2015/07/25

今年は新潟っ! 5年待ってようやく火打山♪

もう何年も前、山雑誌に載っていたある写真。
湿原の前に立つ、とんがり屋根の山小屋。
「ここ、行きたい!!!!」

いつ行く? 花の時期? 紅葉の時期?
やっぱり、高谷池に咲く、ハクサンコザクラでしょぉ。と、
ワクワクしながら、高谷池ヒュッテを予約しました。

ホテル青い車は、「道の駅 しなの」に停車。
4時半には登山口へ移動開始。
妙高杉ノ原スキー場付近で、日の出となりました~。
DSC00234.jpg
眼下には野尻湖。

笹ヶ峰登山口。
ここが、お花畑が広がるお山への入り口になります。
登山届を出して、いざっ。
DSC00237.jpg

豊かなブナの森をだらだらと登ること1時間。
最初の休憩ポイント。黒沢橋。
DSC00240.jpg
ここを過ぎると、いよいよ登山道っぽくなってきます。

ひーこら登っていくと、木々の間からは白馬連峰。
テンション、上がります♪
DSC00242_20150725014720710.jpg

んふふ。もふもふ。
かわいい。(*^^*)
DSC00247.jpg

富士見平分岐を過ぎると、ゆるゆると稜線歩きになります。
そうそう、富士見平分岐付近からは、黒姫山の向こうに
富士山が見えました~。\(^o^)/
DSC00248.jpg
オオバミゾホオズキが咲きまくる登山道を歩いていくと、、、

わぁ、朝露でスケスケになったサンカヨウ。
きれいだな~♪
DSC00250_201507250148249c9.jpg

正面には、どど~~んと火打山。
すごい!
すごすぎるよ。
なんか、すご~~く山奥に入ってきたような気分です。
DSC00252.jpg
さぁ、高谷池ヒュッテを探せっっ!


み~つけた。(*^^*)
憧れ続けていた、、、あの場所です。(*^^*)
DSC00253.jpg
嬉しいっ。
ここに来ただけで、もう、気分は山頂へ着いてしまった。
そんな気分です。(笑)

アルプス展望台からは、どど~~~んと白馬岳。
大雪渓も見えています。
DSC00258.jpg

鹿島槍。かっこいいな~♪
DSC00260_2015072501493566a.jpg

登山口から3時間半。
高谷池ヒュッテにつきました。
DSC00262.jpg

荷物だけ置かせてもらおう。。。と思ったら、「受付できますよ~」
と言っていただけたので、受付を済ませ、角位置のお布団をキープ♪
DSC00263.jpg

山小屋のテラスからは、こんな景色。
この2日間、この中に包まれながら過ごすことができるなんて
もぉ、幸せすぎます。(*^^*)
DSC00266.jpg
さて、雨具と飲み物とお昼ご飯だけを持って、お散歩しながら
火打山へ行きましょう~。

まずは、小屋前の高谷池から。
DSC00267.jpg

もぉ、庭園のようです。
で、池糖の周りには、まだ咲き始めのハクサンコザクラ。
DSC00268.jpg
はい。大好物な景色です。(*^^*)

急いで通りすぎてしまうのがもったいないような景色の中を
ゆっくり、ゆっくりと歩いていきます。
DSC00270.jpg

そして、雑誌に載っていて、私の心をぐわしっ!っと掴んだのが
この光景。
もぉ、これを見るためにここに来た! と言っても過言ではありません。
DSC00273_20150725015222a73.jpg

天狗の庭の手前に、残雪がちょっとだけ。
ひんやりと、気持ちいい~。
DSC00274.jpg
雪が解けたら、このあたりは、素敵なロックガーデンになっていそうです。

天狗の庭につきました~。
咲きまくる湿原のお花畑に期待が膨らみます。(*^^*)
DSC00276.jpg

そして、もう一つ楽しみにしていたのが、逆さ火打。
DSC00281.jpg
ちょっと歩くだけで、どんどん変わってくる景色に、同じような写真を
何枚も撮りまくりました。(^^;

かわいい・かわいいハクサンコザクラちゃん~。(*^^*)
DSC00283_20150725015450bc1.jpg
これから、お山へ登るんですが・・・
延々と、木道寝そべりタイムが続きます。(^^;

天狗の庭を過ぎると、がんばりどころ。再び。
でも、見たことのない景色に、振り返りながら登っていきましょう~。
DSC00289.jpg
マルバタケブキ&白馬連峰。

振り返ると、天狗の庭~高谷池。
DSC00294_20150725015453d22.jpg

をぉぉ、木が、斜めって立ってるよ。
それだけ、風が強い。。。んでしょうね。
DSC00295.jpg

ヤマオダマキ&妙高
DSC00297.jpg

天狗の庭&妙高。
DSC00298.jpg
妙高山はまだ、残雪トラバースがあるそうなので、今回はパス。
でも、いつか、あちら側から火打山を眺めてみたいな~。

クルマユリが鮮やかな登山道♪
DSC00300.jpg

で、キンポウゲが咲きまくる登山道。
DSC00302.jpg

へぇ。。。階段。きつ~~~い。
でも、お花畑に励まされながら1歩ずつ。
DSC00303.jpg

ウサギギクの黄色いお花畑もかわいいな~♪
DSC00308.jpg

な~んて、のんびりしすぎていたら、あたりはガスに包まれ始めて
しまいました。(^^;(^^;
でも、遠くには日本海。おそらく、直江津の港も見えました♪
DSC00309.jpg

あはは、山頂についた時には、あたり一面、真っ白~。
写真を撮ってくださったお姉さん曰く、10分前くらいまでは、富士山も
見えていたそうです。(^O^;
DSC00313.jpg
まぁ、山頂につく前に素敵な景色は楽しめたから、、、いいや。
おそらくまだ来るだろうし。(笑)

影火打から焼山へ続く稜線も雲の中~。
DSC00315.jpg

ん? 初めて見る花だな。
ヒメイワショウブ。。。かな?
DSC00322.jpg

ミヤマカラマツは、もっふもふ。(^^)
DSC00325.jpg

それにしても、なんて、やさしくて、穏やかな時間が流れていく
場所なんだろ。
DSC00326.jpg

もぉ、下山しちゃうのがもったいなくて、岩に座ってひと休み。
DSC00327.jpg
・・・からの、岩の上に寝っ転がってのお昼寝タイム少々。(^^;

エゾシオガマ。初見です。
DSC00331.jpg

天狗の庭まで下りてきました。
すっかり青空は消えちゃったけれど、ワタスゲがモフモフ。
DSC00335.jpg

そして、池のほとりには、かわいいハクサンコザクラちゃん~。
DSC00343.jpg

それも、わんさかと。(*^^*)
DSC00348.jpg

ツガザクラ。かわいいな~♪
DSC00354.jpg

そして、登るときには全然気が付かなかったけれど、なんじゃこりゃぁ!!!
って程、咲きまくる、キヌガサソウ。
DSC00362.jpg
こんなにたくさんのキヌガサソウを見たのは、初めてです。
こんな群生が、あちこちに。もちろん、テンション、上がります~。

で、やっぱりハクサンコザクラちゃん~。
DSC00365.jpg
あらあら、雨が降ってきちゃったので、小屋の中に入りましょう。

自炊室にはガスコンロや鍋や食器が置いてあって、自由に使うことができます。
DSC00369.jpg
コーヒーでも入れて、何もしない時間を楽しみましょう。

でも、雨が止むとじっとはしていられなくて、徘徊再び。
今度こそ、、、今年最後の桜かな?
DSC00373.jpg

アオノツガザクラは、ツンとおちょぼ口。
DSC00379.jpg

モミジカラマツももっふもふ。
DSC00390.jpg

でも、やっぱりハクサンコザクラちゃん~。(笑)
DSC00392.jpg

夕食は17時半から。
カレーとハヤシライスのhalf&half。デザートには、缶詰のパイナップル。
DSC00393.jpg
腹八分目、、、なんて言葉は忘れて、おかわりしちゃった♪(笑)

夜、月も見えたんだけどね、
DSC00395.jpg
翌朝、雨の音で目が覚める。と。
それも、笑っちゃうほどの大雨。(^O^;

朝ごはんは5時半。メニューは中華丼。
もぉ、この雨の中じゃ、下山するまでお昼休憩はお預けだな。
と、しっかり朝食をいただいたものの・・・
DSC00400.jpg

あまりの雨の降りっぷりに、コーヒー飲みながら、山バッジを仕入れて
まったりタイム、再び。
DSC00401.jpg
なんてしてたら、外が妙に明るい。
急いで支度をして外に出る。

雨が上がって、薄日も差してるよ。
焼山から上がる水蒸気もはっきりと見えました。
もぉ、こんなことってあるんだね。

テント泊だった若いお姉さんは、
「もぉ、昨夜はプチ鬱になりそうでしたよ。なんでテント張っちゃったんだろって。
 でも、これがあるからやめられないんだよねー」って、とっても嬉しそう。
DSC00402.jpg

うんうん。わかります~。
でも、雨の止み間に見えたこんな景色。ホントにきれいだよねー。
DSC00405.jpg

さようなら。また来ます。
一面のイワイチョウが黄色く色づくころ?
それとも、ナナカマドが赤く色づくころ?
それとも、、、ブナの森が黄色く染まる頃??
DSC00408.jpg
おそらく、また来るだろうな。

下山は、黒沢池経由で・・・

茶臼山を過ぎると、水墨画の世界。
うっすらと青空も見えたんだけどね
DSC00409.jpg

やっぱり妙高は雲の中でした。
DSC00411.jpg

イチヤクソウ。かわいいな~♪
DSC00412.jpg

黒沢池ヒュッテが見えてきました。
DSC00417.jpg
雨も強くなってきたけどね。(^^;(^^;(^^;

黒沢池の周りの湿原も、お花畑。
チングルマは、すっかり果穂になっていました。
DSC00419.jpg

モフモフのワタスゲロード。
DSC00421.jpg

コバイケイソウロード。
DSC00447.jpg

今年はじめまして! の、ハクサンフウロ。
初物に会えると、やっぱりうれしい♪
DSC00452.jpg

ん・・・ ちょっぴり渡るのを躊躇した丸太橋。
ここで滑ったら、、、笑い話にもならないよね。(^O^;
DSC00453.jpg

ただでさえ、ぬかるみの多い登山道。
登山道で、水鏡になってるよ。
DSC00457.jpg
昨日ひーこら登った岩岩の登山道&十二曲。
足を滑らせないように気を付けながら下山。

深夜、結構雨が降ったんだね~。
轟々と流れる黒沢。
DSC00466.jpg

黒沢を過ぎると、あとは延々と木道歩き。
緑に埋め尽くされたブナの森を歩き、
DSC00469.jpg

笹ヶ峰登山口まで戻ってきました~。
ホテル青い車が待っていてくれました♪
DSC00472.jpg


その後、お風呂に入って、「道の駅 しなの」でお昼ご飯を食べて、、、
ふと思う。時間はまだ1時半。
ここから佐野まで200キロか。。。
下道、アリだな。途中あきたら高速に乗ればいいんだし。

そ~~んな訳で、火打山登山口から7時間かけて下道で帰ってきた
おバカ~~な私でした。(*^^)v


えぇ、約4000円の節約です。(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

下見、お疲れ様でした~。えっ?(^^;)
まるで更新時間を知っていたかの様なタイミングでの訪問&多分1番海苔~のコメント。
で、念願の火打山・・・三角屋根の高谷池ヒュッテと周辺の湿原。
広がるお花畑と北アルプスの大展望。
chikoやんにとってどストライクの場所だった様だね。
念願叶った嬉しさが滲み出ています。
2日目は残念な天気だったけど、次回は是非妙高まで一緒に行きましょう。

良い時期に歩かれましたね。
雪解け直後は花が綺麗ですね~
自分も花時期にと思っていたので参考となりました。
そのうちに、機会を見て・・なんて言っているうちにチャンスを逃がしちゃうんですよね(笑)

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

え゛~、別に下見に行ったわけじゃないんだけど・・・(-.-;

でも、どんなところだった? って聞かれたら、
おっきいブナの森と湿原のお花畑と稜線のお花畑と
大展望。大好きなものが勢ぞろいのお山♪ でした♪
雨の中歩くのも、楽しかったですよ~。
あと50キロ近ければ、毎年行きたい! 
あと100キロ近ければ、毎シーズン行きたい! そう思いました。
念願の高谷池ヒュッテも快適でしたよ~♪

今回は、行ってくるだけで一生懸命。。だったけど、
きっと次回は、今回見えなかったものも見えてきて
もっと楽しめるんじゃないかな~♪ と、再訪に期待です。(*^^)v

yamasanpoさん

yamasanpoさん こんばんは。

ハクサンコザクラのお花畑なら海の日頃だよ~。と、
お薦めされていたので、去年から温めていました。
ハクサンコザクラだけでなく、これでもかって咲いていた
キヌガサソウやイワイチョウ。それに稜線に咲くお花たち。
ホントに「帰りたくな~い」と思ってしまいました。(^^;

で、高谷池ヒュッテでは、夕食後、火打山の四季のDVDを
見せてくれたんですが・・・
紅葉もめちゃめちゃきれい! 草紅葉も木々の紅葉も。。。
次は秋だな。。。と、密かに再訪プランを練り練り中です♪

並外れた行動力に乾杯!(ケン坊は完敗)

こんにちは。
毎回、ブログを読むたびに思うんですが、あのchikoやんの何処に
こんな興味への飽くなき探求心があるのかなと思っちゃいます。
遠くまで”ホテル・青い車”に泊まりながらの遠征には唯々感服です。
臆病者ケン坊には、到底真似できません。とうに諦めまてます>笑<
もちろん歩く内容も半端じゃ無く充実してるし驚きの毎回です。
花や景色を追い求める行動力に無条件降伏です。
若いって良いな! 素晴らしい!

五年間温め続けた計画。。。
穏やか~な文章の端々に嬉しさが溢れていますね~
ハクサンコザクラちゃんの群生がハンパなかったでしょ!
そして小屋から少し登ったところから見る湿原と三角屋根の小屋の風景
「これよ!これ!憧れ続けた風景は♪」って感激しますよね~
私は日帰りだったので火打山の山頂を踏めなかったのですが
天狗の庭から上の登山道もいい感じですね~
いつか三角屋根の小屋に泊まって山頂を踏みたくなりました。
紅葉の時も良さそうですね。

chikoやんさん、こんばんわ!
私達には馴染みの薄い火打山、ここも雪解け後の
花、特にハクサンコザクラが凄いですね。昨年歩い
た北アの小桜ヶ原を思い出しました。
素晴らしい花々のレポを拝見し、行きたい山が増え
てしまいました。
天狗に庭、本当に素晴らしい景色ですね。

念願かなって、お次は?
なんていうのはちょっと気が早いですね(^^;)
高野池は庭園みたいなとろろですよね。
こんな楽園行ったら帰りたくなくなるのも当然です。
妙高山とともに紅葉もすごく綺麗なので秋も行くこと決定ですね(^^)
下道7時間というのは寄り道多すぎでは?(笑)

ケン坊さん

ケン坊さん こんにちは。

もともと一人で静かに過ごす時間が好きなので、そのためなら、
頑張れちゃうんですよね~。(^^;
もちろん、あれこれ不安もあるので、絶対大丈夫!と思わないと
Goサインは出せないので、計画倒れも、多々あります。(^O^;

でも、憧れの火打山。行ってよかったですよ~。
はじめは、湿原のお花期待だったんですが、稜線のお花畑も素晴らしい~。
近ければ、何度も行っちゃうのに・・・。ホント、そう思います。(*^^)v

mikkoさん

mikkoさん こんにちは。

去年、mikkoさんたちが天狗の庭まで日帰りで行ってらしたのが
大きな力になりました。
そして、どなたかへのコメント返しで「白馬へ行くのと同じくらい」
とあって、それが、Goサインの一番大きなきっかけになりました。
ありがとうございました。(^^)
富士見平を越えて、ド~ンと火打山が正面に現れて、その雄大な景色の中
高谷池ヒュッテを見つけた時。
小屋を過ぎて振り返ったとき、湿原の向こうに立つ高谷池ヒュッテを見た時。
そして、天狗の庭の池に映る逆さ火打を見た時。
3大感動ポイントだと思います。(*^^*)

同じ時間に登られた方たちは、みんな日帰りでした。
あとから登ってきた中学生たちも、だ~~っと登って、だ~~っと
下山していきました。
でも、急いで過ごしたらもったいない。ゆっくり流れる時間を
楽しめる場所だな~。と思います。

あのたくさんあったイワイチョウがみんな黄色く染まったらどんな景色に
なるんでしょうね。
今から、紅葉時期にも期待です♪(^^)

のんびり夫婦の山遊びさん

のんびり夫婦の山遊びさん こんにちは。

雪の深いところって、どうしてこんなに豊かな森があって
たくさんのかわいいお花が咲くんだろう~。
しみじみとそう思ってしまった2日間でした。
雪が溶けたところから次々とお花は咲くし、雪の重さに
耐えて曲がってしまったブナの木も、ちゃんと上に向かって
伸びてるし。。。
ホントにゆっくり、のんびり過ごしたい山でした。(^^)
一番楽しみにしていた、夕焼けや、朝焼けに輝く高谷池の
景色はお預けになってしまったので、再訪決定です♪
もうちょっと近ければ、去年の駒詣並みに行きたい。。。
そんなところでした。(*^^)v

でんさん

でんさん こんにちは。

お次は、、、憧れ続けた雲の平!
・・・と言いたいところですが、今の職場にいる間は、まとまった連休は
望み薄なので、それは置いといて(泣)、今年は新潟! 苗場山ですかね。(^^;
まぁ、一番実現させやすい、、、かな。と。
新潟の駒が岳も行きたいけれど、こちらはまだGoサインは出せないので。(笑)

で、山雑誌のページがよれよれになるほど見続けていた高谷池。
写真と同じ景色が目の前に広がって、ゆるゆるとした時間が流れていて
憧れの(?)登山道脇でのお昼寝!も、してきましたよ~。
もう一度お花の時期にも行きたいけれど、山全体がカラフルに染まる
紅葉の妙高&火打は、ぜひ行きたいと思っています~。
今度は、黒沢池ヒュッテのクレープ狙いで??(笑)

帰り、私プランでは6時間あれば着くんじゃないか・・・なんて思ったんですが
長野市内と高崎市内の渋滞で思ったよりかかってしまいました。
途中ICの看板を見るたび、心は揺れたんですが、意地でも乗ってたまるかぁ!!
になっちゃうんですよね。特に、佐久あたりまで戻ってきちゃうと。(^^;(^^;

こんばんは♪

火打山、私も本で見た事ありますよー(^^)
行動派の、chikoやんさんが5年も温めてただけあって、本当に素敵な所ですね〜!
三角屋根の山小屋は、まるで外国みたい(*^^*)
逆さ火打山の写真、バッチリ鏡になりましたね!
2日目はお天気残念でしたけど、しっとり濡れたお花達もまた可愛い♪
ご飯が豪華ですね!
いまだに山小屋泊まった事ないんですけど(^_^;)他もこんなに豪華なのかな?

mokos619さん

mokos619さん こんにちは

mokos619さんも見たことありましたか?
あの雰囲気は、女子は好きですよね~(*^^*)
実際は、そこにガスがかかったり、小鳥のさえずりが聞こえたりと、ほんとにゆっくりと時間の流れていく場所でした。
小屋にお泊まりも女子率が高かったですよ~(笑)

八ヶ岳や北アルプスの山小屋は場所によっては旅館並のごちそうが並ぶ所もあるそうですが…
ぺこぺこお腹には温かいカレーも最高のごちそうでしたよ~♪
そして、缶詰めパイナップルも。(笑)

いいな 火打山 
山バッジも欲しいし、ハヤシ&カレーも
食べたいし、テント泊のお姉さんとも
お話してみたい~~って、、、
あ、、
お替わりは 有料
それとも 1回まで無料??
もしかして
いろんな事が気になるので
暑さと 突然の雷で 頭がおかしくなってる
わたし??(^_^;)(^_^;)
それから
自炊部屋でコーヒー
まったりタイムも憧れなんです
あ、、でも 角のお布団ってことは
お隣が、、、イケメンさんになることも
あるんでしょうか?
それとも 女性の隣は女性限定??
山小屋泊の
お泊り情報って
あまり見かけないので
分からないんですよ (^_^;)

池の畔の湿原に咲くハクサンコザクラは画になりますね~。
それにどの写真もよく撮れててGOOD!です。
もう随分前に、同じように雑誌の写真に憧れて火打山に登ってますが、撮った画像がPCとともに無くなってしまって、今では記憶を頼るしかありません。
テントを設営してからの登頂だったので、これまた同じように山頂に着いたときはガスってました。
確か8月中旬頃だったので、天狗の庭から上の登りではトリカブトとウドが狂ったように咲いてました。

chikoやんさんが次に火打山を訪れるのはどんな花が咲いているのか楽しみですね。
きれいな写真、期待してます~~

chikoやんさん、こんばんわ。

ついに火打山~!!!5年も我慢されていたんですね~。登頂時は感無量ですね~!!!

登山口のお写真、これからいい天気になるぞ~っというような澄んだ景色ですね。ワクワクされた気持ちが伝わります。

登山道から見える後立山連峰、青レンジャーもテンション上がって夢中で写真を撮りましたよ~。笹ヶ峰からの登山道は、長いけど、景色が移り変わるので飽きないですよね。

天狗の庭のハクサンコザクラ~!!!すごい量ですね~。みんな競い合って咲いています~。点在する池塘に三角屋根の高谷池ヒュッテ。何度も振り返って眺めたくなる景色、神々の世界みたい~。確かに、この景色を見られた人たちは、みなさん揃って、「天狗の庭はすごい」というハズですよ~。キヌガサソウはまさに今が旬みたいですね。美しい凛とした姿は神々しい天狗の庭に合いますね。

そして次は苗場山ですか~!!!chikoやんさんはどんなお花に出会えるんでしょうか?ご報告楽しみです~。

亀三郎さん

亀三郎さん こんばんは。

普段、山バッジって買わないんだけど、あまりにかわいらしかったので
思わずお買い上げ~。でした。

で、山小屋のごはんですが、お代わりをしても追加料金はかかりませんよ~。(笑)
「残飯は出さない方がいいんでしょ?」と、おひつに残るごはんとお鍋に残る
カレーをきれいにたいらげ、小屋番さんに感謝されてるお兄さんもいました。(笑)
で、寝る場所についてですが、この日は、女性部屋と、男性グループ&カップル部屋
に分かれてました。
基本、女性と他グループの男性が隣にならないように配慮します。って、
高谷池ヒュッテのHPに、かいてありました。
駒の小屋でも、そう言う配慮をしていただきましたよー。(^^)

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんにちは

をぉ、中ノ俣さんも、雑誌の記事からの火打山だったんですね。
あの光景は、女子だけでなく、男性も、キュンキュンしてしまう。。。
そんな場所なんですね~。
池のほとりでテン泊は、やっぱり羨ましい。(*^^*)

池糖の周りに咲きまくるハクサンコザクラは、やっぱりかわいいです。
もぉ、ここ最高!!! って思いながらも、去年、通いまくったあのお山の
ハクサンコザクラの様子も気になっちゃったりして。(^^;
季節が変わると、咲くお花も雰囲気もずいぶん変わるんでしょうね~。
さすがにちょくちょく訪問できるほどの距離ではないけれど、季節を変えて
絶対再訪したいな~。と思っています。
とりあえず、次は、紅葉の時期に・・・
う~ん、写真、撮りまくりそうです。(笑)

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんにちは。

火打山まで5年我慢した・・・と言うより、何とか行けそうだな。と
Goサインが出せるようになるまでそれだけの時間がかかって
しまいました。
何しろ、今までCT+1時間くらいののんびりペースでしか歩けなかった
ので、登ったのはいいけど、無事に帰りつける自信がなくて。(^^;

で、待ちに待った火打山は、思っていた通りの穏やかで優しい時間が
流れていく、どストライクなお山でした。(*^^*)
湿原も、稜線上もお花畑が広がっていて、登山道に倒れ込みたい放題。(笑)
夕食後、見せてくらった「火打山の四季」のDVDに、違う季節にも
絶対行ってみたい~! と、すっかり乗せられちゃってます。
青レンジャーさんたちが見た真っ白な世界もステキですよねー。
山頂へ行く前から広がる大展望に、テンションMAXのままでした。

苗場山、今年は、行く気、満々ですよ~。
でも、その前に、、、ほら、例の、、、ハクサンコザクラのお山が
どーしても気になって仕方ないので、そちらが先!になりそうです。(^^;
やっぱり、結局、、駒中な私。