2015/03/10

赤面山からかっこいい那須岳を眺めよう~

まぁ、結果は、心の目で眺めたんだけどね。(^^;(^^;(^^;

大好きな三本槍ヶ岳へ行く時、途中で現れる赤面山分岐。
赤面山ってどんなところなんだろう。ずっと気になってました。
地図を見ると書いてある「展望雄大」の文字。
触手が動きます♪
とんでもないコンビでの今シーズン最後の雪遊びは赤面山に決定。
内陸ほど天気は崩れないだろう。
午後からは回復するだろう。。。と信じて。

スタートは、白河高原スキー場跡地から。
若かりし日のリンゴさん。そこが、赤面山スキー場だったころ、
スキーdeおデートの甘~~い思い出があるらしい。(*^^*)
s-DSC06926.jpg
もちろん、今後の人間関係のためにも、そのあたりは
そっとしておいたけどさ。(笑)          ε===へ(;^^)ノ

ゲレンデ端の林の中を登っていきます。
1本目のリフト沿いは、すごく単調。
ウサギの足跡を見つけながら。

そして、2本目のリフト沿いは、なかなかの急登。
「今日はこのまま降りて那須平成の森でスノーシューでいいや」
なんて、珍しく弱気になったりもする。
s-DSC06927.jpg

先行者は、シールを張ったスキーで登る単独男性。
すごい!!! ガシガシ登っていきます。
s-DSC06931.jpg

途中から、木々の枝先が白いっ!
s-DSC06936.jpg

気温が高めだったこの日、ついてる霧氷は真っ白でなく
透明に、キラキラ光る霧氷でした。
ほら、バンザイちゃんにも。
s-DSC06930.jpg

リフト2本分登ってきました。
おそらくこの先も動くことのないであろうリフトに乗って遊んでみたりする。
s-DSC06938.jpg

そして、いよいよこの先、登山道となります。
s-DSC06939.jpg

「この間、kazuさんが歩かれた浅間隠山には、登山道の終わりに
「出口」って書かれた木の幹があったんだってよー」なんて話をしてたら
ここには「入口」の看板がありました。(^^;
s-DSC06940.jpg

木の幹にも、針のようにくっついた雪。
どれだけ風が強いんでしょう。
s-DSC06941.jpg

気持ちのいいブナの森。
さっきまでヘロヘロだったのが、にわかに元気になってくる。
s-DSC06942.jpg

クリスマスツリーみたいな木を見つければ、どこから見たら
一番かっこいいか
木の周りを一回り。
s-DSC06943.jpg

トレースのないところにもズボズボと入りこんでみて
s-DSC06944.jpg

立派な枝を見つけたら、とりあえず腰をかけてみる♪ っと。(*^^)v
s-DSCF2782.jpg
折れなくてよかった~。(^^;

s-DSC06946.jpg

那須甲子少年自然の家との分岐。
中学校の宿泊学習で、恐怖のクロカンを体験させられた場所ー。
s-DSC06947.jpg


s-DSC06948.jpg


s-DSC06952.jpg

わぁ、立派なシャクナゲの木だなぁ。
まだまだ葉っぱを閉じて寒さにじっと耐えているけれど、
花が咲いたら、きっと見事だろうね~。
s-DSC06953.jpg

そして、林はいつの間にかブナからダケカンバへ・・・
s-DSC06956.jpg

繊細なダケカンバの枝先につく霧氷。
ここに青空が加わったら最強。。。だったけど
s-DSC06957.jpg

ガスガスの空&霧氷の景色も決して嫌いじゃない。(^^;
s-DSC06960.jpg

で、また素敵な(最大のポイントは丈夫そうな)枝を見つけたら
またまた乗っかってみる♪
s-DSCF2788.jpg

先を歩いていたスキーのお兄さんに「もう少しですよ」と励まされ。。。
s-DSC06962.jpg

ようやく赤面山山頂~。
あはは~、360度真っ白~。(笑)
s-DSC06963.jpg

山頂標識には、期待通りに立派なエビのしっぽ♪
s-DSC06965.jpg

本当なら、こちら方面に福島のお山がぐるっと見渡せるそうです。
かっこよくそびえる那須連山も、心の目で見ることにしましょう~。
s-DSC06967.jpg
様子もわかったし、いつかリベンジするぞー。と心に決めて

こんなところでホワイトアウトになっちゃったらアウトなので、
急いで下山~。
s-DSC06970.jpg

ダケカンバの森までくれば、一安心。
青空の日に、この森を眺めたら、それはそれはきれいだったろうなぁ。
s-DSC06973.jpg

そして、帰りは、しゅーーーーーーーっと滑って、あっという間。
s-DSC06974.jpg
楽しぃ~。(^O^)
散々悩んでやっぱり「買わない」って決めてたヒップそり。
帰りに、即買いでした。(^^;(^^;(^^;

ひーこら登ったのに、もう、廃墟となったセンターハウスが見えてきました。
s-DSC06976.jpg

一応ワカンも持っていったけれど、この日はアイゼンのみで山頂まで。
真っ白な三本槍ヶ岳には会えなかったけれど、ちょっとの歩きで
林の様子がコロコロ変わり、灌木帯から開けた稜線まで。
その変化を楽しみ、あとは、やっぱり大好きな静かな森歩きが
楽しめた1日となりましたとさ。(^^)
s-DSC06977.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

赤面山スキー場ねえ・・・残念ながらそんな甘~い思い出はないんだわ(笑)
会社の仲間と数人、野郎だけで滑りに行ったのは覚えてる。
展望リベンジ、またいつかだね。
今度はヒップそりで滑ろう~♪

chikoやんさん、こんにちわ。

今年最後の雪山として赤面山ですか~。福島県のお山なんですね。

この日はかなりガスガスで、景色も何も見えませんでしたが、それでもchikoやんさんはいつも楽しそうです~。最近、千手観音はお休みですか???

スキー場の甘い思い出・・・男女混合グループで行って、それぞれがカップルになるっていうヤツですか?それともスキー初心者の女子がスキーが上手な男子とぶつかって、そこから始まる・・・っていうやつですか?1980年代の映画にありがちな設定。

あはは〜さすがはchikoやん、いつでもどこでも楽しみ上手ですね〜。リベンジして360度の絶景写真をぜひ見せてくださいな。
晴れ夫と晴れは久しぶりの連休を戦場ヶ原で過ごしました。キレンジャクにたっぷり会えましたよ〜。晴れ夫カメラの連写音が(笑)

ひひひひひ。。。(笑)
私が行った時よりおもいっきりガスッガス~
でも中途半端なガスガスよりも幻想的で素敵かも~
そんな中でも楽しそうなコンビはやっぱり最強ですね。
紅葉時季も素敵そうよ♪
ぜひぜひリベンジして下さいね。

冬は下りでヒップソリという武器が使えるんですね~
それはいいなぁ~♪

chikoやんさん、こんばんわ!
「とんでもないコンビ」炸裂、でも残念ながらガス
を吹き飛ばすまでにはいきませんでしたね。以前、
三本槍岳の帰りに立ち寄りましたが、なかなかの
眺望でしたよ。次の機会の宿題ですね。
でも「バンザイちゃん」なるものを見つけちゃうん
ですから、十分楽しめたようで何よりです。
今シーズンの雪遊び終了、まだまだ遊べるじゃない
ですか。

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

で、、、ふっふっふ。
過去記事をよ~~~く見・・・・・



ん、今後の人間関係のためにも、絡まないでおこう。
                ε===へ(;^^)ノ

今シーズン。冬の里山歩きが大好きなリンゴさんが、ほぼ、里山へ
出かけられないほど、雪のお山で操っちゃいましたね。(^^;
雄大な那須岳の眺望はお預けになっちゃったけれど、
癒しの森歩きと尻セード三昧。
楽しい1日でした~。

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんばんは。

ガスで真っ白な赤面山頂でしたが、まぁ、非日常を楽しむ
1日となりました~(笑)
ゲレンデ歩きの時「疲れた~」と2回くらい雪の上に
寝っ転がってみたんですが、気温が高くて湿り雪。
ウェアがびしょびしょになりそうでした。

ゲレンデマジックで、ちょっとスキーが上手だと3割り増しくらいで
かっこよく見えちゃいますよね~。(*^^*)
そういえば、昔々、その昔、あの映画のマネをしたわけじゃないけれど
真っ白なスキーウェアにミラーのサングラスだった私~。
ウェアにカレーの黄色いしみがついていたのは秘密です♪

晴れさん

晴れさん こんばんは。

「よい子はマネしないでね」のお天気だったけどね。(^^;
それでも、キラキラの霧氷がついてる木々、尻セードと
登ってる時の「もぅ、ダメ~~!!」な感じはどこへ行っちゃったんでしょう。
シャチ模様の那須岳に会いに行きたいな~。と、今から
カレンダーとにらめっこです。

レンジャクさん、やさしい鳴き声が好きです。
私は今年はまだ会えてません。
鳴き声だけは聞いたんだけどな~。

mikkoさん

mikkoさん こんばんは。

で、なんか、mikkoさんの笑い声が何となく
弾んでいるように聞こえるんですけど~(笑)

一番楽しみだった眺望は、ミラクルは起きず
雄大な景色には会えなかったけれど、次々に
森の様子が変わっていくのを見て、遊んで(笑)、
楽しみながら歩けました~。

稜線に出て、笹原に毛糸玉をくっつけたようなツツジの木の紅葉。
樹林帯では、ブナが色づき、ダケカンバの繊細な枝を眺めて・・・
想像しただけでもワクワクしちゃいます。

下りはゲレンデなので、滑りたい放題ですよ~。
って、1本目のリフト沿いは、緩やかすぎちゃうんだけどさ。

のんびり夫婦の山遊びさん

のんびり夫婦の山遊びさん こんばんは。

今月は私が週末休みを勝ち取れなかったので、この後
相方さんは里山歩きにシフトチェンジをしちゃうそうです。
私は、もう少し雪のお山で遊ばせてもらいたいな~。と思っています♪

三本槍から赤面山って、結構激下り(帰りは激登り)だったことでしょう。
那須岳は歩いても楽しいけれど、眺めても稜線の美しさは
胸がきゅんとしちゃいますよね。
いままでわりと、那須は「遠い」とか「混む」ってイメージがあったけれど
那須の美しい稜線に萌え萌えしにまた行きたいと思っています~。

なぁんだ?
コンビだったのねぇ(^_^;)
よく見るとリンゴさんの方にもコンビとあったわ(^_^;)、
お!リフトに乗ってる?と思ったら、撤去されてないリフトなんですか! これは廃墟好きとしてはちと見に行きたいかも。センターハウスもそのまんまなんですね〜。
ヒッブそり使い放題というのに、なんだか惹かれてしまってます。私もまだ一回しか使ってないから。
枝、折れなくて何よりでした(≧∇≦)

こんな真っ白な日も良いでしょう。
白河高原スキー場リフトも外さず、何か夜逃げ状態の廃墟でしょうか。
この日、私は社山に登ってました山頂の標識が見えてないので掘ったのですけど顔を出してくれず諦めました。
社山下山はバランスを崩して意図せず尻セードに成って下って来ました。

yukoさん

yukoさん こんばんは。

はじめは、刈込湖計画的バッタリ♪ なんて計画もあったんだけど
雄大な那須岳の景色に、ちょっとの望みをかけてみました。
結果は、惨敗~でしたが、まぁ、真っ白な森の中で、楽しく遊びました♪
の1日となりました。

リフト乗り場の「キン・コーン お進みください」って、
音が聞こえてきそうな雰囲気。
人工降雪機もそのままゲレンデの端に置いてありました。
そのまま動かせそうな感じで。

今日は、川崎の工業地帯のわきを走りながら、前に
yukoさんが撮られた夜の工場の写真を思い出していました♪


で、、、、枝が折れちゃったら、
それはそれは、とんでもないコンビらしいレポが書けたところだけど…
ん~、残念。(^O^; ←自虐的~(^^;

トレッキングさん

トレッキングさん こんばんは。

意図せずに尻セードって・・・(^O^;
足尾側に滑り降りたんじゃなくて、よかったですね~(^^;(^^;

雪の社山は、冬のはじめにしか登ったことがないので
まったくイメージがつかないんですが、山頂標識が埋まってしまうほど
雪が積もってるんですね~。
たまには、Facebookだけでなくて、ブログでその景色を見せてくださいね~♪

真っ白なダケカンバの森は、ホントに幻想的でしたが・・・
でも、やっぱり青空のもと山登りがしたいですね~♪