2015/07/04

お花の山歩き (尾瀬の)笠ヶ岳

去年一目惚れをしてしまった「ミヤマムラサキ」に会いに、
今年も、尾瀬の笠ヶ岳。(*^^)v
最近の私にしては、超珍しく2時起床。3時前に出発~。
5時少し前に鳩待峠の駐車場に着きました。。。。。。。。が、

ミズバショウの季節が過ぎ、ニッコウキスゲにはちと早い。
そんな中途半端、しかも梅雨の季節の戸倉駐車場は、しーーんとしていて、
すぐに乗り合いタクシーに乗れると思っていたのに30分くらい待つことに。(^^;

6:10。梅雨の晴れ間の青空がのぞく鳩待峠。
ほんの2か月前には、2メートルくらいの雪が積もっていた登山口。
前日は、山開きが行われたようで、紙吹雪がたくさん落ちてました。
DSC09835.jpg

アカフタチツボスミレ。
葉脈が赤いのは、厳しい寒さを耐えるためにアントシアニンで守られている。
って言うのは、去年、でんさんに教えていただきました。
DSC09842.jpg
まぁ、そうすると、じゃ、こっちの花は??? 
なんて、あれこれ葉っぱを裏返してみる単純な私~。(^^;

ノウゴウイチゴの水滴きらりんちゃんは、やっぱりかわいい~。(*^^*)
DSC09844.jpg

展望が開けてきたところで、笠ヶ岳。
う~~ん、きれいな三角形。やっぱりかっこいい♪
DSC09845.jpg
このあたりで、「BSにっぽん百名山」のロケのための下見に来たという
尾瀬のガイドさん。
それと、宇都宮から来たという「駒中」さんと一緒になり、尾瀬の
マニアックな話をしながら歩く。

あっ、ムラサキヤシオ。
DSC09846.jpg

いったん樹林帯を抜け、パッと視界が開ける。
この瞬間、大好き~。
DSC09848.jpg

クモイイカリソウ。
蛇紋岩特有の植物なんだそうです。(^^)
クリーム色がかった白。やさしい色♪
DSC09851.jpg

登山道の両脇には、シラネアオイ。
この子は、下山するころには、パッと開いていましたよ~♪
DSC09854.jpg

オヤマ沢田代を過ぎ、笠ヶ岳分岐のところでお二人に見送られて
いよいよ、ぬかるみコースに突入。
途中、残雪、倒木あり。
でも、悪沢岳の樹林帯を抜け、視界が開けると、大好きな笠ヶ岳へ続く稜線~。

で、、、
をぉぉぉ~~~い。笠ヶ岳はどこ行ったぁ!!!! (T_T)
DSC09862.jpg

登山道の脇に、普通にイワイチョウが咲いてたりして、、、
湿原状態の登山道だけど、やっぱり好きかも。(笑)
DSC09865.jpg

雪解け直後の場所には、オウレンがあちこちに。
花びらの先の水滴きらりんちゃん。かわいい。(*^^*)
DSC09870.jpg

小笠が見えてきました。
このあたりの登山道は、ほぼ、小川状態。
DSC09871.jpg

雪の上も歩きます。
滑ります。
尻もちをつくと、お尻が濡れます。(^O^;
DSC09872.jpg

小笠まで来ました。
見上げると一面のチングルマ・・・
DSC09873.jpg
には、ちと早かったけれど、(^^;

登山道の脇は、チングルマロードになってました。(^^)
DSC09876.jpg
1時間くらい前は、ガスがかかっていた笠ヶ岳。
また、姿を現してくれました。嬉しい~~♪

さぁ、また、ガスがかかっちゃう前に、頑張って歩こう~!

とはいっても、あっちにふらふら。こっちにふらふら。(^^;

だって、あっちこっちにかわいい子たちがいっぱいなんだもん。
DSC09879.jpg

DSC09883.jpg

あらら、まだ、ヒメイチゲも咲いてたよ。
DSC09894.jpg

ようやく笠ヶ岳直下まで来ました。
見上げると、山頂付近までハクサンイチゲ。
DSC09896.jpg

見下ろしても、ずっと下までハクサンイチゲ。
DSC09899.jpg

登山道のすぐ脇も、ハクサンイチゲ。
DSC09901.jpg
もぉ、口元緩みっぱなし。

タカネバラ。
ホントにいい香り~。
鼻を近づけなくても、風が吹くたびにふわっと香ってくるほど。(^^)
DSC09905.jpg

タカネシオガマを真上から。
なんて、精巧な作りになってるんでしょう~。
DSC09912.jpg

山頂への最後の登り。。。
ガスがかかってきちゃってるんだから、急がなくっちゃ!
の気持ちはあるけれど、う~~ん、ミヤマムラサキちゃん。
かわいい。(*^^*)
DSC09917.jpg
尾瀬では、笠ヶ岳にしか咲かない、、、
朝、会った尾瀬のガイドさんに言わせると「マニアックだねぇ~」な
お花なんだそうです。(^^;

で、結局、かわいい子たちを見つけるたびに、そこで立ち止まり、
相変わらず、あっちにふらふら。こっちにふらふら。
ホソバコゴメグサ。
DSC09937.jpg

9:40 笠ヶ岳 山頂~♪
雲の上の人になってるんだな~。を実感。
ならまた湖が近いっ!
DSC09938.jpg
雲が多くて、平ヶ岳や越後のお山がうっすらと見える程度だったけど
雪の残るお山を見ながら、ちょっぴり早いランチタイム♪

貸し切りの山頂。
風が吹くたびに、イブキジャコウソウの香りがふわふわっと♪
DSC09941.jpg
あ~、今日は、至仏山へは行かずに、このままここでまったりでもいいかな?
一瞬、そんなことも思ってしまう。(^^;

ムラサキタカネアオヤギソウ
DSC09946.jpg
この子も、アントシアニン族だよね。
葉っぱの裏側の色は何色だったんだか確かめてくるのを忘れたっっ!!

岩の隙間では、コケモモがまだまだ咲き始め。
DSC09950.jpg

イワシモツケも花盛り♪
DSC09952.jpg

去年は、もう、見頃すぎだった笠ヶ岳のホソバヒナウスユキソウ。
今年は、ばっちり見頃で、ピッカピカ。
背筋をぴーーんと伸ばして咲いていました。(^^)
DSC09957.jpg

ロックガーデンが、あちこちに。
下山も、超ゆるゆるな感じ♪
DSC09963.jpg

ホソバツメクサ
厳しい環境の中でもしっかり根を下ろして咲いてるちっちゃな花。
好きだよ~。(^^)
DSC09965.jpg

片藤沼が見えてきました。
あそこからは、至仏山と燧ケ岳が並んで見えるそうですが、
今日は行かず、上の方から眺めるだけ。
DSC09964.jpg
雪深い環境が作るこの景色。
静かに、ずっと眺めていたい。そんな気持ちになりました。

そして、待ってました!! の、かわいいかわいいミヤマムラサキ。
DSC09973.jpg

かわいいな~。
DSC09975.jpg

今年も会えて、うれしいっっ!!
DSC09972.jpg

登山道わきに咲くお花を眺めながら、とりあえずオヤマ沢田代まで
戻りましょう~。

キンロバイ
DSC09976.jpg

ヨツバシオガマ
DSC09983.jpg

コバイケイソウ。
今年は、あちこちでお花をつけてくれそうだね♪
DSC09984.jpg

ジョウシュウアズマギク
このピンク色は、ホントにかわいい。(*^^*)
DSC09987.jpg

お花の山。笠ヶ岳。ばいばい。
今度は、季節を変えてまた来るよ~。
DSC09992.jpg

小笠の下を巻いて、悪沢岳を登り返して、オヤマ沢田代まで。。。
遠いなぁ。(^O^;
そして、至仏山は雲の中。
DSC09993.jpg

名残惜しくて振り返る。
今年最後の桜だね。
DSC09998.jpg

ヨツバシオガマは元気いっぱい。
DSC00001.jpg

朝のうちは、花を閉じてたコミヤマカタバミ。
日がさしてきてからは、あちこちで花を開かせていました。(^^)
DSC00010.jpg

んふふふ。モフモフ。かわいい。(*^^*)
DSC00014.jpg

12:00 オヤマ沢田代まで戻ってきました。
DSC00019.jpg
さてっと、ここから至仏山まで、CT1時間15分。
ピッカピカのオゼソウとホソバヒナウスユキソウに会いに、行ってみましょう~♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

場所が分からなかったので地図を見たんですが、
滅茶苦茶ロングコースじゃないですかぁ
そして、さらに至仏山も回るんでしょ?
田代山・帝釈山で膝がガクガクになった私では、
じぇったい無理、、、
でも、花の百名山なんですね、ほんと、いっぱいの花
名前覚えきれないけど、
自分でも見てみたいって、
ちこさまの写真を拝見して思いました!
でも、それには、もっと体を足を心を鍛えねば!笑
PS 鳩待峠から至仏山には
  行きたいと思っています!
  尾瀬の山小屋にも1泊してみたい、、

1年前、chikoさまの笠ヶ岳レポートに触発されて行ったのが7月下旬。
花時期には少し遅かったけど、可愛いミヤマムラサキに出会った瞬間を覚えています。
バッテリー切れ寸前でまともに写真を撮れなかったのが心残り。
いつかリベンジに・・・と思いつつ、梅雨時は難しい・・・(T_T)
で、至仏山まで頑張ったんだって!
続きも楽しみにしています(*^^)v

chikoやんさん、こんばんわ!
梅雨の合間、笠ヶ岳・至仏山で沢山の花々に出逢え
て花三昧、良かったですね。
笠ヶ岳へのルート、7月初旬ですと残雪もあり、
途中の泥濘も酷いですが、花を楽しめるんですから
やむを得ないですね。
山・花情報、有難うございました。
ヤマレコで概略は見させていただきましたが、次の
至仏山への詳細なレポも楽しみにしています。

素晴らしき行動力と花レポ

こんばんは。
chikoやん素晴らしい! 山レポならぬ花レポそのものですね~
それ以前に5時前に鳩待峠の駐車場に着くことも凄いことですよ!
そして次々と現れる高山植物たちの数々...
特に真上から撮った”タカネシオガマ”が最高のヒット作品です。
もちろんウスユキソウもハクサンイチゲなども好きですが...
chikoやんって凄過ぎ! 小太り爺さんは付いて行けません>苦<

泥んこ状態の登山道、ゆるい山だからですね。
それが故に豊かな植生で花も多いということでしょう。
アントシアニンの話し、オイラが教えましたっけ?
すっかり忘れてます(^^;)

クモイイカリソウは蛇紋岩なんですね。
だから谷川にもあるわけだ。
ほかにアントシアニン族と言ったら何があるかな?
ナエバキスミレやジョウシュウキオン、もっと顕著なのはチシオシモツケかな。
自宅付近でも自生しているクレソンなんかは赤くなってました。

ミヤマムラサキはガイドさんの言うようにマニアックですよ(笑)
この時期歩いてないから知らないんですけど
ホソバヒナウスユキソウはそれほどたくさんないのかな?
最近は西黒尾根もかなり多くなってますが
朝日岳はうじゃうじゃ足の踏み場もないほどです。

chikoやんさん、こんばんわ。

さが~さな~きゃね~ 君のミヤマムラサキ~♪

字余りですが、BUMPの「涙のふるさと」~。

尾瀬の鳩待峠は、すっかり雪が解けてなくなっています~。そうか、無積雪時はこんなふうになっているんですね~。とても信じられないくらいに、葉っぱがわさわさになっています。あの登山届ポストも懐かしい~。
・・・そして、下山後は花豆ソフトで締めくくりですよね?

高山植物の狂喜乱舞~!!!
をををw~!!!ヒメシャクナゲ~!!!きゃわええ~。ミヤマムラサキももちろん。本当に珍しいお花ですね~。ハクサンイチゲがぼろぼろ咲いていると、やっぱりテンション上がります~。

亀三郎さん 

亀三郎さん おはようございます♪

う~ん。私にしては、ロングコースでした。(^^;
緩やかに登って、緩やかに下る感じだったので、歩き
通せましたが、さすがに最後は、足の裏が痛かったです。
それでも、翌日の筋肉痛は、鬼が面山の翌日の方がひどかったな~。(笑)

濡れてるとツルツル滑る蛇紋岩の山だけど、そこにしか
咲かない花もたくさん。
樹林帯の中では、定番の花たちもたくさん。
鳩待峠往復なら、小至仏山直下のお花畑までゆるゆる登り。からの至仏山♪
そこで、花の至仏山にはまったら、ぜひ、今度は山の鼻から登って・・・
高天ヶ原のお花畑は、一見の価値ありですよ~♪

リンゴさん

リンゴさん おはようございます♪

あはは、去年に続いて、また行っちゃいました。笠ヶ岳~♪
朝、尾瀬のガイドさんに「実は、今年。雪解け遅いんだよね~」
と言われ、まだ、ワタスゲしか咲いてないオヤマ沢田代。
分岐を過ぎて、去年アカモノロードだったところは、まだ、咲いてるのは
ミツバオウレンだけ。。。
これは、はやまったっっ!!! って、相当焦りましたが・・・
さすが、花の二山。雪解け直後から咲くお花たちが楽しませてくれましたよ~。
去年のリンゴさんたちが見た大展望を期待してたけど、それは
今年もお預けでした。(^^;(^^;

それにしても、去年のリンゴさんの逆コースを歩いて、
行動時間はプラス2時間。(^^;
だらだら歩いていた時間を差っ引いても、
どんだけスクワットをしてたんでしょ~。(^O^;

のんびり夫婦の山遊びさん

のんびり夫婦の山遊びさん おはようございます♪

去年の笠ヶ岳&至仏山が、あまりにも素晴らしかったので、
飽きもせずに、笠詣でをしてしまいました。(^^;
まだ、登山道の整備が入る前だったので「え~、ここ、跨ぐの?」
「ここ、潜れるのかなぁ・・・」なんて思うような倒木が何か所か
ありました。
去年、猛烈にぬかるんでた場所は、まだ雪の下。(笑)
まぁ、別の場所が、登山道、湿原化してました。(笑)
泥濘歩きすら楽しくなっちゃう1日でした♪

で、その後の行動は、ばれちゃいましたね。(^^;
はい。花の至仏山は、ピカピカのエーデルワイスと、
かわいいかわいいユキワリソウ祭りでしたよ~♪

ケン坊さん

ケン坊さん おはようございます♪

で、ケン坊さん。褒めすぎ~。ここは、「あったく、物好きね~」
と、呆れていい場所です。(笑)
でも、花の笠ヶ岳と至仏山は、ホントに素晴らしい場所でしたよ~。(^^)

早起きの苦手な私は、5時に登山口。。なら、迷わず車中泊をするところですが
この前日、あまりにも眠くて運転無理だな~。で、早寝。根性で起きました♪

真上からのタカネシオガマは、、、
実は、以前、大好きなブロガーさんがそうやって撮った写真をアップしてらして
そのパクリです。(^O^;
ヨツバシオガマはあちこちで見かけるけれど、タカネシオガマになかなか会えなくて
去年も撮ったんだけど、思ったより真上じゃなくて、斜めってたので
リベンジしてみました~♪

でんさん

でんさん おはようございます♪

アントシアニン、、、
そうそう。そういうマニアックなお話は、でんさんですよ~。
「会津藩士の血で染まった・・なんて言われているチシオシモツケ」って。
その話を聞いたとき、妙に納得してしまったのが、寒さに当たって
紫色になったブロッコリーって、甘くておいしいよな~。ってことでした。(^^;

あっ、谷川岳も蛇紋岩のお山でしたね~。
クモイイカリソウは、去年見たのとは違う場所で咲いていたので、
実は、気づかないだけで至仏山のあちこちに咲いているのかも。
ホソバヒナウスユキソウは、笠ヶ岳では、山頂直下に咲いてましたよー。
この日は、その後、至仏山でたくさん見られるからいいや・・・と、スルー。(笑)
小至仏山から至仏山間では、登山道にもいっぱいでした。

ん~、谷川岳のエーデルワイス。。。西黒尾根から登らないと見られないんですよね。
見たいんですよね~。
それと、谷川岳deオゼソウ♪(笑)

で、ミヤマムラサキ。。。やっぱりかわいいです♪
朝、一緒になった駒中さんには「笠ヶ岳を目指すことすらマニアック」と
言われてしまいました。(^^;(^^;

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん

到着だよ ほらお~ぼえてるかな いつか見た 花がぁ あるだろ  
ん~、1文字足りなかった。(^^;

1人で歩いてると、鼻歌と、ブチブチ独り言がつい多くなってしまいます♪

分岐から笠ヶ岳間 5時間弱の間ですれ違った人は2人だけ。
ホントに、完璧に自分の世界で、鼻歌歌いたい放題でした。熊さんも怖いしね(^^;

湿原で見かけることの多いヒメシャクナゲが、山の斜面で咲いてると
何となく、とっても新鮮です。(^^)
田代山では、ちょっぴりお疲れ気味だったヒメシャクちゃんが、まだ咲き始め。
ぷっくり。ピカピカで、ホント「キャ~~~!!!」って感じでした。

まぁ、さらに、その後、至仏山で完璧に壊れてくるんだけどさ。(笑)

で、もちろん、最後の仕上げは、花豆ソフトでしたよ~。
GWの時は、まだ花豆ソフト、やってなくて、、、
コスパの悪い鳩待峠は、なかなか来られないからさ~。(笑)

2か月前、真っ白だった登山口。
思いきり緑の葉っぱが茂って、そういえば最初にアイゼンつけた場所って
どのあたり?
冬道はどこ??? って程、景色が変わっちゃいますね~。