2015/10/07

鮮やかに色づく稜線散歩。会津駒ヶ岳

そろそろ行きたいよね~。
と、色づき始めたブナの紅葉を楽しみに会津駒ヶ岳。
登山口近くは、まだまだ緑色がいっぱいだけれど、1時間も登ると、、、
DSC00573.jpg
ひゃぁ、たまりません。(*^^*)

ヘリポート跡で、パッと振り返ったときに見えるこの景色。
なぜか、、、たまらなく好きだったりします。
DSC00574_2015100611310140b.jpg
いつも、キラッキラ。。。なんだもん。

快晴の空に、赤、黄色、オレンジ。
同じ黄色でも、ダケカンバの黄色は鮮やか。
ブナの黄色は温かみのある黄色だね~。なんて話ながらゆっくりと。(^^)
DSC00577_2015100611310441b.jpg

カエデの葉っぱに日が当たると、葉脈と、葉っぱの中の微妙な
グラデーションがきれいでした。ホントに。(*^^*)
ずっと口開けて上ばっかり見ながら歩いてました。(^^;
DSC00579.jpg

登山口から、水場までが急登の会津駒ヶ岳。
他の山だったら「疲れたー」「もう、やだー」って文句ばっかり言いながら登るのに、
ここだけは黙々と、笑顔で歩けてしまうのが不思議です。
DSC00584_20151006113106132.jpg
見上げれば、鮮やかに色づいたブナの木が立ってるんだもん。
そりゃぁ、ニヤニヤが止まらないよねー。(^^;(^^;

水場のベンチで一休み。
オレンジ色の「とんでもないTシャツ」を着ていたおじさんに声をかけられます。
「そのTシャツを着てるってことは、駒中さんだね」って。(^O^;
DSC00590_20151006113228cd9.jpg
しばし、会津駒ヶ岳や、尾瀬の話で盛り上がり、新旧「駒T」の
後ろ姿で記念撮影。(*^^)v

で、水場を過ぎ、尾瀬仕様の階段を登って行くと、南会津方面が
開けてきました。
早朝、霧がかかっていた南会津地方。この時間も霧の中。
山の上からは、見事な雲海の景色として楽しむことができました。\(^o^)/
DSC00592_2015100611322938f.jpg

更に登って、展望ベンチ。
う~ん、見えてきたよ。この景色。「もう、キュンキュンしちゃう。(*^^*)」
な~んて言ってたら、ベンチで休憩中だったのは、駒の姉さん。
「あれぇ、やっぱりー」と言われながら、しばしの立ち話。
DSC00594_20151006113231112.jpg
「今日は常連さんの誰とも会わずにここまで来ちゃったのよ」と言われ、
なんか、常連さんの一人の仲間入りをさせてもらっちゃったんだなーって、
とっても嬉しいっ。(^^)

青空のもと、ツツジの木もピッカピカ。
DSC00601_20151006113233061.jpg

さぁ、そして、この丘を登ると、大好きな、あの景色がやってきますよ~。
DSC00602.jpg

金色に輝く天空回廊。
もう、頭の中では、ハイジの歌がぐ~るぐる。
DSC00603.jpg

駒の小屋直下から見る燧ケ岳。
いつもながら、ホントに男前でかっこいいな~。って思ってしまう。(^^)
そして、富士見林道の稜線も、いい色付き。
こんな日に歩いたら、最高に気持ちがいいだろうな~♪
DSC00608.jpg

あっ、あの台形のお山は・・・
富士山がくっきり見えました。\(^o^)/
DSC00611.jpg

朝のうち、ちょっぴり風があった駒の大池付近。
それでも、鮮やかな紅葉が映りこみます。
DSC00615.jpg

さて、駒の小屋前のベンチで一休み。
電話対応が終わった駒の兄様に「こんにちは~♪」って声をかけると
「あっ、お久しぶりでシェー」と、駒の兄様。
ほんの15分前、姉さんと「いやぁ、もう、シェーからは卒業したんですよぉ」
なんて話をしたばかりだってのに、思わず兄様を引きずり込んで、久々に
シェー!!!(笑)
DSC00619_20151006113416920.jpg
えぇ、あっちのベンチで休憩中だった方たちの笑いを取ってしまったこと。
ちゃーんと自覚してますわよん。

休憩がすんだら、山頂を越えて、神の稜線散歩に出かけましょう。

8月にもっさりと咲いていたチングルマたち。
たくさん種を飛ばして、仲間を増やしてね。
DSC00620.jpg

山頂直下から振り返ってみるこの景色。大好きな景色の一つです。
駒の小屋~燧ケ岳まで。もう、ジオラマみたい。
DSC00627.jpg

山頂で写真を撮ったら、、、
DSCF0230.jpg

さぁ、行きましょう~。
・・・と言いながら、振りかえる。(^^;(^^;
DSC00634.jpg
日の当たり方で、草紅葉がキラキラに見えちゃうんだもん。(*^^*)

ついつい立ち止まっちゃうハート形の池糖。
DSC00640_20151006113421052.jpg

すっかり葉を落としたナナカマドの向こうには、三ツ岩岳。
静かな山歩きができるお山なんだそうです。あちら側にも広がるお花畑。
そして、残雪期には、三ツ岩岳から会津駒ヶ岳へ縦走ができてしまう。。と。
一度は歩いてみたいな~。
DSC00648_201510061135164cd.jpg

夏にワタスゲが揺れていたワタスゲ回廊。
今は、その姿はなくて、静かな静かな回廊。
そこで思わずシェー解禁。(^^)
DSC00649.jpg

「中門岳 この一帯を云う」が立っている中門ノ池まで来ました。
この付近までは、まだまだ賑やか。写真を撮ったら、さらに先に進みましょう。
DSCF0262.jpg

バッタの親子ものんびりひなたぼっこ。そんな木道のつきあたり地点。
DSC00668.jpg

先に休憩をしていたグループが帰ってしまってからは、貸切展望台となりました。
・・・そういえば、夏に来た時も貸切だったっけ。まったり過ごすには、もう、最高。(*^^)v
DSC00671.jpg

だ~れもいないなら、、、寝っ転がるっきゃないよねぇ。
木道が、、、暖かい。お腹。ポカポカ。
背中に当たるお日様も暖かい。背中、ぽかぽか。
で、zzzzz・・・
DSCF0270.jpg
稜線上では、強風を覚悟していたけれど、絶好のお昼寝日和。。。となりました。

気がついたら夕方・・・
はまずいので、ぼちぼち戻りましょう。
さっきまでは大賑わいだった中門ノ池も、ひっそり。
DSC00672_201510061135229a2.jpg

それなら、水鏡~、で遊びましょう♪
DSC00673.jpg

DSC00674.jpg

で、一通り遊んだら、空まで続く木道を歩いて
DSC00679.jpg

あっ、マイペースなミヤマリンドウちゃん。
こうやって、自分のペースを乱さず、しゃんと上を向いているあなた。
好きだよ~。(*^^*)
しっかり実を結んでね。
DSC00680.jpg

で、神の稜線を散歩しながら、駒の小屋まで戻りましょう~。
DSC00682_20151006113642216.jpg

木のてっぺんから見える景色は、一体どんな景色なんだろう・・・
DSC00685.jpg

帰りは山頂を通らず、巻き道を通って・・・
DSC00686_2015100611373745e.jpg
この、山頂直下の木道はいつも湿っていてツルツル滑るのよねー。
初めて来た時、木道から滑り落ちた私。なわけで、未だに恐怖。。だったりします。

わぁ、むこう側の斜面、めちゃめちゃきれい~。
DSC00688.jpg

そして、駒の小屋まで戻ってきてしまいました。
ぼちぼち下山の時間です。
DSC00693.jpg

相変わらず、ちょっぴり寂しい下山の時間。
見るものすべてに「さよなら~。またね。」の気持ちで・・・
DSC00695_20151006113741d11.jpg

下山の頃でも、しっかりと富士山が見えていました。
そして、日光連山もはっきりくっきり。
DSC00702.jpg
鮮やかな紅葉と、すんだ青空に恵まれた紅葉狩りの1日となりました。

あちら側の斜面は、、毛糸玉がポコポコくっついてるみたい。
そして、ダケカンバの繊細な枝先が、ホントに美しいわぁ
DSC00704.jpg

やっぱり大好き。会津駒ヶ岳。
次に来るときには、どんな景色を見せてくれるのかな~。
DSC00707.jpg

ダケカンバの繊細な枝先がアクセントとなる景色・・かな?(笑)
DSC00709.jpg

朝よりも一層鮮やかになったと思えるブナの森~。
DSC00711.jpg

もぉ、水場付近は、サイコぉ~な鮮やかさ。
DSC00713.jpg
紅葉前線は、1日に40メートル進むんだそうです。
・・・と言うのは、でんさんから仕入れたネタ。(^^;

快晴の空と、見ごろを迎えた山頂付近の紅葉。
そして、駒の兄様&姉様にパワーをもらった1日となりました。
DSCF0303.jpg

で、思わずその後、駒の小屋へ電話。。。(^^;(^^;
「お名前をフルネームでお願いします」と言われ、私の名前を言ったら、、、
一気に声のトーンが変わり、話し方が砕けた兄様。。。
わたしゃ、聞き逃さなかったよ~。(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

胸キュンの会津駒、これ以上ないお天気に恵まれ最高の1日となりました。
貸し切り状態の中門岳で過ごした一時は特に印象的。
それにしても声を聞いただけで常連さんだって分かる駒の姉さん、流石だわ。
で、今度は早速お泊りで・・・。贅沢な時間をお楽しみください。

こんばんは
ぼくも見たいなぁ~駒の小屋と燧ヶ岳が
ジオラマ風に見えるポイント!
ん それはそうと
予約の電話って、今週、、、
もしかして 今晩あたり プチ青いホテルが
漆黒の尾瀬をひた走ってる???
なんだかそんな予感もして来ました。
しかし
駒中って、、、
一般的な言葉だったんですね
オレンジの方が使うってことは
そうなんですよね
それも 驚きでした (^_^;)(^_^;)

chikoやんさん、こんばんわ!
いや~紅葉も眺望も素晴らしい会津駒ヶ岳でしたね。
ブナの黄葉や草紅葉に陽が当たるとキラキラと輝き、
綺麗ですよね。そして草紅葉も池塘とコラボすると
さらに素晴らしさが増しますね。
また、眺望も秀麗富士が望めたなんて、凄いです。
日頃の行いが極めて良いんですね~本当に最高の会津
駒ヶ岳を楽しめましたね。

のんびり夫婦の山遊びさん

のんびり夫婦の山遊びさん こんばんは。

去年の秋、お二人とニアミスをした時のような、気持ちのいい青空と
鮮やかなブナの森を堪能してきました。
そして、びっくりだったのが、まだまだ鮮やかな草紅葉の景色に
出会えてしまったこと。(*^^*)
強風を覚悟だったのに、あまりに穏やかな天気に、ホント、
木道に寝そべってうつらうつら。。。と、夢見心地~な午後を
過ごしてしまいました。
午後になっても富士山が見えていた。。。
やっぱりう嬉しかったです。(^^)

亀三郎さん

亀三郎さん こんばんは。

昨日は、外が明るくなってからの出動でした。
午前中のあまりのいいお天気っぷりに、もっと早出すればよかった。
と、後悔でしたが・・・(^^;(^^;

で、亀三郎さんにもジオラマ風のあの景色、見られますよ~。(^^)
初めて会津駒へ登った時。。朝、5時に登山口出発。
ゆっくりゆっくり登って中門岳往復で9時間くらいかけて楽しんで
きたような気がします。
山小屋泊に抵抗があるようなら、檜枝岐の民宿泊で、朝、早く
出れば、余裕で日帰りできます♪
ハクサンコザクラが咲く季節にどうぞ~♪

で「駒中」ね。
一般の人は使わないと思うけれど、会津駒が好きな人たちは、、、
使うみたいですね~。
私は、駒の小屋のブログや、駒中さんのブログで初めて
その言葉を知りました。(^^)

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

毎度毎度ながら、、、
やっぱり樹林帯を抜けてあのベンチから駒の小屋が見えると
キュンキュンしちゃいます~。(*^^*)
もぉ、姉さんのツッコミには「ドキッ!!」っとしちゃったけど。(^O^;
大好きな場所は、やっぱり季節が変わっても大好きだわ~。。。と
改めて思った会津駒ヶ岳&中門岳でのまったりタイム♪でした。

で、、、行ってきましたよ~。強風にも負けず。(笑)
台風から素敵な贈り物をいただいちゃいました。(*^^*)

chikoやんさん、こんばんわ。

秋の会津駒ヶ岳~!!!
懐かしいよ~。
今年の紅葉は非常にキレイですね~。濁りのない赤色!!!去年よりも鮮やかです。登っていても楽しくて楽しくて仕方なかったのではないですか???

こまのTシャツ、青レンジャーも着用して、「こま中」の仲間入りがしたいです~。今思うと、青色ばかりしかない山Tシャツですが、こまTも青色にすれば良かったかな。。。

燧ヶ岳のヒダヒダも手に取るように観察でき、まさか富士山まで見えるとは~!!!本当に見晴らしが良かったんですね~。羨ましい~。

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんばんは。

青レンジャーさんが会津駒が岳に登られてから間もなく1年になるんですね。
あの時も紅葉がほんとにきれいだなぁ~。って思いながら登ったけれど
今年も、、、ホントにブナの紅葉は鮮やかでした。
まだまだダケカンバにも葉っぱがくっついていたので、木色のグラデーションも
楽しめたんですよ~♪

この日は、北の方には雲が広がっていて、飯豊山は見られなかったけれど、
午後まで富士山の姿を見ることができました。

青レンジャーさんも、、、駒T着てどこか行っちゃいますか~?
「駒が岳」ってたくさんあるから、違うお山で来ていても、まずは
「どこの駒の小屋?」なんてところから話が盛り上がること。。。もあります。(^^)