2017/02/25

三岳らへんで地形図遊ばれ

2月18日(土)
かっこよく「地形図遊びをしたよ~」と言いたいところだったけれど、
完全に、遊ばれてきました。(^^;

この方に案内をしていただいて、三岳横断。

山歩きの楽しさって、その時、その場所でいろんな方たちに教えていただいたけど
フィールドに出たら全力で遊びましょう!と教えてくださったのは、
間違いなく、この人でしょう。
どんな条件のもとでも、きっちりと楽しく山歩きができるのは、
ベー太さんに撒いてもらった種のおかげ♪だと思っています。

で、冬が来る前から、とっても楽しみにしてました。
6時に家を出たら、8時前には中禅寺湖畔。。。(^O^;
さすがに早すぎたっ! と、寄り道しながら湯元まで。
DSC00034.jpg

前日は春の嵐~。
からの、この日は、冬型が強まって、湯元では、雪が降ってるんじゃないかな?
って、心配したけれど、素晴らしい青空が広がっていました。
DSC00039.jpg
まっ白な金精山がかっこいい♪

まず、集合場所のホテルに着いたら、出発前に事前勉強会。
地形図に、今日歩くルートを書いてみましょう~。
「どこを通ったら、楽に目的地に着けるかな~?」とか、
「積雪期は急な斜面のトラバースは避けましょう。なんで?」
なんて話をしながらルートを書いて、その地図を持ったら、いざっ!!

金精道路に入ったところで、スノーシューを装着。
そして、相撲を取ります。。。じゃなくて、ストレッチ。
最近、頑張りすぎるとすぐ足が攣るからさ、上手なストレッチの
仕方を教えていただきました。
がっ!!  ストレッチにならないほど体が硬い私。(^^;
02181620(2)金精道路

一般的には、三岳へは、林道経由で取りつくそうですが、
雪つむりがたくさんお散歩中の金精道路をしばし登って、
元料金所の辺りから、森の中へ。
DSC00041_20170222232234ffd.jpg
今ではすっかり忘れられつつある、湯元から光徳へ抜ける登山道が
あるんだそうです。

「古の人の行き来を思いながら、静かな針葉樹の森を・・・」
なんて、一瞬思ったけれど、いきなり目の前には、急な斜面~。(^O^;;


いやね、この日のために、スノーシューを新調してしまいました。
そのくらい、気合入りまくり。
今までのスノーシューだったら、ずるずるしちゃいそうな斜面も、
ガシガシ上っていけます。
DSC00044.jpg
ついでに「なんでもない日おめでとう~」と、めぐやんにプレゼントしてもらった
ザックも、使い初め。ピカピカの1年生の気分です。(笑)

動物の食痕のお話を聞いたり、雪の脱力ちゃんの出来方の
お話を聞いたりしながら、ゆるゆる~~~っと。
02181620(6)サルの食痕


三岳は昔は火山だったんだよ~。の面影を残す森のなかで、、、

「さっ、先にどうぞ♪ 安全に林道へ出てね~」と言われ。。。

ココロの準備はできていたはずだけど、、、、
さて、どっちへ行ったらいいのやら。
たどり着きたい場所は、点でなく、林道を目指せばいいんだから・・・
時間は11時。太陽の位置から、東はこっち。えっ、東はどっち?(^O^;;
コンパスの使い方も、マスターしてたつもりだけど、あれれ、磁北線って
どっちに傾いてたんだっけ?    完璧、思考回路。フリーズです。(^O^;;;;;;;;
DSC00048_2017022223223758b.jpg
困ったときの助け舟。。。
数十メートル先に、林道の、、、ルートマーカーの青リボンのありかを教えてもらいました。
がっ、目の前の大きな石とか倒木を避けて歩いてたら、あっさりとそれを見失う。(^^;

直線距離300メートルを進むのに1時間。(^O^;
DSC00056_20170222232335fdf.jpg
モフモフちゃんとかはすぐに見つけられるんだけどね、地形図とか、
その場所の様子をじっくり見て、ルートを見つけましょうは、もっと
がんばれ! だな。

貸し切りの森の中。
こんな森の中を、心の声とお話ししながら歩けるようになったら
楽しいだろうな~。
DSC00057_20170222232337ee9.jpg

さて~、そのためには、よく地図を見て~。
今いる場所はどこ?
どっちに進んだらいいの?
ひとまず、峠を目指します。
あっ、私は戦線離脱。次回は先頭で頑張りますんで。(^^;(^^;
DSC00067.jpg

さっきまでは、アスナロの森だったのが、明るいダケカンバの森に変わりました。
そして、さっきまでだだっ広い雪原だったけど、北三岳と南三岳の斜面が
だんだん近づいてきました。
目指す峠がだんだん近づいてきているのがわかります。
DSC00072_201702222323409e5.jpg

で、(庭)さんのスノーシューは、絶好調。
今までは、できるだけ避けていたトラバースが、楽しくて仕方ありません。(^^;
そして、わかんで参加の(岩)さん。
私よりもはるかに体重の軽い彼女の足元は、うんと雪に沈み込んでいました。
ところが、急な斜面を下るのは、かかとから足をついてひょいひょいと。
スノーシューとわかんとの違い、で、それぞれ得意、不得意なこと
なんかも教えていただきました。
IMG_4526.jpg

あっ、フォトジェニックなモノが落ちてた♪
せっかくだから、日向にもってこよっ。。っと、うっしっし♪なところが
見つかってしまいました。(^^;
IMG_4540.jpg
山アジサイの影が雪面に映ったら素敵だろうな~。と思ったのに、
太陽、、、隠れちゃうし。(T_T)

でも、木の枝は、誰も踏んでいない雪面に素敵な模様を描いてました。(^^)
DSC00074_20170222232341b8b.jpg

大きな岩だ~!!
これは、噴石として吹っ飛んできたものなのか、地中から出てきたものなのかは
わからないけれど、独特の雰囲気です。このあたり。
そして、大きな岩の上からしっかり根を下ろす木たち。
生命力の強さを感じます。
DSC00076_2017022223244989b.jpg

峠まで登ってきました。ここでお昼!
時間は13時過ぎ。(^^;(^^;
広がる青空に、刷毛でなぞったような雲がとっても素敵です。
DSC00090_201702222324505ed.jpg

あっという間にその雲も消え、インクを流したような色な、快晴の空!
普段の心がけの良さだよな。。。なんて馬鹿なことを言いながら
オプションの。。。。。
ダケカンバの急斜面で、スノーシューの練習。
ベー太さんの歩いた足跡は美しい。全然ズルッとしてないの。

急な斜面は、「カモエダズンネ・カモエダズンネ」と、心で唱えながら(笑)
登りきると。。。
DSC00093.jpg

わぁ、優しい尾根。もちろん、誰も歩いていません。
DSC00101_201702222324530ed.jpg

そして、振り返ると、大好きな日光の景色♪
DSC00130_20170222232634446.jpg
やっぱり男体山が見える景色は、特別だな。。。そう思ってしまいます。
中禅寺湖も、高山も、社山も見えてます♪
そして、家から見る日光の山並みは、男体山の右側に
大真名子山や女峰山が見えるんだけど、ここからだと、それらの山は
男体山の左側に。。。ちょっぴり不思議な感じです。
ちょうど佐野の逆側から男体山を見ていることになります。

いや~、ちみのおかげで、ここまで案内してもらえたよ~。
技術のなさは、道具でカバー。(^^;;
DSC00118_20170222232455f77.jpg

「奥白根も見えてるよ~」と教えてもらった方へ行ってみると、
山頂だけがちょこんと。(^^)
DSC00122_2017022223263106f.jpg

そして、金精山は、やっぱりかっこいい。(^O^)
DSC00127.jpg

いつまで眺めていても飽きない景色です。
心地いい空間に、穏やか~~な時間が流れていきました。
IMG_4616.jpg
光徳牧場の奥の斜面の上にはこんな景色があったんだね。
南三岳の山頂付近には、中国の桂林にあるような岩峰があるってのは
誰かの山行レポで見たことがありました。
あのあたりが、その岩峰ですね~。って教えていただきました。
どんな景色が広がってるのかな~。それは、ココロの目で。
複雑な地形&倒木にゴロゴロ岩に、微妙に育った針葉樹の幼木に・・・
のエリアなんだそうです。

あまりの居心地の良さに、お約束の寝っころがり。(^^;
IMG_4642_CR2.jpg
「地形図が読めれば、自由に遊べるフィールドが増えるよー」と、言われ、
そだよね、地形が読めれば、大好きな静かな山歩きが楽しめるんだよね。
がんばろっ。

名残惜しいけれど、ぼちぼち下山です。
男体山の爆裂火口に向かって、急な斜面をおっかなびっくり。
DSC00133.jpg

峠付近のダケカンバの幹には、グルグルにまかれたスズランテープ。
初めてその光景を鳴神山で見たときは、かなり衝撃的でした。
で、、をいをい、こんな山奥でもかい。。そんな気持ちになるほど、
シカの食害を防ぐために、木の幹には、スズランテープが巻きつけられていました。
鹿避けネットよりも効果があるんだとか。
しかも、視覚的な効果があるそうで、巻いてあるテープは、みんな白!

そして、あちこちに鹿の足跡。
しかも、おなかを擦りながら歩いている様子がよくわかります。
DSC00134_20170222232637e3c.jpg
厳しい自然の中で生きていくのは大変・・・だね。

そして、その厳しい中で「疲れたよ」と、うなだれた羊。(笑)
DSC00138.jpg

それと、宇宙人が手を振って見送ってくれました。(^O^)
DSC00143.jpg

「ゆっくりしすぎると、日が暮れるよ~~!」と、声をかけられ、、、
楽しかった三岳横断は、間もなくおしまい。
DSC00146_20170222232812e00.jpg

川を渡れば、光徳牧場までもう少し。
DSC00148_2017022223281325c.jpg
や~、この川、光徳沼まで続いているのか・・・と思うと、なんか、
ちょっとだけ不思議な感じです。

名残惜しくて振り返る。。。
あの谷間を抜けて、湯元から歩いてきました。
距離にしたら4㎞+α。。とってもこゆい時間でした。
DSC00149.jpg

ホテルに戻ったら、反省会。
さて、地形図に、今日歩いてきたルートを書きましょう。
DSC00159_20170222232906167.jpg
赤ペン先生の添削付き。
ざっくりは見られたけれど、登った谷、歩いた尾根。。
細かいところはまだまだだな。(^_^.)
これからの山歩きで、地形図見ながらの遊び方のヒントをもらったりして、
充実の1日は終了♪

のぼせるほど温泉につかったら、ライトアップ♪
DSC00153_2017022223290248d.jpg

春の陽気に、溶けちゃったかな? って、心配だったけれど、
まだまだきれいな氷の彫刻に会えてよかった~♪
DSC00156_2017022223290421d.jpg
この冬、一番のイベントが終わっちゃったな。
ちょっぴり寂しい気持ちと、楽しかった1日を振り返りながら帰宅。


今回も、べー太さんには、興味の種をたくさん撒いていただきました。
なぜか、この人に種をまいてもらうと、せっせと水やりをして育てたく
なっちゃうのよね。
たくさん芽が出て、おっきく育つかな~?
あっ、、来年は、先頭行きます。(ホントかな?(^^;)

今回のツアー。
「子供ぢゃないんだから・・・」のわがままにも対応していただき
ありがとうございました。
で、私が映っている写真は、ベー太さんと(岩)さんから頂いたものです。感謝。m(__)m


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
奥日光小西ホテル ネイチャーツアー
http://www.okunikko.co.jp/naturetour/
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

戦場ヶ原から湯元方面に目を向けたときに特徴のある幾つかのピークが並んでいるけど、それが三岳なのかな?
情報量が乏しいだけにどんなルートを辿って光徳に抜けたのか興味津々です。
読図は自分も本を買って学習したりしたけど、途中で投げ出して中途半端・・・(^^;)
やっぱり実践しながらじゃないと身に着かないみたい。
これから益々行動範囲が広がって楽しみが増えますね~。

祝!ライトニングアッセントデビュー

たぶんですが、
ライトニングアッセントですよね。
黒もカッコいいなぁ。
パイプ式のスノーシューから履き替えると
今までは何だったんだろうと思うほど
機動力が上がったのではないでしょうか。

それにしても三岳周辺なんてこれまた
贅沢ルートですね。ガイドさん付きじゃ
ないと経験できないルートですが、
お値段のほうがちょびっと気になります(無粋)

三岳の三角点は夏場は倒木と藪で覆われた
難攻不落らしくて、何やら恐ろしい獣が
徘徊しているとか。
この時期なら南から回り込むか、北西から
辿っていくかでと到達出来そうですが、
場所が場所だけに単独はちょっとヤバい
かなと思ってます。

何事も基本が大切ですよね

こんにちは~
”ようやく辿りついた尾根から”の写真が気になってたら
ココだったんですね~~ まさかの地形図を読むお勉強?
chikoやんが今更勉強するなんて信じられませんが...
でも”地形図の読み方”も新視点での読み方が登場するのかな?
納得です! こういう普段からの地道な勉強がchikoやんの
雪山を始めとする自信ある山行の源となっているんですね
成り行きケン坊は大いに反省! と言いつつも多分勉強しない?
もう👏です 改めてchikoやんに敬意を表します...

リンゴさん

リンゴさん こんばんは。

さ、戦場ヶ原から見た、特徴のあるピークのお山が
三岳だったのかどうか、、、
地形図を広げてみましょう。(笑)
光徳牧場で「紅葉きれいね~」と見上げた山の奥のほうには
こんな景色があったんだね。。と、とっても新鮮な気持ちで
静かな森の中を楽しんできました。
ココを一人で楽しむ時には、部屋をきれいに片づけて、お世話に
なった人たちにお手紙を書いてからじゃないと、まだまだ無理だけど・・・(^^;
数年前に日光全エリアの地形図を買ったのを引っ張り出して、部屋に広げて
久々、妄想登山を楽しんでますよ~。(笑)

Re: 祝!ライトニングアッセントデビュー

まっちゃん こんばんは。

そうそう。まっちゃんとおソロのスノーシューです♪
使い初めはこの間の庵滝の時だったんだけど、その時は今までのものと
それほど違いは感じなかったけれど、ホント、トラバースの時に、感動でした。
色は、黒に見えますか? 実は、フレーム薄緑、デッキは濃い緑色なんです。

ガイドさんと歩く三岳ツアー。プチ贅沢です。(笑)
いや、、、すげぇ、贅沢でした。
読図だけが狙いじゃなくて、山の中で楽しいものを見つける目の
引き出しをたくさんもらってきました。
さて、その引き出しの中身を、どう使っていくか。。。は、持って帰った
宿題ですね。(^^♪

で、三岳の山頂付近は・・・
下見に行ってくださったときに、岩峰付近を歩かれたそうですが
幼木がほどほどに育って、数年前より、さらに歩きにくい状態に
なっていたとか。。。
やーでも、あの、展望尾根は気に入りました。
なんとか、光徳からのアプローチでソロでも行けるようにならないかね。。と、
来年も、ガイドをお願いするつもりです。プチ贅沢再び(^^;

Re: 何事も基本が大切ですよね

ケン坊さん こんばんは。

あぁぁぁ、褒めすぎです。恥ずかしくって、今後
これ系のネタが披露できなくなってします。
なんて言っても、ぐずぐずでしたから~。(^^;
で、普段、私が歩いてるところは、それこそ、地図を持たずに
歩けてしまうようなところばかりです。
もちろん、地図は持っていきますが、大体「あぁ、あと〇時間
歩かなきゃつかないのか・・・」って広げるばかり。(^^;
で、、、、
森の中で、安心して道に迷える。。って、すごい貴重な
経験ですよー。
後で、超むかつくけど。(^^;(^^;(^^;
山の中で楽しむ種を、今回もたくさんもらってきました。
新しい視点で山遊びができるかな??って、自分自身に期待もしています♪

初めてのコメです

chikoさん初めまして何時もの楽しく大変いろいろな事を参考にさせていただいてます。
先週の土曜日chikoさん一行とビジターセンターの交差点ですれ違いました(べー太さんとは3週連続すれちがいラッキー)数日前の「よーやくたどり着いた尾根から」気になって‼べー太さんの予定は三岳であの写真て男体山の左が山と重なってないから三岳当たりではと(^^;
やっぱりべー太さんと歩いてたのはchikoさん感動です。
何時もブログを読んでると‼行ってみたい‼楽しさが伝わってきますq(^-^q)
小山付近に住んでます。大小山から見える槍!今年はもう無理かな…とりあえず大小山行ったこと無いので登ってみます。
chikoさんのブログこれからも楽しみにしてます。

Re: 初めてのコメです

takatekuさん はじめまして!
ご訪問&コメントをいただき、ありがとうございました。

で・・・、そうでしたか。ビジターセンターの交差点。。
ってことは、凍った道路にビビりまくってた頃ですね。(^^;
それにしても、3週連続でベー太さんにバッタリ。って、
遭遇率、高すぎ!  週刊奥日光ですね。
私も数年前はそんな状態でしたが、そんなに会わなかったですよ。(笑)
あの写真で、三岳付近からの景色を当ててしまうって、尊敬です~♪

栃木県南にお住まいなんですね。
大小山。。ぜひ~。
滝コース。おすすめです。(^^♪
なんて、私、大小山初心者ですが、すっかりお気に入り。
山頂から槍ケ岳、見えるといいですね。空気が澄んでる日なら、まだまだ
見られると思いますよ~。
そして、槍ケ岳を見つけたら、次は、牛久大仏も。(笑)
幸せ気分になれます♪

これからもどうぞよろしくお願いします。
山歩き。。より、ほぼ山遊びな内容ですが、ぜひ、また、コメント残してくださいね~。

No title

ほんと、すぐそばのお山にいらしたんですね。
近いけどいったいどこ?の謎、やっと解けました。

ライトニングアッセント、登りに強そう。
我が家はワカンの導入も考えていて、山によってはそっちで対応を考えるそうです。
また来年~の話ですけど。

読図

chikoやんさん、お早うございます。
皆さんとスノーシューでの雪山ハイク、そして地図読み、
また氷の彫刻など冬の奥日光を楽しまれましたね。
青空のもとでの新調のスノーシュー、眺望も得られ、さぞ
気持ち良かったことでしょうね。
プレゼントのザック、良いですね。
私達も地図読み訓練中です。

はなはなさん

はなはなさん こんにちは。

ホント、大声で呼べば聞こえちゃうくらいの場所だったでしょ?(笑)
自力では行けない、静かな森の中でまったりと過ごしてきました。
男体ファミリーと中禅寺湖。それに、南岸のお山を眺め「よき一日ぢゃぁ」と
それまで、森の中で嫌~~な汗を流してたのを忘れてました。(^^;

で、おニューのスノーシュー。
登りは、何を使っても「うへぇ~」な私だけど、トラバースのしやすさは
感動でした。
数年前に買ったわかんは、押し入れの肥やしになりそうです。(^^;;
(岩)さんが、シャカシャカと急な斜面を下って行かれるのを見て、やっぱり
道具って使いこなせてなんぼだなぁ。。ってしみじみと思っちゃいましたよ。
はなはなさん家のわかん山行。楽しみにしてますね♪

Re: 読図

のんびり夫婦の山遊びさん こんにちは。

久しぶりに朝から夜まで、日光どっぷりの1日でした。
だ~れも歩いていない静かな森の中を、自由に歩けるように
鳴ったらいいだろうなぁ。。。と、しみじみと思ってしまいました。
読図。頑張りますよ~♪
目標は、温泉ヶ岳南東尾根。(目標はでかくっ!!!)
そこから、湯元&戦場ヶ原全景&中禅寺湖&男体山。
一直線に並んだ景色。。ってのを見てみたいです。
あっ、、もちろん、夢です。(笑)

おニューのザック。
もぉ、たくさん入りすぎで、またまた、何でもかんでも詰め込んじゃいそうです。

No title

こんばんは。
地図の読み方は、やはりちゃんと教わるべきですよねー。
いくら地図が読めても視界が悪い時はどうするの?と、もっぱらGPSを頼りにしている中ノ俣です(^^;)
それと、これが本当の森と自然の楽しみ方なんだよと教えてもらった気がします。
ガイドさんの説明を真剣に聞くchikoやんさんの写真、いい雰囲気で撮れてますね~。なんだか山雑誌に出てくるシーンみたいです。

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんにちは。

いや~、読図は、机の上で習っても、外に出た時にあわてずに
使えてのものだなぁ。。と、しみじみ思いました。
地図を見て、遠くの山の名前がわかったり、周りの景色から、今いる場所が
スムーズにわかるようになったら、かっこいいのになぁ。と思っています。
もちろんね~、文明の利器を使えば、機械が教えてくれるけどね、、、
私の場合、それが使いこなせるようになるためには、越えなきゃならない壁も多いわけで・・・(^^;

このガイドさん。言葉マジックを持ってるんですよねー。
聞いていて、思わず引き込まれます。
で、黙って感動も見せてくれるんですよ。
ん~、大好きなエリアに、こういう人がいて、興味の種を撒いてくれるのは、
ホントに嬉しいです♪

めぐやんピンク!!

ザック デビューしたんですね!!
雪山に
そして ちこさまのウェアとの
コーディネートもバッチリだと
思いますよ~~~
かわいい ^^v
いい色だなぁ、、、って
冗談抜きに思いました。

それはそうと
一眼レフを首から下げてるひと
ガイドさんですか?
リンゴさんじゃないですよね?
うむむ、、、、
かっこいい、、、、

もし
生まれ変われるなら
一眼レフが似合う
ああゆう人がいいなぁ、、、、
なんて、、、(^_^;)

Re: めぐやんピンク!!

亀三郎さん こんにちは。三度♪

ザック、、ようやく使ってきました。
色は赤なんだけどピンクがかっていて・・・
今ほどランドセルがカラフルになるちょっと前なら、女の子たちが
こぞって選びそうな色です。(^^)
緑のジャケットと合わせると…ひとりクリスマス。(笑)
さて、温かくなって、ピンクの上着と合わせると、、間違いなく林家パー子になれそうです。

「ガイドさんかっこいい~」って、、、
今度、また、お願いするときに、そう言われてたよ~。って伝えておきますね。(^^)
私的には、一つのものを見た時の知識と想像力がものすごく豊富なところが
かっこいい♪と思ってしまいます。
まぁ、私は、、知識は、一つ覚えると2つ忘れてしまうけど、想像力は、、、
まだまだ磨きたいなぁ。と思っています。(*^_^*)