2016/05/13

冬から初夏まで季節をまたいだ欲張り散歩@会津駒が岳

5月8日
今年も、大好きなこのお山のシーズンがやってきました。(^^)
DSC05026_20160509221729d2d.jpg
本当に今年のGWは天気が安定しなくて、この日も強風予報。
「無理せずに、行けるところまでね」と言うことで、やってきました。
(とはいっても、やせ尾根があるわけでもないし、樹林帯が長いから
絶対行けるな。って、行く、気満々だったんだけどさ(^^;)

いつものように、檜枝岐スキー場の向かい側で車中泊。
0時に檜枝岐に着いた時には、満天の星空でした。
1時。車が揺れるほどの強い風で目が覚める。
ちょっと怖いと思うほどの強風。
2時。激しく降る雨の音で目が覚める。かなり不安になる。(^^;
3時。またまた猛烈に強い風。そして、ちょっと肌寒くて目が覚める。
ん~、珍しく、車の中で眠れない夜・・・
4時。携帯のアラームが鳴る。あらら、時間をセットし間違えた。(^O^;

極楽、極楽♪の二度寝。          で、寝過ごす。

6時。滝沢登山口。
例年なら、テニスコート脇の駐車場に車を停めて歩かなきゃならないんだけど
雪の少ない今年は、林道の一番上まで車で入ることができました。
しかも、GW最終日だから? それとも、強風予報だから?
いちばん上の駐車スペースに車を停められ、準備を整えスタート。(*^^*)
DSC04997.jpg
ここを歩けることが嬉しくって「嬉しいなー」「きれいだなー」を連発。(^^;
どんなに寝不足だろうと、急登だろうと、泥濘んでいようと
文句も言わずに私を歩かせる、ここの登山道はすごいと思う。

あぁぁ、出だしから会っちゃった。
シマシマ模様のクルリンちゃん♪(*^^*)
DSC04998.jpg

青空&タムシバ。最強だな。
DSC05004_201605092215517eb.jpg

で、鮮やかな黄緑色の葉っぱに紛れて、これまた鮮やかなムラサキヤシオ。
DSC05003.jpg
そのほか、咲きたてピカピカのムシカリ。
で、新緑の色も、黄緑色だけでなく、赤っぽい葉っぱもあったりして
森の中はとってもカラフル。
去年の秋、あの、台風の中で見た鮮やかに色づいた葉っぱたちは
今は足元に。で、見上げると、はじめましての葉っぱたち。
ん~、やっぱりここは、私にとって特別な場所だな。。と思う。

あっ、イワナシちゃん、みっけ。
DSC05007_201605092215511e9.jpg

ひっそりと花をつけてるウスバサイシンもみっけ。
DSC05008_20160509221553a8c.jpg
・・・な~んて、ホントは、この手前に、ゴロゴロと連なるように
ウスバサイシンが咲いてたんだけどね。(^^;

水場までずっと夏道で登ってきました。
ベンチも出ていたので、ここで一休み。
DSC05009_201605092216408ea.jpg
この先は、ずっと雪の上を歩きます。

グリーンシーズンは、水場を過ぎると傾斜も緩んで、ホッと一息。
木々の間からチラチラと見える大戸沢岳の稜線に萌え萌えしながら
楽しく歩けるんだけど、雪のシーズンは、ちょっとだけ踏ん張りどころ。
壁のように見える雪の斜面に、立ち止まる回数も多くなります。
DSC05010.jpg
で、見上げると、雲の流れが早い。

間もなく森林限界。
夏、キンコウカが咲くベンチ付近。
まだまだベンチも湿原も雪の下。
DSC05013.jpg

大好きな駒の小屋へ続く回廊。
いやいや、まだ回廊も雪の下だけどさ。
DSC05016_20160509221644129.jpg

私的に、燧ケ岳が最高にかっこよく見えると思うポイント~♪
そして、キリンテへ続く富士見林道は、まだまだ雪の稜線。
ツバメオモトルートになる頃歩いてみたいな~。(*^^*)
DSC05018.jpg

駒の小屋までもうちょっと。
ん?? 見上げると、木の先っちょが白い。
をぉ、霧氷だ~~~。\(^o^)/
DSC05019_201605092217260d5.jpg

大好きな駒の小屋へ到着~。
もちろん、駒の兄さん。さゆり姉さんにご挨拶~。
顔を見るなり「シェー」をしてくださる兄さん。
「声が聞こえたからさ。今年は早いね~」と言ってくださる姉さん。
DSC05025_201605092217272ea.jpg
2人に会えるから登ってきちゃうってのも、理由の1つ。。。だよね。(*^^*)

駒の小屋まで、ツボ足で登ってきちゃいました。
さて、この先の雪遊びに備えて、ちょいと身支度を整えたら、
山頂を目指しましょう~。

雪が溶けると、ぐるっと回りこんで山頂を目指さなきゃならないけれど、
雪の季節は、駒の小屋から直登。

で、今年は、山頂の柱は、このくらい雪に埋まっていました。
去年は、山頂付近には全然雪がなかったんだよね。
雪が少ないと言われていた今年はちょっとだけとはいえ埋もれてるんでしょ~
なんか、不思議な感覚です。

で、アイゼン外して、柱の上に「よいしょ」っと。
DSC05033_20160509221732d19.jpg
いやね、乗ってみたかったのよ。(^^;

山頂のオオシラビソの木も、霧氷でお化粧~。
DSC05038_201605092218101ea.jpg

そして、夏場は、なんか、大戸沢岳~三ツ岩岳まで繋がってるって
あまり感じられないんだけど、雪の季節は、まるで登山道が浮かび上がって
くるように、縦走路がくっきり。
DSC05041.jpg
お天気良ければ、ここを歩くわけだったのか・・・
三ツ岩岳まで遠いなぁ。。。(^^;と思いながらも、でも、来年こそは!
と、思ってしまうのです。

ちょいと中門岳方面に足を伸ばしてみましょう。
をぉぉぉ、霧氷の森だぁ~!!
DSC05044.jpg
そう言えば、去年の初雪の時も、ここはすごい霧氷の森になってたんだっけ。

そして、大好きな稜線は、雪をかぶっていても、とっても
素敵な稜線でした。(*^^*)
DSC05048_201605092218143e5.jpg

振り返って、駒が岳方面。
雪庇が立派。(^^)
DSC05050_201605092218166cf.jpg

一番左のピークのちょいと先。新潟のお山が素敵に見えるところが
今日の終点ね。
DSC05052.jpg
あぁぁ、そんなせかせか歩いたらもったいないぢゃん。
こういうところは、の~~んびりダラダラと歩くに限ります♪
(私は、いつでもの~んびりダラダラだけどさ。(^^;)

ちっちゃなピークから、ぐるりと。
あらら、尾瀬ヶ原に雪がないっ!!
で、やっぱり一度は行ってみたい平が岳。
十字峡から中ノ岳周回、、は、端から「無理~」って思っちゃうんだけど、
その一部は歩かせてもらいたな~。三角雪渓との方か、兎岳への稜線とか、、、(笑)
で、今年は行きたい越後駒が岳。
DSC05053.jpg
はぁ。良き眺めだ。(*^^*)

真っ白な山もステキだけど、程々に雪が溶けて、まだら模様もステキね♪
で、奥のかっこいいお山は未丈ヶ岳?  
DSC05062.jpg

あぁぁ、中門岳まで行きたいなぁ。。。と、ホントに思っちゃう。
DSC05066_20160509221905832.jpg

「中門岳は行かないよ」と、くぎを刺されてるので、戻りましょう。
山頂付近は爆風。
霧氷がトゲトゲ。
DSC05076.jpg

で、さぁ、お楽しみの時間がやってきましたよ~。
駒の小屋目指して、シュ~~~~っと♪
DSC05078_20160509221958630.jpg
相変わらず風が強くて、この写真を撮るのに、ヒップそりが、揺れること、揺れること。(^^;

程々のザク雪だったので、スピードが出すぎちゃうこともなく
楽し~~~く駒の小屋まで。(^^)

一部、木道や湿原が出ていました。
もう、ハクサンコザクラちゃんの芽が出てるかな? って、覗いてみたけれど
葉っぱは、イワカガミとミツバオウレンだけでした。
DSC05080.jpg

小屋前の、雪を掘って作ったベンチに座ってランチタイム。
・・・からの、そこに寝っ転がってお昼寝タイム。
風が吹かなければ、寒くない~。風が吹くと、寒いぃぃ。
「長閑よのぉぉ」って言ったら、小屋前のベンチで同じように
昼寝をしていた駒中さんに爆笑されてしまいました。
DSC05082.jpg
会津駒が岳の困ったところ。
居心地が良すぎちゃって、下山したくなくなっちゃうこと。(^O^;

重い腰を上げたら、後は、樹林帯めがけて一思いに・・・
DSCF3666.jpg

あっ、コケた。(^O^;
DSCF3668.jpg

樹林帯に入ってからは、ヒップそりも片付けて、歩きます~。
時々、顔からすっ転んだり、思いもよらないところで強制尻セード
になっちゃったりしたけどね~。(^^;(^^;

水場を過ぎ、ヘリポート跡くらいまで下ってくると、次第に濃くなる緑色。
ほんの2時間前、霧氷を見て大喜びをしていたのがうそのようです。
DSC05096.jpg

名残惜しくて振り返ると、そこは、緑のトンネル。
この緑がもうちょっと濃くなったら、また遊びに来よう。
DSC05104_20160509222004a3b.jpg
もしかしたら、キリンテから登っちゃうかもしれないけどさ~。(笑)

駒の小屋から約2時間で、登山口。
朝見たときよりも、更に鮮やかになったように感じられるミツバツツジ。
DSC05108_201605092222353db.jpg
お疲れ様でした~。

昨夜、強風の中お泊りした所は、こんな鮮やかな緑に包まれていました。
DSC05114_201605092222360d2.jpg
解散してから、私はいつものように燧の湯へ~。

中土合公園では、まだまだ咲いてた桜の花。
DSC05120.jpg

ゆるゆると寄り道しながら、屏風岩。
DSC05121.jpg
岩肌に咲くミツバツツジが鮮やか~。

そして、南会津に入ってから、をぉぉぉ、なんて鮮やかな岩肌なんだぁ!?
びっしりツツジが咲いていました。ピンクも、オレンジも。(^^)
DSC05126_2016050922224025f.jpg


やっぱり大好き会津駒が岳~。
今年は何回行けるかな~。(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Chikoさんのレポをみたら私も三岩岳に行きたくなっちゃったな。
縦走しないで単体でいいから。

ところで質問です。
檜枝岐スキー場の向かいって温泉施設ですよね?
あそこって夜間使えるトイレってあるのですか?

そうそう、画像の山は未丈ヶ岳です。
あの山域からみる未丈ヶ岳はとても印象に残る姿ですよね。
そのうち早春に銀山平から行きましょう!

No title

この時期の雪遊びするにはモッテコイの山みたいですね。
花ばかり追っているとこんな歩きがしたくなるのは
どうやらオイラだけじゃないみたい(笑)
今まで歩いたことないですけど
やっぱり自分の足で歩いてみないとダメですね。

最高のGW

chikoやんさん、こんばんわ!
花を求めてGWを存分に楽しまれていましたが、〆は快晴の
なか、会津駒を楽しむことができ、良かったですね。
今年のGWの会津駒、登山口からはタムシバやムラサキヤシオ
などの花々、水場を越えると雪が現れ、花と霧氷と絶景に恵ま
れるなんて、最高でしたね。
会津駒、今年は歩きたいものです。

chikoやんさんの駒詣でが始まりましたね!
今年は何回通うのか楽しみ~
いつもレポに刺激を受けるのですが遠くてなかなか行けないです。
駒の小屋付近の居心地の良さは天下一品ですよね~
小屋泊の方々を羨ましく眺めながら下山するのがツライんだから。。。

くにさん

くにさん こんばんは。

もぉ、ホントに楽しみにしてたのに、お天気のバカぁぁ。(/_;)
でした。
雪の中に立つ和美に会いたかったな。

で、檜枝岐スキー場の、ホントに真向かいは、舗装された
空き地になっています。(スキー場の駐車場?)
私は、いつもそこで車中泊をするんですが、スキー場のセンターハウス
のトイレが24時間使えます。
センサーで照明もつくし、ペーパーありのウォシュレット。
クオリティーは高いですよ~。
温泉施設の玄関前や売店入り口の、少し高くなって、屋根がある場所
にテントを張っている。。と言う強者も。(笑)

で、やっぱりあれが未丈が岳~?
かっこいいですっ! ホント。
早春の未丈が岳。行きます~!!
その気になってる時の自分って、ホントに怖いもの知らずだな。。と思います。(^^;

でんさん

でんさん こんばんは。

一昨年までは、雪の会津駒~?
夏だってたっぷり4時間近くかかるんだもん。無理~。
って思っていましたが、1度行っちゃうと、やっぱり外せないです~。
お花見山行ももちろん楽しいんだけど、でも、雪をかぶった
峰々を眺めながら歩くのもこの時期の楽しみの一つです。
去年、でんさんたちが歩かれた、残雪の平標に行きそびれてしまったのが
心残りです~。

で、でんさんも、一緒に駒中になりましょう~。
深夜(早朝)なら、高速使って、うちから3時間弱です~。
あっ、取り締まりしてたら、確実に免停になりますけど~。(笑)

Re: 最高のGW

のんびり夫婦の山遊びさん。 こんばは。

楽しみにしていた三ツ岩岳から会津駒が岳を歩く。。ってのは、
叶わなかったけれど雪が積もると浮き上がるようにルートが見えてくる
縦走路を、来年こそは!! と思いながら眺めてきました。(^^)

お花見と雪遊び。とっても贅沢な1日でした。
でも、なんて言ってもやっぱりブナの新緑。
この美しさは格別でした~。
今年は、水場までは雪が全然なかったので、雪の斜面に
立つブナの林。。には出会えなかったけれど、見上げた時の
柔らかい緑色は、ホントに心が穏やか~になる色でした。(^^)

こんばんは


いつもタダため息の出る景色ばかりで
羨ましく思っています!
なんてったって私なんかの「体力なし!こんじょーなし!!」が行けそうもないところなんだもん!

これからもたくさんのいい景色を楽しませてくださいね!

No title

早朝、車を運転しながら桧枝岐村に向かっているときの強風にビビりモード。
こりゃ~まずいな。と思ったけど、稜線上では随分風も収まって存分に楽しむ事ができました。
新緑も気持ち良かったし、美しい霧氷も眺望も文句なし。
次はハクサンコザクラが咲くころだね。

Re: mikkoさん

mikkoさん こんばんは。

今年の駒詣も無事にスタートしました。(*^^)v
歩きながら、何度「嬉しいな~」って言ったことでしょう。
もぉ、ホントに、愛しの君に会いに行くような気持ちです。(笑)
中門岳へ続く稜線も、駒の小屋前のベンチでくつろぐ時間も
ホントに居心地がよくて、時間がゆっくりと流れていくようです。
あそこで夕焼けや朝焼けの景色を拝みたいなぁ。
(実は、駒の小屋で星空が見られたのは、最初の1回だけなのです(^^;)

確実に土・日がお休みになったけれど、駒の小屋、予約争奪戦に
ガチで参加しなきゃならなくなっちゃったので、なんとか、
お布団キープしたいです。

Re: こんばんは

mimozaさん  こんばんは。

ほんとに。。。
もう、ため息が出ちゃうほど。。
ん~、正直に白状しますと、口角が上がりっぱなしになるほど
で、ほっぺたが上がりっぱなしになっちゃうほど、美し~い
景色が待ってます。
リンゴさんが一緒の時は、どうしてもお待たせしちゃいけないと、
185%くらいの力を出して、頑張って歩かなきゃならないけれど
ホントは、時間が経つのを忘れるほど、ゆっくり過ごしたい場所です。
まぁ、私にも行けるので、きっとmimozaさんも行けると思いますよ。

それより!!!
田代山から見える会津駒が岳。待ってますよ~。\(^o^)/
湿原の向こうに、ど~~んと聳える景色。
ホントに大好きです♪
今年は行けそうにないので。私。。。(^^;

一度は行きたいが遠~~い!

こんばんは。
GW最終日は素晴らしい山行きになりましたね\(^_^)/
初夏あり春ありそして冬あり...1日にして味わえるなんて
抜けるような青空、目に優しい新緑、心を和ませる花々
そして周囲の山並みまでが歓迎してくれたようですね👏👏👏
車中泊の暴風は、昼間をより一層引き立てるための前奏だった?
霧氷と樹氷の違いが判らずさっきネットで調べたら???
余計に判らなくなっちゃった>笑<
やはりケン坊が登るとしたら初夏(雪が消える頃)かな~
でも、国道からだと登山口までが長くて疲れちゃいそう😞

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

充実のGW、お疲れ様でした。
無事に行って来られてよかったですね~。
GWに霧氷の景色が見られるとは、思ってもみませんでした。
今年のハクサンコザクラは早そうですね~。
私は、6月の会津駒ってまだ登ったことないので、6月の景色を見に???
なんて一瞬思ったんだけど、6月はダメだぁ。行きたいところが多すぎて
はじめましての景色を見に行く予定がとれないや。(^^;

Re: 一度は行きたいが遠~~い!

ケン坊さん こんばんは。


駒の姉さんの話では、私が麓で爆風に不安になっていた頃、
山頂では思い切りガスって、結構寒い晩になっていたそうです。
GWに志賀高原で吹雪かれ、うんざりしたことはありましたが、
GWの霧氷は感動的でした。

で、遠いですかね。ケン坊さん家からの方が、うちから行くより
近いはずなんですが・・・(笑)
と、毒を吐くのはこのくらいにして、「遠い」と仰るのに、
「それでも行った方がいいよ」と推すつもりはありませんので
気が向いた時に楽しんできてください。
テニスコート脇から歩くと、林道のショートカット路を通って
階段下までプラス30分ってところです。

残雪

昔一度行ったことありますが、最後のポールのところなんかヘロヘロで辛かったです。
ズブズブの雪は思いの外体力を消耗するのに、益々パワーアップのコンビに驚きです。

No title

chikoやんさん、こんばんは。
会津駒のレポ、なんだかものすごく久しぶりに拝見するような気がします。(^^)
タイトルの「早春から初夏まで・・・」は「冬から初夏まで季節をまたいだ・・・」に変更して頂きたい、そんな素晴らしい写真ばかりですね。霧氷と青空と新緑と残雪と・・・
風や寒さは写真に写らないので気持ちよさそうで羨ましい~~。

Re: 残雪

ネビルさん こんばんは。

昔のネビルさんの写真フォルダを覗くと、美し~い残雪期の会駒の写真が
残されてるんですね~。ぜひ見てみたいかも。(*^^*)

で、小屋下のあの斜面。。私は、雪がない時でも、いまだにきついです。(^^;
おかげで「写真を撮る~」と言いながら、こっそり休憩をするポイントを
いくつか押さえてあります。(^^;(^^;(^^;
えぇ、あの木道上で写真を撮って立ち止まっているときは、大体、へばってる時です。

私はパワーアップできず、相変わらず「疲れた~」が口癖なので・・・
どうぞ、遠慮せずに置き去りにして行ってください。
帰巣本能がありますので~。(^O^;;;

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんばんは。

今年、何度ここのお山ネタが登場できるでしょうかね。
今年も、呆れずにお付き合いくださいね。(^^;

で、はいはい。タイトル。変更しました~。(笑)
Tシャツの重ね着と、ソフトシェルで寒さを感じることなく
(風が吹かなければ。これ重要(^^;)お昼寝タイムに
突入できちゃうんだから、やっぱり春。。。なんですよね。
でも、下山するまで山頂の霧氷は木にくっついたままでした。
ってことは、やっぱり寒いのか。う~ん、わからなくなってきたぞ。(^^;
強風や寒さがマイナス要因に感じられないのは・・・
やっぱり会駒は私にとって、特別なお山です~♪

爽快な風景

前泊、それも車中泊。
この位気合入れないとやはり登れない場所なんですね。

定年したら車内で寝られる車(予算の都合で軽の商用車しか買えないけど)で
あちこちの山に登りたいと思ってますが、はてさてその頃に体力が残って居る
ことやら。

最近、坐骨神経痛で苦しむ家内を見ていると、自分も含めて老老介護の日も近いのではなんてふと思ったり。
元気なうちに後先考えずに仕事辞めて悔いの無いように人生生きるべきかなんてちょっと大袈裟に悩んでます。
子供もアテにならない現代の中高年のグチでした。

Re: 爽快な風景

まっちゃん こんばんは。

今年は、越後駒とか、利根川源流部の山に行きたいと思っているので
新潟の山並には、いつも以上に萌え萌えしちゃいます。(*^^*)

で、私が車中泊を好んでるのは、「気合」とかじゃなくて、ただ単に、
宵っ張りの朝寝坊。早起きするくらいなら、車の中に泊まる~!
ただそれだけです。(^^;
乱暴な考え方をすれば、まっちゃんくらい健脚な方なら、朝10時に
登り始めても、余裕で行ってこられるくらい。そんなもんです。

軽キャンカー。いいですよねー。
私もいつかは・・・
なんて、キャンピングカーのオーナーになっちゃったら、家にいつかなく
なってしまいそうだわ。(^^;
でも、次、車を買い替えるときは、シートが完全にフラットになる・・・
あの車に決めてます♪