2017/06/20

贅沢下見。時間切れで朝日岳直下まで(^^;

どこの朝日岳か。。って。
谷川の朝日岳を目指し、途中リタイヤでした。
DSC03347.jpg

谷川で見てみたい(歩いてみたい)景色の中に、朝日ヶ原の木道と、
茂倉岳から蓬峠までの笹の稜線があります。
そこを歩く!ってのを叶えるためには、谷川馬蹄形縦走ってのをしなきゃ
ならないわけで・・・

日帰りで縦走される人もいる。。ってのは、別次元の話として置いといて
まぁ、多くの人たちは蓬峠で1泊でぐるっと歩かれるわけですが、、、
スーパー鈍足。そのくせ、山の中で遊ぶ時間はたっぷりほしい私では、
清水峠と茂倉避難小屋1泊ずつを予定しないと厳しいな。。と。

まぁ、急な白毛門の登山道。
松ノ木沢の頭までは、カメラは出さずにストイックに登るぞ!
って思った30分後くらいには「アブラツツジ、かわいいな~」って
写真を撮り始めるくらい、ゆるゆる~なので。(^^;(^^;
DSC03287.jpg

天気の変化が激しい上越国境2泊。そこにうまく休みの日をぶつけて・・・
なんて考えてたら、いつ行けるかわからないので、考えたっ!
ロープウェイ利用で天神尾根から谷川に上って蓬峠から土樽に下山で1回。
白毛門からぐるっと歩いて、清水峠で1泊。蓬峠から国道を通って土合に下山で1回。
名付けて、谷川馬蹄形真っ二つ計画。(^O^)
ただ、気がかりは、白毛門までの急登を、果たしてテントを背負って登れるのか。。。
とりあえず、一度、日帰りで行ってみましょう~♪

ヤマレコで標準タイムで歩かれる方は、朝日岳ピストンで10時間くらいの行動
時間のようです。
私の場合、そこに鈍足タイムとお遊びタイムを加えて13時間見ておけば
行ってこられるかな?
いよしっ、4時半出発。18時半までには下山ね。と、登山口近くで車中泊。
あ゛~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目が覚めたのは、5時でした。(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;

焦った気持ちで登るとえらい目に遭うってのは去年の丹後山で学習したので、
どんなにゆっくり登ったって、白毛門くらいはたどり着けるでしょ。と思いながら
ゆっくりゆっくり登っていきます。
DSC03294_20170620203236c5d.jpg
木の根っこさん、階段代わりに使わせてもらって、ありがとう。
そんな気持ちになってしまいました。

予定外な感じで睡眠もたっぷり。(^^;
木々の間から見える谷川岳に励まされながら1歩ずつ。
DSC03295.jpg

わ~、フイリフモトスミレのようだけど、真っ白!!
かわいい~。ふと目に入った真っ白なスミレに思わず立ち止まり
登山道にひれ伏します。
DSC03297_20170620203233827.jpg
シラユキフモトスミレ。というそうです。
あぁ、松ノ木沢の頭まではストイックに・・・
そんなの、すっかり頭の中から吹っ飛んでいます。(^O^;

きっと、今年は丹後山。笑顔で行けるな。
そんな気持ちになり始めたころ、ようやく松ノ木沢の頭~。
一気に展望が開けます。
DSC03313_201706202032349f4.jpg
ふぅ、と一息ついたところで、雷みたいな大きな音。
ジジ岩・ババ岩の下の雪渓が大きな音を立てて崩れていきました。
美しい景色の中で、自然の驚異を少しだけ。

松ノ木沢の頭から先は、アカモノ祭り。
まだまだ咲き始めで、赤い模様がほんとにかわいらしい~。(^^)
DSC03323_20170620205630fe6.jpg

ナエバキスミレもあちこちに。
足元は、シラネアオイにツバメオモト。タテヤマリンドウ、イワカガミ,、ユキザサ。
エチゴキジムシロにミヤマキンバイ。色の濃いショウジョウバカマもどっちゃり。
いつでも何かしら咲いてる。って感じで、それまでのストイックな感じはどこへやら。
DSC03325_20170620205633f56.jpg
朝寝坊をして大失敗! そんな気持ちは、もう、汗と一緒に
乾いてしまいました。(^^;

足元のかわいい子たちを見つけてはにっこり。
顔を上げれば、視線の先にはかっこよく谷川岳。
口元、緩みっぱなしです。
DSC03340_20170620205634283.jpg

松ノ木沢の頭を過ぎると、背の高い木はほとんどありません。
見通しのいい尾根を、気持ちよ~く歩いていきます。
DSC03344_20170620205635010.jpg

あのあたりが、憧れの笹の稜線。。。があるところかな?
蓬ヒュッテと、その前に設営してあったテントも見えました。
DSC03350.jpg

登山口から3時間半。ようやく白毛門。
をっ、やればできるじゃん。(^^;(^^;
周りの景色を楽しみながら、2度目の朝ごはん。
DSC03358.jpg

急登に足がつるんじゃないか。。。。って、びくびくしながら歩いていたけれど
どうやら、この日は調子がよさそうです。
やっぱり自分のペースって大事よね。。。なんて思いながら、
ゆっくりゆっくり、笠ヶ岳へ行ってみましょう。
途中、雪渓も。
お守り代わりにチェーンスパイクも持ってきたけれど、必要ありませんでした。
DSC03366.jpg

ずいぶん散ってしまっていたけれど、まだまだムラサキヤシオも鮮やか。
ムシカリや目立たないけどカエデやミズナラも花を咲かせていました。
DSC03383_201706202057370c2.jpg

超美形なナエバキスミレ!!!
奥には、ぷっくりと、種もできています。
DSC03384_201706202057388b8.jpg

振り返って、白毛門方面。
ここも大好きな笹の稜線です。
白毛門までは、ほんと、修行の登山だな。って感じだけど
そこから先は、山の風を感じながら、気持ちよく、どこまでも歩いて
行けるじゃないか。。って錯覚してしまうほど。
DSC03386.jpg

10時少し前から、苗場山方面に沸いていたガスがずいぶん広がって
来ました。笠ヶ岳から見る谷川も、すっきり見えたり、ガスに隠れたり。
DSC03398_20170620205816d78.jpg
さわやかなお兄さんにシャッターを押していただきました。
「朝日ヶ原、めっちゃいいっすよ」と、馬蹄形縦走、経験済みだという
お兄さんに、朝日岳から先の素敵な景色の話をたくさん聞かせていただきました。

ガスに包まれて、ちょっと肌寒く感じた笠ヶ岳。
さわやかなお兄さんは、ここで戻るとおっしゃるし、さて、私はどうする???
時間は、まだ10時半。せめて、最初のウスユキソウが見られるあたりまで・・・と
さらに先に進みます。

笠ヶ岳から先は、さらに花の稜線となってきました。
花撮りスクワットも大忙し。
DSC03404.jpg

笠ヶ岳から朝日岳までは、のこぎりの歯のようにアップダウンの繰り返し。
でも、不思議と辛さは感じません。
「エーデルワイス、エーデルワイス。ルンルンルン♪」と、さすがに
声には出して言わなかったけど、もぉ、心の中では、そんな声が。(^^;
DSC03413.jpg

ちょっとだけ登山道が崩れているようなところもあったけれど、
そんなところでも、ナエバキスミレがブーケのように咲いていました。
で、奥には尾瀬の笠ヶ岳ー至仏山ー燧ケ岳。
とってもいい眺めです。
DSC03420.jpg

雪のトンネルだ~、\(^o^)/
DSC03421.jpg

いくつめのピークを越えた後だったかな? (たぶん、大烏帽子?)
景色がガラッと変わりました。
DSC03422_20170620205821d3e.jpg

朝日岳まで、、遠い~。と思うのと同時に、豪雪が作る
優しい景色に、思い切り感動してしまいました。
で、もぉ、頭の中は、サウンドオブミュージックのオーバーチュアが
ぐるんぐるんめぐっています。
DSC03425_201706202059004e8.jpg

私、ホソバヒナウスユキソウ、そんない好きなのかな?
ずっと思っていたんだけど、どうやら、ウスユキソウが好き。。っていうか
ウスユキソウが育つ、そんな場所の景色が好きなんだなぁ。と思いました。
DSC03426.jpg
さっきまでかかっていた、縦走路のガスもすっかり切れています。(^O^)

で、毎年のように至仏山ではお目にかかっていた、ホソバヒナウスユキソウ。
谷川でも会うことができました。\(^o^)/
DSC03435_201706202059032d3.jpg

まだ咲きたて。もっふもふです。(^^)
DSC03437_20170620205905d2f.jpg

ミヤマキンバイは、尾瀬のお山を背負って。
DSC03446_201706202059063d5.jpg

気を付けて歩かないと、踏んでしまいそう。
そのくらい、登山道の真ん中にも、惜しげもなく。。って感じに
咲きまくってるエーデルワイス。
DSC03451_2017062020594045b.jpg
時間は11時半。お約束の時間です。
実は、休憩時間をちょっと削って、とりあえず山頂へ行こう。
なんて思っていたんだけど、もぉ、山頂へ行くなんて、どうでも
よくなってきました。(^^;(^^;

だってね、チシマアマナも、あっちにこっちに、たくさん咲いてるんだもん。
DSC03456.jpg
もぉ、今日はここまでっ!!!
ここでゆっくりお花見を楽しむぞ~。
ザックを下して、かわいい子たちが咲きまくる、その山の景色を
楽しみました。

まさに、今、開こうとするエーデルワイスは、モフモフでかわいいしさ。
DSC03457_201706202059438cf.jpg

去年は、至仏山で会えなかったチシマアマナは、ほんとに
こんなに咲いてていいの? ってほど咲いてるし
DSC03462_20170620205944d92.jpg

初めまして!!! の、クモマナズナは、こんなに素敵な姿で咲いていてくれてるし。
DSC03464.jpg

今年は、まだ、チングルマを見てないな。。と思ったら、
岩陰で、並んで咲いていてくれたし。
DSC03466_20170620210156059.jpg

なんか、ヨーロッパのようだな。行ったことないけど。
自分に突っ込みを入れながら、大きな荷物を背負った
縦走の人たちを、ちょっと憧れの目で見送りながら、
お花見タイムを堪能♪
DSC03477_20170620210157a5a.jpg

こ~んなに近くでチシマアマナのお顔が見られるとは思ってなかったよー。
DSC03484.jpg

ウスユキソウに紛れて、ジョウエツキバナコマノツメも。(^^)
DSC03488.jpg
ナエバキスミレと同じ黄色いスミレだけど、顔つきはずいぶん違います。

さて、お約束の12時半になりました。
いつまでも過ごしていたいようなお花畑だったけど、そろそろ
現実を見る時間がやってきました。
DSC03500_201706202102474d3.jpg

何しろ、登って下ってまた登る~♪ が、待ってるからね。(^^;
DSC03495_2017062021020133c.jpg

名残惜しくて振り返る。
正面の大岩の下で、今回はギブでした。
ほんとに、山頂目前。欲張れば行ってこられる距離です。
でも、不思議と「残念」とか「惜しい」とか、そんな気持ちは
ちっともありませんでした。
朝日岳直下のお花畑。すげぇ。そんな気持ちで戻りました。
DSC03503_20170620210248712.jpg
だって、次、ここに来るときは、朝日ヶ原の、、憧れのあの景色に会えるわけだしさ。

次は、朝日岳を下って、憧れの木道を歩いて、清水峠を過ぎて、あの、正面の
稜線も歩くんだよ~。
もう、妄想は止まりません。(^^;
DSC03505_20170620210250309.jpg

雪渓わきでは、咲きたてほやほやのミツバノバイカオウレン。
DSC03517_20170620210251798.jpg

で、雪渓のところで、うりゃぁぁぁぁ!!と、雪をほん投げてみる。(^^;
DSC03519_201706202102530ed.jpg

登山道わきでは、ミツバオウレンとコイワカガミがコラボしていました。
両方とも白い花だけど、それぞれ、自己主張はしっかりと。
DSC03520.jpg

笠ヶ岳までは、気持ちのいい笹の稜線です。
雪が作る優しい山の景色を見せてくれるような場所が
ほんとに好きなんだなぁ。。。って、しみじみと思ってしまいました。
DSC03525.jpg

初夏の紅葉もきれいだね。
DSC03527.jpg

秋の紅葉も見に来たいな。
DSC03528_20170620210345e31.jpg
急登だって、しり込みしていた白毛門。
その先にある素敵な景色の魅力にすっかり取りつかれてしまいましたよー。

笠ヶ岳を過ぎ、またまた笹の稜線を下って・・・
DSC03536.jpg

ミツバオウレンも、ほんと、あちこちにたくさん咲いてたな。
DSC03540.jpg

白毛門で最後のおやつタイムにしたら、あとは修行の道です。
DSC03576.jpg

登るときは、トラロープや鎖のお世話になった大岩。
下りるときは、手と足とおしりを使ってずるずると。
DSC03588.jpg

で、ふと横を見ると、並んだ。並んだ。かわいこちゃん。
DSC03589_20170620210437174.jpg
ほんと、めちゃめちゃかわいい。

で、シラユキフモトスミレ。ふたたび。
結局、ルート上、この場所にだけ咲いていました。
DSC03594_20170620210438f4e.jpg
真っ白で、とっても清楚です。

で、葉っぱの模様もとっても素敵。
DSC03599_2017062021051385d.jpg

あっ、滝。登るときには、ちっとも気づきませんでした。
どれだけ余裕がなかったのか。。。(^^;
DSC03604.jpg

18時。ようやく下山。
白毛門から3時間。結局、登るのとあまり変わらない時間をかけて
ゆっくり降りてきました。
冷たい沢の水で、顔を洗ってさっぱりしたら駐車場に戻りましょう。
DSC03607_20170620210516061.jpg

長い1日が終わりました。
水上IC手前から、夕焼け空を背負った谷川岳。
DSC03610_20170620210518709.jpg
で、下見をしての感想。
白毛門は、テントを背負ってゆっくりならいけるかな??
下山には使いたくないな。(^^;
贅沢下見の後に待っていたのは、筋肉痛パラダイス。
あ~、魅惑の谷川馬蹄形縦走路。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

やっぱり残雪多いですね。
というか雨が少ないからとけないんじゃないかな?
白毛門までオイラが歩いても同じくらい時間かかるので、足が遅いなんてことまったくないのでご安心を(^^)
朝日岳直下の大岩は、日陰で休むのに何度も使いました。
ホソバヒナウスユキソウがびっしり群生してるんですよね。
その上に行けばタカネバラが・・・
まだ咲いてないかな?
ゆっくり歩けばどこまでも~♪
馬蹄形真っ二つ計画、射程圏だと思います!

笹の稜線

憧れの谷川馬蹄形縦走踏破にまた1歩近づきましたね。
確かに一気に馬蹄形を縦走するよりも2度に分けてというのが現実的でしょうか?
後はお天気次第ですね。
いつになるかは分かりませんが成功を祈っています。
それにしても雪が造り出す厳しさと優しさ、素晴らしい光景を見せて頂きました。
もふもふのウスユキソウも良いけど、特に私の目を惹いたのがシラユキフモトスミレ・・・と言うのですか?
清楚できれいな花ですね。

No title

素晴らしく良い日に歩かれましたね。
花も眺望もバッチリです。
先日、茂倉岳~蓬峠まで歩きましたがここもお花畑でした。
馬蹄形縦走も視野に入りましたね。
どんな形であれ縦走は楽しいものです。
この縦走路には水場があるので身軽に歩けますね。

No title

わあ、素晴らしい!
昨日、行かれたのですか?
本当に素敵な青空・・・
そしてお花たち!

自分には縦走は夢みたいなお話だわ、と思うけれど、chikoやんさんなら
きっと大丈夫ね。
こんなにもお花があるんだ・・・
報告待ってま~す

私はまず、白毛門までかな(笑)

色々な山を楽しまれてますね

chikoやん 色々な山で綺麗なお花を楽しまれてますね。
谷川岳の馬蹄形縦走を計画とのこと凄いですね。
こんなに沢山の花を撮影しながら山を楽しむchikoやんに拍手します。
楽しいブロブ有り難う。 

でんさん

でんさん こんにちは。

下見、、行ってきましたよ~。(^O^)
登山届には、なんと、朝日ヶ原ピストン。と書いて提出
したんですが・・・(笑)
下山しながら、朝日の山頂まで届かなかったけど、満足~。
と思いながら歩いてたはずなのに、帰ってきて、同じ日に歩いた方の
山レコ見て、山頂にはハクサンコザクラ。大展望。朝日ヶ原の池塘・・・
なんてのを見たら、やっぱり無理して行けばよかったかな。なんて。(^^;
欲深くて仕方ないやつです。私。(^O^;;

ホント、あの大岩のところのウスユキソウだらけは感動でした。
至仏山の、、、ロープの向こう側を歩いているのかな? って思ったほど。
馬蹄形真っ二つ。ぜひ、成功させますよ~。
で、丹後山にっこり登頂も射程に入ったな。と思っています。(笑)

Re: 笹の稜線

リンゴさん こんにちは。

いやいや、やっぱり馬蹄形は、1度でぐるりと歩く。。ってのが
ホントは理想なんだろうなぁ。と思うんですが・・・
なんてたって、いったん下りて、別の日にまた登りなおす。ってのは
絶対に無駄だよな。と。(笑)
真っ二つ計画が成功したら、1度は、ぐるりと繋げて歩きたいな。と
思ってますよ~。もちろん、西黒尾根も歩いて~。(夢はでっかく! です。笑)

真っ白なフモトスミレちゃんは、ぱっと視界に入ってきました。
花全部が真っ白。場所限定。でした。
帰りは見落としちゃうかな? と思ったけれど、すぐに見つかるほど
存在感十分でしたよ~。
はじめましてのクモマナズナと合わせて、嬉しい出会いでした~♪

yamasanpoさん

yamasanpoさん こんにちは。

白毛門までの急登にビビッて、水上に向かう途中、
沼田あたりまで、今なら平標に行き先変更できるぞ。
って、ずっと考えながら運転してました。(^^;
でも、無事、下見ができて、ホントに良かった白毛門から
その先でした。
あそこまでの景色を見ちゃったら、その先の景色も絶対見たいと
思うし、yamasanpoさんのところで、笹の稜線を見せて
いただいたら、そちら側も絶対!! って。(*^^*)

真夏じゃしんどそうだから、こちら側1泊は、とりあえず
草紅葉のころ行ければいいな~。と思っています。(^^)

はなはなさん

はなはなさん こんにちは。

あっ、この日は、はなはなさんたちが、平標でお花畑を
堪能されたのと同じ日です。
10時ごろ、一回ガスで見通しがきかなくなっちゃったけれど、
その先は、主脈稜線の先にお花畑があるんだろうなぁ。って
思いながら歩いてましたよ~。(^^)

白毛門だけだと、修行の山歩きになってしまうので、プラス1時間で
笠ヶ岳までどうぞ~。
白毛門まで登ってしまえば、あとは、るんるん♪です。(^^)

Re: 色々な山を楽しまれてますね

和子&徹也さん こんにちは。

数年前から憧れていた馬蹄形縦走。
でも、おそらく憧れで終わってしまうんだろうな。って
諦める気持ちに傾いていたんですが、去年の丹後山へ行ってから
やっぱり、チャレンジだけはしてみるか・・・と。
想像以上に素敵な景色を満喫で、こりゃ、成功させなければ!と
ますますやる気満々になってきましたよ。
和子&徹也さんのように、いろんなところを歩ける経験とか
脚力とかほしいところです。
いや~、今日もまだ絶賛筋肉痛です。(^^;

最高の下見

chikoやんさん、こんにちは!
馬蹄形縦走下見、天気も良く、素晴らしい眺望にも恵まれ、
沢山の花々にも出逢え、最高でしたね。
この稜線、花も眺望も本当に素晴らしいですね。
私達も縦走は無理でも日帰りで白毛門から行けるところまで
歩きたいと思いながら、なかなか実現できていませんので、
参考となりました。
馬蹄形縦走のレポ、期待しています。

chikoやんさん

下見にしては、しっかり歩いた感が有ります。色々と花の名前を勉強しながら読ませてもらってます。私が知りたかったあの花はクモマナズナだったことがおかげさまでわかりました。花を見てしまうと足止めされ中々進むことができなくなるのもわかりますよ。雪の橋同じものを撮影してましたね(笑)

No title

こんばんは。
下見と言うより本格登山ですよね!
笠ヶ岳山頂での満面の笑みを写した1枚の写真が、今回の山行の楽しさすべてを物語ってる気がします(^^)
マチガ沢や一ノ倉沢を正面から見る迫力の谷川岳もカッコイイですが、それ以上に花に彩どられた稜線は写真を見てるだけでも爽快な気分にさせられました。
馬蹄形ぐるりっぷ、、、僕もやってみたいんですけど、つい及び腰になってしまいます(^^;)

言葉もなく...

おはようございます
何と表現したら良いの? まさに神出鬼没のchikoやんですね
直近でも尾瀬ケ原周回、三国山から平標山、戦場ヶ原、朝日岳...
次々と現れる可愛いい花の数々、これだけスクワットできる体力
ケン坊には想像もつかない”谷川馬蹄形縦走”に向けての挑戦
素直に参りました! 今更ですがchikoやんの秘めた凄さに感服👏

Re: 最高の下見

のんびり夫婦の山遊びさん こんにちは。

と~~~っても贅沢な下見でした。
平標山のお花畑にココロ惹かれたけれど、文句なしの晴れ予報に
ここを逃したら、きっと「そのうちね」で、馬蹄形も行きたかったけれど
行けなかった場所になってしまいそうだったので、思い切って
チャレンジでした♪
笠ヶ岳から先のお花畑、雄大な景色を前に、こりゃ、絶対馬蹄形
歩くぞ~!!! って気持ちが強くなりましたよ。(^^)

お二人だったら、きっと日の長いこの時期、にっこり朝日ヶ原ピストンでも
OKなんじゃないですか~?

サクラマスさん

サクラマスさん こんにちは。

1日違いでしたね~。
もぉ、、、茂倉岳方面のハクサンコザクラに、キュンキュンし~の、
まだ雪の残る朝日ヶ原の景色も見せていただいて、あ~、無理してでも
やっぱりその景色の端っこだけでもちょっと見てくれば良かったかな?
なんて思っちゃいましたよ。(^^)
それにしても、私がピストンしてる間にぐるっと馬蹄を歩かれちゃうサクラマスさん。
もぉ、どのくらいの移動速度なのか、、、、間近で見てみたいと思っちゃいましたよ。(笑)

クモマナズナはね、、、
栃木県のお山では、絶滅危惧種に指定されてるそうです。
なんか、それが普通に咲いていて、びっくり!! で、よっしゃぁ!!!でした。

同じ雪のトンネル、写してましたね。(^^)

中ノ俣さん

中ノ俣さん こんにちは。

木曜日になって、ようやく筋肉痛から解放されました。(^^;
白毛門の急登が登れるかどうか? ってのと、笠ヶ岳-朝日岳間の
登って下ってまた登る~が、大丈夫かどうか気がかりだったんですよ。(^^;
前にサクラマスさんにコメントをいただいた「花に騙され 励まされ」って、
まさにこのことだ~。って思ってしまいました。
ホントに楽しかったですよ~。
写してくださったソロのお兄さんと、暫し大撮影会で遊んでしまいました。(^O^)

中ノ俣さんだったら、、、
きっと、素敵な写真を撮られるんだろうなぁ。。って思います。
雪が作った険しい表情と優しい表情。
あ、、ぜひ、歩いちゃってくださいませ~。(^O^)

Re: 言葉もなく...

ケン坊さん こんにちは。

もぉ、呆れて言葉もなく・・・ですよね。(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ
見てみたい! って思った景色に自分の足で歩いて見に行けるのって
実は、あと数年しかできないんじゃないかな。と思うので、
時間と休みと天気とお財布事情(←これが一番重要か。(^^;)
が許してくれれば、あちこち行きたいなぁ。と思っています。
いや、、、私自身、ケン坊さんくらいのお年になった時に、
ケン坊さんのようにアクティブに動き回る自信、ないですもん。(^^;;

こんばんは


素敵過ぎて・・・
 「なんもいえねぇ・・・」 

Re: こんばんは

mimozaさん こんばんは。

足元のちっちゃい子も
目の前のおっきい子も・・・
めちゃめちゃよかったですよ~。

もう、1週間前の話だってのに、いまだに、写真を見ては、にまにまです♪

No title

chikoやんさん、お早うございます。

今年は谷川岳周辺がchikoやんさんのお庭でしょうか?

谷川岳は本当に雪が多くてさぞかしお花が多いとは思っていましたが、谷川岳だけではなく、あの山塊一帯にお花が咲くんですね~。朝日ヶ原・・・池塘が点在する高山植物の宝庫。わわわ~っ!!!想像しただけでよだれが垂れます。
そっか~、日帰りで高山植物を見に谷川岳あたりのお山に行ってもいいんだ~。色々なお山が選びたい放題。登山口もたくさん。勉強になります。

谷川馬蹄形縦走日帰りって・・・たしかに登山口が同じで、しかも土合駅起終点だからしやすいんですね。

もう『スーパー鈍足』の称号は剥奪させて頂きます!(笑)
松ノ木沢の頭でギブした私からするともう“神“です!
以前ソロで笠ヶ岳まで行ったダンナ様が白毛門から先がいいんだよ〜
と言っていたのが分かるような素敵なレポでした。
私もちょっとだけ行きたくなっちゃ•••
いやいや無理だ!(^^;;
会津駒縦走を成し遂げたchikoやんさんなら馬蹄型縦走も叶えちゃうんだろうな〜
楽しみにしています。(╹◡╹)♡

山ガールの青レンジャーさん

山ガールの青レンジャーさん こんにちは。

「上越国境」ブランドに恋してたのは、もう、ずいぶん前の話だけど
そこに、大好物のこんもり優しい笹の稜線がある! って知ったのは、
まだ数年前のこと。
巻機山→丹後山。。と、笹の稜線を満喫できたので、次は、、、
茂倉から蓬峠よね~。(^O^)と、突っ走る妄想。。です。(笑)
お山の先輩方のブログで、オキ・トマでない谷川連峰にある素敵な
景色の写真を見せていただいて、朝日岳deウスユキソうは行きたい! 
ってずっと思ってました。
やっぱり、雪がたくさん積もる山域のお花たちは、かわいいし、
生き生きしてますね~。
もぉ、行きたいところだらけで大変。
でも、、谷川って、うちからは割合行きやすい場所です。
気に入っちゃったから、しつこく通っちゃうかも~♪

mikkoさん

mikkoさん こんにちは。

もぉ、白毛門までは、ホント「やればできるじゃん。。どやっ!!」って
気持ちだったんですよ。ホントに。
でも、笠ヶ岳あたりで崩れ始め、その先、お花畑では、前に進むこと放棄っ!
ってほど、結局ゆるゆる、のたのた。
下山は、登りとほぼ同じくらい時間をかけて。。でした。
スーパー鈍足が、私ペースだな。。と改めて思っちゃいましたよ。(^^;

出かける前、mikkoさんの旦那様の白毛門レポも、もちろん見せていただき
ましたよ~。
で、どんなにへこたれても、絶対笠ヶ岳までは行くぞっ! と。(^^)
で、私お勧めは、笠ヶ岳を超えて、最初のピークをちょっとだけ登って
そこから振り返った時に見える、笠ヶ岳へ続く優しい笹の稜線。
思い切り癒されます~。(*^^*)

mikkoさんたちも、お天気良ければ白毛門計画、あったじゃないですか~。(^O^)
私が言った時は、ほぼシャクナゲは終わっちゃってたけど、残雪の山&ピンクの花
めちゃめちゃ素敵だろうな~。って、ココロの目で見てきましたよ~。(^^)