2016/07/25

2つの稜線 欲張り散歩~会津駒が岳~

すっかりハクサンコザクラの見ごろを逃してしまった会津駒ヶ岳。
なら、花の富士見林道を歩くか。
10時半までに駒の小屋を出れば、14時台のバスに乗れるでしょう。

・・・と思っていたら、物好きな(^^;同行者が。
この週3回目の檜枝岐だそうな。(笑)

車を1台、キリンテの登山口にデポ。
もう1台で滝沢登山口へ。
朝、5時少し過ぎ。いちばん上の駐車スペースはもちろんいっぱい。
竜門の滝の分岐の少し下の駐車スペースに車を停めました。

水場を過ぎ、だんだん視界が開けてくると・・・
南会津方面に広がる雲海~。
DSC06898.jpg
森林限界が近くなってくると、立ち止まるとちょっと肌寒く感じるほど
爽やか~な風が吹いていました。(^^)

さぁ、緑の回廊を登っていきますよ~。
毎度毎度ながら、最高にワクワクする瞬間です。(*^^*)
DSC06909.jpg

で、いつもの場所から燧ケ岳。やっぱり、ここから見るお燧様は、
最高にかっこいいなぁ。って思う。
DSC06913.jpg
絶好の富士見林道日和になりそうです。(^^)

ここで、長野に住む「もう、北アルプスは歩きつくして飽きてきたから
東北へ遠征に来た」と言うお兄さんと立ち話。
「いやぁ、最高にいいところっすね」って仰るお兄さん。
なんか、大好きなこの山を気に入ってもらえて、なぜか、私まで嬉しくなる。(^^;

振り返ると、日光連山。
今日は、下山の時にはこの景色は見られないからね、ゆっくり楽しみましょう~。
DSC06915.jpg

駒の小屋では、さっき会った長野のお兄さんとまた一緒になり
「あれも買っちゃいなよ」とか、無責任にお勧めしつつ(^^;
駒の姉さんと立ち話。
いつも、明るく元気に迎え入れてくださって、ありがとうございます。(^^)/

「ザック置いていってもいいよ~」と言う、駒の姉さんのお言葉に甘えて
空身で中門岳まで行きましょう~。
DSC06918.jpg
で、本日の山旅のもう一人のお伴は、ヤマナメクジ様。(笑)


駒の大池の反対側では、ハクサンコザクラとチングルマが待っていて
くれました。\(^o^)/
もちろん、白花のハクサンコザクラちゃんも。
DSC06920.jpg
「先週はもっときれいだった」と言ってる同行者。
私を思いきり「イラッ」とさせ「もう、帰ってよ~し」(私の車はキリンテで待ってるし~♪」

・・・とは、さすがに言わなかったけれど(^^; さて、山頂に向かいましょう♪

山頂直下で振り返って・・・
をぉぉぉ、燧ケ岳が雲に飲み込まれたぁぁ。

駒の小屋。そして、周りを囲む山々。
まるで、ジオラマのようです。
DSC06923.jpg

で、山頂を過ぎ、中門岳方面にちょっと下ったところでは、
いつものところに、いつものようにニッコウキスゲ。
DSC06929.jpg

振り返って、駒が岳方面。
例年なら、この時期、このあたりにはまだ雪が残っているけれど・・・
DSC06932.jpg

気持ちのいい草原の景色が広がっていました。
DSC06934.jpg

ぽあぽあのワタスゲの向こうには、ど~んと三ツ岩岳。
DSC06943.jpg

おかしいなぁ。今年こそ、あちら側の山頂からこっち側の景色を見ようと
思っていたのに、結局、今年も、こちらからあちらを見てしまいました。(^^;
DSC06946.jpg

中門岳 この一帯を云う    付近は、大賑わい。
そんなわけで、通過~。
DSC06951.jpg

キンコウカが咲いてるかな? と思ったけれど、まだまだこれからでした。
そのかわり、ここでも、わたすげがぽあぽあ。
DSC06954.jpg
木道の広くなったところで、おにぎりを食べて小腹を満たし、ひと休み。
そしたら、大展望の稜線を目指して戻りましょう~。

モフモフの苔の中に、しゅっと1本、ミヤマリンドウ。
その立ち姿が何とも美しぃ~。
で、周りのモウセンゴケの先っちょには、水滴きらりんちゃん。
DSC06956.jpg
木道上で、ほふく前進なんてしちゃったりして、なかなか進みません。(^^;

ちょっとだけ静かになってた中門ノ池。
なら、お約束のポーズなんぞをしてみたりして。(^^;(^^;
DSC06960.jpg

一面、シラネニンジン(?)のお花畑。
このやさしいい色。純粋に「きれいだなぁ」って思ってしまいました。
DSC06968.jpg

いつものハートの池糖。
すっかり見慣れた景色だけれど、それでも、出会えるととっても嬉しい。
DSC06973.jpg

モウセンゴケの先っちょきらりんちゃん。かわいいなぁ。
DSC06975.jpg

駒の小屋まで戻ってきました。
トイレの窓から外を見たら・・・
豪快に布団干し。ありがたいことです。(^^)
DSC06981.jpg
あぁ、また泊りに来たいな。絶対来るけどさ。(笑)

中門岳への稜線を歩いていたときは、あれあれ、天気、崩れるのかな?って、
ちょっと心配だったけど、だんだん青空が広がってきました。\(^o^)/
DSC06985.jpg
姉さんに挨拶をしたら、富士見林道を通って、キリンテへ下山です。

てるてるちゃん。そろそろ本気パワーで、梅雨を終わらせてね。
DSC06986.jpg

さぁ、ずっと燧ヶ岳を見ながら、気持ちのいい稜線散歩。行きますよ~。
DSC06989.jpg

をぉぉ、こっちもシャクナゲがもっさりだ~。\(^o^)/
DSC06992.jpg

ちょっぴり険しい表情と、湿原のやさしい表情を見せてくれる富士見林道。
このあたりは、険しい表情を、、、かっこよく見せてくれる場所だなぁ。って思う。
DSC07005.jpg

あらら、そんな、岩々の場所に、かわいらしくハクサンシャジン。
思わず、立ち止まる。
DSC07008.jpg

そこを過ぎたら、今度は、白花のハクサンシャジン。かわいい~。
DSC07012.jpg

視線の先には、ずっと、ずっと燧ケ岳。
DSC07016.jpg

足元では、これでもかって咲いてる、ミヤマコウゾリナにギボウシ。
DSC07017.jpg

そのほかには、ハクサンフウロにマルバタケブキにアザミにコゴメグサに
ミヤマシシウドにハナニガナにセリ科の白い花に・・・
DSC07019.jpg
とにかく、とっても賑やかです。

振りかえると、会津駒が岳があんなに遠くなっちゃった
DSC07020.jpg

で、だんだん近づいてくる燧ケ岳。
2本の足って、ホントにすごい! って思っちゃう。
DSC07026.jpg

岩場に稜線に湿原に樹林帯にって、コロコロと景色が変わる富士見林道。
歩いていても、とっても楽しい♪
DSC07027.jpg

足元じゃ、かわいくモウセンゴケの花がたくさん咲いてるしさ。
DSC07029.jpg

そろそろお腹もすいてきたので、こんな景色を眺めながらランチにしましょう~。
DSC07034.jpg
時間が許すなら、何時間でもまったりできそうです。

それまでバックにくっついていたヤマナメクジ様も再び登場で
ワタスゲモフモフの上に乗っかっちゃったりして。
DSC07040.jpg

さぁ、あの森を抜けたら、大津岐峠です。
稜線散歩も、間もなくおしまい。
DSC07043.jpg

大津岐峠まで来ました。真正面には、燧ケ岳がど~~ん。
ここでヨーキ様とバッタリしたんだよね。そんな思い出の地でもあります~。
日光の山山は雲の中。燧ケ岳の向こうにも広がる雲海が見えていました。
DSC07046.jpg
関東より先に東北が梅雨明けしちゃうんぢゃね?
なんて、ちょっと、不安に思っちゃったりして。(^^;(^^;

日差しがぽかぽかと気持ちがよかったので、ちょいと昼寝でもしましょかね。
ちょっと斜めってたから、寝心地は最悪だったけどさ。(^^;
DSC07049.jpg

あぁ、梅雨明けが待ち遠しいなぁ。
DSC07050.jpg

大好きな会津駒ヶ岳も、ここで見納め。
DSC07051.jpg
ばいばい。またね。

で、足元には、立派なミヤマリンドウの株。
花もかわいいけれど、葉っぱも素敵♪
DSC07053.jpg

樹林帯に入ってからは、ふかふかの登山道を元気に下ります。
時々、せっかちな紅葉なんぞを見ながら。
DSC07054.jpg

で、山アジサイの園を抜ければ、ゴールのキリンテまではあと少し。
DSC07059.jpg
2つの違った表情を見せてくれる稜線散歩の会津駒ヶ岳。無事下山~。

で、お疲れ様でした~の、アイスクリームは、絶対、ミニ尾瀬公園で
とちみつジェラート!! って思っていたのに、まさかの売り切れ。

ならこれだっっ!!!!!!!
TS3V0405.jpg
サンショウウオが丸々1匹刺さった、サンショウウオジェラート。(笑)
アイスクリームの中にもサンショウウオの燻製が混ざっていて、
お味は、スモークチーズ系。
サンショウウオの燻製は、、、珍味です。漢方薬です。
おかげで、、、、元気に運転して無事帰宅。そのまま布団へGo!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これぞ稜線散歩の醍醐味

2年前に初めてキリンテに下りた時は無理せず中門岳はパスしたけど、実際に歩いてみると出来るもんですね~。
会津駒はまったり過ごすのも良し、ガッツリ歩きもまた良し。
夏休み山行の締めくくりには最高の1日となりました。
ハクサンコザクラも間に合ったし湿原のワタスゲもぽあぽあ。そして富士見林道のお花畑もきれいでした。
どうぞ寝てくださいと言わんばかりの大津岐峠の倒れた標柱。
〆の山椒魚ジェラートも強烈なインパクトだったよね(笑)
いつかは御池まで、計画したいものです。

Re: これぞ稜線散歩の醍醐味

リンゴさん こんばんは。

いやぁ~、まさか、ホントに参戦!とは、思いませんでした。(^^;
お疲れのところ、更にお疲れプラン。ホントにお疲れ様でした。(笑)
雰囲気の違う2つの稜線は、ホントに贅沢だなぁ。って思いました。
花の富士見林道には、興味津々だったけれど、このコース取りは、ホントに
定番になりそうです。
サンショウウオジェラート。
はじめて写真で見た時は、食べるのなんて絶対無理~! って思ったけれど
割とパクッと行けるものだな。。と。(^O^;
次は、また、蜂さんありがとうパンケーキ。ジェラートトッピングがいいな♪

お疲れ様~ 真似できず

こんばんは。
スゲースゲースゲーといきなりスゲーの3連発でスタートです...
今回のレポは半分だけ手に取るように判り、納得しながら見てますよ~
百聞は一見に如かずとは、このようなことを言うのかな~としみじみ
chikoやんもかなりのドM山行者ですね 一日で素晴らしい稜線を二つ
やはり車をデポらないと無理ですよね う~ん やっぱり無理だな
って、初めから行く気は無いくせにって言われそうです>笑<
サンショウウオの燻製が刺さった光景が何とも...ホテル伴久?

最高~

chikoやんさん、こんばんわ!
超ロングルート、会津駒ヶ岳から中門岳、そして富士見
林道で大津岐峠を経てキリンテへと素晴らしい花と眺望
の稜線歩きを堪能されましたね。
ハクサンコザクラも駒の大池近くで待っていてくれて、
何よりでした。
富士見林道の稜線歩き、花もハクサンシャジンなど夏模様
に変わりつつあり、また、眺望も素晴らしかったですね。
モウセンゴケの花、初めて見ました。

No title

最近 思うのですが
ゴルフより山歩きのほうが
比較して総合的には
健康にいいか、、、なんて、、、
ゴルフは いちおう運動だけど
練習きばると
腰 肘 膝 いろんな場所が痛む??
これが
けっこう問題
そして
コン様が
登山家はお腹出てるひといないけど
プロゴルファーの中には
ぼってりお腹のひといるよね、、、
って、、、

さて
蔵王の計画でも
立てようか

なんちゃって、、、(;´・ω・)(;´・ω・)

またまた相方さんを操っちゃったのかな?と思ったら自ら参戦されたのですね。
素敵な稜線歩きだから感動を共有したかったんでしょうね~
素晴らしい眺望や綺麗なお花を見たら「綺麗だね~」とか言い合いたいですものね~
(あっ!一人でも言っちゃうね)(^_^;)
二つの素敵な稜線の雰囲気や可愛いハクサンコザクラ、ぽわぽわワタスゲ、白花ハクサンシャジンなどのお花に惚れ惚れしながらレポを読み進めましたが
最後のサンショウウオジェラートの強烈なインパクトに全部持っていかれた感じです!(笑)

Re: お疲れ様~ 真似できず

ケン坊さん こんにちは。

下山直後は「もう、2回目はないかな」と思った会津駒ヶ岳も
だんだん、また行きたくなってきたでしょ?
そうして、駒中になっていくんですよ~。(笑)
わたしも、はじめは、1日で滝沢から登ってキリンテへ下山は
中門岳へ行かなかったとしても無理だろな。。と思っていましたが・・・
キリンテ発14時50分ちょい前のバスを使えば、ソロでも行けちゃうんです~♪
もうちょい早出して、もうちょい巻けば、よくばりルートでも、ソロでも行けるな。
にやり。としてたところです~♪
キリンテのブナの森は、ホント、癒しの空間ですよ~。
その気になった時に、どうぞ。

Re: 最高~

のんびり夫婦の山遊びさん こんにちは。

数年前、山小屋で同泊だった方と、日帰り温泉で会って
「富士見林道の花の稜線。よかったよ~」なんて話を聞いて
絶対に歩いてみたいな。。と思っていました。
お二人が歩かれた、雪解け直後の花たちとはまた違う雰囲気の
お花たちが稜線上にずっと咲いていて、足元を覗き込むと怖い~。
でも、かわいい~♪ なんて思いながら、花撮りスクワットしてました。

モウセンゴケの花は小っちゃいけれど、すごくお花っぽい形をしていて
かわいいですよね~。
ランチタイムにした池塘の周りが、ちょうど花盛りで、赤い葉っぱに白い花。
絵本に出てきそうな世界でした。(^^)

亀三郎さん

亀三郎さん こんにちは。

ゴルフなんて、もう、何十年もしてないので、すっかり忘れちゃってるけど・・・
そうそう。山登りは、全身運動ですよ~。しかも、有酸素運動。
消費エネルギーは、マラソンに匹敵するとか。
蔵王のお花畑。
蔵王の紅葉。
遠くに雪をかぶったお山を見ながら、初冬の蔵王。    いいど~♪



ただねぇ、私の場合。お山で湧き出てくる猛烈な食欲を、家にまで
持ち帰ってしまうので、ドM山行で散々歩いても、ちっともやせないのよねぇ。(T_T)

mikkoさん

mikkoさん こんにちは。

う~~ん、、やっぱり、操っちゃったのかな?
ほぼ冗談で、前日21時過ぎに「会駒行くけど、来てもいいよ」と
メールをしたら、ホントに来てた。。。と。(^O^;
のんびりリハビリ登山のつもりだったのかもしれないけど、
ガチで歩かされてた。と。(笑)
おかげで、違った魅力を持つ、二つの稜線を、欲張って歩くことが
できました~。\(^o^)/

サンショウウオジェラート・・・ね。
檜枝岐の公衆トイレのドアに貼ってあるのを見て、ず~~~っと気には
なっていたんだけど、まさか、自ら進んで買って、食べてしまうとは
夢にも思いませんでした。(^^;
「栃みつジェラートなくて、残念~」って思っていたところに、若い子の
グループさんが、みんな嬉しそうにサンショウウオの刺さったアイスの写真を
撮っているのを見たら、あはは、私も~♪ と、なんか自ら乗ってしまいました。

もぉ、カチカチのサンショウウオの燻製。スプーン代わりになってましたよ。(^O^;

No title

chikoやん 会津駒1泊でしたか?
中門岳~キリンテも良いですねv-410
花も展望もサンショウオのジェラートも・・・ウフフ。
此方は至仏山、笠ヶ岳の後体調崩して山に行けませんv-406
回復したら北アルプスにでも行きたいけど。

和子&徹也さん

和子&徹也さん こんにちは。

その後、お体の具合はいかがですか?
さぁ、梅雨が明けましたよ~。
体調、気力とも1日も早く戻ってきますように。(^^)

で、この日は、日帰りだったんです。
ほぼ年中行事になってしまった駒の小屋泊もしたかったんですが、
天気と休日と混み具合が、なかなか合わなくて。(^^;
バス利用だと、○○時までには下りないと。と、ちょっとだけ慌ただしく
なっちゃいますが、車をデポしたおかげで、両方の稜線を
よくばり~に楽しんでしまいました。(^^)

お二人も、この夏は北アルプスを計画されてるんですね。
わたしも、この夏、白馬大池でテント泊して、白馬岳を“見に”(^^;
行きたいなぁ。と思っています。
チングルマの花に包まれて寝たいと思ってたのに、チングルマの果穂に包まれて♪
になっちゃいますね。(^^;
天気が安定しないかな~♪

爽やか稜線

超ご無沙汰しております。

最近すっかりくたびれたオヤジに成り果ててしまってます。

蒼い稜線、華やかな花達に癒やされて、
自分も元気出さなきゃと思いました。

思い起こせば、白やグレー、そして薄暗い山しか知らない自分はこういった場所を歩けば運気が変わるのではとかちょっぴ思いました(爆)

Re: 爽やか稜線

まっちゃん こんばんは。

仕事の山は、土砂崩れに遭うことなく無事超えましたか?

会津駒が岳の稜線って、癒しの空間ですよね~。
登ってしまったら、もぉ、そこに身を置いて何も考えずに
ぼけ~~~っと過ごしたいなぁ。と思う、そんな場所だと思います。
あっ、この日は、駒の小屋から中門岳まで、人が多すぎ。
それとは対照的に、キリンテへ続く稜線はであった人は数えるほど。
のんびり、楽しめますよ~。
最近、登山口までバイクで来る方も見かけます。
まっちゃんも、ツーリングしながらいかがですか?

今朝は、バイクにキャンプ道具一式載せて走ってる人をみかけました。
もぉ、羨ましぃ~♪

No title

chikoやんさん こんばんは!
前回の会津駒は5月だったんですよね?
2カ月ちょっと前は一面雪原だった場所が、そよ風に揺れる緑の草原ですもんねー。
足繁く通いたくなる気持ち、わかるような気がします。
で、サンショウウオ!食べていいんですか??
名前の由来通りサンショの香りしました?

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんばんは。

毎度毎度のネタにお付き合いいただき、ありがとうございます。m(__)m
いやぁ、ホント、この1日。別のお山へ行けば、はじめましての景色に
ワクワクするんだろうなぁ。って思いながら、居心地のいいこちらのお山へ。
やっぱり、中毒患者でしょうかね。(^^;(^^;
きっと、湿原が黄色く変わりつつある頃。そして、ブナが黄色くなる頃と、
あと2回は登っちゃいそうです。(^O^;

で、サンショウウオ。
これ、ハコネサンショウウオって言って、昔から檜枝岐では食べていたものらしいです。
檜枝岐の民宿に泊まると、天ぷらとかから揚げになって出てくるとか。
お味は。。。何しろ、燻製になっていたので、スモーキーな感じで
山椒の香りは、感じませんでした。
ただね、家に帰って、ハコネサンショウウオを検索してみると・・・
チンアナゴに似たかわいらしいお顔。
あぁぁ、食べちゃってごめんなさい!! って、ちょっぴり懺悔モード。(^^;