2016/11/03

里山ほんのり

夕方予定があったので、少しだけ山遊び。
ここにきて、冷え込む日も多くなってきたから、里山の紅葉はどうかな? と。
DSC08387_201611031958313c5.jpg
車から降りたときは、空気がひんやりで、上着を羽織っていたけれど、
歩き出すと、すぐに暑くなって、上着を脱ぐ。
沢沿いは、まだまだ緑。

春先は「いやぁ、急で嫌になっちゃうねぇ」なんて言いながら登る
登山道も、夏場、しっかり遊びこめば、楽々登れるね。。と、
出だし30分くらいは、余裕をかましてるんだけど、それがだんだん

「ふぅ、やっぱり疲れたな」と、心の声がつぶやき始めた頃
見上げれば、やさしい色づき~。\(^o^)/
DSC08392.jpg

風の通り道になっているところでは、鮮やか~♪
DSC08393.jpg

見上げると、モミジは真っ赤。
DSC08396_20161103195836d14.jpg

森の一部を切り取ると、秋色に染まった日本庭園のようです。
DSC08400.jpg

肩の広場では、登山道の整備をしたり、カッコソウの保護をしたりしてる方たちが
作業を終えて、解散、各々下山されるところでした。
いつもきれいに整備されてる登山道。ありがたいことです。m(__)m
DSC08401_2016110319592865a.jpg
狛狼ちゃんたちがマフラーをしてもらえるのも、もうすぐかな?

半年ぶりの山頂。
なんと、真っ赤な鳥居が立ってました!!!
DSC08402_20161103195929e8e.jpg

相変わらず、連なる山々が素敵な足利方面。
DSC08403_2016110319593010b.jpg

色づくアカヤシオの向こうには、男体山&太郎山。
奥白根は雪雲の中。
冬型が緩んだら、真っ白な白根山を見られるね。
DSC08404.jpg

東京方面には雲が広がり、スカイツリーも、富士山も見えませんでした。
DSC08406.jpg

春、アカヤシオが咲きまくっていた仁田山岳の山肌は、とってもカラフルです。
DSC08409.jpg
桐生岳の山頂は、風が冷たいし、にぎやかだから、あっちでお昼にしましょうかね。

つつじの木に囲まれた仁田山岳は、風当たりも弱く、静かなので、最近
ランチは、こちら側で、こんな景色を眺めながら。
DSC08412.jpg

見上げると、小楢の葉っぱの黄色がとっても明るい。
DSC08417.jpg

第一展望台からは、赤城山がくっきり。
谷川や武尊は雲の中。こちらも、冬型が緩んだら、真っ白な姿が見られそうね。
DSC08422_20161103200027489.jpg
これからは、雪をかぶったお山を見ながらの通勤だな。
あぁ、目に毒だなぁ。

赤柴へ下山。
まだまだ葉っぱは緑色。
DSC08426.jpg

黄色い花を見ると、元気が出るね。
DSC08430_20161103200129404.jpg

赤柴登山口へ下山すると、林道歩きが待ってるんだけど・・・
あれあれ、こんなに林道、荒れてたっけ? って思うほど、石がゴロゴロ。
DSC08431.jpg
ん、この秋、毎週台風が来てた時、桐生って連日大雨警戒情報が
出てたけど、その影響???

ん、、沢沿いのかわいいあの子は大丈夫?

あっ、いつものところに、いつものようにもっさりと張り付いてました。
DSC08436.jpg
3月になったら、また、かわいいお花を咲かせてね。
そういや、花が咲いてないハナネコちゃんをまじまじと見たのは、初めてだよ。(笑)

登山口付近では、まだまだ頑張って花を咲かせているかわいい子を見てニッコリ。
DSC08384.jpg

ゲンノショウコって、特別な場所で一生懸命探さないとみられない花なのかな?
って、ずっと思ってたけど、普通に里山で咲いてるんだね。
かわいいから結構好きなのよね~♪
DSC08382.jpg
さ、次にここに来るのは、シモバシラに氷の花が咲いたころ?

スポンサーサイト