至仏山。
貴重な高山植物を保護するために、登れるのは4月下旬から
GWまでの約2週間。
天気が崩れたら、冬山と同じ厳しい表情を見せるらしい。
天気図も入念にチェック。
これなら大丈夫。\(^o^)/ 

で、朝、6時半の戸倉第一駐車場。尾瀬への玄関口。
8割くらいの車の入り。(*_*;
2014.4.26.sibutu 001
「戸倉~鳩待峠  バス」で検索したら、この日はBダイヤ。
7:50から乗り合いタクシーも動く出すようなことが書いてあったから
のんびりしてたのに、人数が揃えばタクシーは順次出発。

急いで準備を整え、タクシーに乗車。
今年から、片道930円。
駐車場付近は、早春の景色。
そこから、だんだん雪深い中へ入っていく景色を楽しみながら
約30分で、鳩待峠。

鳩待峠の駐車場は、かなり早い時間には満車になっていたようです。
それにしても、冬の間、何メートルくらい雪が積もってたんでしょうね。
2014.4.26.sibutu 002

目指すお山はこちら。
2014.4.26.sibutu 004
遠い。。。

登山口の所でさっそくアイゼン装着。
バックカントリーの方たち8割。登山者2割。って感じかしらんね。
2014.4.26.sibutu 005
アイゼン。スノーシュー。シールを張ったスキー。ツボ足。
思い思いの装備で歩きだします。

コースの初めは、こんな明るい落葉樹の森。
トレースもたくさんついてるし、ルートマーカーも
しっかりついてるので安心♪  感謝。m(__)m
2014.4.26.sibutu 007


歩き始めて40分くらいでお燧サマが顔を出す。
うれし~~。
2014.4.26.sibutu 015
お燧サマの向こう側には、うっすらと会津駒ケ岳。

で、目指すはこっち。まだまだ遠い。
2014.4.26.sibutu 010

そして、小至仏山をアップしてみると…
2014.4.26.sibutu 017
トラバースしてるよ。
今日の一番おっかない所。大丈夫かなぁ。
ダメだったら、あそこでリタイヤだな。。。なんて思いつつ
ひたすら登っていきます。

出発して、約1時間半。
オヤマ沢田代付近。このあたりで森林限界を超えます。
2014.4.26.sibutu 022

夏、このあたりに雪が残っていて、ワタスゲ揺れる湿原があった…んだよね?
正直言って、どうやって至仏山から下山したのかほぼ、記憶にないほど
ヘトヘトになってた、その当時の私。
2014.4.26.sibutu 024

それにしても、一面の雪原。
このだだっ広く開けた景色に、もう、大興奮。
2014.4.26.sibutu 028

そして、緊張の小至仏山のトラバース。
たまに、小至仏山の山頂を目指して登っていく人がいました。
2014.4.26.sibutu 030
実際のところ、トレースを外れなければ、全く心配なし♪
それでも、緊張の約15分。

無事に通過。振り返って…
2014.4.26.sibutu 035
ここで、ちょっと休憩。

さぁ、山頂までもう少し。
2014.4.26.sibutu 034
私の天敵。蛇紋岩は雪の下~。

鳩待峠を出発して3時間弱で到着~。
2014.4.26.sibutu 036
「山頂についた喜びを全身でどうぞ~!」と言われ、、、
シェーをするのを忘れていた私。(笑)

夏に登った時は乳白色の世界だった至仏山の山頂。
今回は、青空が迎えてくれました。うれしい~☆

山頂はからは、大満足の絶景♪
2014.4.26.sibutu 038

2014.4.26.sibutu 047

2014.4.26.sibutu 051

山頂は込み合ってたので、尾瀬ヶ原に少し下ったところで
一休みにしましょう~。
…と、下りだした所で、太ももまで踏み抜くこと数回。(汗)
一面雪に覆われた尾瀬ヶ原。木道はまだ雪の下。
拠水林の緑のライン。湿原を流れる川の黒いライン。
去年のミズバショウの季節、まだ雪の残る至仏山をあそこから見上げたんだっけ。
今年はそこを見下ろしてる。それだけで、なんか胸がいっぱい。
2014.4.26.sibutu 046

高天原から延々と続く木の階段は顔を出してました。
あの階段の脇は一面のお花畑だったんだよねー。
2014.4.26.sibutu 048

バックカントリーの人が滑り始めると、「を~!」って声が上がる。
気持ちいいだろな~。
2014.4.26.sibutu 053

名残惜しいけど、下山開始~。
2014.4.26.sibutu 056
適当な斜面を見つけては、雪のスライダーを楽しみつつ来た道を戻ります。

花の季節にぜひ行きたい笠ヶ岳。
その奥は、かっこいい上州武尊山。
2014.4.26.sibutu 061

尾瀬ヶ原とお燧サマの景色もそろそろ見納め。
2014.4.26.sibutu 065
ホントにホントに気持ちいい残雪期の至仏山。
GWの恒例行事に決定♪

天気にも感謝だな。
2014.4.26.sibutu 066

青空に向かって立っている枯れた木すら、絵になるね。
2014.4.26.sibutu 068

あっ、ブナの木に茶色い花。(嘘)
2014.4.26.sibutu 069

だって、ほら。。茶色いチューリップみた・・・・
2014.4.26.sibutu 071
ん!?スーパーマリオに出てくるパックンフラワーに見えてきた。

下山は、あっという間。1時間半で鳩待峠。
2014.4.26.sibutu 072



せっかく尾瀬へ来たので、ミズバショウを見に寄り道。
片品村にある水芭蕉の森。
2014.4.26.sibutu 073

しゃがんで写真を撮るたびに、足が攣る。(泣)
2014.4.26.sibutu 076

帰り道。
パッと目に飛び込んできたのは、山肌を彩るアカヤシオ。
2014.4.26.sibutu 078
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れさまでした。
まだまだ真っ白なんですね。
雪原を歩く爽快感が伝わってきました。

水芭蕉もきれいですね〜
まさに歌通り。
♫春が来〜れば思い出す
思わず現場で口ずさみそうです(笑)

残雪の至仏山、すばらしいですね。
尾瀬ヶ原を見下ろし、燧ヶ岳を臨む、
最高です。
水芭蕉のおまけをつけるところはさすが
です。
ピッケル、いらないなら行きたいな。
来年、考えます。

残雪期の方が歩きやすいと言うのは経験者から聞いてます。
タクシー代片道930円を出しても惜しくない素晴らしい風景ですね。
花時期にも再訪したいな~。

真っ白な山々がなんて素敵なのー!
期間限定のこんな贅沢な山旅があるんですね!
でもそれもお天気に恵まれたこそ?ルートや条件、下調べもバッチリ、お休みとお天気もベストマッチング、最高の休日になったことでしょう。
リンゴさんもおっしゃってますが、残雪期の方が、でこぼこやら、天敵の蛇モン岩が隠れていて、登りやすそうにみえます、が、実際はどうだった?

おお~!まっ白な至仏さん、たまらなく素敵です。
こんな歩き方も季節限定ですからねえ。
いい時、いいとこに行かれました(*^^)v

至りましたね。ww

好日○荘のMLで先日この景色を見ましたよ。
いいなー、行きたいなー、って思った。ww

体がいくつあっても足りないね。w

すご~い絶景!!!

chikoやんさん、こんばんわ。

うわ~、至仏山いいな~。青空+白の世界は本当にキレイです。青レンジャーはまだ未登頂の日本百名山ですが、この尾瀬ヶ原の景色は色々なところで目にします。特に山頂からの尾瀬ヶ原+燧ヶ岳の景色がサイコーですねっ☆

今の時期、期間限定で登れるんですね~。勉強になりました。尾瀬ヶ原は人気エリアですから、最盛期に行こうものなら車が止められないくらいですよね???今の時期はまだマシなんでしょうか?青レンジャーもこのゴールデンウィークの山行候補に考えようかな。

桜井さうすさん

桜井さうすさん こんばんは。

真っ白な斜面を登っていく。
たまらなくステキな1日でした♪
ミズバショウの咲く尾瀬ヶ原から、まだ雪の残る至仏山を
眺め、今度は…と思ってたのが、1年たって叶いました♪
今年も尾瀬。通っちゃいそうです。(*^^)v

ブルさん

ブルさん こんばんは。

鳩待峠に向かうタクシーの中で、芽を出したばかりの
ミズバショウを見かけたので、もしかして!と思って、
寄り道してみました。
まだ雪に覆われた尾瀬ヶ原を見下ろす、有名すぎる
景色ですが、実際に自分も目で見て。。ため息ものでした。
そして、新潟方面の山々の景色も♪

ピッケルを使ってる人もいましたが、ストック2本で十分です。
私はGWの定番。決定です。
来年は現地でバッタリしましょう。\(^o^)/

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

登りやすいとはいえ、まさかの筋肉痛3日間。でした。(笑)
それも、普段とは違う場所が。
往復タクシー&駐車場。行く前は「ったく高いよなぁ(-_-)」
って思うけど、そんなことはすっかり忘れちゃいますね。(汗)

私もお花の時期に再訪したいです。
一面のお花畑に萌え萌えしたい~☆

yukoさん

yukoさん こんばんは。

鳩待峠から登ったことないので、単純比較はできませんが…
深くえぐれた登山道は雪の下。
ツルツル滑る蛇紋岩も雪の下。
小至仏山のピークは踏まずトラバース。
正直、「えっ?もう着いちゃった♪」って感じでした。
尾瀬ヶ原から登ってきた人は「いやぁ、マジきつかったっす」
って言ってたけど。(笑)

この時期限定で至仏山から尾瀬ヶ原へ下りのルートが
取れるそうなので、次回はきっと。。。♪
雪のスライダー。楽しかったですよ~☆

yosiさん

yosiさん こんばんは。

待ちに待って、作戦練りに練っての至仏山。
大満足の1日でした♪
山に入ることを許される短い期間に天気と休みが
いい感じにマッチして…
こうして、ますますはまり行くんですよねぇ。

来年の冬、ワカンをぶら下げてる姿が想像できてしまうだけに
ちょっと怖かったりします。(笑)

Laylaさん

Laylaさん こんばんは。

下の大堀から眺める水芭蕉越しの至仏山と同じくらい
絵になる景色にようやく会えました~。(*^^)v
Laylaさんのスノーシューとお揃いの人たちが
た~~くさん登ってましたよぉ。

残雪も楽しみたいけど花見もしたい。
ホント。体がいくつあっても足りないね~。

Re: すご~い絶景!!!

山ガールの青レンジャーさん こんばんは。

鳩待峠の駐車場は深夜で満車になっちゃいますが、
麓には第一。第二。臨時駐車場がありますから、大丈夫です♪
高山植物大好きな青レンジャーさんには、7月末のお花の時期の
至仏山もぜひお勧めしたいところだけど…

山頂であったがっつり山ガールさんは、1日目に至仏山に登って
尾瀬ヶ原の山小屋1泊。
翌日は燧ケ岳に登る。っておっしゃってました。

こんばんは

chikoやんさん^^こんばんは♪

素晴らしい!これは凄い!ただものでは無い雰囲気がしていましたが、やはり、chikoやんさん、いえ、chikoやん様は凄い♪
尾瀬に、しかも、過去記事も拝見し、私など足元にも及ばない方だとしりました。
尾瀬の雪山・・・まいりました。

Re: こんばんは

秋風春風さん こんばんは。

雪に覆われた尾瀬ヶ原を見下ろす。
2年待って、ようやく見ることができました。

さぁ、さぁ、もっと褒めてください~。
すると、もっと調子に乗ります(笑)
いやいや、凄くはないですよ。
怖いもの知らずだとはよく言われますが(汗)
好きで好きで歩いて行って、帰ってきてから筋肉痛で
グズグズ。そんな毎日です。(笑)

こんばんは♪

すごーーーーい!(゜∇゜)
まだそんなに雪があって、がっつり雪山が楽しめるなんて
羨ましいです~♪
しかも山頂からの景色、本当に絶景ですねー!
ずっと続く雪山、うっとり見とれちゃいます(*^^*)
尾瀬ではミズバショウも咲いてて、
お花も雪も楽しめた1日ですね♪

>Laylaさんのスノーシューとお揃いの人たちが
た~~くさん登ってましたよぉ。

その言葉を聞きたかったような、
聞きたくなかったような。。。w

mokos619さん

mokos619さん こんばんは。

至仏山頂から尾瀬ヶ原を見下ろす景色は、期待していてその通り♪
だったんですが、新潟方面に連なる山々。
「をぉぉぉ、すごっっ!!」って感じでした♪
尾瀬ヶ原でミズバショウが咲くのは5月の末です。
家の周りは初夏。
途中、赤城山の北側では、春まっ盛り。
尾瀬の麓は早春。
で、山の上では、冬の終わり。
一度にいろんな季節を感じてきました。(^^)

Laylaさん

Laylaさん こんばんは。


ちなみに、、、、
刈込湖から涸沼へ行くよりも、安全に行けます。

豪雪の中庵滝へ行った時みたいにラッセルの必要もありません。

社山よりも標高差はあるけど、急じゃないよ~。

あれ?
比較の対象がちょいと変??(笑)

あ。あぁぁ。

良く分かるだけに危険なかほり。。。w

ありがとうございました。m(_ _)m

Laylaさん

Laylaさん こんばんは。

こりゃ、行く前に「○日 鳩待峠○時集合!」って、号令かけなきゃな。

来年まで、覚えてられればだけど。ε===へ(;^^)ノ