2016/11/07

日本一を見に行く  甲武信ヶ岳

「上越国境」という音の響きと同じくらい好きなのが「ちくまがわ」という響き。

で、「甲武信岳」っていう、文字列も妙にかっこいい。。。と思っていました。
(がっ、「こぶしがたけ」と読むと知ったのは、まだ数年前。。(笑))

「毛木平から行く甲武信はchikoさん好みよ~」と、お勧めもいただき
千曲川の源流を見に行ってみましょう~。

紅葉キャンプに備えて仕入れたあったかシュラフをもって、浅科の道の駅で車中泊。
はじめ包まったときは「暖かい~」って思ったけれど、明け方寒くて目が覚める。
カタログには「2000メートル級の冬山に・・・」って書いてあったけど
嘘だぁぁ。と思いながら、登山口がある川上村に移動。

ルームミラーに映った八ヶ岳が赤く染まりだしたので、思わず車を停める。
DSC08438.jpg

レタスの生産日本一という川上村。
収穫後の畑には、霜が降りて、一面真っ白になっていました。
DSC08439_2016110720430635c.jpg
夏、ここを訪れたら、これでもかってレタスが植えてあるんだろうなぁ。(#^^#)

6時半に駐車場に着いたら、ラインが引いてある駐車スペースは
9割がた埋まっていました。(帰りには路駐の列も)
準備を整えたら、千曲川の源流を目指して、いざっ。

モフモフ~。と、出発早々足を止める。(^^;
DSC08444.jpg

今日は、1日、千曲川と一緒です。
DSC08452_2016110720431055d.jpg

カラマツも、半分以上葉を落とし・・・
でも、カラマツの葉っぱが落ちた登山道に日が当たると、
金色のトレイルとなっていました。
DSC08460.jpg

快晴の空にカラマツ。。。
もぉ、こりゃ、最強だな。と、いつものように見上げてしまう。
で、カラマツの香りってすごく好き~♪ と、落ちてるはっぱを拾って
くちゃくちゃっと揉んで、クンクン。(^^♪
DSC08464.jpg

カラマツ林の足元は、もふもふちゃんがいっぱい。
DSC08465_20161107204351170.jpg

聞こえてくるのは、沢音と小鳥のさえずりだけ。
とっても静かです。
DSC08485.jpg

途中、小さな流れを何度かわたり(跨ぎ)ます。
普段、あまりしない経験なので、ちょっとドキドキ。ちょっとわくわく。
DSC08490.jpg

モフモフちゃんがたくさんの癒しのトレイル。
いつも以上にゆっくりと時間が流れていくようです。
DSC08492.jpg

最初の休憩ポイント、ナメ滝まで来ました。
天然スライダーのようです。
DSC08498_20161107204437dc2.jpg

登山口から、ずっとずっとだらだら登りで、そんなに標高を
あげた感じはしないんだけど、それでも、足元のシモバシラが
立派になってきたり、もふもふちゃんを触ると、コケが凍ってたりしてました。
DSC08504_2016110720443826a.jpg

しぶきがかかる倒木には、立派なつららもぶら下がってました。
DSC08511_201611072044414cf.jpg

快晴の空に繊細な枝を伸ばすダケカンバ。
これも、冬のお楽しみだな~。
DSC08517.jpg

ずっとずっと千曲川と一緒。
川幅は、ずいぶん細くなってきました。
DSC08522_201611072045249b2.jpg
苔と水の流れる景色。
ホントに、大好物のルートでした。(#^^#)

足元には氷! ガラス細工のようです。
自然が作り出すものって、、、ホントにきれいだなぁ。
DSC08526.jpg

それまで聞こえていた沢の流れる音が小さくなって、その音が消えると
千曲川源流。
DSC08531.jpg

ここから湧き出た水が、日本一長い川のスタートとなります。
コップでそろ~~~っとすくって、日本一の流れの最初を少し
分けていただきました。
DSC08533.jpg
大好きな千曲川の水。
冷たくって、無味、無臭。。。とってもおいしい水でした。(#^^#)

ここまでは、ずっと一緒だった千曲川。この先には水はありません。
DSC08536_20161107204605846.jpg

で、源流の標からは、しばしの急登が待っています。

奥秩父の縦走路まで登ってしまえば、山頂まではもうちょっと。
気持ちのいい稜線の散歩道です。
DSC08540.jpg

で、ぽつぽつと生えているシャクナゲは、厳しい寒さに耐えられるように
葉っぱを丸めて、冬が来る準備を整えていました。
DSC08541.jpg

あっ、富士山!!
普段、頑張って見つけて「あった~」って感じの小さな富士山ばかりだけど
大きな富士山に感動。
DSC08546_20161107204609cbf.jpg
で、連なる山々がとっても素敵です。

で、山頂は、大賑わい。。のようです。
DSC08547.jpg

山頂直下の、石がゴロゴロしているところを登り切れば、甲武信ヶ岳の山頂~。
山頂の標の横に立ってとった記念写真を見ることがあるたびに、みんな、石積みを
よじ登って写真を撮ってるのね~。って思ってたんだけど、なんと、登れるように
階段がくっついてました。
DSC08558_201611072143470c6.jpg

山頂からは、、、やっぱり富士山。
DSC08564_20161107214348494.jpg

山頂からの眺望を楽しんだら、反対側へチョイと下って、甲武信小屋まで行ってみましょう。
The 山小屋!! って雰囲気の甲武信小屋。
ここで、とってもきれいなお手洗いを借りました。@100円
DSC08572.jpg
で、甲武信小屋の横には、荒川水源の碑もたっていました。

テン場も偵察。
森に囲まれて、風の心配の少ないという甲武信小屋のテン場。
トイレはきれいだし、水は1リットル50円で購入できるし、10分も登れば
富士山は見られるし・・・
DSC08573.jpg
うっしっし♪

登り返して、富士山がよ~~く見える場所でランチにしました。
せっかくふかひれのカップラーメン仕入れてきたけれど、風が強かったので
おやつ用に持ってきたパンを食べて、お菓子を食べて、お茶飲んで・・・
結局、お湯沸かしてカップラーメン食べられたんぢゃね? ってくらいの時間、
まったり過ごしたら・・・
DSC08575_201611072047366f0.jpg

気持ちのいい稜線を歩いて、山頂に戻ります。
DSC08578.jpg

午後になっても、大展望は変わらず。
北アルプス、オールスターズ。特に、鹿島槍は、ド~ンと存在感十分。
DSC08580_2016110720473962d.jpg

槍ヶ岳。見~つけた♪
DSC08582_2016110720474027e.jpg

金峰山・瑞牆山の向こうには、南アルプスオールスターズも。
DSC08583.jpg
浅間の向こうには、妙高・火打も。
大満足の展望でした。

でも、やっぱり今日は富士山。
DSC08588.jpg
&連なる山々。
富士山って、高さだけでなく、姿もやっぱり日本一だな。

美しい富士山の姿を目に焼き付けたら、後ろ髪ひかれながら下山です。

明るいモフモフの稜線を歩いて、激下りを経て、水源の標まで来たら・・・
DSC08592.jpg

帰りも、また、千曲川と一緒です。
367㎞の、日本一なが~~い川の、ほんの4キロだけ、、一緒に歩かせてもらいます。
DSC08597.jpg
帰りも、またお水を一杯飲んできたんだけど、その時湧き出た水って、今頃
どこを流れてるのかな? そんなことを考えながら、元気に下山。

ナメ滝で最後の休憩をしたら、あとは、一気に駐車場まで。
DSC08603.jpg

とはいっても、反対側の山の斜面では、カラマツがきらっきらに輝いていたら
やっぱり足を止めてしまいます。それも、何回も。(^^;(^^;
DSC08609.jpg

帰り道、川上村はカラマツに彩られた山に囲まれていました。
モフモフの毛木平からの甲武信ヶ岳。大好きなものがたくさん詰まったルートでした。
そして、のどかな雰囲気の川上村のことも大好きになってしまいました。
DSC08618_2016110720490511d.jpg

帰り道、佐久平PAからは、シルエットの槍様。
DSC08619.jpg
日本一の富士山と、日本一長い川の最初の1滴に出会う山旅でしたとさ♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご無沙汰してます。

今回の記事。
あーー、良いなぁ。
こんな山歩き自分もしてみたいなぁ。
と、しみじみおもいました。
早朝の景色から夕暮れまで、
どっぷり一日山遊びに憧れます。
でも帰りの運転がヘビーそうですね。
お疲れ様でした。

No title

そぅそぅ、周辺はカラマツ林がたくさんありますよね~(^^)
川上大橋のキャベツのオブジェは見なかったですか?
そっか、毛木平ですもんね。
甲武信ヶ岳から見る富士山方面の山並みが好きなんです。
もしこっちへ行ってたならバッタリがあったのかな?
文中に風が強いとあるので日にちが違っていたのかも。

素晴らしき山行

おはようございます。
素晴らしいコースですね~ しかも富士山の姿もバッチリ
行かずともchikoやんの写真に満足満足の連続で行った気分!
最後のシルエットの槍様も何とも言えないお姿です 拍手!!!

No title

晩秋の車中泊はあったかシュラフに包まっても流石に寒かったでしょう。
甲武信ヶ岳という響きから、もっといかついイメージを持っていましたが、千曲川の源流を目指しながら苔モフモフの素敵なトレイルが続くのですね。
そして山頂からのでっかい富士山と連なる山並みの眺望。憧れます。
色とりどりの広葉樹の紅葉も良いけど、金色一色のカラマツの黄葉も好きだったりします。

まっちゃん

まっちゃん こんにちは。お久しぶりです♪

朝から晩まで山遊び。。。今シーズン、最後かもと思って、
張り切って出かけてきました。
太陽がオレンジ色に光る時間は、やっぱりきれいだな~。と
思います。

帰りの運転は、、、
同乗者がいると、早い時間に送り届けなければ。。。と、
ちょいと眠くても無理しちゃいますが、一人なら、眠くなったら
寝りゃいいや。って感じなので、気持ち的にも楽ですよ~。
充実の山行の後は、ナチュラルハイなので、割と眠くならずに
帰れちゃうものです。

でんさん

でんさん こんにちは。

いやぁ、西沢渓谷の方から登ってらっしゃるんじゃないかと
思ってたんですよー。
土曜日ですよね?
白毛門の小春日和レポに「マジですか?」って驚いたほど
山頂は、冷たい風でした。

もちろん、富士山も美しかったけど、ホントに連なる山が
素敵だな~。と思った、山頂からの眺望でした。
鳴神山から足利方面を見るようだな。。って思いながら見てたけど
今度は、鳴神山からは、甲武信ヶ岳から見るような山並みだな。って
思うことにしたいと思います。

で、、、
キャベツのオブジェ。なにそれ。。見てみたいです!!
思わずググり・・・
また、川上村を訪れる楽しみができてしまいました。\(^o^)/

Re: 素晴らしき山行

ケン坊さん こんにちは。

絶好の、カラマツ金色ロード日和の後は
絶好の眺望日和♪ でした。
山頂から見える富士山、雲の様子とか、影の具合とか、ちょっとずつ
その雰囲気が変わって、いつまでも楽しめました。

シルエット槍さま。
渋滞してなければ、もうちょっと明るい時間に車を停めたかったんだけど
ぎりぎりPAで間に合いました。

リンゴさん

リンゴさん こんにちは。

まさかのおニューのシュラフの使い初めが、ホテル青い車で
・・・と、なってしまいました。(^^;
春になったらぜひテントの中で使わねば!

私は、なんか、甲武信ヶ岳ってずっと「地味な山」ってイメージでした。
実際歩いたら、その、地味! と思っていた部分に、大好物な景色が凝縮! 
で、最後には、大展望! と、一気に再訪したいお山になりました。
川上村のキャベツのオブジェも気になるし。(笑)

次回は、お泊りでピンク富士山も見たいし、今度は、周回コースを歩きたいし。
ホント、行きたいところが増えてばかりで、困っちゃう。

日本一を二つも~

chikoやんさん、こんにちわ!
秋深い甲武信ヶ岳を歩かれ、日本一を二つも楽しまれた
なんて、何とも贅沢な山歩きでしたね。
天気の良いなか、落葉松の黄葉、苔むす沢、滝、そして
千曲川源流水、はたまた秀麗富士や南アルプスなどの
眺望をと最高でしたね。
来初夏にでも歩こうと思っている甲武信ヶ岳、レポを
楽しませていただきました。

No title

絶景、絶景・・良い天気のもと最高ですね。
最近の山行、良い天気を掴んでますね。
羨ましい限りです。
なにかひけつでもあれば教えて下さい。

No title

chikoやんさん、こんばんは!
秩父らへんをウロウロって、奥秩父の甲武信ヶ岳だったんですね!
冒頭、「あったかシュラフをもって」って書かれてあったのでテン泊?と思いましたが、車中泊だったのね(^^)
雲一つない青空に冠雪した富士山!やっぱサイコー!
chikoやんさんは、やはり「甲武信」の「信」の方から入山した方がアクセスは良いんでしょうね。
川上村が好きになったんなら、今度はぜひ金峰山も川上村の廻り目平からなんてどうでしょ?
廻り目平のキャンプ場は直火で焚火もOKなので前泊も楽しめますよ~

No title

瑞牆山の記事なんですけど、キャベツの画像がありました(^^)
背景が瑞牆山です。

”t”を付けてttp://blogs.yahoo.co.jp/denki0310/6900038.html

瑞牆山もいい山ですよ~
既に歩いているかな。

Re: 日本一を二つも~

のんびり夫婦の山遊びさん こんにちは。

今まで、行ってみたいけれど、妙に遠いイメージがあった奥秩父方面、
おっきな富士山と、千曲川の源流を楽しみに重い腰を上げて出かけてみたら・・・
癒しの森と大展望。魅力凝縮の山歩きが楽しめました。(^^)
南アルプスの山って、ホントになじみがなくて、かっこよく並んでいても
どれがどれだかさっぱり??? だけど、連なる山々はホントに
美しいなぁ。と思ってしまいました。

お二人は、シャクナゲの時期を狙っていらっしゃるんですか?
今回、時間切れで周回できなかったので、シャクナゲ咲く、展望トレイルからの景色。
楽しみにしてますね。(^^)

yamasanpoさん

yamasanpoさん こんにちは。

お天気は、、、ようやく、毎週土曜日が晴れのサークルにはまったな!
って感じです。このまま続いてほしいな~♪

で、今回、ここを訪れるのに、yamasanpoさんの過去レポ。参考に
させていただきました。
もちろん、時間は、、、お二人が歩かれたペースのプラス2時間くらいで(^^;
どこに行けばどんな景色が見られるのかな~。と。
yamasanpoさんのブログにあったのと同じ景色が出てきたときは「をぉぉ!!!」でした♪

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんにちは

ホントはね~、10月の初めごろ、平標山の家でテントはって
仙ノ倉山までの稜線散歩と大源太山の紅葉なんてのを狙って
シュラフ仕入れたんですが、結局行けませんでした~。(T_T)
始め、甲武信ヶ岳へ行くときは西沢渓谷から! って思ってたんですが
その後、千曲川源流が見られるとか、モフモフの森らしいとか、いろいろ
聞いているうちに、武→信に変更になってしまいました。(^^;
もぉ、ホントにドストライク。森も眺望もサイコ~。でした。(*^^*)

廻り目平のキャンプ場。。。
とっても気になっていました。
今まであまり出没しなかったエリアだったけど、楽しみ、どんどん広がり中です~♪

でんさん

でんさん こんにちは。

をぉぉ、ありがとうございます!!!
ホント、クォリティー高すぎな、野菜のオブジェたちです。
ぜひ見たかったな~。いやいや、次は、絶対、見に行っちゃいます!!!

瑞牆山。
家にある、日帰りハイキングの本に「ちょっと頑張る展望の山」として
紹介されていて、ずっと気になっていました。
それまで「遠いなぁ」と思っていたけれど、一気に近づきました~。
・・・とはいっても、中央道周りの方が便利なのね。(^^;
あっ、朝は時間を買って、帰りはキャベツのオブジェか。。。
決定しました~。(^O^)

No title

ずっと気になっている山なんですけど。。。
私の体力では日帰りは無理かな~と躊躇している山なんです。
唐松の黄葉やモフモフの登山道
(初夏?には石楠花)
そして何と言っても富士山と連なる山々の美しい眺望!
レポを拝見して憧れ度が増すばかり。。。
chikoやんさんのレポがまた素敵なんだもん!

甲武信岳の詩

からまつの 
きらめき みあげ
しもばしら
おちばのかおりに
こころみたされ

カラマツの 煌めき見上げ 霜柱
落ち葉の香りに 心満たされ

BY 亀さぶ

ん~~~わたしも 手もみ落ち葉で
香りを楽しみたい!!
千曲川源流の水も 飲んでみたい!!

しかたがないので
今日は バスクリンの
「ひのきの香り」で我慢しよう
って、、、
カラマツとヒノキだと
香りは だいぶ違うでしょうか??

mikkoさん

mikkoさん こんにちは。

で、わ~い。mikkoさんに褒められちゃった~。\(^o^)/

実は、私も、ちょっとロング目なコースに、躊躇してました。
ずっと、樹林帯の中だって言うし。
がっ!!!
その樹林帯の中に、魅力がたっぷり。
モフモフの森とマイナスイオン。思い切り癒されてきました~。
山頂からの富士山は、連なる山々の向こう側。
もぉ、その景色は、たまらなく美しかったですよ。
その右を見れば、南アルプスに八ヶ岳に北アルプスがずらっと。
ちなみに、のんびり歩いて、登り4時間、下り3時間でした。
大変なのは、水源地から、稜線までの40分くらい。
でも、急登っぷりは、北八ッくらいですよ。
ピストンなら、日帰りでも十分ゆっくりできるな。。
でも、シャクナゲの時期は、十文字小屋方面、、、まわりたいですよね~。(^^;

Re: 甲武信岳の詩

歌人 亀三郎さん。いつもありがとうございます。<(_ _)>

言葉遊びは大好きなくせに、なかなかぴったり合う言葉が
見つからないでいる私なので、亀三郎さんのそのセンスはぜひ
見習いたいです!!

で~!!
針葉樹って、その木ごとに結構香りが違うので、かぎ分けるのも
楽しいですよ~。
コメツガなんて、ぷちっと採って手でもむと、グレープフルーツの香りが♪
針葉樹だけでなく、この日も、カツラの落ち葉の甘い香りと、カエデの
メープルシロップの香りが楽しめました。

そだ。。亀三郎さんは、OBで、雑木林の方にボールが飛んで行った時
ぜひ、葉っぱの香り。。楽しんでみてくださいませ~。
・・・って、OBじゃ、嫌ですよね。(^^;
池ポチャよりいい?? (笑)