2015/11/14

今年も、雪をかぶった会津駒が岳を見に行こう♪

なぜか11月になると、行きたくなるなる「太郎山」
今年も、霧氷と、雪をかぶった会津駒が岳を見に行ってみましょう~♪

6時には家を出るつもりだったのに、、、
この時期のお布団の包容力は、最強です。
いつまでもお布団と仲良くしていたい~♪ の気持ちを振り切って
活動開始。

今年も、山王峠近くの登山口から。
DSC01469.jpg

笹の葉っぱに霜が降りて、キラッキラ。
DSC01470.jpg

去年、一昨年とも、ガスに巻かれて、テンション低~~いまま
山王帽子山へ登ったけれど、今日は朝からいい天気。
山頂からはどんな景色が見られるのか・・・
期待は膨らみます~♪
DSC01472.jpg
この後、山王帽子山までは「特記事項なしっ!」って感じで
ひたすら登ります。
いやね、激登りなわけで、余裕がないのよ。(^O^;

をぉぉぉぉ、山頂手前に恐竜がいたっ。
DSC01473.jpg

朝からいい汗かいて、山王帽子山~。
去年は、ここでさるやさんの石を見つけてガッツポーズだったのよね。
DSC01476.jpg

今年は、山頂からの眺望を楽しみましょう~。
ちょっと開けたところから、男体山。
DSC01477.jpg

木々の間からは戦場ヶ原。
DSC01478.jpg
コメツガの木に囲まれた山王帽子山。
先に進みましょう。

この先、激下りからの激登りが待っています。
ところどころ、膝上くらいの高さに笹が茂っていて、足元が見えない
ような場所がありました。
もちろん、登山道はしっかりしてるんだけど、足元が見えないだけで
ちょっとドキドキ。

あたりの雰囲気が変わってきました。
コメツガの林。で、足元にはモフモフちゃん。
DSC01482.jpg

花が咲いてるみたいだね。
DSC01484.jpg

で、ひだまりにモフモフちゃん。
柔らかそうだったので思わず撫でてみたけれど、ちょっぴり水不足で
カサカサしていました。
DSC01487.jpg

何気に振り向いてみたら、パッと視界に入ってきた「逆への字」
をぉぉぉ、苗場山だぁぁ!!\(^o^)/
DSC01489.jpg
苗場山へ行ったときは、もう、方向感覚狂いまくりで日光連山を
見つけられなかったけれど、こちらから見えるってことは、向こうからも
見えるってことよね。
次回苗場山へ登ったときには、じっくり日光連山、見つけてみよ~~っと。

南に開けたところからは、雲海の上にぽっかりと浮かぶ富士山。
その手前の、秩父や奥多摩の山並もとっても素敵だったな~。
DSC01490.jpg

さぁ、ここを登り切れば、小太郎山の頂上に飛び出すよ~。
DSC01495.jpg
・・・ん?
そういえば、楽しみにしてた霧氷に遭遇することなく
小太郎山へ着いちゃった。
足元にも、氷片が落ちていなかったから、、、
きっと、今日は霧氷はつかなかったんだね。

出発して2時間半。小太郎山。到着~。
DSC01496.jpg
去年は、一瞬だけ雲の中から男体山の頂上が見えた小太郎山。
今日は、大展望が広がっていました~。\(^o^)/

まずは、雪をかぶった・・・・・・・・・・・・・・
あらら、雪をかぶってなかった、会津駒が岳。
DSC01498.jpg
でも、今年も楽しい時間と素敵な景色を、ありがとう~。(^^)

見つけると、やっぱりうれしい燧ケ岳。
こちらも、去年は一瞬だけ見えただけだったけれど、
今年は、そのかっこいい姿をずっと見ることができました。
DSC01499.jpg

金精山の向こう側には、「逆への字」の苗場山。
苗場山の手前は、、、ってことは、谷川連峰だね。
金精山の左側の猫の耳は、武尊山。
DSC01500.jpg

男体山から中禅寺湖・戦場ヶ原の日光らしい景色はパノラマで。
小太郎山からは、男体山の向こう側に戦場ヶ原。って言う
いつも見るのとは逆の景色が広がっています。(^^)
DSC01502.jpg

あ~、日光へきてるんだな。。。って思える景色。
やっぱり、男体山が見える景色が好きなんだな。。。ってふと思う。
DSC01504.jpg
太郎山まで行っちゃうと、この景色は見られないので、小太郎山で
しばしこの眺望を楽しみましょう♪

戦場ヶ原。その奥に小田代ヶ原。
で、存在感たっぷりの皇海山。
その奥は南アルプスや八ヶ岳の山並も見えましたよ~。(^^)
DSC01505.jpg

小太郎山⇔太郎山間に、今日の核心部が。。。
剣が峰と、その先のやせ尾根。
DSC01507.jpg

剣が峰。。。去年は、ガスと強風で、ここの通過は断念。。でした。
岩をガシッっと掴んで、足元を気を付けながら、無事通過。
DSC01508.jpg

そして、ひょえ~。ここ登るの? と思ってしまう、岩岩の急登。
DSC01546.jpg

お花畑を過ぎて・・・
DSC01511.jpg
新薙からの登山道と合流したら、間もなく太郎山の山頂です。

登山口から3時間。太郎山につきました~。
11月とは思えないほど穏やかな天気に、お昼を食べたら
周りの眺望を楽しみましょう~♪
DSC01514.jpg

霧降から登りたいと思っていた女峰山。今年は行けなかったな。
DSC01518.jpg
その右に小真名子・大真名子山。

燧ケ岳。その奥には、新潟の山々。
DSC01521.jpg

はるか遠くに雪をかぶった飯豊山。
DSC01497.jpg
あ゛~、いつか登りたい飯豊のお山。
あまりにベタすぎるけど、でも飯豊で「飯豊はいいでぇ~!」
って、叫びたいよねぇ。(^O^;

あまりに天気がいいので1人記念撮影タイム♪
DSC01524.jpg

調子に乗って、ジャンプもしてみる。(^^;(^^;
DSC01527.jpg

奥白根にも、雪がありませんでした。
例年なら、11月3日過ぎると、家から真っ白に輝く奥白根が見られるんだけど
そういえば、今年はまだ見てないかも。。。
紅葉は早かったけれど、根雪になるのは、、、例年より遅いのかな?
DSC01529.jpg

この奥のお山は、どこなんだろう。とってもかっこいいんだけど・・・
左にド~ンとあるのは、おそらく根名草山。
右にちょんと出てるのは、景鶴山。。だと思うんだけどねぇ。
DSC01530.jpg
。。。ん!?
景鶴山と思っていたちょこんとした山の下に、湿原が見える。
ってことは、あの山は、鬼怒沼山で、その下の湿原が鬼怒沼?
あ゛~、ギブ。。。

燧ケ岳の右側に荒沢岳。
燧ケ岳の方にかかるように見えるのが、越後駒?
DSC01531.jpg

お昼になっても、富士山はしっかり見えていました。(^^)
DSC01533.jpg

雲海にぽっかり浮かぶ高原山。
なんとも幻想的。。。です。
DSC01539.jpg
十分楽しんだら、あとは、ストイックに下山。

山王帽子山で、温泉が岳方面。
これを写した直後、ふわ~~っと雪虫が飛んでいきました。
日光でも、一気に雪の季節を迎えるのかな?
DSC01558.jpg



下山後は、「尾瀬市場」でお買い物がしたかったので、金精道路を
沼田方面へ。。。

をぉ、猿がいっぱいだぁ。
DSC01561.jpg

法面をよじ登ってるし。(^O^;
DSC01562.jpg

遠くから見ていた金精山。
近くから見ると、ド迫力。。だね。
DSC01563.jpg

で、お買い物の後は、「しゃくなげの湯」
DSC01565.jpg
雪のついていない会津駒が岳だったけど、3度目の正直で
ようやく大展望にありつけた太郎山。
やっぱり11月の年中行事、、、になりそうだな。(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

里山の紅葉ではなくこちらでしたか、ガンバルなぁ~
今年は雪が降るのが遅いですね。
日光白根もほんの一瞬だけ白くなりましたけど
とけちゃいましたよね。
里山の紅葉も見頃が近付いています。
この週末・・と思ってましたが
15日から狩猟解禁になってしまうので雨で残念です(T_T)

↑でんさん、早っ!
過去2年の記事も覚えているけど、飯豊連峰や苗場山、そして富士山まで、今年は大展望いただきましたね~。
身近なところでは雲海に浮かぶ高原山の写真が最高~♪
本当は11月上旬に年中行事にご同伴する予定でしたが色々あって残念でした。
また来年だね。

でんさん

でんさん こんにちは。

この日は、白毛門にしようか太郎山にしようかずっと悩んでいて、
やっぱり踏ん切りがつかず太郎山でした。(^^;(^^;
こんな穏やかな天気なら、一ノ倉沢見に行けばよかったかな~。
と、相変わらずのないものねだりの私。(^_^;)
登山地図に書いてあった「展望雄大」の景色にようやく会えました。
普段なら、白根山が見えて大満足♪ だけれど、
白根山の向こうに、あんな山並みが見えるのね~。。。と、
今年、新潟ブームの私としては、もう、ふむふむふむ♪でした。(^^)

でんさんは、この週末はどこを狙ってたんでしょう。
奥白根が白く見えるようになったら、ストーブ出さなきゃな。
と思っているんだけど、今年は、出すには出したけど、
灯油がまだですぢゃ。(^^;(^^;

リンゴさん

リンゴさん こんにちは。

去年の、ガスが切れて一瞬見えた会津駒や、雲海にぽっかり
浮かぶ男体山も、もちろん感動の景色だったけれど、
やっぱり360度の大展望は、嬉しかったです~♪
今年は冬型の天気になかなかならないなぁ。とは思っていたけれど
あそこまで雪がない景色だったのには、ただただびっくりです。

高原山。ステキな感じに見えたでしょ~?
じゃ、高原山アップの写真もあるので、プレゼントいたしませう。
パソコンの壁紙にでもして、眺めてくだされ。

一緒に行けなくて残念!
来年のお楽しみだね。
yamasanpoさんたちが歩かれた、シャクナゲの季節もよさそうね。(^^)

このレポは今日(14日)歩いたきたもの?
それにしても良い天気、眺望も良いですね~
茨城ではシトシトです。
次はシャクナゲを。お奨めです。

こんにちは。
う~ん どの写真も素晴らしいですね~
太郎山はコチラからのコースだとこんな眺望を見ながらの山行なんですね
むか~し、志津林道の方から歩いた時は山に興味が無い時だったので
全くどんな山歩きをしたのか、景色がどうだったか覚えていません>笑<
ブログ始める前なので...今のケン坊にもこのコースが歩けるかな~
来年のこの時期に焦点を当てて企画しようかな~ ニアミスがあったりして?

chikoやんさん、こんばんわ!
ぐる~と360度の凄い眺望が得られ、超ラッキー
でしたね。ジャンプされた気持ち、わかります。
まだ歩いたことのない山、このように超素晴らしい
眺望が得られるならば~何れはと...
でも普段の心がけが良くないと~ダメですかね。
馴染みの薄い山ですが、花も有り本当に良い山で
すね。

yamasanpoさん

yamasanpoさん こんにちは。

ここを歩いたのは13日(金) 
yamasanpoさんたちが竜神峡を歩かれたのと同じ日です~♪
家を出る時から、くっきり見えた日光連山に、、
わわわ。。。寝坊してる場合じゃなかった! と。(^^;
会津駒が岳が見られればいいや。。の気持ちで出かけた太郎山。
山頂からの展望には、大満足でした。(*^^*)

初夏のyamasanpoさんのシャクナゲの記事を拝見した後だから・・・
あちこちに生えてたシャクナゲの木がホント、気になりました。(^O^;

ケン坊さん

ケン坊さん こんにちは。

ケン坊さんは新薙ルートから登られたんですね。(^^)
私は、ガレ場のトラバースが怖くてそちらからはまだ歩いたことがないんです。
山王峠からなら危険な場所なく最悪小太郎山まではたどり着けて、そこからの
展望が楽しめるかな~。。。と。小心者的思考です。(笑)

で、私よりもいろんなお山を経験されてるケン坊さんが何をおっしゃるんですか!!
バッタリ。。期待しちゃいますよ~。
来年は、相方さんも一緒だから、きっと週末に。。。♪
一緒に、山王帽子山への登り返しでへこたれましょう。(笑)

のんびり夫婦の山遊びさん

のんびり夫婦の山遊びさん こんにちは。

男体山や白根山と比べて歩く人の少ない太郎山。
この日は1日を通して、誰とも会いませんでした。
山頂から、会津の山々。そして、男体山と戦場ヶ原の景色は、期待通り♪
そして、何よりもドンピシャな感じで金精峠の向こうに苗場山がすっぽり
おさまっていた景色は、もぉ、何度も立ち止まって眺めてしまいました。
霧氷が見られなくて、残念~。なぁんて気持ちは、欠片も
なくなっちゃってました。(^^;
普段見慣れた、戦場ヶ原の向こうに男体山。。とは逆で、男体山の
向こうに戦場ヶ原の景色は、とっても新鮮ですよ~。(^^)

こんにちは
太郎山からの眺望 最高でしたね!
ガシッとつかんだ剣ヶ峰
急傾斜のゴーロを経て 時間も3時間~~
しかも 山頂でジャンプまでしてるし (^_^;)(^_^;)
すごい
体力 知力 根性 ??
ここは やっぱり
亀家には 難易度が高そうと
改めて認識しました~~~(^_^;)
それはそうと
雲に浮かぶ 高原山
鶏頂山 釈迦ヶ岳に行ったのに
写真のどっち側か??
分かってません
出来たら 教えて欲しいです 赤面

chikoやんさん、こんばんわ。

太郎山~。日光の山々や会津駒ヶ岳はまだ積雪していない状態で登ることができそうですね~。青レンジャーにとっては朗報♪
今年中に日光白根山だけでも行けないかな~っなんて思ってしまいます。問題はお休みなんですけどね。。。

chikoやんさんの山同定、いつも凄いと思います。尾瀬や日光あたりに有名な山々がありすぎて、青レンジャーはたとえ登っていても、方向や山容がほとんどわからなくなってしまいます。やはり見慣れた回数がハンパないからでしょうか???

飯豊連峰は積雪していましたよね?あのお山だけ白かったですか?

あの道路からど~んと見えるお山は金精山だったんですね~。そうかな~とは思っていましたが、イマイチ自信がなくて。。。けっこう迫力あるお山ですね。

すごーい!大展望だ~!!!
まさに『三度目の正直』だったのですね。
そうそうこの日は下界でもすっきりとした青空だったのよ~
仕事しているのがもったいないほどでした!(笑
この眺望が待っていると思うと激登りも頑張れちゃいますね。
でも小太郎山から太郎山へのすっごい岩場!
超怖そうじゃないですか?
私にはぜったいに無理~

何回かコメントの投稿にトライしたんですが、、不正な投稿だと撥ねられました(^^;)
たぶん大真名子山の山容を表現した文に問題があったのかな?
太郎山ってどこ?と思って調べてみたら、なるほどね(^^)
つい2週間前に温泉ヶ岳・根名草山に登られた方の記事を拝見したときは見事な霧氷でしたが今回のchikoやんさんはちょっと残念でしたね~。
でも青空のもとで360度大展望は見させてもらってる方も、すごく気持ちよくなれました。
僕も雪をかぶった山を眺めにどこか行きたくなりました。

亀三郎さん

亀三郎さん こんにちは。

栃百を目指す亀隊ですもの。
時期が来たら、ぜひ、太郎山からの眺望を楽しんでくださいね♪
で、山頂ジャンプは、勢いとノリです。(^^v

で、雲に浮かぶ高原山ですが・・・
えっと、大きく見てピークが2つ。
向かって左側のピークは、ハンタマがある明神ヶ岳・前黒山。
中央のなだらかなあたりにエーデルのゲレンデがあって、
右側のピーク群。
中央が釈迦ヶ岳。左に鶏頂山。
釈迦ヶ岳の右にツンととんがって中岳、さらに右が西平岳。
・・・だと思います。
違ってたらごめんね~。

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんにちは。

もぉ、雪をかぶったかっこいいお姿を見に行こうと思ってたのに、
ちっとも雪がないっ! には、ホント、びっくりでした。
ただ、普段の年なら間違いなく積雪がある場所だし、一回崩れたら
大雪&凍結の可能性があるエリアなので、気を付けて行ってきてくださいね~♪

あの日、雪をかぶっているのが見えたのは、飯豊連峰と富士山だけでした。

私は周りの景色を思いこみで見てしまう悪~い癖があるので、実は
地図を広げても山座同定ができないことが。(笑)
皇海山も、あのど~んとした姿ならわかるけど、横から見たシュッとした
お姿だったら、絶対に見つけられないと思います。(^^;(^^;
この間の巻機山の後、カシミール3Dの本を、初めて真剣に読んで、ようやく
それっぽい使い方ができるようになりました。(^O^;

金精山は、、、かっこいいです~。
1回滑って転んでお尻打ったので、あまり登りたくはないんですが・・・(^^;
これからの季節は、雪をかぶった金精山を眺めるのも楽しみです。(^^)

mikkoさん

mikkoさん こんにちは。

会津駒が岳が見られれば満足♪ の予定だったのに、あっちもこっちも
欲ばりな程、遠くの山々が見渡せました~。(*^^*)
私的には、金精峠にスポッとハマるように聳えてた苗場山。
もぉ、これ、最高!! でした。(^^)
太郎山⇔小太郎山の岩場&やせ尾根は、、、私にとっては、緊張Maxでした。

小太郎山からの眺望もniceですよ~。
改めてシャクナゲの時期に歩かれたyamasanpoさんのレポを見せていただいたら・・・
花咲く登山道で、山頂からは残雪の峰々。
ん~、次は、初夏か。。。と、またまた楽しみができてしまいました♪

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんにちは。

お手数をおかけいたしました。m(__)m
時々「何が悪いの???」って言いたくなっちゃうほど、しつこく
不正な投稿だって撥ねられちゃいますよね。(T_T)

太郎山。男体山ファミリーの、ちょいと控えめな息子です。
青空&霧氷の景色を見ながら「ムヒョー( ̄□ ̄)」と
言いたかったんだけど、山頂からの大展望に、そんなことは
すっかり忘れてしまいました。(^^;
今年も霧氷は、赤城でよろしく!!! です。(*^^)v

山頂からの展望には、ホント大満足!!!
雪をかぶってなくても、連なる山々をただ眺めているだけで
うわぁ、来てよかったな~。と思いました。
あっ、最後、山王帽子山への登り返しの時は、思いきり
後悔しましたけど。。。(^O^;

中ノ俣さんは、どちらで雪をかぶった山々を眺めるんでしょう~。
と言うか、雪の積もったお山へ行かれちゃうんじゃないですか?
楽しみにしてますね~♪

業務連絡
太郎山 ヤマレコでも研究しましたが
このルート 超こわっ、、、
剣ヶ峰 巻道ありでも?
痩せ尾根 亀三郎だと
落ちるでしょう?? たぶん (^_^;)
ケン坊さんの新薙ルートのほうが
比較論的に 安全??
それから
仙人ヶ岳(ここも未踏なんです)
小山方面から行って
駐車スペース分かりやすいですか?
グーグルマップで
映像みたんですが、、、
ん、、、どこだ、、、状態なもので
すんません ペコリ

亀三郎さん

亀三郎さん こんばんは。

えっと、私は新薙から登ったことはないので、どちらの方が安全かは
わかりません。
一昨年、初めて太郎山へ行った時、日光三険と言われる新薙のトラバースを
歩く自信がなかったので(必要以上にトラバースを怖がる私(^^;)
山王峠から登り、それがすっかり定番になっています。
そうそう。秋に太郎山へ登られた方のレコを拝見すると、志津林道は
一般車両通行止めで、登山者は梵字飯場跡の駐車場を利用せざるを得ないそうです。
来シーズンは、太郎山駐車場まで車で行けるといいですね~。

で、仙人ヶ岳の駐車場は・・・
岩切登山口近くに駐車場(駐車スペースと行った方が表現的にはしっくりきます)
があります。ちょっと道路が広くなっていて、6~7台車が停められます。
行けばわかると思いますよ~。
ん、、相方さんの過去ログに、駐車場写真を発見。
参考にしてくださいね~♪