2016/08/09

憧れの白馬大池テント泊からの白馬岳♪

この日のためにテントを買った! と言っても過言でないほど
楽しみにしていた山行でした。(^^)

栂池パノラマウェイでひゅんと標高1800mの世界へ。
ロープウェイのお姉さん曰く「今日は、今年5本の指に入るくらいの天気と
眺望ですよ~」と。
そういえば、これまで栂池自然園へ来たときは、ガスガスで白馬のお山は
見えなかったんだよね。
こんな素敵だたんだぁ~。と、長~いゴンドラに揺られ、しみじみと。
DSC07065.jpg

下界には、雲海が広がってるしさ。
DSC07067.jpg

今回もでかざっくに大荷物。減量作戦は失敗で、お荷物15キロ。(^^;
7:30 栂池山荘のわきにある登山口から、ゆっくり登っていきます。
途中、銀嶺水っていう水場で一休み。北アルプスの冷た~い雪解け水でした。
同じタイミングで水汲みをしていたおじさん「この水でコーヒー入れるとおいしいよ~」と。
もちろん、帰りにも寄って、お持ち帰りをしました♪

で、歩き始めて約1時間半。
8:50 最初の休憩ポイント、天狗原につきました。
ずっと樹林帯の中、突然現れる開放的な湿原。
ザックを下して、家で漬けてきたきゅうりなんぞをつまみながら、
甘いコーヒーでひとやすみ。
DSC07085.jpg
見上げると、山肌に登山道が一直線。(@_@;)

ここって、至仏山ですかぁ? って聞きたくなっちゃうような
直登の急登です
DSC07096_20160809212532f69.jpg

でも、振り返れば、いい景色♪
さっき休憩した天狗原も、もうあんな下に。
ガスがわいてきちゃったけれど、妙高も火打もばっちり見えて、思わずにっこり。
DSC07097.jpg
「へとへとだぁ」と言いながらも、時々現れるお花畑に足を止め、
大きな岩を渡り歩くように登っていくと、、、

あっ、ライチョウ!!! \(^o^)/
DSC07102.jpg

10:40 このライチョウを見たくて、ちょいと頑張って急いでしまったがために
乗鞍岳山頂の一角に出たところで、足がつって悶絶タイム。(^^;;
DSC07109.jpg
ようやく収まった・・・さて、歩くか。
・・・と、動き出したところで、今年お初のトウヤクリンドウ。
嬉しくて、うっかり花撮りスクワットをしてしまったら、悶絶タイム。再び。(^^;;

11:20 ホントは、乗鞍岳で、早めのランチ予定だったけれど、テン場の混雑が
心配だったので、白馬大池まで行っちゃいましょう。
DSC07111.jpg
白馬乗鞍岳。ハイマツが茂るだだっ広い山頂。
おおらか~な雰囲気がとっても気に入りました。\(^o^)/

山頂を越えて下り始めると、目の前には真っ青な池&赤い山小屋。
憧れていた、、、あの場所が見えてきました。
ようやく着いたよ~。嬉しぃ~。
DSC07113.jpg
やばい、やばい。嬉しさと、ちょっぴり安堵で涙腺崩壊。(^O^;

夢にまで見た白馬大池。
思った通り、清々しくって、雄大で、そこにいるだけで穏やかな気持ちになれる。
そんな場所でした。
DSC07117.jpg

ゴロゴロの岩の上を歩いて、少しずつ、憧れの場所に近づいていきます。
DSC07119.jpg
11:50 白馬大池山荘。到着~。
受付を済ませたら、さっそく、今宵のお宿を建てましょう♪

お花畑側はもう空いていなかったので、小屋側に。
2回目にしては、そこそこ上手に設営できたかな? と、自己満足♪
DSC07121_20160809212722a54.jpg
荷物を片付けて、お昼を食べたら・・・

あらあら、私にしては珍しく、ぐったり。(^^;
マットを膨らませ、ゴロッとお昼寝しちゃいましょう。

1時間くらいゴロゴロしたら、元気復活。
さて、お散歩にでも行きましょう~。

夢にまで見た白馬大池の畔のチングルマは、み~~んな花は終わって
果穂がゆらゆら揺れていました。
DSC07124.jpg
それにしても、びっくりするほどのチングルマ。
ずっと奥の方まで果穂が揺れていました。

午前中、景色を楽しむ余裕がなかったから、池の畔を歩いて、乗鞍岳まで
行ってみましょう。
DSC07133.jpg
15時近くなっても、小屋を目指して歩いてる方がたくさんいます。
この日の白馬大池山荘は大混雑予想。
1枚のお布団を2人で使用の可能性があり。
なんて看板が出ていました。

乗鞍岳山頂付近で人だかり。その視線の先には・・・

岩の上でポーズをとっている雷鳥!!!
かわいい!!  もぅ、みんな、メロメロ。(*^^*)
DSC07158_20160809212727e37.jpg

人を怖がる様子もなく、登山道の方まで歩いてくる雷鳥。
お腹から足にかけては、もう冬毛に変わっていました。
モフモフの足。かわいい~。
DSC07164.jpg

で、登山道の真ん中で砂浴びを始める親子。
もう、手を伸ばせば届くくらいの距離。
雷鳥が立てた砂埃が飛んでくるくらいの距離に人間が取り囲んでるってのに
全然怖がる様子もありません。
DSC07166_20160809212810cba.jpg
やー、嬉しいなぁ。
もぉ、雷鳥ファミリーに、そこにいた人たち。み~んな足止め。(^^;

テン場に戻ったら、晩ご飯。
しょうが焼き定食~♪
セブン調達。(^^;
ホイルを敷いたフライパンでこんがり焼いたら、めちゃめちゃおいしぃ~。
DSC07182.jpg
生野菜もつけて、なかなかリッチ~。(^^)

ご飯の後は、徘徊再び。
日が西に傾き始めると、チングルマの果穂がキラキラに輝き
はじめました。
DSC07185_20160809212813810.jpg

すごい。。。夢の中にいるようです。
DSC07186_201608092128148da.jpg

テン場には、色とりどりのテントが並んでます。
この日は、池の畔にまでテントが並びました。
DSC07197.jpg
そんな中、自分の影で遊んでみたりして。(^O^;

空は焼けなかったけれど、落日ショーを楽しみ・・・
ガスと太陽が、なんか、素敵な景色を作りだしてくれました。
DSC07200.jpg

マジックアワーの、やさしい光の時間。どこからとなく聞こえてきたアルプホルンの音色。
あっ、、、登山道の方で演奏してる人がいたっ!
DSC07207.jpg
一度生で聴いてみたかったのよ。燕山荘に泊まらなきゃダメかな? って
思っていたけれど、外で生演奏が聴けるなんて、嬉しぃぃ!!

で、一通り演奏がすむと、テン場で再び演奏会。
「よかったら、試しに吹いてみませんか?」 と、声をかけていただき
近くにいた人たち、みんな順番にアルプホルン体験。(*^^)v
ちょっと音を出すだけで「ぜーぜー」
「空気薄いですからね」と笑うお兄さん。貴重で、楽しい体験でした。

あたりが暗くなった頃、一面、ガスガス。
星空は残念。。。と、シュラフにくるまり、早寝!!

うとうとし始めた頃、外で「わぁ、きれい!!」と、子供たちのはしゃぐ声。
テントから顔を出して空を見ると、満天の星空。天の川もくっきり。
音もなく、流れ星がひゅんひゅん飛んでいます。
その後も、目が覚めるたびにテントから顔を出し、星空満喫。

明けて翌朝。3時半には目が覚めました。
さて、今日は白馬岳を目指しましょう~。
いちお、8時を目安に。
カップスープとブドウパンで軽めの腹ごしらえ。
4:20にヘッデンをつけて出発~。

4時半には、山際が赤く色づいてきています。
焼山から登る噴煙もくっきり。その右側には、火打山。
さらにその右の妙高山の右側から太陽が登ってきました。
DSC07221.jpg

穏やかな日の出に、やばっ。涙腺崩壊再び。
なんか、最近、山に来て泣いてばっかだな。
でも、感動の瞬間は、何回味わっても大歓迎。
DSC07228.jpg

白馬のお山。その奥の鹿島鎗までピンク色。
DSC07235_201608092129387f3.jpg

太陽の光は、見る見る強くなってきました。
天気が良すぎて雲海が広がってないぢゃん。
そんな贅沢を言えてしまうほどいい天気の朝。
DSC07238.jpg

これから歩く稜線も、ピンク色。
口元緩みっぱなしです。(^^;
DSC07239_20160809212941523.jpg

朝の光を浴びて咲くお花たちもなんか、とっても嬉しそう。
さて、行きましょう~。
DSC07256_20160809212943b0f.jpg

小蓮華山の山頂は、大混雑。
大展望をおかずに朝食タイムの方が多かったようです。
DSC07268.jpg
あっ、、私は白馬岳のてっぺんで朝ごはんだもんね~。
・・・って訳で、水分だけ摂ったら、進みます~。

鹿島槍の奥につんととがった槍ヶ岳みっけ~。
DSC07272_20160809213034d83.jpg

自分の影遊び再び。(^^;
憧れていたあの景色の中に自分がいる。。って、もう、それが嬉しくって
仕方ないのです。(^^;
DSC07276_20160809213035834.jpg

憧れていた北アルプスの稜線を歩いてる。
見える一つ一つの景色に感謝しながら白馬岳まで。
時計を見ると、どうやら、白馬の山頂で朝ごはんを食べる余裕がありそうです。
DSC07279_20160809213037442.jpg

次はこっちの稜線だな。
三国境では、雪倉岳へ続く稜線を見て、広がる妄想族。
ミヤマムラサキパラダイスの雪倉岳。素敵なテン場だって噂の朝日岳。
五輪尾根のワタスゲパラダイス。。。行ってみたいなぁ。歩けるかなぁ。
DSC07285.jpg

見えてるところが山頂と思うな~。(^O^;;
素敵な白い稜線を歩きながら、いよしっ、着いたぞ!! って思ったんだけど
DSC07301.jpg

さらにその先がありました。(^^;
でも、ここも、、、憧れまくっていた、白馬岳へ続く、最後の登り。
口元が緩んじゃって仕方ありません。
DSC07306_201608092131245ae.jpg

7:30 白馬岳山頂~。
360度。大展望です。\(^o^)/
DSC07307_20160809213126813.jpg

記念写真を撮ったら、展望を楽しみましょう~。
正面には、ど~~~~んと立山&剱岳
DSC07310_201608092131272c6.jpg

白馬三山への稜線。その先には、鎗ヶ岳&穂高
DSC07315.jpg
こんな景色をおかずに、甘いコーヒーとパンで朝ごはん。
もぉ、なんて贅沢なんでしょ。

足元を覗き込むと、大雪渓。
次は、ここを登ってきたいなぁ。葱平のお花畑が見てみたいんだよねー。
DSC07318_201608092131319b7.jpg
そして、予定通り8時には名残惜しいけど下山開始。
白馬大池11時までには到着の予定。

展望とお花を楽しみながら歩きます。
DSC07329_20160809213219c33.jpg

同じ道だけど、でも、見える景色ひとつひとつがステキすぎ。
DSC07331.jpg

あとは下るだけだもん。ゆっくり花撮りスクワットを楽しみながら
まずは、白馬大池を目指します。
DSC07334_20160809213222f06.jpg

あぁぁぁ、こっちの稜線を歩いたら、どんな景色が見られるんだろう。
もう、楽しみすぎちゃいます。
DSC07350.jpg

名残惜しくて何度も振り返る。
9時を過ぎると、ずいぶん雲がわいてきました。
DSC07374.jpg

振り返ると、ついつい今まで歩いた稜線を目で追ってしまいます。
もぉ、名残惜しくて仕方ないのです。(^^;(^^;(^^;
DSC07381_201608092133050b5.jpg

小蓮華山で最後の休憩。
ポコポコ沸いている雲が、夏の空です。
DSC07382_20160809213306ca6.jpg

DSC07387.jpg

白馬大池が見えてきました。
あぁ、もう、夢の稜線散歩、終わってしまうんだなぁ。
DSC07389_20160809213309e39.jpg

栂池自然園が見えたっ!
あそこまで下りるのか。萎えるなぁ。
DSC07392.jpg

小蓮華山と船越の頭間の、緑の中に白い登山道。
この景色も憧れていた景色の一つです。
DSC07395.jpg
夢のような時間だったなぁ。と、もう、しみじみ。

白馬大池があんなに大きくなってきました。
そう言えば、私の別荘は、、、ちゃんと待っててくれたかな?
DSC07398.jpg

10:50 ほぼ予定通り白馬大池まで戻ってきました。
風が強くて、テントが煽られる中、必死に撤収。
飛ばされちゃったら、笑い話にもならないものね。(^^;
DSC07414.jpg
大池の畔でお昼ご飯を食べたら、名残惜しいけれど下山の時間です。

12:00 栂池自然園へ向けて下山開始~。
さようなら。またいつか。
DSC07417.jpg

黙々と下って14:30に無事下山。
DSC07431.jpg
お疲れ様のサルナシソフトをいただいたら、ロープウェイで駐車場へ戻ります。
栂の湯で2日間の汗を流して、途中渋滞にはまりながら帰宅。

ドキドキだったソロテント泊。
思っていた以上に楽しくて、もう、どっぷりはまってしまいそうな予感。
さて、次は、蝶ヶ岳かな~?
それとも????    体の疲れが取れてくると、また、行きたいところがむくむくと
湧いてくるのが、なんともおかしかったりします~。

写真を撮る余裕なんてなかったな。なんて思いながら帰ってきた割には、
膨大な写真データにびっくり。
でも、重たい荷物を背負ってるときの花撮りスクワットは、要注意ね。(^^;
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

稜線、堪りませんねえ

ああ、小蓮華の稜線
ああ、白馬岳への稜線
堪らんです
花はちょっぴり残念だったけど
これだけの展望なら大成功のソロテント拍でしょ
次はどこ?・・・楽しみでしょ。

予想的中!

chikoやんさん!
正真正銘のソロテント泊デビューおめでとうございます。
8/6~7で白馬に絶対行きそうだなぁ・・と思っていたら見事的中しました!!
それにしても2日間とも見事な天気でよかったですね~。
憧れだったテント泊と稜線漫歩がみんな叶ってホントに良かったです。
ウキウキ、ワクワク感が否応なく伝わってきましたよ(^^)
僕は、chikoやんさんの邪魔をしちゃ悪いなと思って8/8~10で同じようなところを彷徨ってきました。
思いっきり雨に降られましたけどね(^^;)
あ、因みに2泊3日でザックの重さは水2ℓも含めて11Kgでした(^^)

No title

憧れの白馬大池でのテント泊、この上ない晴天に恵まれ素敵な2日間となりましたね。
それにしても15キロものお荷物を担いで歩くパワーは大したものです。
私は10年前に白馬大池~三国境~雪倉岳~朝日岳を歩いていますが、懐かしい風景の数々に当時を思い出しています。
テントは無理でもまた白馬大池山荘泊で行きたいな~。

No title

うぐぐ、、、本屋で立ち読みする
山雑誌に出てくる光景が
これでもか!ってほど、、、
すごい
ちこさまの写真もセンス満点だけど
お天気も味方しましたよね~~~

写真家亀さぶ的には
チングルマの果穂
逆光気味の雰囲気の写真が
印象に残りましたです^^v

嗚呼、垂涎の稜線

15キロ担いでテン泊。
絶景と好天に恵まれて‥‥
うう、羨ましいですぅ。
一日でいいから自由に使える休日が
欲しい自分にとって、大いなる目の保養に
なりました。

Re: 稜線、堪りませんねえ

kazuさん こんばんは。

もぉ、ヘトヘトになりながら撤収中、白馬大池2泊でのんびり白馬岳♪
だった去年のkazuさん家が羨ましいったらありゃしない!!
でしたよ。(^^;
仕事バックレて、2泊しちゃったら、捜索願出されちゃうかな?って、
真剣に考えちゃってた程。(^O^;

池の畔のチングルマは終わっちゃってたけど、小蓮華から先の稜線上は
まだまだ元気なお花たち。
もぉ、その写真まで取り混ぜちゃったら収拾がつかなくなりそうだったので
ぜ~~んぶ割愛しちゃいました。(^^;
備忘録として、お花シリーズだけアップしようと思ってるので、お付き合いくださいね~。

Re: 予想的中!

中ノ俣さん こんばんは。

行ってきましたよー。
数日前まで連日長野地方にでていた雷雨予報にビビって、日帰り
東北。。。と思っていたんだけど、前日に、まぁ、ピーカン予報。
出かける直前に準備をして。。。の、ドタバタソロテン泊デビューでした。
ホント、行ってよかったですー。
もっと心細いかな? って思ったけど、天気に恵まれた!の一言に尽きると思います。

で、あれれ、数日違いで同じエリアだったんですね。
どうせなら、見学に来ればよかったのに―。
「何してっかなぁ」って、違う意味で楽しめたかもしれませんよ~。

それにしても2泊で11キロって。どうしたらそんなにコンパクトになるんでしょ。
でも、今回は、テルモスを持っていく余裕ができました。
山頂コーヒータイムに大活躍。\(^o^)/

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

もぉ、いろんな方の白馬レポの度に「朝日・雪倉を思い出します」なんて
コメントしてないで、リンゴさんも、もう1回行ってきなされ~~~~!!!
って言いたくなる程、やっぱり白馬の稜線は、美しかったです。
お花畑と山々の景色のマッチ具合も、ホントに素晴らしかったです。
今回は、行って帰ってくるだけで精一杯で、いろんなものを楽しむ余裕は
なかったけれど、次回は、もっといろんな山の景色、花咲く稜線の景色を
楽しみたいな~。と思っています。

亀三郎さん

亀三郎さん こんばんは

いや~、私も立ち読みした山雑誌の中ノ1ページに
夕方、西日を受けてキラキラ輝くチングルマの写真を見て
めちゃめちゃきれい~。と思って、そのタイミングをすごく
楽しみにしていました。
カメラマジックを使って写された写真なんだろな。と思っていたら
そんなことありませんでした。
夢の世界の様でしたよ~。

Re: 嗚呼、垂涎の稜線

まっちゃん こんばんは。

相変わらずお忙しそうですね。
まっちゃんくらい健脚な方だったら、栂池から登って白馬岳ピストン
も、笑顔でできちゃいそうですね。(^^)
小蓮華から白馬岳までの稜線は、ホントに素晴らしかったです。
花の時期。紅葉の時期。季節を変えて、何度でも行ってみたいなぁ。と
思ってしまいました。

No title

chikoやん、こんばんは。
お久しぶりです。
素敵な山行でしたね。私にはテントは
無理なので楽しく読ませていただきました。
それにしても素敵なところですね。
今年のお泊り山行のプランに挙げていたの
ですが違うところに行ってしまいました。
来年は白馬にしようかな。
チングルマの果穂、萌えますね♪

素晴らしき山行 テント泊になりましたね

おはようございます。
2度3度、読み直しちゃいました? 写真を堪能させて頂きました。
素晴らしい景色も重たい荷物を担いで苦労して歩いた人だけのもの?
写真の一枚一枚にchikoやんの想いが詰まっているんでしょうね...
テン泊してまで行きたかったという単独での白馬大池テント泊 拍手です
おめでとうございます もう一度最初から写真を眺めさせてください!

ブルさん

ブルさん こんばんは。

ブルさんも、また、お山へ行く時間が取れるようになってきた
みたいでホントによかったです。(^^)

やー、テントを買うまでに散々迷って、重い荷物を背負って
山を登ることにすごく不安はあったけど、でも、行ってよかった
白馬岳♪でした。(^^)
船越の頭から小蓮華山へ続く、ハイマツ帯に白い登山道が延々。
小蓮華山から白馬岳へ続く、真っ白い稜線が延々。
ここを歩く爽快感は、たまりませんでした。

夕日に照らされたチングルマの果穂は、ホント、キラッキラでしたよ~。
でも、次回は、白い花がかわいく咲く頃。。。
きっと再訪しちゃうと思います。(^^)

Re: 素晴らしき山行 テント泊になりましたね

ケン坊さん こんばんは。

きっと、何年かたったときでも「あの時の白馬岳は・・・」って
思い出されるような2日間でした。
2日目は、山頂を踏んで戻って、撤収して更に下山して、運転して
家に帰って翌日は仕事に行かなきゃって、気持ちに余裕がない状態
だったのがすごく心残り。
目の前に広がっていた景色は、写真では撮りきれないほど、雄大で
美しいものでしたよ~。
実は、、、お花の写真もたくさん撮ってきたので、もう1回お付き合いくださいね。(^^;

もう!こちらまでもらい泣きしそうな山旅レポでした~
やっぱりテント装備を手に入れたら白馬大池に行かなくちゃ!よね
(*^ー^)ノ♪
申し分ないお天気に恵まれて眺望、お花、星空etcすべてGetしちゃった感じですね!
次はどちらのテント場を狙うのかな~
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

mikkoさん

mikkoさん こんばんは。

もぉ、最高に楽しい2日間でした!!
あれこれ思い悩まずに、もっと早くテントを買っておけばよかった。って
思っちゃいましたよ~。
2日目の行動は、mikkoさんたちの過去レポを参考にさせていただきました。
実は、セブンのしょうが焼きも、mikkoさんの過去レポ参照で。(笑)
次は、蝶ヶ岳で、シルエット大キレットと、ピンクに染まる槍ヶ岳が見たいなぁ。
で、ちょいと経験値を上げて双六小屋にテント張って、鷲羽岳♪
と、憧れの雪倉・朝日♪   もぉ、止まらない妄想族。(笑)

テン泊

お久しぶりです。って、なんかすごいことになってるじゃないですか。白馬大池テン泊、初で、ソロでって。

とうとうやっちゃいましたね。そのうちこうなると、なんか予感が(笑

良い天候とすてきな花たちと。白馬、いいですね!


Re: テン泊

yosiさん こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰しております。いつも、読み逃げですみません。(^^;(^^;

でっ!!!
ついに、、、行っちゃいました。(*^^*)

オートキャンプとは違う、自分で背負って行った荷物で、山行のすべてが
完結するって言う充実感~。
荷物の重さや、準備や片付けの面倒くささも許す!! って思っちゃいました。
テントのファスナーを開けて、靴を枕に星空を眺めた時、幸せだなぁ。って
思っちゃいました。

もぉ、今までだったら頑張って日帰りしてた所。無駄に泊りで行きたくって
仕方ないです。(^^;(^^;