2017/06/05

ブナの森に静かに咲くトガクシショウマ

トガクシショウマ
「森の貴婦人」とか「ブナの森の妖精」と呼ばれるそうです。
DSC02765.jpg

そんなかわいい子のお住まいは、静かな森の中を流れる沢沿い。
結構急な斜面にあります。
DSC02769.jpg
足を踏み入れれば、すぐ近くでそのかわいい顔を眺めることができるけど
足を踏み入れたり、三脚を立てたりしたら、あっという間に崩れてしまうような
そんな場所。

今年も、静かに会いに来ました。
目いっぱいズームで、下から見上げたり、カメラを持った手を高く上げて、精いっぱい
背伸びをして、写真は数枚だけ。
DSC02772.jpg
「ここを下れば、咲いているはず」そんなわくわくした気持ちで歩いて行って
視界に、薄紫色の花園を見つけた時のあの嬉しさ~。
木漏れ日を浴びながらゆらゆら揺れている、その優しい色をした花たちは
そこにいる間じゅう、いやいや、そこを離れてからも、私を
とっても幸せな気持ちにしてくれました。

かわいい子は、つぼみもやっぱりかわいい。
DSC02779_201706052027515ed.jpg
次、またここを訪れた時には、もっとたくさんの花たちが咲いていて
くれたらいいな~。ココロからそう思います。

静かな森の中で、何をするわけでもなく、しばし、斜面を見上げて
心ゆくまでトガクシショウマを眺めて過ごしました。

いや~、この日の尾瀬は、激混みだったそうです。
でも、この辺りは歩く人もまばら。
地球って、丸いんだなぁ。ってこの辺りに来るといつも思ってしまいます。
DSC02737.jpg

ねっ、ザゼンソウさん(^^♪
DSC02738.jpg

ブナの森の中では、新緑に混ざってムラサキヤシオやムシカリが
花盛り。時々タムシバも。(^^)
DSC02792.jpg

で、この時期に一度来てみたかった三条の滝。
雪どけ水を集めて、流れも豪快です。
DSC02821.jpg
数年前の9月に訪れた時の写真と見比べてみたけれど・・・
やっぱり、流れの迫力満点でした。

いや~、それほど「「滝が好き!」ってわけじゃないんだけど、
なぜか、三条の滝と称名滝は好きかも。

まさに今、水が流れ落ちようとするところ。
この瞬間流れ落ちた水は、どのくらいの時間をかけて日本海まで流れ着くんだろう。
また、しょうもないことを考えってしまいました。(^^;
DSC02823.jpg

さて、時間はさかのぼって、テンマ沢の水芭蕉。
鳩待峠から山の鼻へ下る登山道は、延々と行列。
なんか、立ち止まることすら許されないんじゃないか。。。ってな
行列だったので、歩きながら。(^^;
パット視界に入ったシラネアオイは、また今度ね。。と、泣く泣くスルー。
DSC02678.jpg

それにしても、たくさんあった雪は、いったい、どこへ消えてしまったんでしょ。

で、ビジターセンターまでは行列だったんだけど、尾瀬ヶ原に入ると
この時間(6時ちょっとすぎ)は、まだひっそり。
DSC02691.jpg
あのたくさんの人たちは、どこへ消えてしまったんでしょ。(笑)

朝のうちは、風も静かで、池塘に映る新緑がとっても爽やか。

まだまだ色の少ない湿原に、ピンク色がポツポツ。
「あっ、ヒメシャクナゲ!?」って思って立ち止まったら、あちこちに
咲いていたのは、ショウジョウバカマ。
とびきりかわいらしいピンク色でした。
DSC02704.jpg

池塘に浮かぶ浮島。
尾瀬らしい景色だなぁ。。。と思います。
DSC02719.jpg


下の大堀川の水芭蕉ポイント。残念ながら、至仏山の山頂は雲の中。
DSC02713_20170605203115deb.jpg
みんな、こちら側の景色を好んで写されるけど・・・

私は、こちら側の景色が好き~。(*^_^*)
DSC02712.jpg

それと、水芭蕉&至仏山だったら、ここからの景色も好き~。\(^o^)/
DSC02722.jpg

なんと言っても、すぐ近くで水芭蕉が咲いてるってのがいいな~。
DSC02727_2017060520322973a.jpg
ここで、2年前、10日間の間に3回ばったりしちゃった尾瀬のガイドさんと再会。
尾瀬のメイン木道ルートからはちょいと離れているので、割と人の少ない
ポイントだったんだけど、尾瀬認定ガイドさんは、ほぼ、ここを案内するそうです。

竜宮小屋の公衆トイレの周りは、割といろんな花が咲くポイント。
ニリンソウはマダツボミで残念!
でも、ミヤマスミレちゃんの紫色が鮮やか~。
DSC02730.jpg

で、この木の幹は、プチお花畑になっていました。
DSC02733_20170605203232a89.jpg

尾瀬沼から、蛇行しながら流れてきた沼尻川。
この後も、蛇行しながら只見川に合流して、さらに、阿賀野川に合流して、、、
日本海へ注ぎます。
DSC02731_20170605203329032.jpg
この川周辺は、ギョウジャニンニクがたくさん。
あたりには、ほんの~り、食欲をそそる香りが漂っていました。

竜宮小屋を過ぎると、歩く人はぐっと少なくなって、木道に寝そべりたい放題(^^♪
DSC02744.jpg
数日前に降ったというあられや遅霜の影響で、苞の部分が茶色くなっちゃった水芭蕉
も多かったけれど、もちろん、咲きたてピカピカちゃんもたくさん。

リュウキンカのビタミンカラーも、元気が出るね♪
DSC02745_20170605203332f07.jpg

ミネザクラは8分咲き。
ピンクの桜。今年は、この先、まだ、どこかで会えるかな?
DSC02746.jpg

さて、ずんずん進みます。
ブナの新緑絶好調の温泉小屋。
DSC02752.jpg

おやおや、フレッシュな足跡だこと。
DSC02759.jpg
こりゃ、歌でも歌っていきましょかね。
「ある~日  森の中~  くまさんにぃ~  出会っ・・・」
出会っちゃダメじゃんね。なんて、自分に突っ込みを入れながら
雪の下に隠れた登山道を探りながら歩いていきます。

にょきって顔を出したネコヤナギが、太陽の光を受けて光ってる!!!
ピカピカの、感動のネコヤナギとのご対面は、ちっちゃな兎田代で。
DSC02798.jpg

水滴きらりんちゃんにコーティングされたネコヤナギは、
モフモフしているときとはまた違う、かわいい姿を見せてくれました。
DSC02800.jpg

咲きたてのシャクナゲににっこりし~
DSC02801_201706052035064bf.jpg

平滑ノ滝では、新緑のさわやかさに癒される~
DSC02846.jpg
ぬかるみに足を突っ込んで、ズボンの裾がぐしょぐしょになっちゃったのは
もぉ、そんな時にはちっとも気にならないんだから、不思議です。

コヨウラクツツジのピカピカな感じは、まるでリンゴかサクランボ。
DSC02806_201706052036302ef.jpg

しぶきがかかって程よく濡れてる1本橋を渡るときには、思わず
レイダースマーチが頭の中をぐるぐる巡ります。
DSC02830.jpg

あっ、オウレンが咲いてた。\(^o^)/
ほんのりクリーム色。オウレン。。好きだわ~。(*‘ω‘ *)
DSC02835.jpg

うつむいて 
いるヒメイチゲちゃん。。かわいいね。
DSC02842.jpg

でも、咲いてる姿もかわいいね。(^O^)
で、両方とも、同じような感じで、茎がカーブしているのがおもしろい。
でも、森の中のヒメイチゲの葉っぱは緑色。湿原のほうは、ほんのり赤。
この違いは何だ~。やっぱり、朝の冷え込みかぁ!? なんて思いながら
ほかのヒメイチゲちゃんの様子も観察~
DSC02859.jpg
そんなことばっかりしてるから、ちっとも進まないのです。(^^;(^^;(^^;

緑色の中でパッと目を引くムラサキヤシオもとっても鮮やかだけど、
花開く直前のシャクナゲのつぼみの鮮やかさもとってもきれいだね~。
DSC02850.jpg

尾瀬ヶ原まで戻ってきました。
とはいっても、この辺りは、まだまだ歩く人はまばら。
そんなわけで、飽きもせずに、木道に寝そべりタイム(^^♪
DSC02874_2017060520374544d.jpg
木道渋滞なんて無縁な、尾瀬ヶ原の奥の方~。
聞こえるのは、まだ上手にさえずれずに、時々ずっこける
カッコウの鳴き声と風の音。そして、時々歩く人たちの笑い声。

とっても贅沢なお花見タイムだね♪
DSC02875_2017060520374735f.jpg

東電小屋のミネザクラ。
至仏山をバックに咲くここの桜も好きなんだ~♪
今年は、咲いていてくれてよかったよ~。
DSC02881_201706052037483d7.jpg

咲きたてのタテヤマリンドウにも会えたしさ。
DSC02885.jpg

景鶴の稜線も、とっても素敵です。
う~ん、気になる。残雪期限定。(最近、このキーワード。好きかも。(^^;)
DSC02893.jpg
で、青空がのぞいているけれど、この写真を撮ったときは、実は雨降り。
この日の尾瀬は、晴れ間ものぞくけど、突然雨が降ってきて、風が
めちゃめちゃ冷たい1日でした。
降ってる雨も、あと少し気温が下がったら、みぞれになるんじゃないか。ってほど
冷たいものでした。手袋を持ってこなかったのを、猛烈に後悔・・・
6月だってのを忘れてしまうほど、肌寒い尾瀬の1日でした。

イワナシのピンク色を見ると、きれいとか、かわいいとか感じる前に
いつも「おいしそう」って思ってしまうのはなぜだろう・・・
DSC02854.jpg

オオタチツボスミレの横顔を撮るのに必死に。
DSC02880.jpg

ワタスゲの花って、真上から見ると、カッパみたい。
DSC02860.jpg
ん? おやぢの頭。。。とも言う? ε===へ(;^^)ノ

まだまだ薄汚れたウサギのしっぽ状態のワタスゲだけど
あっという間に真っ白ぽあぽあになって、また、楽しませてくれるんだろな~。
DSC02899_20170605203903b4b.jpg

逆さ燧。山頂はかくれんぼ。
DSC02898.jpg

この状態の水芭蕉を見るたびに、松坂慶子の声がぐるぐる巡ります。(^O^;
DSC02901.jpg

尾瀬ってやっぱりいいなぁ。
欲張って歩きすぎて、今日も、いまだに私の動きはslowly。
DSC02913.jpg
で、時系列は全く無視して写真は並んでます。
ワープして歩いてたわけじゃないのよ~。(^^;
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

尾瀬

やっぱり尾瀬の景色はどこを切り取ってもいいですね~。
実は先週末、私も尾瀬を候補に挙げていたんですよ。
御池からぐるっと燧裏を歩いて、そして・・・久しぶりに森の貴婦人に会いたいな。と。
美しいトガクシショウマ、たくさんの花をつけた姿を静かに観賞出来て良かったですね。
嗚呼。会いに行きたい!

Re: 尾瀬

リンゴさん こんばんは


この日は、強風予報に白砂山が尾瀬に化けてしまいました。
水芭蕉フィーバーは、覚悟の上だったはずだけど、帰りの牛首ー鳩待峠間の
人の波には「こりゃ参った!!」でした。
次回は、ちゃんち水芭蕉が終わってからにするか、御池からアプローチしたいと思います。
で、、、
この日、二つあるトガクシショウマの群生地の、一つは、まだまだ雪の下でした。
来週以降でも、十分楽しめると思いますよ~。
今度は、森の番人に絡まれることなく、ゆっくりお花見ができるといいですね。

No title

slowlyとか何をするわけでもなく、しばし、斜面を見上げて・・・とか
のんびりと歩いていらっしゃる雰囲気ですが
距離としてはそうとう歩いていらっしゃいますよね~
もう尾瀬の素敵なところを全部頂いちゃいました!って感じ。。。
(^。^)y-.。o○
1週間でだいぶ雪も溶けてきましたね~
日光白根から尾瀬方向の雲を眺めながら
「きっとこの週末はたくさんのハイカーが尾瀬入りしているんだろうな」と思ってました。

やはり”遥かな尾瀬”ですね

おはようございます
三条の滝の写真があったので御池から入ったのかなと思ったら
なんとなんと”鳩待”からだったんですよね~ 何とも凄い!
何が凄いってchikoやんはやっぱり28歳だ~って思い直しました>笑<
森の貴婦人...誰が名付け親かは知らねども雰囲気を持ってます!
水芭蕉のビューポイント、至仏山バックも良いけど...両方好き!!
尾瀬だから水芭蕉が主役の筈ですが、素晴らしい花々のレポに
羨ましいやら嬉しいやら、尾瀬に居るような気分になりました👏

mikkoさん

mikkoさん こんにちは。

もぉ、極寒のところまで、しっかりmiikoさんたちの後追いをしちゃいましたよ~。
1週間たって、もうちょいいろんな花が咲いてるかな? って思ったけれど、
足踏み状態でした。
歩いた距離は、、約26キロ。町の中では、絶対歩かない距離ですよね。(^^;
湿原と森と残雪。たっぷり遊んでもらってきました。
ようやく歩き方が普通に戻ってきましたよ~~。
月曜日ごろまでは、床に正座ができないほど足がパンパンでした。(^^;(^^;

Re: やはり”遥かな尾瀬”ですね

ケン坊さん こんにちは。

水芭蕉がばっちり見頃だったので、こりゃぁ、下の大堀川は行かなきゃダメでしょ。。と。
いやいや、戸倉までなら、御池に行く半分の距離だ。ってのも大きいです。(^^;
トガクシショウマね、あるブログで「森の妖精」って表現がされていて
う~ん、確かに!!! って、思い切り納得してしまいました。
それを見るのだけが目的なら、尾瀬沼で十分用が足りちゃうんだけど、
そこに行くまで・・・が、やっぱり楽しみなわけで。(*^^*)

永遠の28歳!! と言いながら、筋肉痛のピークが月曜日に来たのは
ちょいとショックでした。(^O^;

No title

木陰にひっそりと咲くトガクシショウマ。沢のせせらぎと相まってその佇まいは風情がありますね。日本固有の稀少植物だそうで大事にしたいですね。
それにしても2県をまたいで随分歩きましたね。お疲れ様でした。

尾瀬の花々

chikoやんさん、こんばんは!
トガクシショウマやミズバショウなど尾瀬の花々を楽しまれ
ましたね。
灰色の空の下に白く輝くミズバショウ、素晴らしいですね。
ワタスゲ、真っ白な穂しか見たことがありませんでしたので、
花を見てもわからないかもです。
雪解け間もない尾瀬、歩いたことがありませんので、トガクシ
ショウマなどの花々に出逢いたいです。
レポ、楽しませていただきました。

No title

フレッシュなトガクシショウマ、やはり美しい~。
昨年chikoやんに連れてってもらったのがついこの前のようだけど確実に一年たってるんですよね~。
それにしてもミズバショウもトガクシショウマもドンピシャのタイミングでしたね~。
いいな~~。

No title

あれ~、
確かここはテント泊デビューに歩いたコースじゃなかったっけ?
と思い出し過去記事と比べながら拝見させていただきました(^^)
去年に比べるとトガクシショウマも少し寒そうにしてますね。

行者ニンニク、美味しいらしいですが、リュウキンカも「おひたし」にして食べると美味しいってテレビでやってました。

こうしてコメント書いてる間、頭の中で「愛の水中花」がグルングルン回ってます(^^;)

濡れた木道のロングトレイル、お疲れ様でした。凄いよなぁ。

ミズバショウ

尾瀬といえば水芭蕉に至仏山。
トガクシショウマなんて、ここを通るほとんどの人が気付かないです。自分も最初は撮影している御婦人にきいて、はじめて知りました。高山植物も山に咲いているからこそいいので、近く咲いているとただの雑草です。うちではスミレの除草に苦労しています。

sanyasouさん

sanyasouさん こんにちは

トガクシショウマを見るだけなら、尾瀬沼で、楽ぅ~に見ることができますが
やっぱり、その場所に咲く姿を見に行く! ってのが、たまらないですよね。(^^)
風にゆらゆら揺れてる姿は、ホントに「妖精だ」と思ってしまいました。
初めて見に行った時、手の届くところに1株あったあの子は、去年には、もう
いなくなってしまってました。(T_T)
いつまでもあの斜面に群生していてほしいものです。

歩いて県境を超える瞬間って、妙にテンションあがりませんか?(^^;
私は、尾瀬で新潟県に入ると、ちっちゃくガッツポーズです。(笑)

Re: 尾瀬の花々

のんびり夫婦の山遊びさん こんにちは。

強風予報に、白砂山のシラネアオイが尾瀬のトガクシショウマに
化けてしまいました。まぁ、薄紫つながり。ってことで。(^O^;
例年5月末に見ごろを迎える尾瀬ヶ原の水芭蕉だけど、今年の見ごろは
6月に入ってからでしたね~。まだまだ、苞がようやく開き始めた!!
って感じの、フレッシュな水芭蕉がまだまだたくさんでした。
湿原には目立たないけどワタスゲがたくさん。真っ白になる頃が
楽しみです~。
・・・と言いながら、ワタスゲは、会津駒で見たいかな? なんて。。ねっ。(^^;

くにさん

くにさん こんにちは。

去年は「咲いてるかな~?」ってドキドキ。
今年も「咲いてるかな~?」ってドキドキ。(笑)
意味は違っても、もぉ、お姫様にはドキドキさせられっぱなしです。
で「咲いてた~!!!」って時のヨロコビも、一緒~。(^O^)
なにしろ、大きい方の群生地は、まだ、雪の下。
これからでもばっちり楽しめそうです。\(^o^)/
お花見的には、いろいろ咲いてた去年の方が盛りだくさんで楽しかったな~。
スミレなんて、まだ、ようやく芽が出てきたばっかり。。だったんですよ。

・・・で、くにさんの大好きなハクサンイチゲの季節がやってきますね~♪

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんにちは。

そうそう。テント泊でっびゅーの地です。
去年は御池からIN。今年は、鳩待INでした。
この日も、でかザックを背負った人たちとたくさん交差。
羨ましかったわ~。
お目当てのトガクシショウマは、もぉ、ホントに咲きたて。
めちゃめちゃきれいで、見てる間「幸せ~」は、まぁ、想像通り
だったんだけど、その場を離れてからも「幸せ~」は続きました。
で、帰り道、トガクシショウマ再び。。をした私。もぉ、完全にバカです。

で、リュウキンカ。どんな味でしょぉ。
ちょっと見た目、つるむらさきに見えるような気が・・・
それより、トガクシショウマの茎の部分が、シドキに見えて仕方なかった私です。

週末を前に、ようやく筋肉痛から復活しつつありますが・・・
丹後山の時並みに怪しい歩き方の1週間でした。

Re: ミズバショウ

ネビルさん こんにちは。

ホームセンターの山野草コーナーは好きで行けば、必ず覗く私ですが・・・
春先、新潟の道の駅で売られていたトガクシショウマ。
あれ、売れたのかな?
どんな庭に植えられたのかな? と、いまだにちょいと気になります。

で、久しぶりに見に行きたくなってきたんじゃないですか~? トガクシショウマ♪
あぁぁ、薄暗い森で、スポットライトを浴びて静かに咲いているような、、、
そんなお写真が見てみたいなぁ~。(^O^)

べたですが、、、でも、花咲く至仏山、大好きです。
今年も行きたいな。。と思っています。笠ヶ岳とセットで♪

尾瀬

この場所のトガクシショウマは何年か前に行った時に偶然見られたことに感動したものです。なかなか裏を歩く人も少なく穴場的でいいですよね。相変わらずアクテビティに活動されてるようで見習わなけりゃ
(^^;;

トガクシショウマ

chikoやん  リンゴさんのオフ会で会えると思ってましたが、残念でしたv-390
トガクシショウマの新鮮な顔を見たら行きたくなりましたv-392
今晩車中泊していこうと思ってます。
情報有り難うねv-411
最初は八ヶ岳のツクモグサ、次は高原山のレンゲツツジの予定がコロコロと変わりましたv-407

Re: 尾瀬

サクラマスさん こんにちは。

をぉ、サクラマスさんは、偶然の、感動の出会いだったんですね。
私は、もう、何年も前、尾瀬沼のビジターセンターでもらった
パンフレットに載っていた写真を見て、見たくて見たくて、、、
Goサインがようやく出せたのが、数年前でした。
その当時のパンフには、どこに咲いてるか。。まで、ばっちり文字になってました。
ある意味、びっくりです!!(笑)

調子に乗って遊びすぎ~。(^^;
ぼちぼち、サクラマスさんを見習って、母をお花見ドライブに連れて行かなければ♪

Re: トガクシショウマ

和子&徹也さん こんにちは。

あぁぁ、今年の高原山のオフ会ね、、、
今年は、友達との約束があったので、もともと欠席予定でした。(^^;
また、次の機会の時にお目にかかれるのを楽しみにしていますね。\(^o^)/

で!!
この週末は尾瀬ですか!!
きっと、緑も濃くなって、湿原や森の中に咲く花たちも増えて
にぎやかになってることと思います~。
この日は、まだ、大きな沢沿いの群生地は、雪の下。
反対側の笹に紛れて、ようやく蕾が出てきた。そんな感じでした。

私も、今年はツクモグサ! と思っていたんですが、どうやら、
来年の宿題になってしまいました。(T_T)

すっかり亀レスになっちゃいましたが

早春の尾瀬、
未だ湿原が茶色一色で不思議な感じ。
でも、あちこちに芽吹きがあるのですね。
そして生き物の足跡も(これ、結構怖)

お陰様でトガクシショウマに会えた

chikoやん  今晩は。
金曜日に家を出て、道の駅たじまで車中泊して行って来ましたよ。
情報のお陰で咲き出したショウマに会えました。
ムラサキヤシオ、タムシバも綺麗でした。
三条の滝の水量はビックリするほどでしたね。

Re: すっかり亀レスになっちゃいましたが

まっちゃん こんばんは。

さぁ、今年は尾瀬ですよ~~!!!
・・・と、プレッシャーをかけてみたりする。(笑)
ま~だこの時期は、茶色・・っていうか、雪解け直後で
湿原は、まだ黒くって、ちょっと磯臭いような、雪解け
直後のにおいがするんです~。いや、ほんと。(笑)
この先、正味2か月くらいの間で春から初秋までの花を
一気に咲かせるわけですから、夏の尾瀬って、やっぱり
華やかなんでしょうね~。

あっ、大きな動物の足跡ね。
でも、あの雪面をどんな姿で歩いてたのかな~?
って、想像するのは楽しいですよねっ。

Re: お陰様でトガクシショウマに会えた

和子&徹也さん こんばんは。

お出かけのきっかけの一つになれたのなら、とっても嬉しいです~。
燧裏林道も、ぼちぼち花の季節を迎えた頃でしょうか~。
新緑にムラサキヤシオ&タムシバって、ほんとに見てるだけで
すがすがしい気持ちになっちゃいますよね~。
私も、次回、森の貴婦人を訪ねる時は、絶対に御池からアプローチ
したいなぁ。。と思っています。(^^♪

No title

chikoやんさん、再びこんにちわ。

尾瀬ですね~!!!
ガスガスですが、ひっそりとしていてそれもいいですね。
尾瀬の水芭蕉、青レンジャーも見たい~。水没しているのも見たい~。
ワタスゲの咲き始めがあんなにみすぼらしい感じなんですね。何かかわいそう。。。

トガクシショウマは本当に珍しいですよね。青レンジャーもいつか見に行かねばっ!!!

No title

尾瀬、行きたーい

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんばんは。(2)

尾瀬の代名詞と言ったら、水芭蕉。。ですものね。(^^♪
大人になるまで、水芭蕉は尾瀬に行かなきゃ見られないものだ!
と思っていました。(^^;
この日は、お天気は悪くても、最高の人出だったようで、
最後、鳩待峠までの登りは、登山道渋滞でした。
水芭蕉ポイントは、早朝通過。
あとは、人のいないところでひっそりと遊んでました。

トガクシショウマ。きっと、この週末が最高の見ごろじゃなないかな?
青レンジャーさんも、ぜひ♪
水芭蕉のピークが過ぎて10日後くらいがよさそう。。。って思ってます。

ブルさん

ブルさん こんばんは。

うんうん、行ってきて~。(^O^)
私が行ったときは、まだ、チングルマもヒメシャクナゲも
「どこ行っちゃったの~?」って感じだったけれど、きっと
薄茶色だった湿原は、だんだんにぎやかになってきてるでしょうね~。
もぉ、お花の時期は、行きたいところだらけで困っちゃう。(^^;