2016/04/17

アケボノスミレにひゅーひゅー♪ @鳴神山

きゃわえぇぇぇぇ。(*^^*)
DSC04280.jpg

前の週、お腹いっぱいアカヤシオは満喫できたので、
100%スミレを楽しみに鳴神山。

・・・とは言っても、到着時間が遅ければ、アカヤシオの開花も進むかも~。
なんて、欲を出し、登山口に着いたのは9時少し過ぎ。
もちろん、あふれんばかりの路駐の車の列。
登山口より300m以上くだったところに車を停めました。

今回も、駒形-山頂-赤柴の周回です。

出だしからスミレロード。
マルバちゃん。
DSC04255.jpg

ヒトツバエゾスミレ
花はエイザンスミレ。でも、葉っぱは単葉。
DSC04259.jpg
この種類で、花が真っ白。茎が緑色。
それが、ナルカミスミレなんだそうです。

柔らか~い緑色の葉っぱが顔を出したばかりの沢沿いの登山道を
いつにも増して、ゆるゆると登っていきます。
DSC04260.jpg

。。。で、その時が来ました。(^^)
にょっきりピンクちゃん。かわいいな~。と、1人ニマニマしてたら・・・
DSC04268.jpg

同じように登山道にひれ伏していたグループの方に
「あれ、スミレ狙い? あそこにいい株があるよ~」と教えていただいて

かわいいピンク色の、アケボノスミレ~。
DSC04264.jpg

見上げると、斜面の上の方まで。
いよっ。スミレ界のアカヤシオ!?(笑)
DSC04275.jpg

花が開いた直後はまだ、葉っぱはクルクルっと丸まっていて
それがだんだん開いてくるそうです。
花が終わると、葉っぱが結構、存在感を示してくるんだとか。
DSC04263.jpg

をぉ、お尻がモフモフだ。
ぷりちーなお尻の虫が、花の蜜を吸いに来たよ~。
DSC04266_20160417112740cef.jpg

アケボノスミレが咲く斜面に張り付くこと、小1時間。
ここに咲いているのは、ヒトツバエゾスミレなのか、アケボノスミレなのか
だんだんわからなくなってくる。(^O^;
DSC04265_201604171141580da.jpg

あぁぁ、かわいいピンク色。
も、何でもいいや。とにかくあなたはかわいいっっ!!!(^O^;;
DSC04277_20160417114200237.jpg

さて、呼吸を整えて、少し歩きましょう。(^^;

ヒトツバエゾスミレ。
DSC04292.jpg
このくらい、エイザンスミレの顔をしていれば、私にもわかる。(^^;

ニリンソウの後ろ姿は、やっぱり好きだわ~。
DSC04289.jpg
そして、石っころに映る、仲良しちゃんの影法師にも注目!!(笑)
あっ、いちお、こだわりポイントだからさ。(^^;

あっ、ヒナスミレちゃん~。
DSC04299.jpg
あなたのことは、どうやら覚えられたようです。(*^^)v

トウゴクサバノオは、やっぱり好き。
DSC04303_201604171151314c8.jpg

沢沿いでは、ニリンソウのお花畑。
DSC04305.jpg

そして、シュールに咲き並ぶヒトリシズカ。
DSC04311_2016041711513525b.jpg
いつも、みんなと一緒だね。

でも、ちょっと離れたところで、一人静かにに立ってる子も。
DSC04313.jpg
あっ、私はそのくらいの立ち位置の方が好きだよ~。

ミツバコンロンソウ。
ホントに、三つ葉になってました。(今さら!?(笑))
DSC04315_201604171153377d4.jpg

ワチガイソウもあちこちに。
DSC04308_20160417115334eaa.jpg

あらら、眺めのいいところを見つけて根を下ろしたんだね。
DSC04318_20160417115339663.jpg

きゃぁぁぁ。また、アケボノスミレちゃん。みっけ♪
DSC04320_201604171153400f1.jpg
そう言えば、去年はこのあたりで咲いてるのを見かけたんだね。
私は、写真は全滅だったけどさ。(^O^;

苔のモフモフちゃんたち。私に変わってヨロコビの舞。
DSC04326.jpg

そして、ようやく山頂。
アカヤシオは3分咲き。。。といったところ。
DSC04334.jpg
前日の爆風の中、ただ黙って過ごしてきたのか~。と思ったら、
なんとも愛おしい。

桐生岳の山頂は大賑わい。
お隣の仁田山岳で、アカヤシオと、まだ雪の残る奥白根を
眺めながらランチタイム。
DSC04341.jpg

DSC04343.jpg

DSC04350_2016041711564750e.jpg

で、下山~。

あちこちに咲きまくるヒトツバエゾスミレ。
そのうち、これは、ヒトツバなのか、エイザンなのか、だんだん
こんがらがってくる。(^^;(^^;(^^;
DSC04355.jpg
いやね、ヒトツバエゾスミレ~、と言いながら、のっぺりした葉っぱのものから
モミジみたいに切れ込みの入った葉っぱのものまで、いろいろ。
頭から湯気が出てくるかも~。

フイリフモトスミレ。
DSC04359.jpg
ちょっとホッとする。

で、オオヤマカタバミ。
今年も会えました。(^^)
DSC04363.jpg
                      (絶滅危惧Ⅱ類)

柔らか~い緑色の葉っぱ。で、葉っぱの形は、すごく特徴的。
薄いクリーム色の花びら。中には赤い線が入ってる。
で、うつむいて咲く姿~。
DSC04369_20160417115817454.jpg
かわいいな~。会えてよかった~。

でも、杉林の中なので、膝とか、手をつくと痛いんだよねぇ。

林道に出てからは、またスミレロード♪
アカネちゃん。。でOK?
DSC04371_20160417115819c00.jpg
もう、紫色の子は、アカネスミレなのか、ノジスミレなのか、
わからなくなってくる。

で、この子もマルバちゃんでOK?
DSC04379.jpg
白い子も、マルバちゃんなのか、オトメちゃんなのか
わからなくなってくる。

まっ、スミレが咲いてた。で、いいか~。。。と思いながらも、
どうも往生際の悪い私。(^O^;

ニョイスミレを見て、ちょっとホッとする。
DSC04382.jpg

ハナイバナ
DSC04385.jpg
えぇ、今朝の町内会の草取りでは、雑草として思い切り引っこ抜いてきたけれど
よく見るとかわいい花を咲かせてます。

で、去年、見つけようとしてたのに見つけられなかったハシリドコロ。
なぁ~んだ。。。って言う程、沢沿いに咲いてました。
DSC04390_2016041711592213b.jpg
触ると柔らか~い葉っぱは、お浸しにして食べたらおいしそう。
いえいえ。。毒があるそうですよ~。
これを触った手で目を触るのもよくないんだとか。

パッと開いたトウゴクサバノオを見ると、またまたホッとする~。
DSC04397.jpg

で、沢沿いには、ずっとずっとチドリノキ。
ぶら下がって咲くお花が何ともかわいい。
DSC04398.jpg
あっ、、ここは蕾だけど~。(笑)

ほら。目立たないけど、よく見るとかわいらしい♪
DSC04401.jpg

DSC04404.jpg

もしゃもしゃ咲いていたハナネコちゃんたちは、もう、すっかり
黄緑色になっていました。また来年ね。
DSC04410_201604171200423e2.jpg

ヤマエンゴサクは、爽やかなブルー。
DSC04418_201604171200443ac.jpg

サワハコベ
切り込みの入った花びら。ここに小さな点々を書いたら、ウサギの顔になりそうです。(^^)
DSC04428.jpg

ヒカゲスミレでOK?
DSC04429_20160417120127cdf.jpg
ものすご~~~~く、濃ゆい時間を過ごした鳴神山の1日でした。
普通に歩いたら3時間くらいで周回できるけど・・・
今日は、ゆっくり6時間。最長滞在時間更新となりました。(笑)

顔を出したばかりの葉っぱと、集落のお庭に咲く花桃を眺めながら帰宅~。
DSC04433_201604171201291da.jpg
知恵熱が出そうだわ。(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スミレちゃん

あれ?去年自分が撮った傑作は、←自分で言うな(^^;)
ヒトツバエゾスミレなのか?アケボノスミレなのか?分からなくなってきた。
http://blog.goo.ne.jp/mws708js/e/a7993e8668aacc83e5209a9c4335b6a3

それにしてもスミレを知れば知るほど、山歩きが楽しくなってきましたね~(^^)v

完全に植物図鑑の領域に

凄いですね。
目が廻りそうな種類です。
山歩き、というか花巡りもここまでくると達人ではと思います。
充実した一日だったようですね。
自分には花が主体で山行というのはちょっと無理ですが、この充実度合いは羨ましいです。

Re: スミレちゃん

リンゴさん こんばんは。

むむむむむ???
なスミレちゃんたちは、思いきってスルー。(笑)
家に帰ってから、あれはコスミレだったかな? とか、
もしかしてニオイタチツボちゃんだった?とか。
残りの春休み中、連日鳴神山でもいいかも~。(嘘)
そんな種をまいてくださったくにさんには感謝です~♪

で、ごめん~。
あの力作の1枚は、ヒトツバエゾスミレで間違いないです~。
私の記憶の中で、アケボノスミレに変換されてました。(^^;(^^;

Re: 完全に植物図鑑の領域に

まっちゃん こんばんは。

あはは、植物図鑑は、、、お世辞にしても褒めすぎです~。
でも、ホント、目が回るほど、次から次へと咲いているお花を
見て、足元の植物たちと、どっぷり向きあった時間は、ホントに
楽しい時間でした。
ウェアの膝とひじのところが真っ黒になっちゃいました。(^O^;
そして、久しぶりに脳ミソフル活用で、帰りの運転は、
眠くて仕方なかったこと・・・(笑)

花先生誕生?

こんばんは。
スゲ~ こんなに多くの種類のスミレが鳴神山に集合しているんですか?
これからは、スミレを見るなら鳴神山へどうぞって感じですね~
それにしてもchikoやんの花知識は凄いな~ ”花先生”と呼ぼうかな>笑<

スミレ達人~

chikoやんさん、こんばんわ!
鳴神山、昨年初めてカッコソウのときに歩きましたが、
花の多い素晴らしい山ですね。
スミレも多いですね~名前が分かるとより楽しいので
しょうが~
頂上手前にフイリフモトスミレの群生があったことを
思い出しました。
ここはツツジも多く、花を楽しめますね。

17日、古賀志山のヒカゲツツジを楽しんできました。

No title

や~たくさんスミレが出てきて楽しいレポでした~。
鳴神山もたくさんの種類があるのですね~。
スミレは基本種のほかに交雑種もあるから
難しいですね。
基本種でも個体の幅というものもありますしね。
まあだからこそ面白いってことなんでしょうけど。

No title

沢山のスミレの画像、お勉強になりました!
こないだ仙人ヶ岳に行った時も、よくわかってない4人組で、
最終的には「スミレ」でいいかってなっちゃって(笑)
やっぱり、同定できると楽しみが倍になりますよね!
鳴神はご近所の山ですけど、今年は行けるかな?

またナルカミソウの時期においでくださいませ~

Re: 花先生誕生?

ケン坊さん こんばんは。

う~~ん、お花に関しては、、、まだ、学習中です。(^^;
そこにかわいらしく咲いていて、周りの景色と一緒に楽しめれば
それでいいじゃん~♪   って思いながら、でも、これって
なんて名前なんだろ。。。と、ぐるぐる悩みだし~。(^▽^;)

覚えると、次、別の場所で見かけたときに、パッと視界に入るんですが
覚えるのは、なかなか大変ですね~。
       
      何しろ、覚えるのは苦手。忘れるのは得意なお年頃。(^^;(^^;

Re: スミレ達人~

のんびり夫婦の山遊びさん こんばんは。

さすが、新・花の百名山♪
おもちゃ箱をひっくり返したように、足元には小さなお花たちが
たくさん咲いていました。(^^)
スミレは、、、あれこれ探すのは楽しいけれど、お名前は、、、
                やっぱりギブです。(^^;(^^;
この日、山頂手前のフイリフモトスミレの群生地は、まだまだ葉っぱだけでした。
林道を下ってきたら、岩壁にびっしりスミレが咲いていた場所が・・・
手の届かない場所だったけれど、素敵なお花畑でしたよ~。

鳴神山では、ぼちぼちカッコソウのつぼみもほころび始めたそうです。
行きたい場所ばかりで困っちゃいます~。(^^;

くにさん

くにさん こんばんは。

や~、スミレ。。いっぱいでした。
途中、もう、何度「くにさ~ん!!!」と、呼びたくなってたことか。(^^;
スミレ狙いで鳴神山を訪れる人の多くは、ナルカミスミレにロマンを
感じてる方が多いのかな?
確かに、あっちにもこっちにもヒトツバエゾスミレ。この中のどこかに・・・って
思うとワクワクします。

今までなら、あ~、わかんない。ま、いいか。と、さらり~と諦めてしまう
スミレちゃんたち。
珍しく、どっぷりと向き合って、それはそれは楽しい時間を過ごしてきました♪

はなはなさん

はなはなさん こんばんは。

あ~~~、ホントに自信たっぷりに同定できてるのは、
フイリフモトスミレとニョイスミレだけなので、違ってても
適当に流してくださいね。(^^;(^^;
仙人ヶ岳にも、かわいい子がたくさん咲いてましたね。
「むむむ???」なものばかりでした。(^^;

鳴神山。ホントに大好きです~。
大小山を通りこして、きっとまた行っちゃいそうな予感。。です。(^^)