2016/11/25

晩秋の奥日光徘徊

季節外れの大雪が降った翌朝、北の窓から。
DSC08847.jpg
わぁ、11月の景色じゃないみたいだね。

そして・・・
DSC08848.jpg
車の屋根に毛が生えたっ。(@_@)



そんな冬の使者がやってくる前日、すごく久しぶりに奥日光。
いや~、赤沼自然情報センターのトイレが洋式になっていた。。。
ってのに驚いた。(^O^;

ちょっとずるして、小田代ヶ原までバスで行こうと思っていたんだけど
前のバスが出た直後。

さて、歩いて行くか。。。

国道は、歩道と車道を分ける鎖が取り外され、、もう、すっかり冬支度。
DSC08742.jpg

ふと振り返ると、森の向こうに太郎山。
結局今年は行けなかったな。また来年ね。
DSC08745.jpg

湖上山の山頂付近には、霧氷。
あぁぁ、ちょっとだけ頑張って、標高の高いところを目指せばよかったかな?
な~んて思ったけれど、「今日は、あなたには無理よっ」って言わんばかりに
冷たい風が強く吹いています。
DSC08746.jpg

小田代ヶ原の展望台から。。。
太郎山&貴婦人。
1か月くらい前なら、金屏風の前に立つ貴婦人に会えたんだよね。
DSC08750.jpg
あっ、その姿は、心の目でちゃ~~~んと見えるから大丈夫♪

こちら側は、すっかり小麦色になった草原のパッチワーク。
DSC08749.jpg
そんなのを眺めながら木道を歩き、

葉っぱを落としてすっかり明るくなったミズナラの森を抜け
DSC08753.jpg

いつものヘアピンカーブのところから、カラマツの小道を進みます。

・・・って、ここも、スズランテープ巻き巻きぢゃん!!!(@_@)
DSC08755.jpg
やっぱり、シカの食害を防ぐための対策。。。でしょうかね。

この辺りでは、初夏はシロバナヘビイチゴが咲いてたっけな。
で、盛夏の頃はキオン。秋にはシロヨメナが咲く広場は、もう、
それぞぞれのモフモフの種も飛ばし終え、すっかり寂しくなっていました。
DSC08760.jpg

でも、そのおかげで、にぎやかな季節だったら気づかないような子が、
呼び止めてくれました。

う~ん、あなたは、誰???
DSC08759.jpg
見回すと、地面に張り付くように、あちこちに。
この状態で、冬を越すのよね。
約4か月くらい、雪の下で過ごすんだよね。

暖かくなったら、どんな姿になるのか、春になったら、ちょっと会ってみたいな。
そんな気がしました。

山ぶどうブランコ~。
雪がないと、私には乗れません。(^^;(^^;
DSC08763_201611242022535f5.jpg
でも、ぶら下がってみたり、引っ張ってみたり、ひと遊び。(^^)

そして、大きく枝を広げる、大好きなダケカンバの木。
立ち姿といい、大きさといい、、、ここを訪れるたびに会いたい
お気に入りの1本♪
DSC08767.jpg

あっ、シカの落とし物!
DSC08769.jpg

今日は、外山沢と一緒です。
でも、つかず、離れず、程々にね。
DSC08771.jpg

ランドマークの、こんもりとした2つの山も随分近づいてきました。
がっ!!!
なぜか、私はここでいつも悩みます。(^^;
DSC08772.jpg
ココはどこ?
私は誰?(^^;(^^;

で、無事、庵滝~♪
DSC08774.jpg
滝を眺めながら、しばし休憩。
雪の季節は賑やかだけど、この季節はとっても静かです。

滝の裏側に回ってみようかな?
でも、なんか、どこを渡っても滑りそう。
実は、過去に2回、ここでドボンしてるので、今日はやめておきましょう。(^^;

こちら側は、染み出てきた石清水で、繊細なツララができるところ。
今年は、どんな氷瀑の姿を見せてくれるのかな?
DSC08777_20161124202417d6e.jpg
また、その頃、会いに来ようっと♪

この沢に転がる石たちに雪が積もると、石たちが綿帽子を
かぶったように見えます。
DSC08776_201611242024163fa.jpg
新緑の頃は、とってもすがすがしい景色になってるし、
真夏の頃は、沢音がとっても心地いいし、今は、ちょっぴり物寂しい
中で、普段ならあまり目につかない物たちが、しっかり自己主張してるし。
同じ場所でも、季節季節で違った表情を見せてくれます。(^^)

をぉ、苔のモフモフちゃん、展示会だ♪ヽ(^o^)丿

モフモフしてたり
DSC08782.jpg

ツンツンしてたり
DSC08785.jpg

トゲトゲしてたり
DSC08797.jpg
・・・って、このトゲトゲちゃんは、初めて見たよ。\(^o^)/
葉っぱの部分は見たことあるみたいだから・・・
きっと、秋にトゲトゲを伸ばしてくるんだね。

どれも、ふわふわっぽく見えるけど、触るとちょっとだけカサカサっと
してました。

コメツガの森に光が差し込んで、モフモフちゃんが光って見えました。
この場所も、お気に入りの一つです。
DSC08786.jpg
氷瀑の季節には、この石たちは、み~んな雪の下。

わ、枝がいい感じにささって、巨大アゲハチョウの青虫状態になってる~。
DSC08787.jpg

根っこが石をガシッとつかんで持ち上げてる!
DSC08789.jpg

ホコリタケ軍団を見つけると、落ちてる枝で思わずツンツン。
DSC08790_20161124202502c54.jpg
・・・と、行きは目的地にたどり着くのに精いっぱいで、必死に歩いていたけれど、
帰りは、あっちにフラフラ、こっちにフラフラと寄り道しながら。(^^)

大好きなダケカンバまで戻ってきました。
見上げると、まさかの快晴。\(^o^)/
DSC08791.jpg
翌日に、雪の予報が出ているなんて、嘘のようです。

調子に乗って、目の前の斜面を登ると、男体山~。
DSC08794.jpg

振り返ると、前白根の稜線。
DSC08795.jpg
あの稜線上から、この扇状地って見おろせるんだよね。
来年は、また、久しぶりに白根山も行きたいな♪

すっかり葉を落として風通しのよくなったカラマツの小道を歩いて
ひとまず小田代が原まで。
もう、ここまで戻ってくれば、安心の、まったりハイキング~。(^^)
DSC08796.jpg

小田代が原の気持ちのいい白樺の散歩道♪
空が青いと白樺の幹の美しさも3割増くらいに見えるね。
DSC08801.jpg

なんか、白樺が立ち並ぶ景色を見るのは、すごく久しぶりなような
気がするな。
DSC08805.jpg

その後、ちょいと足を伸ばして、北戦場~。
木道が広くなっている場所に腰を下ろして、ちょっぴり遅いランチタイム。
DSC08817.jpg
ココから眺める景色も、とっても好き~。

で、振り返ると、ヨシの穂先に光が当たってキラッキラ☆
DSC08811.jpg
もうちょい日が傾くまでいられれば、もっと輝きそうだね。
でも、13時頃でも十分きれい。
風が吹くと、穂先が揺れて、さらにきらっきら。

歩いている間は、ほんのり汗ばんでくるんだけど、座って休憩すると
肌寒くなってきます。
ぼちぼち戻りましょう~。

戦場ヶ原に戻ってきたころには、空に広がる薄雲。
それでも、この空からは、翌日の雪は、想像できなかったなぁ。
DSC08820_2016112420264266e.jpg

大好きな景色をまったりと堪能したら、
DSC08822_20161124202644a19.jpg

湯川と一緒に赤沼まで。
DSC08826_20161124202645367.jpg
気ままに奥日光を徘徊しまくった1日でした。(^^♪




おまけ♪

めぐやんから「なんでもない日、おめでとう~」と。(^^)
DSC08846.jpg
もったいなくて使えません。(^^;(^^;

いやいや、大事に使いますわよん。
こりゃ、たくさん入りそうだ~。
ありがとう~。\(^o^)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

一面が銀世界となる前日の奥日光、静かな山旅ができましたね。
庵滝は過去3回とも氷瀑の時に歩いていますが、他の季節にも歩いてみたいと思う素敵な雰囲気の森です。
で、小田代から北戦場~戦場ヶ原とchikoやんワールドいっぱいのレポ、楽しませてもらいました。
そして、娘さんからの嬉しいプレゼント。次の山遊びに背負っていくのが楽しみですね(^_^)v

白くなった日光連山、今日はどこかで眺めて来ようかな?

リンゴさん

リンゴさん こんにちは。

今日は、白くなった連山を眺める山歩きが楽しめたでしょうか。

久しぶりの奥日光だなぁ。と、過去ログをたどったら、
1月の庵滝が最後でした。(^^;
もう、何度も歩いている庵滝への道ですが、それでも、着くまでは
割と心細くて、歩きながら感じる必死感に、自分で笑ってしまいました。
氷瀑ばかりが取り上げられることの多い庵滝ですが、私は、
あのダケカンバが芽吹いた季節。。も大好きです。
滝の前には、高山で咲くキバナコマノツメが~♪
木々の躍動を感じられます~。(^^)

めぐやんからのプレゼントザック。
もったいなくて、しばらくは眺めてるだけかも。
「廃盤だから半額だったんよー」と言って手渡す彼女のパワーが
大好きですぢゃ。
ピンクっぽい赤。かわいいよ~♪

いつかは庵滝...いつかはスカイライン並?

おはようございます。
以前から庵滝の氷瀑レポをみていて”いつかは庵滝”と思いながら
未だに訪ねることのできない臆病のケン坊がいます>笑<
今の季節は静かな(ケン坊には寂しい)散策だったでしょうね
今回もchikoやんらしいレポの連続に読み入ってます...
デビューさせたいようなさせたくないようなお嬢さんからの贈り物
>「なんでもない日、おめでとう~」
って笑っちゃいました>笑笑笑<

Re: いつかは庵滝...いつかはスカイライン並?

ケン坊さん こんばんは。

凍った庵滝ねぇ。素敵ですよ~。
私的には、雲竜瀑より好きです。
そこそこの積雪があるところを歩くので、足回りの準備が
必要ですが、「いつかは」の時が来たら、ご案内しますよ~。
・・・リンゴさんが。(笑)

私は、ほんとに静かに静かに山遊びをするのが好きなようで
周りに人がいないようなところで、ちまちまと遊び呆けちゃうんですよね。
どーも、わさわさしてると落ち着かない。。っていうか。(^^;(^^;

「なんでもない日。。。」は、「不思議の国のアリス」が大好きな
母娘なもので・・・
昔から、おやつを食べながらとか、お気に入りの何かを買う時とか
「今日は、なんでもない日。お祝よ」とやっていた延長なのです。
もぉ、いつまでたっても大人にならない親子です。

そんな馬鹿な親子は、時には「ピーターパン」ごっこも(笑)

No title

自分も雪のある時の庵滝しか知りませんが、
この時期も雰囲気ありますね。
あそこがこんなになっているんだね、
と楽しみながら読ませていただきました。

雪の時期は誰かのトレースを追うか、
ノートレースなら方角と地形見ながら
行けばよいですが、この時期は踏み跡
とかあるのでしょうか。

「なんでもない日」と敢えて言い切るプレゼントって素敵ですね。

まっちゃん

まっちゃん こんにちは。

私は、逆に初めて庵滝へ連れて行っていただいたのがグリーンシーズンだったので、
雪の時には「あぁ、みんな隠れてる」って印象でした。
初めて一人で行った時も、無雪期。
弓張峠でコンパス合わせて、地図と照らし合わせて、、、
あの時のドキドキは、今でも、その場所、その場所で思い出します。

でも、、よ~~く見ると、あちこちに踏み跡、残ってますよ。
岩が多いところでは、突然消えるので100%辿るのは厳しいかも。
へそ曲がりなので、踏み跡のないところにガサガサ入り込み、突然不安になった頃
踏み跡を見つけてホッとする。そんな繰り返しでした。


誕生日は1年に1度きり。でもなんでもない日は364日

ってことは、年がら年中お祭りだ!

なんてことばかり言っている、しょーもない母娘です。(^^;(^^;

こんばんは


「庵滝」は、出かけたことがありません。
迷わず行けるでしょうか?
あ、もちろん初心者なので雪がない時ですが・・・。

No title

窓を開ければ男体山が見える・・・は、ご自宅ですか?
奥日光の空の様子が一目瞭然ですね。
光り輝く葦の穂もきれいですけど、青空バックのシラカバ林はやっぱりいいですねー。
庵滝ではドボンしたレポが欲しかったなぁ(^^)
お嬢さんからのプレゼントはグレゴリーですね!僕とオソロです!
やっぱり山に出かけるたびに持ってってくれるとプレゼントした方としては嬉しいでしょうけど、もったいない気持ちもわかります。(^^)

Re: こんばんは

mimozaさん こんにちは。

庵滝。いい雰囲気でしょ?

迷わず行けるかどうか。。は、正直、なんともわかりません。(^^;
ひょっとしたら行けちゃうかもしれないし、迷うかもしれないし。
なにしろ、登山道の、ない場所なんですよ。

乱暴な道案内をすれば、外山沢っていう、水の流れている大きな沢沿いを
登っていけば、着きます。
だけど・・・なんですよ。(^O^;

ビビりな私は、いまだに、着くまではココロに余裕はないです。
帰りは、遊び呆けて帰ってきますけど。(^^;;;

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんにちは。

家の窓を開けると、日光連山、ど~~んなのです♪
あっ、4階なんですけどね。(^^;
で、そこから視線を落とすと、目の前に広がるのは、墓地。(笑)
初めて遊びに来た人は、ほぼ、間違いなく苦笑してます。
これからの季節は、朝、出かける時に真っ白な白根山が見えると
やっぱりテンション、上がりますよ~。
で、ただ今、通勤経路上では、奥秩父&富士山&浅間&志賀高原&赤城&谷川
&袈裟丸&日光と、お天気いいと目に毒な景色が広がります~。

逸れまくりました。(^^;;
青空&白樺って、こんなに素敵だったんだねぇ。と、改めて思った木道上でした。
初めて歩いたわけじゃないはずなのに、なんか、特別素敵な場所に来ちゃったな。
そんな気持ちになりました。
なんか、ここ、ダケカンバばかりに萌え萌えしてたので、久しぶりに、白樺萌え萌え♪

ドボンレポですか?(^^;
1度目は、夏!
左ひざとすね、、流血。
2度目は、寒い季節。(^^;(^^;
速乾性の服ってすごい~。って思いました。
両日とも、夕方まで、フルで遊んでた。。と。(笑)

で、をぉぉ、中ノ俣さんもグレゴリーなんですね。
確か、青ザックでしたよね♪
私は、なぜか赤ザックばかりが並んでしまいました。
使い初めの予定が立たないまま、無駄に、シュラフを詰めて背負って遊んでます。
もぉ、小学生と一緒。(^^;(^^;(^^;

No title

しらかばの こみちをぬけて
ふとおもう
こからのおもい せおうざっくに

白樺の 小径を抜けて ふと思う
子からの思い 背負うザックに

by 亀さぶ

最後の写真のザック
これから使うの
楽しみですねぇ~~~
もしかして 色に合わせて
ウェアもコーディネート??
コーディネイトは こうでねいと!
って感じで決めて欲しい~~~って
読者としては期待してます~~~


うたも ぎゃぐも いまいちですか??、、、
う~~~~
もういっかい
M-1を見て 勉強しないと
(^_^;)(^_^;)

亀三郎さん

亀三郎さん こんばんは。

もぉ、亀三郎節、絶好調!?
と言いたいところだけど、ごめん、ギャグは、
セルフ突っ込みを見るまで気づきませんでした。(^^;(^^;

いやぁ、プレゼントザックは、、、
早く使いたいような、もうしばらく、この嬉しい気持ちを
引っ張りたいような。。。

と言いながら、この間、那須で使い初めをしようと思ったんだけど
ショッキングピンクの上着に、ピンクに近い赤のザック。
こりゃぁ、完全に林屋パー子になっちゃいそうなのでやめました。
ありゃりゃ、まさかの、春までお蔵入り?
赤とかピンク遣いの上手なコン様を参考にしたいからさぁ、
そろそろお山の世界に戻ってきません?(笑)