2015/10/30

今年は新潟っ!  諦めきれずに巻機山~

この秋、輝く草紅葉を楽しみに行こうと思っていた巻機山。
お天気が悪くて、平標山に変更。
もう、日も短くなってきたし。今年は無理だな。と、諦めていましたが・・・
最後のチャンスと言わんばかりの晴天予報。これは行くしかないでしょう♪

さすがに車中泊では寒いので、3時に起きられたら巻機山。
寝坊したら尾瀬の笠ヶ岳。さらに寝坊したら前袈裟丸。なんて思っていたら
しっかり3時に起きられました。\(^o^)/

3:40に出発。赤城ICから関越道へ。
6時少し過ぎに桜坂の駐車場へ着きました。
この時期の平日の登る人なんていないかな?と思っていたら、
すでに5台くらいの車が停まっていました。

お天気は上々。
あそこを登ってさらにその先まで。大丈夫かなぁ。と、ちょいと
不安に思いながらも、黙々と。
DSC01192_2015102919100299a.jpg

ミズナラやブナはすっかり葉を落としてしまっていたけれど、
時々、はっとするほど美しい色付きの木がありました。
DSC01195.jpg
日陰だから、全然鮮やかじゃないね。(笑)

ようやく日が登ってきたよ~。
冷たい風を警戒して、ニットの帽子にフリース。
暖かい格好をしてきたけれど、一気に暑くなりました。(^^)
DSC01198.jpg

を~、あれが東洋のマッターホルン、大源太山?
DSC01199.jpg

雨上がりには思いきりぬかるんでいるんだろうなぁ。と思える登山道。
そこに落ち葉が積もっていて、思いもよらないところでツルっと滑ります。(^^;
「わぁ、きれいだなぁ」なんて、よそ見をしていると、特にねっ。(^^;(^^;
DSC01200.jpg

登山道脇には○合目と言う柱が立っているので、それを励みに・・・
で、〇合目5勺は、何となく「あぁ、半分か」って思うんだけど、7勺って・・・(笑)
まぁ、ちょっとやる気が出るような、出ないような・・・
DSC01202.jpg

快晴の空に枝を伸ばすブナの木々。
あ~、きれいだなぁ。
青空と繊細な枝先は最強だな。なんて思いながら、延々と歩きます。
DSC01203.jpg

だんだん、木の高さも低くなり、視界が開けてきました~。
ヌクビ沢。こちらの登山コースは上級者用~。
あんなところを登るのか~い。(@_@;)と思いながら見上げちゃいましたよ~。
DSC01207.jpg
私は井戸尾根往復で精いっぱいでござります~。

振り返ると、見つけるととっても嬉しい山の一つになった火打・妙高山。
その左には、雪を頂いた白馬岳~。
DSC01209.jpg

ここは、朝日岳へ続く稜線。。。だったかな?(^^;
なぜか、上越国境に連なる稜線を眺めるのが好きな私。
キュンキュンでござります。
DSC01219.jpg

で、8合目から9合目まで延々と続く階段。
このあたりは、人の踏み込みで荒れてしまった植生を回復させるために
ボランティアの方たちが手を加え、保護しているんだそうです。
で、もちろん、ここを登り切ってもまだ山頂でないことは学習済み。
そんなわけで、心が折れました~。
DSC01224.jpg

でも、振り返ったら、、、
富士山見っけ~~~!!!\(^o^)/
DSC01226.jpg
手前の鞍部に見える小さな建物は清水峠の避難小屋かな?

富士山パワーで元気が出たのも束の間。
延々と続く階段に「もう、二度と来るもんかっ!!」って、何度思ったでしょう。
DSC01228.jpg

でも、登り切って、巻機山の稜線が見えた途端、そ~んな気持ちは
一瞬で吹っ飛びました。
DSC01230.jpg

そこにいるだけでやさしい気持ちになれる、穏やかな表情を見せる山の景色。
あ~、こういう場所。大好きだよ~。(*^^*)
DSC01231.jpg

振り返れば、妙高・火打山もずっと見えてるしさ。
DSC01232.jpg

ニセ巻機の山頂では、昨夜避難小屋にお泊りしたという若いお二人が
スキー場の同定をしていました。
DSC01233.jpg
もう、ここから巻機山の山頂を眺めるだけで満足かも~。(^O^;

でも、気持ちのいい稜線を進みます。(*^^*)
超きれいだと噂の巻機山避難小屋へは、いったん下ります~。
DSC01237.jpg

日陰には雪が残っていました。
雪のついた木道は、怖し。。。そろり・そろりと一歩ずつ。
DSC01238.jpg

避難小屋はすっかり雪囲いがされ、冬を迎える準備が整っていました。
雪囲いを外せば中を覗くことができたんだろうけど、面倒だからや~めた。
小屋の向かい側にし歩くと水場があるそうなんだけど、こちらも雪があるからや~めた。
DSC01239.jpg

しばし休憩の後、山頂を目指しましょう~。
あ~、やっぱり、基本、こういう雰囲気の山が好きなんだなぁ。。。と
しみじみと思ってしまいました。
DSC01242.jpg
前を見てもキュンキュン☆

後ろを見てもキュンキュン☆
DSC01243.jpg

駐車場を出てから4時間。
ようやく山頂につきました~。\(^o^)/
DSC01247.jpg

山頂標の奥を覗くと、ド~ンとそびえる越後三山。
この大きなお山たちを眺めるのも楽しみにしていました。(*^^*)
DSC01251.jpg
来年は、きっとお邪魔しますよ~。(^^)/~~

で、本当の山頂は、山頂の標の少し先にあるので行ってみましょう~。
口元緩みっぱなし。
きっと、初夏にはかわいいお花たちが咲き乱れてるんでしょうね~。
DSC01255.jpg

さりげな~く、本当の巻機山頂がありました。
DSC01258.jpg

今まで歩いてきたところを振り返る。あ~、ずっと谷川連峰に
そして、苗場山に背中を押されながらここまで歩いてきたんだねー。
DSC01261.jpg
で、実は、ここから先が本当のお楽しみ。(*^^*)

連なる上越国境のお山を眺めながら、牛ヶ岳まで続く稜線をお散歩~。
DSC01262.jpg

雪が溶けてぐちゃぐちゃだったり、風が強くて一瞬心細くなっちゃったりしたけれど、
でも、憧れだったこの稜線上を歩くことができて、もう、大満足。
DSC01265.jpg

すれ違う人とは「こんにちは~」と挨拶をしたその次には
口々に「最高の眺望ですね~」と。
DSC01267.jpg

牛ヶ岳の山頂には、かわいい祠が。
その奥、右側のとんがったピークが割引岳。
次は、あっちのピークにも行ってみたいな~。
その時は、避難小屋へお泊りかな~。と、膨らむ妄想。
DSC01268.jpg
「二度と来るもんか!」なんて思ってたことは、すっかり忘れてました。(^^;

遮るもののない牛ヶ岳山頂から、ぐるっと見渡してみましょう~。
(間違ってたら教えてくださいませm(__)m)
まず、越後三山。中央が越後駒が岳。
DSC01271.jpg

奥中央が燧ケ岳。左側に平ヶ岳。さらにその左奥が会津駒ヶ岳。
燧ケ岳の右が黒岩山・鬼怒沼山・女峰山。
DSC01272.jpg

尾瀬方面。ほぼ中央に至仏山。さらに右に小笠から笠ヶ岳。
その奥は、左に大真名子・小真名子・女峰山。
男体山は、至仏山の陰に隠れて見えません。
至仏山の右は、奥白根・錫が岳・少し離れて皇海山・袈裟丸。
手前に見えてるのが奥利根湖。
DSC01274.jpg

割引岳の向こうに妙高火打。で、奥に白馬。
DSC01275.jpg

やっぱり嬉しくって火打山あ~~っぷ。(*^^*)
DSC01276.jpg

ど~んと武尊山。その奥に赤城山。
DSC01279.jpg
で、谷川連峰は、、、、さっぱりで、ギブ。(^O^;

眺望を楽しんだら、名残惜しいけど下山しましょう~。
DSC01280.jpg

でも、雪があったら、、、やっぱり作っちゃうよね~。
DSC01282.jpg

尾瀬~日光の山並は、やっぱり何度も何度も見ちゃう。
燧ケ岳が、会津駒ヶ岳が思ってた以上に近くに見えてびっくり。
DSC01283.jpg

今日も、ホテル青い車並みの青空に感謝!
DSC01288.jpg

山頂の標のところでお昼ごはん。
今日は、鶏ゴボウごはん~。
ついつい食べ過ぎちゃう、危険なおにぎり。(^O^;
DSC01292.jpg

そしたら、ホントに下山しましょう~。
ニセ巻機までは、気持ちのいい、そこにいられることが嬉しくて
仕方ない程の気持ちになれる稜線散歩~。
DSC01298.jpg

さようなら。
二度と来るもんか。なんて言ってごめんね。
DSC01303.jpg
違った表情を見せてくれる季節に、必ずきっとまた。

登山道沿いの紅葉はすっかり終わってしまったけれど、
沢沿いを覗き込むと、まだまだ鮮やかに色づいた木々。
DSC01311.jpg

そして、登山道わきでは、春になったら花を咲かせるための準備が
着々と進んでいました。
DSC01312.jpg

5合目より下では、まだまだ鮮やかに色づく木も。
DSC01323.jpg

名残りの紅葉を楽しみながら、駐車場に戻りました。
巻機山頂から3時間。頑張った。(笑)
DSC01327.jpg

あっ、何かお花が咲いてた! 
なんか、お花の写真を撮ったの。久しぶり。(笑)
DSC01328.jpg



下山後は、新米コシヒカリを買いに南魚沼の道の駅へ~。
そこで、ちょっと早いけど、晩ご飯。
DSC01331.jpg

そして仕上げは、湯沢温泉。駒子の湯~。
DSC01332.jpg
いよしっ、これであとは、家に帰ったら寝るだけだぞ~! と、
下道で帰宅。

寝る気満々でお布団に入ったのに、ナチュラルハイ状態で
なかなか寝付けなかった帰宅後の夜でした。(^O^;

オオミスミソウの咲く角田山に始まった新潟詣で。
たくさんのお花や、素敵な山々の景色に囲まれ、
どこも幸せ~な山行となりました。
今年は、ひとまずこれでおしまい。新潟ブームはまだまだ続く。
春になったら、またまたオオミスミソウ。再びだなっ☆(*^^)v
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素晴らしい展望ですね~
新潟の山は良いですよね。自分も大好きです。
角田山のオオミスミソウ、インパクトありましたね。
自分も来年も行かずにいられないでしょう。
楽しみです。

良かったですねー、やっと行けて(^^)
オイラもすご~くいい山だと思ってます。
1つ、あっ2つ教えましょう。
牛ヶ岳、割引岳のそれぞれをその先まで下りていくと草原があるんですけど
それがまたいいんです。
人は来ないしね。
それと下山後は清水集落で「山菜だらけ蕎麦」
やっぱこれでしょう(笑)

今年は念願だった山行を次々と実現したね。
新潟詣での〆にロングコース巻機山と言うのも素晴らしい。
家からはちょっと遠いけど来年は展望をいただきに行きたいな~。
春先の角田山、坂戸山の花名山が思い出されます。
来年はいくつ行けるかな?

こんばんは
妙高、火打 そして冠雪の白馬岳が
並んだ 山なみの写真
いいですねぇ~~こうゆうロケーション
山歩きの楽しみの『究極』って気がします^^v
しかし
山頂まで ちこさまの足で4時間では
うちでは 無理
亀三郎
総歩行時間で5時間以内じゃないと
足が動かなくなるので (T_T)(T_T)

来年は欲かいてみようかな?

こんばんは。
朝3時起きで3時間の運転、そして7時間歩いてまた3時間運転...
とてもケン坊には厳しいと言いつつ、尾瀬も似たような時間かな?
それにしても最近は巻機山を登ってきたという人の話を多く聞きますが
chikoやんのレポで何となく大変だというイメージが掴めました>笑<
それ以上に素晴らしい山だという事も...皆さんが靡く理由が判りますね~
稜線と眺望 実に良いですね~ そして日光や会津方面の山々や富士山までも
羨まし過ぎるぞ!

yamasanpoさん

yamasanpoさん こんにちは。

日本海側に降るたくさんの雪は、荒々しい景色を作りだしたり
ここみたいな優しい景色を作りだしたり。
で、たくさんの高山植物が育つ環境を作りだしたり。。。
生活するのは無理~。。だけど、ホントに今年歩いた新潟の山は
どこも素晴らしいところばかりでした。(*^^*)

角田山でyamasanpoさんにバッタリしたのが、ついこの間のようです。
山全体がお花畑になっていた角田山。
来春も関越飛ばして270キロ。運転して行っちゃう気、満々です♪

でんさん

でんさん こんにちは~。

ようやく行けました~。\(^o^)/
9合目までの階段を歩いてた時は、ホントに来たことを後悔してたんですけどね。(^^;
強い風が吹いていた稜線上。牛ヶ岳、やめとく? って自分に問いかけてたけど
ホント、行ってよかったです。山頂まで? 祠まで? でも、どん詰まりまで~♪で、
でんさんおすすめの草原。しっかり上から見下ろしました。(*^^)v
次は、割引岳の方だな。
あんなところでまったりしたいです~。
こりゃ、やっぱりお泊りセット担いでいくか、帰り、ヘッデン覚悟で・・・ですね。(^^;

で、私、お蕎麦は食べられないので山菜だらけ蕎麦は、、残念(T_T)ですが、
塩沢の「ヒグマ」は、しっかりチェック。リストに入れました~♪

リンゴさん

リンゴさん こんにちは。

今年登ってみたいな~。と思っていたお山は、
巻機山へ無事行けたので、全クリとなりました。\(^o^)/
来年は、どうやら越後駒へGoサインが出せそうです。(*^^)v
でも、連なる上越国境のお山を眺めてると、行ってみたいところが
次々に出てきちゃうのよね。
あの山深い中、笹の稜線を歩いてみたいな~。って。(^^)
リンゴさんのところからも、北関繋がったから、関越道に行きやすくなったよね。
まったりするにはぴったりのお山~。
リンゴさんスピードだったら、まったりタイムがもっとたくさん取れるよ♪
私は、行って帰ってくるだけで精一杯でした。(^O^;

亀三郎さん

亀三郎さん こんにちは。

その山姿とか、そこから見える景色とかって、すご~く好みが
分かれる部分だと思いますが、巻機山は、私的にはホント、
ドストライクでした~♪
亀三郎さんもお好きですか~?
1つの山に登って、やさしい雰囲気と、荒々しい雰囲気と、で、
遠くの景色と、平地も見下ろせる。。。なかなか贅沢なひと時でした♪

私は、みんなにガンガン抜かされて、ようやく4時間で到着。でした。(^O^;
気楽に「行ってみれば~?」とは言えないけれど、百名山ハンターの
亀三郎さんもGoサインが出たら、一度はどうぞ~♪

Re: 来年は欲かいてみようかな?

ケン坊さん こんにちは。

もぉ、夏だったら100%車中泊で狙うところでした。
早起きが苦手な私は、運転しながら機嫌が悪かったこと・・・(^O^;

「すごい・すごい」と仰りながらも、ケン坊さんも似たような行動
されてるんですよね。頭で考えると「すごく大変?」って思うけど
実際動いてみたら、そうでもなかったな。と感じると思いますよ~。
去年の私。檜枝岐は行けるけど、信州は遠い。ってずっと思っていたけど
実際行ってみたら、あらあら、檜枝岐よりうんと近いじゃん。なんて場所が
たくさんありました。
おかげで、あっちフラフラ。こっちフラフラと。。。(笑)

巻機山。途中から一緒に歩いたおじさんに「ここはわりかし歩きやすい方だよ」
と言われましたが、私には十分すぎるほど「きつい(-.-)」でした。
でも、山頂見えた途端、それが吹っ飛んだ素敵なところでしたよ~♪

ごぶさたです。
相変わらず元気に登ってますね。

巻機山、これだけの天気に登れるのは
なかなかないかもしれませんね。

まさに絶景。どこをとっても美しいですね。
体力のあるうちに行かねばと思いました。

chikoやんさん、こんばんわ!
空気の澄んだ真っ青の空の下の巻機山、素晴らしい
眺望が得られ、最高でしたね。ここからも秀麗富士
が望めるんですね。この眺望にはさぞかしビックリ
ポンの連続でしたでしょう。
越後の山は素晴らしいですね。
来年は必ず歩こうと思います。

ブルさん

ブルさん こんにちは。

元気だけが取り柄なので。。。(^^;
でも、巻機山~その先の牛ヶ岳まで行けたのは、またまた小さな
自信になりました~♪
ますます行動範囲が広がっちゃいそうで、怖いです。(^O^;

今まで巻機山。行ってみたいけどちょっと遠い憧れ。だったのが、
いざ行けちゃうと、他の季節の情報もバンバン目に付くわけで・・・
牛ヶ岳への稜線は、一面のニッコウキスゲのお花畑とか、
栗駒山を思わせる斜面の紅葉だとか。。。
わぁ、わたしゃ、体がいくつあったらいいのぉぉ??? と、真剣に悩んでます。(^^;
さぁ、ブルさんも、レッツらゴ~♪

稜線上は風の強い1日だったけど、展望はばっちり。
こういう日に仙の倉山へ行けば、谷川主脈稜線に萌え萌えできたのよねー。(^^;

のんびり夫婦の山遊びさん

のんびり夫婦の山遊びさん こんにちは。

9合目までの階段を登り切ったところに広がった景色は
「びっくりぽん」より「じぇじぇじぇ!!!」の方がしっくりくる。
そんな大満足の景色でした。
浅草岳方面のような、荒々しい男前なところは一切なく、
ホントに、穏やか~なその山の景色。
暖かだったら草原に寝っ転がってぼんやり雲を眺めていたい。
そんな場所でした。(*^^*)
また何度でも登ってみたい山が増えてしまいましたよぉ。(^^;

来年は、一緒に新潟に嵌りましょう。(笑)

ごぶさたしてます。
ううっ、なんでこんないい日に巻機山!こんな風に見えるんですよね。
自分は何だったんだろ、と。まっ小屋泊まりが目的のひとつだったからいいですけどね。
花の時期に行きたいもんです。

chikoやんさん、お早うございます。

おおおおお~!!!
ついに巻機山に行かれたんですか~!!!
すごいです。徐々に陽が短くなり、寒くなってきている今日この頃、毎週のように遠征登山に出かけて、本当にすごいです。コタツで丸くなっていたらいかんですね。。。

あの、〇合7勺看板、見られたんですね。微妙な気持ちになりますね。本当の頂上には看板も何もないし、細かいのか大雑把なのか不明な山です。

避難小屋前の木道、あそこは年中水没しているんですね~。青レンジャーが行った時も水没していたので、雪解け間もないからなのかな~と思っていました。

ニセ巻機山からはいきなり景色が変わるのでびっくりですよね。夏のニッコウキスゲのお花畑、楽しみにしています~。むふふ。

それにしても、いつも素晴らしい秋晴れの日に登られていますね。う、羨ましすぎ。。。

自分の過去を掘り起こしてみたら(^^)
全く同じような時期に(2009年10月24日)に巻機山に登ってました。
画像を探すのは面倒だったので、そこまではしてないんですが、chikoやんさんのレポを見ていたら、まるで昨日でも登ったかのように記憶がどんどん蘇ってきました(^^)
ニセ巻機山から見上げる巻機山の稜線は、まるで女性が横に寝そべってる姿を想像した事まで思い出しました~~。
茶色の草紅葉と緑の笹原のコントラストも印象的ですね。
それにしても山頂での山座同定、、、出てくるは、出てくるは、おみそれしました。

今シーズンは断念かな。と思っていた巻機山に登れて良かったですね~♪
それもこんなに良いお天気で。。。
ニセ巻機前の階段は本当にキツイ!
二度と来るもんか~
同感です!
でもその先の稜線を見たとたんにその疲れも吹っ飛んじゃうんですよね。
私の場合は下山の時、ニセ巻機への登り返しで「もう~いや~」と再び泣きが入りましたけど・・・
f(^_^;)
でも今シーズン久々に行きたいねと候補に上がっていたんですよ。
結局行けませんでしたけど・・・
来シーズン行きたくなりました。

業務連絡
圏央道からロックオン中の山
あったのですが、、、
栃木百名山へ変更 (^_^;)
こちらのログでも見えましたが
釈迦ヶ岳 鶏頂山からも
富士山!!見えました~~~
でも
ちこさまの富士山のほうが
カッコイイな・・・
巻機山も、、、いつか 必ず!!
えい えい お~~~
ちょっと 声に 力がない?? 笑

yosiさん

yosiさん こんばんは。

絶好の巻機日和。いただいてきました。(*^^)v
正直言って、1回行けば満足するかな? って思っていたけれど
巻機山自体のやさしい姿と、山頂から見える雄大な景色に
すっかり惚れこんでしまいました。(*^^*)
私も、あのきれいな避難小屋にお泊りしたいです。
今度は、シュラフと食糧担いでいくぞ~と、再訪する気満々♪
サイクルマシーン付のトイレも、使ってみたいです。(^^;

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんばんは。

憧れの巻機山。行ってきましたよ~♪
秋が深まってからのこの時期、エイッっと平ヶ岳に行ってしまった青レンジャーさん。
それに十分刺激をいただいたのと、いただいたリコメに、すっかり
その気になって行ってしまいました~。
ブタもおだてりゃ、、、です。青レンジャーさん。感謝♪

避難小屋前の木道。思い切り水没してましたよ~。
ちょっと古めの木道。ここに足を乗せたらズボズボっと沈まないよね?
なんて、ちょっとだけドキドキでした。
傷んでいるところから、新しい木道が整備され始めていましたが、あそこは
もうしばらくそのままで・・・なんて思ってしまいました。

山頂付近の湿原には、ハクサンコザクラも咲くんですね。
次は、やっぱりお花の時期? でも、紅葉の盛りの頃も登ってみたいな~。
山肌に30%雪が残る景色。。。これは、やっぱり一度見てみたいです~。(^^)

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんばんは。

中ノ俣さんの過去ログ。。。見せていただいてきました~♪
8合目で振り返ったときに見えたあの紅葉。
私も、あ~んな景色が見てみたいな~。と思ってしまいました。
ここまで気に入る予定ではなかった巻機山。
再訪したいけど、あと半年以上待たないと、あの優しい山頂の
景色には会えないのね。。。なんて思うと、寂しくって。(笑)

あの日は、地図を広げるのが楽しいほど、山座同定日和でした。
風が強くて、地図がよれよれ。(^^;
あっちもこっちも、見える。見える。。。(^^)
でも、どこが○○山!って、かっちり指していないところが、
ミソでございます。(^^;
ついでに、ようやくカシミールの説明書を見て、真剣に使い方を
覚える気になりましたよ~。(^O^;

mikkoさん

mikkoさん こんばんは。

すっかり木々の葉っぱは落ちてしまっていたけれど、かっこいい
上越国境の山々に萌え萌えできた。。。
そして、やさしい巻機山の稜線にも萌え萌えできた1日となりました♪

でも、そこにたどり着くまでの・・・
ホントに8合目から9合目は「ほんとに、もうやだ~~~!!!」と、声に
ならない叫びを何度も上げてました。
歩く人が少なく、ひたすらマイペースで登っていけたのがせめてもの救いでした。
mikkoさんは、帰りの登り返しでも「いや~~!」だったんですね。
私は、名残惜しくて「あそこまで登り返したくない~!!」からの
「あ~、登り切っちゃったぁ(T_T) あそこを下ったら、もう、
見えなくなっちゃう(T_T)」でした。(笑)

mikkoさんたちは、どの季節の巻機山を狙っていたんでしょう。
初夏も盛夏も初秋も秋も晩秋も・・・
私も、次はどの季節に再訪しようか悩みまくりです。

亀三郎さん

亀三郎さん こんばんは。

鶏頂山と釈迦ヶ岳。
2つのお山登頂。良かったですね。
栃木百名山ハンター。亀さぶ隊。着々と登ってらっしゃいますね。
山頂から富士山が見えると、やっぱりテンション上がります~。
私も、圏央道が開通したので、そこを通っておっきな富士山が見えるお山へ
行こうと思っていたのに、なんだかすっかり燃え尽き症候群。