2014/10/10

週刊檜枝岐@2年ぶりに燧ケ岳

「燧ケ岳へ行くなら、絶対紅葉の時期がおすすめですよ」
…とおすすめされていた燧ケ岳。

さぁ、行きましょう♪

前日、家を出るのが遅くなっちゃって、ホテル青い車が御池の
駐車場へ着いたのはAM2:30
気温5度くらいまでが快適に使える。って仕様の私のシュラフ。
でも、ダウンとフリースを重ね着。さらに、足元にカイロを一つ。
ニットの帽子もかぶって、重装備でおやすみなさい~。
そのまま爆睡~。
目が覚めたときには、あたりはすっかり明るくなっていました。

御池から燧ケ岳へ登る登山口は、駐車場の一番奥にあります~。
6:30 元気にしゅっぱ~つ。
DSC04078.jpg

そうそう。初めて燧ケ岳へ登ったとき、この看板を見て…
時速1キロで歩けば4時間半で山頂か…って思ったんだっけ。(^^;
DSC04079.jpg

台風18号の影響で、ずいぶん葉が落ちちゃったけれど、
それでも、パッと目を引く鮮やかな葉っぱがお出迎え~。(^^)
DSC04081.jpg

あらら、クリスマスに飾るポインセチアみたい♪
DSC04082.jpg

こ~んな感じの柔らか~いグラデーションになってる色づき具合が大好き♪
DSC04083.jpg
水が流れる、、泥濘パラダイスの登山道を登っていくと、、、

7:20 まず、最初の湿原、広沢田代へ到着~。
DSC04087.jpg
ここの田代は、点在する池糖が魅力的♪

池糖を覗くと、雲が映っていたり、周りの景色が映っていたり…
DSC04091.jpg
立って覗いたり、しゃがんで覗いたり。
お花が咲いてなくても、結局なんだか一人スクワットしてる私。(^_^;)

ひんやりとした風が気持ちいい。
DSC04093.jpg

空を見ると青空に向かってダケカンバが枝を広げてるし。
DSC04094.jpg

ふぅぅ。息が上がってきたな。。って、後ろを振り向くと、
さっきまでいた広沢田代がずいぶん下の方に。
そして、奥には、大好きな会津駒ヶ岳♪
DSC04100.jpg

南会津方面に広がる雲海。
山のてっぺんが、ホントに島みたいに見える。
DSC04101.jpg

お燧様 キタ~~~~~~!!!!
DSC04103.jpg

8:00 熊沢田代 キタ~~~~~~!!!
DSC04108.jpg

影の「シェー」 シタ~~~~~~~~!!!
DSC04107.jpg

熊沢田代は、木道を挟んで対峙する池糖が魅力的。
ベンチがあるので、そこで小休止。
DSC04110.jpg

この景色を見るために燧ケ岳を登りに来た。
そういっても過言じゃないほど大好きな景色。
DSC04117.jpg

わぁ、まだ、オオバタケシマランの赤い実がまだ残ってた♪
DSC04120.jpg

熊沢田代を過ぎると間もなくやってくる試練の(^^;登り。
ひょえ~、きついよぉ~。と、弱音を吐きながら、ふと振り返ると
会津駒ヶ岳が、そこでどど~~~んと立って、背中を支えてくれました。
DSC04123.jpg

1か所、トラバースがあり。
そこから熊沢田代を見下ろすと、もう、箱庭のよう。
そして、その1段下には広沢田代も…
DSC04130.jpg
よく、2本の足でここまで歩いてきたよなぁ。。。
そんなことを考えながら・・・

青空に続く階段を登っていく。
DSC04131.jpg

そして、9合目っ!
DSC04132.jpg
あれれ、2年前に登ったときは、こんな看板はついてなかったよね。

9:20 燧ケ岳の一つ目のピーク。
俎嵓(まないたぐら)に到着~。
DSC04134.jpg
あれあれ、こんなに簡単に登れちゃうんだっけ?
って思うほど、笑顔で山頂着~♪

せっかくなので、セルフどりをして遊ぶっっ!
DSC04136.jpg

そしたら、一回鞍部まで降りて、お隣の柴安嵓へ行きましょう~。
DSC04141.jpg
この緑の山肌に登山道が見えてるっていう、この景色もたまらないのよね~。

9:45 燧ケ岳で一番高い場所。
柴安嵓到着~。
DSC04144.jpg
「着いたぁ!」って思ったところで、先についてたおじさんに
シャッターを頼まれる。
そんなわけで、私もそのおじさんに撮っていただく。

ごつごつの俎嵓とは対照的に、割と広い山頂の柴安嵓。
ここで休憩タイム~♪

尾瀬ヶ原を挟んで対峙する至仏山はまだまだ雲の中。
DSC04146.jpg
さぁ、至仏山。顔を出してくれるかな~?

出てきてくれて、ありがとう~。
今年は、至仏山にも、お隣の笠ヶ岳にも登れたね~。
向かいの二つのお山は、素敵なお花畑だったね。
DSC04158.jpg

セルフ撮り、再び♪
DSC04159.jpg
太陽が隠れていたときは、ダウンとフリースを着ていても
寒いほどだったけど、太陽が顔を出した途端、暖かい。
太陽の力って、やっぱりすごいな~。

青空が見えるだけで、元気が出るし。
DSC04160.jpg
さて、沼尻のヒツジグサが待ってるから、下山しようかな。

10:45 柴安嵓しゅっぱ~つ。
DSC04164.jpg

ずっと雲がかかってた奥白根も見えてきた~。
DSC04179.jpg

沼尻の湿原&休憩所が見えたっ。
あそこの池糖に、かわいいヒツジグサが待ってるんだよ~。
DSC04180.jpg

さぁ、長英新道とナデッ窪。どっちを通って降りようかな。
沼尻に直接降りられるナデッ窪はとっても魅力的。
でも、下山にはあまり使いたくないほどの激下りらしい。
だらだら下る長英新道は、遠回りになるけど、安全に下山できるっぽい。
DSC04183.jpg
ナデッ窪はすごく魅力的だけど…
今日は、とりあえず長英新道を、ストイックに降りるか・・・

紅葉。青空。繊細な枝先。どれもステキだな~。
DSC04189.jpg

DSC04191.jpg

ぐちゃぐちゃ泥濘パラダイスの長英新道。
登山道がずいぶん整備されて、木の枠&砂利敷きの、尾瀬仕様の階段。
DSC04193.jpg
とっても歩きやすくなっていました。

ぐふふっ。かわいい(#^.^#)
DSC04195.jpg

12:30 1合目。
DSC04196.jpg
ん!? もしかして、高速下山ができちゃった???
そんな喜びもつかの間。
この先から尾瀬沼のほとりまでが長いのですっ!(T_T)

13:00 ようやく尾瀬沼のほとりに到着。
さぁ、かわいいヒツジグサに会うために沼尻に行きましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。

今回はSP様のお仕事は出来なかったけど、その代りに大好きな駒サマに見守られての燧ヶ岳。
青空も味方につけて良かったね(^^)v

紅葉はピークを過ぎでしょうか?
車中泊山行もそろそろ厳しくなってきたし、桧枝岐詣でも最終章・・・かな?(笑)

chikoやんさん、こんにちわ。

燧ヶ岳ですか~。確かに台風の影響で葉っぱがあんまりない。。。どのお山に行っても、こんな感じなんでしょうね~。あーあ。

御池から直接登られたんですね~。最後が急ですか・・・なるほど。

青レンジャーも近々檜枝岐村に出没予定。。。むふふ。。。

あら、素敵な青空だ^_^
わかるぅー、御池からのこのコース、田代があってお楽しみと、やっぱり大展望だからか、なんだか、あれ?っという感じで着くよね。初めての私でもそうだったから、何回目かのchikoやんならなおさらねー。でもどれだけ健脚かは、もう知ってるから。
長英新道、整備されたのかな?それでも私には長かった。高速下山、すっかり身についてますね〜、今年の体力向上はすごいのではない?

熊沢田代

この時期熊沢田代から山頂の眺めは絵になりますね。この前ここと尾瀬ヶ原どちらにしようか迷ったけど。
 見晴らしからは2本とも登山道が閉鎖になってもう歩けないですが、裏燧林道を通って帰るのが大好きなコースでした。

今度は燧ヶ岳ですか、うらやましいっす。
自分が歩いたときは雪道だったから
岩がごろごろしていなくて歩きやすかった
のを思い出しました。
長英新道、長いですよね。浅湖湿原につく
と燧ヶ岳を下ってきた人はみな足が泥泥で
すぐにわかりますね。
もう紅葉は終わりかな。

快適な登りだった様ですね。
3時間弱は早い、です。
私がこの春、山スキーで登った時が3時間弱。
休んだのは広沢田代と熊沢田代の2回、でした。
確実にパワーアップされている様、ですね。
素晴らしい、です~♪

ミニな尾瀬ヶ原を見下ろしながら最後にドーンと本物の尾瀬ヶ原!大感動ですよね(^O^)

影シェー・・・埴輪を連想しました・・・^^;

沼尻休憩所の俯瞰も「ナスカの地上絵」を見てるみたいです(^^)

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

今日は、ありがとうございました~。
一応、今年の車中泊での檜枝岐詣では今日でおしまい♪…の予定です。(^^;

あれだけ「お燧様~」とか言ってる割りには、いざ登ってみると
会津駒を探している自分が妙におかしかったりします。
今年は、駒さんに。そしてみんなに鍛えてもらって、
去年までだったら、ものすごい心の準備を整えてからじゃないと
登りに行けなかったようなお山も、にっこり笑顔で登れるようになった!
ってのは、ホントに感謝です。

熊沢田代&会津駒の組み合わせは最強ですね~。
もぉ、胸がキュンキュンしちゃいました~♪

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんばんは。

同じ時期に登られた方たちのレポを見ると、すごくきれいな紅葉
を愛でながら登頂されてるので…
「台風のばかぁぁ!!」だったんですよね。(T_T)

で、いよいよ檜枝岐デビューですか?
村全体は静かな、あったか~い町ですよ♪
で、駒さんは…
途中のブナの黄葉が、それはそれは見事でした~♪

yukoさん

yukoさん こんばんは。

今年はお燧様に登ろう!って決めてた割りには
駒詣でばかりだった私(^_^;)
お燧様詣でに間に合って、よかったです~。
燧ケ岳へ登ったのは、実は、私もまだ2回目。
初めての時、御池からの登りは、景色を楽しむ余裕があったけど
長英新道の延々下りは、もう、泣きそうな感じでした。
高速下山は、ホントに、みんなに鍛えてもらって感謝です。
冬場に、山の歩き方を忘れないようにしなくっちゃ。

Re: 熊沢田代

ネビルさん こんばんは。

燧ケ岳&裏燧。。。って、なんて贅沢な山歩きなんでしょう♪
見晴新道も、なかなか急だ。と聞いていましたが…すごいなぁ。
きっと、また、登山道、整備されますよね♪


写真が趣味の方が熊沢田代の風景を写したら、どんな風に
写されるんだろう… 興味津々♪
ほら、私なんてば、何も考えずに1枚撮ったら、はい次~。だから(笑)
来年、期待してます。(^^)

おはようございます^^

この景色を見るために燧ヶ岳に
登りに来た!
う~~~分かります 分かります
このタテ構図の写真
山岳フォトグラファー?の亀さぶとしても
今生で
一回は撮ってみたいと思いました!

ぼくもいくぞ
らいねんは
あいずこまと燧ヶ岳!

ブルさん

ブルさん こんばんは。

今年、遊びすぎてますよね。(^^;
去年までは、登ることで精いっぱいの日も多かったけど、
今年は、景色を見たり、花を見つけたりするだけじゃなくて
その道中を楽しむ余裕が出てきたので…
ますます山登りにどっぷり♪ って感じです。(^^)

初めて燧ケ岳へ上ったときは、ブルさんのレポをすごく参考に
させていただきましたよー。
ブルさんが歩かれた時と比べて、長英新道は、はるかに
歩きやすく整備されていると思います♪

やまとそばさん

やまとそばさん こんばんは。

今までは、後から来た人に「どうぞ先に行ってください」
って、言う専門だったのが、「どうぞ先に行ってください」と言われ…
ちょっとそれが快感でした。(笑)
いつだか仰っていた「登り4割・下り3割・残り3割は予備」
は、特に一人で歩くときには意識するようにしてました~。
おかげで、登るときもそうですが、翌日が楽!です。(笑)

冬。スキーでも3時間弱ですか・・・
やまとそばさん。やっぱりすごすぎますっ!

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんばんは。

普段見上げることの多い景色を、今度は上から見下ろす。って
なんかとっても新鮮だし、ちょっとうれしいですよね~。

沼尻の木道。ホントだ~。ナスカの地上絵みたい♪
同じ木道の景色でも、見晴エリアより近い分、池糖もくっきり。
木道もピカピカ見えるし、休憩所の雰囲気もとってもいいし。(*^^*)
大好きな沼尻の景色は、上から見てもステキな場所でした♪

で、埴輪…って。
いや、、土偶に見えなくてホントによかったです。(^_^;)

亀三郎さん

亀三郎さん こんばんは。

熊沢田代の景色。ホントに素敵でしょ~?
山登りを始めたころは
「燧ケ岳は険しそうだから… 見るだけの山でいいや」
と思っていましたが…
ガイドブックでこの景色を見た時「絶対行く!」に変わりました。
私は、写真の趣味は全くないので、とりあえず1枚撮ったら次~!
っていう感じですが、こういう素敵なところって、
慎重に慎重に1枚を撮ったら、もっと素敵に映るんだろうな~。
とは、いつも思ってます。
わぁ、来年、亀三郎さんの山歩きの時の1枚。
絶対注目ですね~♪