2015/08/02

初めての花 初めての山

はじめまして~。
DSC00526.jpg
ノギラン

決して珍しい花ではないらしいんだけど、お初のご対面でした。
もぉ、ネバリノギランって、実は、しっかりと花を咲かすのかと思っちゃいました。
もちろん、ネバリノギランではありませんよ~。
DSC00527.jpg
いやぁ、なんで気がついたか。。。。って、ぼちぼち花を咲かせ始めた
ベランダのパイナップルリリーちゃんと花の形が似てたから。

きっと、これからは、どこかの登山道で花をつけていたら、きっと目に入るね。(^^)

もひとつはじめまして~。
イワインチン
DSC00522.jpg
この黄色い部分がにょきーっと伸びて、その上に花が咲くのかと思ったら、
これでOKなんだね。
烏帽子岳の山頂付近にたくさん咲いてました。(^^)

イブキジャコウソウと並んで、とってもきれい。
DSC00523.jpg

はじめましての湯の丸山&烏帽子岳。
昔々、峰の原高原スキー場は1度だけ滑りに来たことがあったけれど、
自分で運転してきたんじゃないと、ほぼ記憶にはなかったりするのです。(^^;

湯の丸山と言うと、レンゲツツジの印象が強いけれど、お隣の烏帽子岳と
合わせて、お花の山らしい。
連日猛暑の下界を抜け出して、ちょっとだけ秋の風を感じに、、、
登ってみましょう~。
DSC00504.jpg

紫色の花がたくさん咲くようになってくると、あ~、秋が来るんだな~。
そんな気持ちいなっちゃいます。
DSC00505.jpg
いや、、、
秋の「あ」の字も感じないほど、汗びっしょりなんだけどね。(^^;

ヤナギランは、青空に向かって思い切り背伸びをしていました。
DSC00508.jpg

コキンレイカもあちこちに♪
DSC00510.jpg

この間五竜へ向かったときは、佐久ICからずっと、槍ヶ岳が見えていた程なので
今回も山頂からの展望は期待してました~。
DSC00516.jpg
・・・が、残念でした~。(T_T)

青空のもと、南峰と北峰を結ぶ気持ちのいい稜線を歩けたら、
それだけで上機嫌だけどさー♪
DSC00520.jpg

岩の上に座ってひと休み♪
結局、この日は、遠くの山々は一度も姿を現してはくれませんでした。
DSC00521.jpg

湯の丸山から鞍部までは、約30分の激下り。
もぉ、膝が笑っちゃうほど。
その後は、ゆるゆると烏帽子岳へ向かって上っていきます。

稜線に上がれば、そこは、大好きなお花畑♪

ナデシコ&湯の丸山
DSC00531.jpg

烏帽子岳まであと700mの看板を見た時は、いよしっ、あそこが頂上だ~。
なんて、かすかな期待をしたけれど、そこは残念偽ピーク。
目指す烏帽子岳は、、小烏帽子岳の、その向こう側でした。(^^;
DSC00532.jpg

ピンクの花園&湯の丸山
DSC00533.jpg

カラフルな花園&烏帽子岳
DSC00534.jpg

烏帽子岳の山頂からも、この日は、心の目でしか北アルプスを眺めることは
できませんでした。
時々、雲の切れ目から、山の麓の街並みが見えました。
DSC00537.jpg

イブキジャコウソウの香りの漂う山頂で、お昼ご飯を食べたら、
ソフトクリームを励みに下山。
DSC00539.jpg

をぉぉぉぉぉ!!!
この家の屋根の右半分に落ちた雨のしずくは太平洋へ。
左半分に落ちた雨のしずくは日本海へ。
DSC00559.jpg
なんか、壮大なロマンを感じてしまいました~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヤナギラン、昔は反対側のスキー場に群生していたんですけど
今はどうなのだろう?
烏帽子岳への登山道もずいぶんと整備されたみたいですね。

chikoやんさん、お早うございます。

週刊上信越自動車道沿い山便り。すごい、すごいですよ~chikoやんさん。青レンジャーも燃えてきました~。

最近、佐久市でヒョウが降ったとかニュースで言っていましたが、湯ノ丸山あたりもヒョウにみまわれたんでしょうか。

湯ノ丸山は、昔、NHKで村井美樹さんがやっていた「今日からあなたも山ガール」でも登ったお山ですね。レンゲツツジで有名ですが、現在はタカネマツムシソウやタカネナデシコなどけっこうお花が咲くお山なんですね。ウスユキソウも見えます~。

頂上から周りの山々が見えなくて残念でしたが、ガスガスの景色を見ると、ああ、夏真っ盛りだな~と思いますね。

お久しぶりです。
忙しくてネットウオッチャーに
なっていました。
湯ノ丸、烏帽子は大好きです。
お手軽で大展望の山なので。
花もいっぱいなんですね。
イワイチンくらいしか印象に残って
いませんでした。
立派な山頂標ができてますね。
びっくり。

分水嶺はロマンですよね~。
それにしても屋根の真ん中が分水界とは
なんとも心憎いですね。

chikoやんさん、こんばんわ!
湯の丸山・烏帽子岳、花の種類が多くて良い山です
よね。私たちもレンゲツツジの頃、マツムシソウや
ヤナギランの頃と何度か歩いています。そうそう、
ここではイワインチンを保護しているとか~
隣の高峰山、水ノ塔山や篭ノ登山も花の多い山で
すよ。

いや~ホント。
ソフトクリームを励みに下山、分かりますよ。
2000m越えの高山とは言え、体中の汗が全部絞り取られるほどの蒸し暑さでした。
でも、想像以上に花が多い山で楽しめました。

でんさん

でんさん こんばんは。

レンゲツツジの時のでんさんのレポにあった、南峰と北峰を結ぶ
気持ちよさそうだった稜線。歩いてきましたよ~。(^^)/
今まで全然知らない(触手が動かなかった)エリアでしたが、
山全体の雰囲気もとってもいいし、気持ちよく歩けるし、季節を変えて
また行ってみたいと思いました。もちろん、黒斑山との間にあるお山に
ハクサンイチゲが咲くころとか♪(^^)

湯の丸山 烏帽子岳とも、建築資材があちこちに置いてあったので
これからもどんどん登山道が整備されていきそうです~。

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんばんは。

あ~~~!!!
「今日からあなたも山ガール」私も見てました~。
湯の丸山と烏帽子岳。ホントにお花の山でした。
ハクサンシャジンにウスユキソウにナデシコにオダマキに・・・
マツムシソウを楽しみに登ったんですが、花撮りスクワットが
とっても忙しかったですよ~。(ボツ、量産でした(^^;(^^;)

天気が不安定な予報だったので、雲が湧いてくると、いつ、夕立が
来るのか、ちょとっとだけソワソワしてしまいました。
前日の夜は、相当雨が降ったみたいで、登山道に水が流れた跡が
たくさんついてました。幸いぬかるんではいなかったですよ~♪

ブルさん

ブルさん こんにちは。

お仕事が忙しかったんですね。
復活、楽しみにしてました♪
もぉ、2日違いでの唐松岳レポにびっくり。
山の上で夜を過ごされたの。やっぱり羨ましいです~。(^^)

で、大展望を期待して登った烏帽子岳は、時々、四阿山&根子岳が
見える程度で、ほとんど、360度、真っ白な世界でした。(^^;
烏帽子岳は、お花、多かったですよ~。
稜線に上がってからは、ずっとお花畑が続く。そんな感じでした。
今度は、大展望をいただきに登ってみたいです。
北アルプス&八ヶ岳の展望台。そんな感じのお山なんですね。(^^)

くにさん

くにさん こんばんは。

群馬県と長野県の県境に立つ渋峠のホテルだけでも地味に
盛り上がってしまうのに、屋根の中央が日本海と太平洋の
分かれ目だなんて、、、
静かに相当、盛り上がってしまいました。(^^;(^^;
じゃ、屋根の中央に落ちた雨粒は、自分の判断で千曲川か、
利根川に流れていくのかな?・・・なんて、絵本チックな
妄想にはまりこんでしまいました。(^^)

のんびり夫婦の山遊びさん

のんびり夫婦の山遊びさん こんばんは。

あらら、お二人も湯の丸山&烏帽子岳。お好きだったんですね。(^^)
初めて登ってみて、ファンが多いのも納得です。
今回は大展望はいただけなかったけれど、お花も多いし雰囲気も
とってもいいですね。すっかり気に入りました~♪
次回は、べたなところで、レンゲツツジの頃・・・と思っています。
そうそう。高峰山や水ノ塔山や篭ノ登山。
ハクサンイチゲが咲く頃、ぜひ、行ってみたいな~。と思っています。
6月は、、、ホントに大忙しになりそうです。(笑)

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

マツムシソウが見られればいいや。。。と思ってた湯の丸山&烏帽子山
でしたが、ホントにいろいろ咲いてましたねー。(^^)
初めて気がついたノギランに出会えてしまったのも大収穫。
きっと、次にどこかでひっそりと咲いていたら、すぐに見つけられるんじゃ
ないかな~と思っています。(*^^)v

いっぱい・・・と言えば、ソフトクリームの種類もいっぱいあったね~。
50番が品切れだったのが、ものすご~~~~~~く、心残りっ。(^O^;

おはようございます。
毎日寝苦しくて...寝坊しちゃって遅くなりました>笑<
何時もの山頂でのあの素晴らしい笑顔が今回も見られて良かったです。
でも何故か”岩に座ったchikoやんの姿”にもケン坊は惹かれます?
稜線とお花畑...羨ましいな~
でも下界は今日も暑いです! 朝からギンラギンラと灼熱の太陽です。

ケン坊さん

ケン坊さん こんにちは。

ホントに毎日暑いですね。
山の上も暑かったけれど、それでも、山の爽やか~な風が
めちゃめちゃに恋しいです。
で、あの、岩の上の写真は、、、(^^;(^^;(^^;
「あそこに座るから、写真撮って~~!!!」と、注文を付けた
やらせのポーズでした。(^O^;
ホントは、もう一つ先の岩の上に座りたかったんだけど、ずるっと滑ったので
1つ手前で、がまん、がまん。

北関東道から上信越道を使うとアクセスも便利な小諸周辺のお山たち。
空気が澄んでれば360度の大展望&稜線のお花畑。
手軽に高原の空気を吸いに出かけられそうです。(^^)