2014/09/19

Mt. NORIKURA

パソコン通信(ほぼ、死語)だった時代からお付き合いのあるお仲間から
キャンプするんだけど、たまには出てくれば~?
ってか、いい加減に顔を見せなさいよ。みんな来るから。

と、メールをもらったのが6月の末。
予定を合わせて休みを入れて、さぁ、いよいよ・・・
ってところで、熱を出す。(^_^;)
DSC03346.jpg
さすがに、夜勤明け。4時間運転して現地に行く自信がなかったので
「無理。やっぱりキャンセル」と連絡を入れる。

来た返事は「這ってでも出てきなさい」(ドSだなぁ)
どうしても無理そうなら、今から迎えに行く。と。
DSC03353.jpg
そうやって言うと、しぶしぶ私が動くことをよく知っている。(^^;

なんとか、乗鞍高原発9時のシャトルバスに乗って、10時ちょっとすぎの畳平。
鶴ヶ池の向こう側に、槍ヶ岳。その左の方には笠ヶ岳。
槍ヶ岳の右の方には、穂高連峰。

あっ、熊だ。
DSC03355.jpg


DSC03357.jpg

この道を自分で運転してみたい。。。って夢があったけど
叶う前に、一般車両は通行できないことに…
DSC03359.jpg

コロナの観測所。
子供のころ、ものすごく憧れてた場所。
今でも、ちょっとだけ胸が躍る。
DSC03363.jpg


DSC03370.jpg

剣が峰までもうちょっと。
手軽に登れる3000メートル峰。
DSC03372.jpg

太陽の周りに、丸い虹っっ!
DSC03379.jpg

乗鞍岳。山頂~。
ホントは、この奥に御嶽山が見える。。。らしい。
DSC03381.jpg

槍サマ 穂高サマは、すっかり雲の中。
でも、感動の景色だわ。
DSC03383.jpg

DSC03382.jpg

DSC03384.jpg

スキーの皆さんは、板を持って、えっちらおっちら。
DSC03389.jpg
みんなでスキーオフも毎年やったねー。
人見知りなうちの子たちも、お兄ちゃんお姉ちゃんに遊んでもらえて
すごく楽しみにしてたんだぁ~。

熊。再び。
DSC03392.jpg











今から10ン年前。
「カラ元気も出し続ければ、いつか本物の元気になるから」と父。
DSC03351.jpg

「お母さんはいつでも笑ってなさい。嘘でもいいから笑って」
DSC03393.jpg

「子供たちは、嘘をあっという間に見抜くけど、それでも笑って」
DSC03396.jpg

「絶対に、本物の笑顔の日が来るから」と姐。
DSC03399.jpg




父より、姐の方が年上。。。と言う。(笑)
DSC03401.jpg

ずいぶん時間がかかっちゃったけれど、両方ともホンモノになりました。
DSC03410.jpg



あたりは真っ白。何も見えない。
DSC03409.jpg

でも、ぱぁ~~~っとガスが晴れていく瞬間があって、それが
たまらなく嬉しいし、美しい瞬間だったりするのです~。
DSC03397.jpg
父。姐さん。二人ともここを見てないのは知ってるけど…
それでも、やっぱり言いたい。
ありがとう~。
それを言われた頃は、こんな毎日が来るなんて全然信じられなかったけど
今は、でっかい元気印が付きました。


帰り道、渋滞にはまり、退屈しのぎに信州の蕎麦畑~。(^O^)
DSC03411.jpg


コメント欄は閉じてあります。
で、予約投稿。
これがアップされる頃は、はじけ飛んで遊んでる…はず。(笑)
スポンサーサイト