2015/01/30

赤城山 もふもふの霧氷祭り(晴れVer.)

p-DSC06174.jpg
あっ、別に「霧氷祭り」って言うイベントがあったわけじゃないのよ。
最高の眺望と霧氷を求めて、赤城山再び~。
あれあれ。週刊赤城になってしまいました。(笑)

この日、標高1000メートルを超えたあたりから、突然路面に
現れる雪。そして、ピカピカの凍結路。
日陰は凍ってるけど、日向は乾いているという、一番嫌なパターン。
結局チェーンは使用せず、いつものおのこ駐車場へ。

サクサク~~っと、アイゼンの歯が雪に刺さる感触を楽しみながら
出だしの急登を頑張ると・・・
赤城神社がずいぶん下の方に見えるようになってきました。
DSC06088.jpg

ここで、足元にあいている穴を覗くと・・・
わぁ~かわいい。(*^^*)
DSC06090.jpg

鳥の羽みたい
DSC06091.jpg

もぉ、もっふもふ。(*^^*)
DSC06092.jpg

程々な湿り気と冷たい空気の合作。
その一つ一つは、とっても繊細で、手で触れたら、あっという間に
壊れてしまった。
DSC06094.jpg

霧氷祭り~。
朝から、笑いが止まらなくなる。
DSC06105.jpg

DSC06106.jpg

地蔵岳の向こう側に富士山!
見つけるとやっぱりうれしい、存在感抜群の山~。
DSC06107.jpg

先週は、水墨画の世界のようだった駒ヶ岳の稜線。
今日は、真っ白~♪
DSC06110.jpg

そして、先週は、このまま登り続けていいのかな?って、自分に
問いかけながらだったけれど、
今日は「足取りも軽く~♪」って、こういうことなんだな。って、妙に納得。
DSC06111.jpg

DSC06119.jpg

わぁ、斜面に氷柱ができてるよ~。
DSC06121.jpg

標高が上がってくると、霧氷の太さもだんだん太くなってきて・・・
DSC06124.jpg

思わず、笑いがこみあげてくる。
DSC06125.jpg

登山口近くは、サクサクとアイゼンの歯がささってたけど、だんだん雪が
深くなってきて、ずるずる滑るようになってきたけれど・・・
DSC06133.jpg

ずるずる滑りながら登るのすら、楽しくって仕方ない。
DSC06137.jpg
…と言いながら、「技術のなさは道具でカバー」とか言いながら
出っ歯のアイゼンを買ってしまいそうな自分が怖い。(^^;(^^;(^^;

黒檜山の山頂を過ぎて、ビューポイントから・・・
存在感十分の武尊山。かっこいい。
DSC06151.jpg

谷川連峰は雲の中。でも、雲の上に苗場山の頭がちょこん。
のんびりお昼ご飯を食べていれば、谷川岳にかかる雲もとれそうです。
DSC06154.jpg

至仏山 会津駒ヶ岳は雲の中だったけれど、お燧様だけは、姿を見せてくださいました~。
嬉しいっっ。
DSC06170.jpg

連なる山々の向こうに筑波山。
DSC06186.jpg

奥白根&皇海山&日光連山。
DSC06187.jpg

黒檜大神にお参りをしたら、、、
DSC06194.jpg

関東平野にダイブする気持ちで下山しましょう~。
DSC06195.jpg
黒檜山の斜面には雪がたっぷり。
そんなわけで、激下りの階段エリアも、楽しく歩けました~。

雲をかぶっていた谷川連峰も13時を過ぎたころから姿を現しました。
かっこいいねぇ。今年も平標には行きたいな~。
頑張れそうだったら、白毛門にも登ってみたいな~。
DSC06215.jpg

駒が岳登山口へ下山。
なっ、なんと、、、、道路は完璧に乾燥してました。
DSC06219.jpg


大満足の赤城詣。
この冬、あと何回こんな景色に巡り合えるかな~?
黒檜山登山口(9:45)~駒が岳分岐(11:20)~黒檜山山頂(11:24)
~ビューポイント(11:28)(昼食&ひと遊び)(12:04)~黒檜大神(12:08)
~駒が岳山頂(12:40)~駒が岳登山口(13:30)

先週、山頂までまだまだなのかと思って引き返した場所。
実は、そこから山頂まではあと10分ちょいの場所だったことが判明。
ちょいと凹むぅ~。(^^; (笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

夏山に負けず劣らず冬山も楽しんでますね~
赤城山は近いし手軽な山として夏でも冬でもいいです♪
慣れた雪道でも車の運転気をつけてくださいね。
特に新坂平から大沼湖畔の74カーブ、注意です。
昨年は黒檜大神の鳥居が埋まるほどの雪でしたが今年は例年並みでしょうか。

よいお天気の時って、きっとルートも短くなってる!と思えるほど、楽しい赤城詣で、リベンジ出来てよかったね。手軽にこんな雪山に行けるchikoやんが羨ましい〜、本当に霧氷ってきれいよね、今年はスキー場で堪能させてもらってます

文句なしの青空と眺望と綺麗な霧氷、それに繊細な雪の結晶と・・・もう、何もかもが素晴らしい!
望んでいるものを全て頂いたようだね(^^)v
やっぱり持ってるわ。
そしてソロの時の方が条件が宜しいのでは?
あっ、前回は悪かったっけ。

chikoやんさん、こんばんわ!
赤城山、快晴の下での素晴らしい眺望、霧氷と最高
の雪山でしたね。空気が澄む冬でもこれだけの眺望
に恵まれることはめったにないのではないですか。
綺麗な雪の結晶、良く観察されましたね。
今冬も赤城山を計画していますが、このような眺望
にあやかりたいものです。

chikoやんさん、再びこんばんわ。

早速赤城山リベンジですね~。
またとても気持ちの良い晴れた日に行けて良かったですね。

氷の結晶、うまく撮影されていますね~。本当によ~く観察してお写真を撮らないと、なかなか気付きません。青レンジャーも今度観察してみます。

頂上からの展望も良く、あの燧ヶ岳のウサ耳も真っ白~!!!きゃわええ~です。谷川岳も本当に真っ白ですね。あんなにキレイな景色を見ちゃうとテンション上がりまくりですねっ!

今回は千手観音とかミステリーサークルとかはスルーですか?

でんさん

でんさん こんばんは。

まぁ、冬も楽しんでなんぼ♪ ってことで・・・(笑)
この冬は、雪のお山をたくさん登ってみたいな~。と。

いやいや、、、すべては、残雪期の会津駒へ登るため~。(笑)

去年の1月の末にも赤城山へ登ったんですが、鳥居の埋まり具合は
この時期は去年と同じくらいかな~?
2月の大雪で埋まっちゃったんですよね。

白樺牧場から先の下り坂はホントに怖いです。
スピード狂(笑)な割には、あの下りはひたすら20キロキープです。

yukoさん

yukoさん こんばんは。

いやいや、、、
生活の場が雪山にあるyukoさんが、私はうらやましい~(*ノωノ)

数日前から天気予報を見て、会津も晴れ。谷川も晴れの予報。
前日、赤城行き決定だな! で、ドンピシャをいただきました♪
思っていた以上に道路に雪がなかったのも助かりました。

yuko姉さんは、この冬は、ホントにスキー満喫ですね~。
青空&霧氷の中を滑るのは気持ちがいいだろうな~。
長いようで短い冬。
もうちょい一生懸命楽しみましょうね~♪

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

久しぶりに「私、持ってるんじゃね?」と思った1日でした~。
特に、谷川連峰にかかっていた雲が、時間とともに切れて行ったとき。(^^)
もっさもっさの雪の赤城も楽しかったけれど、ビューポイントからの
雪をかぶった峰々は、ホントに感動でした~。
南アルプスも、北アルプスも見えちゃったんだもん。(*^^*)

今度はお天気のいい日に行こうね~。
チェーン巻き巻き実習もさせてあげる~。(^O^)

のんびり夫婦の山遊びさん

のんびり夫婦の山遊びさん こんばんは。

霧氷と眺望。両方とも大満足の1日を過ごしてきました~♪

羽のような雪の結晶は、前回、トゲトゲの雪の結晶が見られた穴。
今回もみられるかな~?って覗いてみたら、それよりきれいな形が
くっついていました。
通りすぎる人たちに「何がいたの?」って言われまくりでした。(^^;

ビューポイントは冷たい風が強かったんですが、谷川岳が姿を
表すのを待っているその時間は「少しも寒くないわ」でした。(^^)

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんばんは。

人気の雪山な赤城山。
平日にもかかわらずたくさんの人が歩いてらして、
寝っ転がって遊ぶのは一人ではちょいとかっこ悪いぃ~。
な感じだったので、堪えました。
あっ、一応、山頂でジャンプはしたんですけど…(^^;

羽のような雪の結晶。
これは、ホントに宝物を見つけたか、山の神様から
贈り物をいただいたような気持ちにさせてくれるようなものでした。
次回、必ず同じようなものに出会える保障ってないわけなので・・・
実は、ここだけで、何枚も写真、撮りまくりでした。

見事な青空と霧氷のコントラストですね( ̄□ ̄)スゴイ
リベンジ達成!週刊赤城の甲斐がありましたね(^O^)

雪の急登は10本爪が付いたやつ
・・・必要ですよね。
と言うかラクチンですよ。

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんばんは。

> と言うかラクチンですよ。

あ~、この一言で、GWまでにはアイテム追加されることが決定しました。
なぜにGWかって???
すべては、残雪期の会津駒のため~♪(笑)

青空&モフモフの霧氷。
ほぼ360度の大展望に大満足の1日でした。
登るの大変だって、、、
車に戻った頃には、すっかりそんなの忘れてました~。(^^)