2016/01/31

庵滝 2016

ほぼ、年中行事となっている、「青い氷瀑 庵滝」
マイブームだった頃は、シーズン中に2度3度と足を運ぶほど、
お気に入りの場所。(ちなみに、芽吹きの季節もお勧めです(*^^*))

今年は、もう、いいかな??? って思っていたけれど、
やっぱり、今年も1月27日に行ってきました~。\(^o^)/
DSC02589.jpg

前日の、赤城の雪遊びの疲れもなんのその。だって、スイッチONだもん~♪
赤沼茶屋の駐車場から小田代ヶ原まではツボ足で。
DSC02551.jpg
あぁ、真っ青な空に太郎山。かっこいいなぁ。
あの山頂からは、どんな景色が広がって見えるんだろう。。。

小田代ヶ原付近は、超強風。時々地吹雪状態になるほど。

小田代ヶ原から弓張峠のヘアピンカーブまでは、凍結した市道を歩きます。
夏場は、低公害バスでひゅんとひとっ走りだけど、スノーシーズンは自分の足で。
途中休憩をはさんで1時間半。まずは、大好きなカラマツロード。
DSC02552.jpg
前を見ても。。カラマツの木を見上げても、その見える景色は大好きなんだけど、
ここ、地味に上り坂。
第一へこたれポイントだったりもします。(^^;

気象観測所跡で一休み。
見上げると、雲一つない空。
山陰に入り、風もおさまってきたので、フリースを1枚脱ぎます。
DSC02554.jpg

山ブドウブランコで、今年も遊びましょう~♪
DSCF5332.jpg

乗っかったり、ぶら下がったり。
DSC02559.jpg
ここで全力で遊んじゃったら、たどり着く前に燃料切れになっちゃうんじゃね?
なんて、自分に問いかけながらも、やっぱり一生懸命遊びましょう~♪

山ブドウブランコのちょいと先には、ダケカンバの大木。
この1本。大きさ。立ち姿。周りの雰囲気も合わさって、とっても素敵♪
大好きな1本だったりします。(*^^*)
DSC02560.jpg

森の妖精さんは、お昼寝中。
DSC02562.jpg

ほぼ、ランドマークのように思っている、2つのこんもりとした
お山が、ずいぶん近づいてきました。
DSC02564.jpg
ここまでくれば、庵滝までもう少し。

そして・・・
2016年の庵滝。
暖冬でどうかな~?って心配していたけれど、去年並みに凍っていました。
主瀑の内側を流れる水もごくわずか。
DSC02586.jpg

正面から見ると、流れる水は、ほとんど見えません。
そして、流れ落ちる水の音もほとんど聞こえないので、完全結氷? って思ってしまったほど。
DSC02565.jpg

迫力の主瀑もいいけれど、私は、岩肌から沁み出た水がじんわり凍った
滝のこちら側が好き~♪
DSC02568.jpg

そして、滝の裏側に回れば、うひゃひゃひゃひゃ。
青い~~~~。(*^^*)
DSC02569.jpg

そして、トゲトゲの、氷柱・ツララ・つらら。
DSC02570.jpg
ニョロニョロのようなモフモフちゃんは、気温が高くてぶら下がって
いなかったけれど、この日の庵滝の裏っかわは、氷柱祭りだね。

やっぱり、今年もここに来られてよかったな~。(^^)
DSC02571.jpg

今年の庵滝も、迫力満点でした♪
DSC02593.jpg

さて、帰りも、モフモフの景色を眺めながら。。。
DSC02585.jpg

庵滝がお気に入りな理由の一つが、そこへたどり着くまでの森の中を
歩くのがとっても気持ちよくて楽しいから。
DSC02596.jpg

あっ、ロールケーキが転がってきたっっ!!!
DSC02598.jpg

だんだんお腹が空いてきました。
DSC02601.jpg
岩陰に腰を下ろしてお昼ご飯を食べたら・・・

ダケカンバの前で、喜びの舞をしちゃいましょう~~!
DSC02609.jpg
ぐるぐるぐるぐる・・・・
目が回る~~~~。(@_@)

・・・
小田代ヶ原まで戻ってきました。
空の青さと雪の白がとっても美しい景色が待っていました。(*^^*)
DSC02612.jpg

いっぱい遊んでいたら、いつの間にか、ずいぶん影が伸びてきちゃったね。
DSC02613.jpg

黄昏る ムーミン。
DSC02614.jpg
                                            かわいい。(*^^*)

しまった。雪原ダイブをするのを忘れてたっっ!!!
。。。っと、見上げると、青空に枝を伸ばすミズナラ。
DSC02617.jpg
ミズナラの枝も繊細で、青空ととっても良く似合うんだね。(^^)

湯川を渡れば、間もなく赤沼の駐車場。
DSC02619.jpg
今日も、とっても楽しい1日でした。
やっぱり庵滝。。と、そこにたどり着くまでの雪原歩き。好きだわ~☆


でっっ・・・

この日、一番驚いたのが、気象観測所を過ぎ、森の中へ入っていくと
新しいルートマーカーが随所についていたこと。
数年前、ノントレース、ソロで歩いた時、ここで沢に降りるの?
ホントに、こっちに進んでいいのかな? って
ふと迷ったような場所には、親切な程、たくさんのピンクリボンが。。。
安全に庵滝まで導いてくれると思えるルートマーカーだったけれど、
誰が、どういう意図で付けたものなのかはわからないので、そのあたりは
自己責任で。。。と思います。
なんて言っても、モフモフの雪の下は、実は川だった! って場所もありますから~。(^O^;

ただね、地形図見ながら、あっちかな~。こっちかな~。って悩みながらようやく
たどり着いた庵滝。
その時に見た滝の美しさが一番印象に残っているし、すごく楽しい1日だったなぁ。。。
と思っています。
そういう経験は、もうできないのかな? と思うと、ちと残念。



その、迷ったときのレポはこちら~。
トレースチェイサー まっさらな雪原で迷う@庵滝
庵滝貸切♪ んで、1人反省会。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

良いなぁ、スノーフィールド

立派に育った庵滝。
そして珍しいロールケーキ・・・
じゃなくて「雪まくり」

もぉー、この間の鍋割山に続いて目の毒な記事。

それにしてもそんなにマーカーが増えているんですか。
人気上昇で入山者増えるのはよいのですが、あまり安易な気持ちでというのもちょっとどうかなと老婆心ながら思っちゃいます。
基本的には南北山に挟まれた渓谷を進むので道迷いはあまり無いと思いますが、緑沢方面の緩斜面は雪崩のデブリなども見られたので、間違って入り込むと危ないなとは思いました。

それにしても羨ましい~
と、先週に引き続き今週もインドアな週末。来週こそはと思うのですが・・・

雪山の連荘なんて...

こんばんは
chikoやんは4年連続の庵滝ですか?
凄いな~ 前日の(雪の)鍋割山に続いての雪山ハイクなんて信じられない!
いろは坂を走るだけで一日分のエネルギーを消耗しちゃいそう...
なのに、ブランコ遊びや喜びの舞まで徹底して遊んじゃう馬力はどこに?
そして、自然が創り出すロールケーキ、ソーダブルーの氷瀑が素晴らしい!
それにしても、一瞬、二人の区別がつかなくなっちゃいました>(@_@)<

庵滝

chikoやんさん、こんばんわ!
天気が良いなか、日光連山の眺望、気持ち良いカラマツ林、
ブランコ遊び、そして何と言っても綺麗なソーダブルーの
氷瀑、また、帰りには「雪まくり」も見られ、楽しみ盛り
沢山のスノーハイクでしたね。
「雪まくり」、クリームたっぷりのロールケーキそっくり、
食べたくなっちゃいますね。
帰りも日光男体山が望めるなんて、一日中良い天気、本当に
気持ちが良かったことでしょう。

庵への道

お疲れ様でした。
庵滝なる美しい氷瀑の存在を知ったのもchikoやんその他、日光好きの皆さんのお陰です。
毎回新しい発見のある庵滝への道、好きだな~。
森の雰囲気も良いし、突然目の前の現れる青い氷瀑も最高です。

Re: 良いなぁ、スノーフィールド

まっちゃん こんばんは。

まっさらな雪原歩きと、ソーダブルーの氷瀑を
楽しんできました~。\(^o^)/
帰ってきてから、しまった。。ダケカンバ林で遊ぶのを忘れたっ!
って思ってしまったほど、庵滝までのルートは、お気に入りです♪

ルートマーカーについてですが、、、
歩いていて2本先のリボンが見える。まぁ、理想的な状態で付いてました。(^^;
こう情報があふれている時代。
トレースを追って行けば着くだろう。。と、安易に入る人はこれからも増えるでしょう。
そこで、変な沢に入りこんでSOS。救助に向かわなければならない。その労力を
減らすためにつけたリボンなのかしらね。なんて話ながら歩いていました。
それでも、沢にドボン! の危険はありますけどね。(^O^;

あっ、、私、落ちてますよ。いろんな季節に。(^O^;;;

Re: 雪山の連荘なんて...

ケン坊さん こんばんは。

あはは、4年連続でしたか。私。
なんか、もっと前から庵滝に行ってるような気がしてましたが、
まだ4年くらいなんですね。
でも、シーズンごとに、何度も足を運んでしまうお気に入りです。
前日の鍋割山は、ホントに、超ゆるゆる歩き。
翌日の庵滝も、ゆるゆる歩かせてもらったので、割と平気でしたよ。
あっ、リンゴさんペースに合わせると、途中エネルギー切れ。帰りは足が攣る。
と言う、悲劇が待っています。(^O^;
実は、一番つらかったのは、連チャンで遊んだ次の日の朝!でした。(^^;

元気スイッチが入ってるときは、遊べますねぇ。とことん行きますよ~♪
戦場ヶ原経由で帰ろう!と、提案してみたけれど、あえなく却下でした。(T_T)

Re: 庵滝

のんびり夫婦の山遊びさん こんばんは。

やっぱり年中行事だな。。と思った、庵滝までのスノーハイキングを
楽しんできました。\(^o^)/
氷瀑自体はそれほど「萌え~」ではないので、雲竜は1回行ったからいいか・・・
って感じなんですが、庵滝は何度も足を運びたくなってしまう
不思議な魅力を感じます。
ロールケーキのような雪捲り。かぶりついちゃばよかったですね。(^^;

帰りにもう一度寄った小田代ヶ原の展望台。
青い空の色と、シラカバと、雲のかかる男体山。
歩く人もなく、とても素敵な空間でした。(*^^*)

Re: 庵への道

リンゴさん こんばんは。

ホントにグッドなタイミングでした。
翌日歩いた人のレコを見たら、主瀑に穴が開いているっっ!!
あんなにしっかり凍ってたと思っていた氷瀑も、1日で姿を変えてしまうんだなぁ。って
びっくりポンでした。(笑)
連日の雪遊びで、滝までたどり着ける気がしなかったけれど、
それでも、ダケカンバ広場で遊べればいいかな~。くらいに思っていました。
いやぁ、無事にたどり着けて、やれやれです♪

No title

毎年このルートのレポを拝見するたびに
『冬を楽しんでるな~』って羨ましくなってます!
ソーダブルーの庵滝も雪原に現れるロールケーキも見てみたいな~
それにしても翌日には主瀑に穴が開いているって!
ナイスなタイミングでしたね~
来年も楽しみにしていますよ!^m^

No title

ロールケーキも気になりましたが
(これは 自然に出来たものですよね?)
んで、、一番気になったのは
ムーミン! これは ちこさまの自作??
(^_^;)(^_^;)
それと ピンクリボンのおはなし
先日 ピンクリボンに誘われて
下山ルートをみすったわたし
でも 振り返ると 途中から
ピンクリボンじゃなくて 青テープとか
白の荷物用ひも、、、多かったような、、
作業用だったのかなぁと、、、反省中です(T_T)

PS このlogの雪みて 思い出したのですが
  長瀞アルプス ヤマレコで研究してたら 雪、、、残ってました
  3,4日したら 消える??
  あと 分県別ガイドで
  野上峠あたりが
  迷いやすい?と書いてあったような
  、、、
  油断すると 道迷いしそうですか?
  経験者のちこさまに
  お訊きするのが早いかと (^_^;)
  すんませんが 教えて下さい。

mikkoさん

mikkoさん こんにちは。

今年は、行くつもりはホントになかったんだけど、なぜか行っちゃいました。
あのまっさら雪原は、実は、安定の居心地の良さ。
う~ん、会津駒に似ているか???(笑)
ようやくついた時には、やっぱりうれしいし、
凍った滝の形も、ソーダブルーの色も、その時々で違って見えるので
やっぱり新鮮だったりします~。(*^^*)

雪捲りはスキー場のゲレンデの端とかでも見られますよね。
まだ、息子が小さかった時、あれを見つけて
「でんでんすみすみ!!」(でんでんむしむしではない(^^;)と
異様に盛り上がったのが、母のちっちゃな思い出だったりします。(^^)

来年も・・・
行ってそうですね。氷瀑見物と言う名の、雪原遊び。(*^^)v

亀三郎さん

亀三郎さん こんにちは。

あっ、ムーミンによくぞ反応してくださいましたっっ!!!
あれ、自然にできてたものなんです。
朝は、ずらっと杭の上に並んだ雪見大福だったのが、
ほどほどに溶けて、パックマン(古いっ!)だったり、マカロンだったり。
そんな中、ぽつんとムーミンが黄昏てたんです。
そりゃぁ、かわいかったですよ~。連れて帰りたかった程。(^^)

ルートマーカーとか、トレースって、ついていれば、ついつい
辿ってしまいますよね。私もそうです。
ところどころで地図を見て、今、自分がどこにいるのか把握! ですね。
迷ってからのリカバリーは、精神的にも良くないですから~。

で、宝登山の雪は、、、消えるかどうかは、わからないです。(^^;
何しろ、秩父って、寒いですから~。

長瀞観光協会のHPを見ると、
>長瀞アルプス・・・雪かきはおこなっておりません、積雪あり。
>※ハイキングされる方は、冬装備(アイゼン・スパッツ)でお越しください。
・・・とありますね。
そこそこの準備は必要ですね。
雪が溶けると、ぬかるみになっちゃってるんですよねぇ。(-.-;

コース全体は、自分がどっちに進んでいるのか把握していれば、
迷うことはないと思います。全体的にしっかりしていますし、
道標もあちこちに。
確か野上峠は、、、大きな岩に登って遊んだあたりだったと思います。

こんばんは



何時かはそんな素晴らしい氷柱を撮ってみたいとは思いながらも
とても雪の中を歩く根性は持ち合わせず・・・というか歩いた経験はなく
こうして人様のお写真で楽しませていただいています(爆)

Re: こんばんは

mimozaさん こんばんは。

途中からおぶっていきますから、美しい写真を撮って見せてください~♪

・・・と言うほどの体力を持っていないので(^^;、気軽に一緒に行きましょう!
と、お誘いできないのが、ホントに残念なんですが・・・

豪快な主瀑と、岩清水が凍った繊細な氷柱群。
形もなんですが、そこを裏側から覗いた時のブルーは本当にきれいです。(*^^*)

mimozaさんみたいな、センスがほしいなぁ。。。と、常々。(^O^;
でも、お楽しみいただけて、よかったです。(^^)