2017/02/19

ご近所花めぐり

柿平・セツブンソウ

動物除けの柵が設置されていました。
セツブンソウを守るために、地元の方たちが尽力してくださったそうで、
ほんと、ありがたいことです。
DSC00173_20170219181923437.jpg
人除けの柵が設置されないように、気をつけなきゃね。(^^;

春の妖精が、今年も元気にやってきました。(^^)
DSC00172_20170219181920be8.jpg

まだ、おねむちゃんもたくさん。
これから、もっともっと、目を楽しませてくれることでしょう~♪
DSC00168.jpg

日当りのいいところでは、背中をピーンと伸ばして
可愛い花を咲かせてましたよ。
DSC00162_201702191819169f7.jpg

目が合った。ドキッ☆
DSC00164_201702191819181c1.jpg

ソメイヨシノじゃなくても、桜が咲くと、やっぱりうれしい♪
DSC00174.jpg


佐野市梅林公園

全体的には、ちょっぴり寂しい感じだけど、なんか、いつもこんな感じの
ような気も・・・(;^ω^)
DSC00179.jpg
毎年時期を外してるってこと?(笑)

紅梅はぼちぼち満開の時期を終え、花の色が茶色くなり始めてました。
それに代わって、白梅たちが元気いっぱい。

わ、この子たちは、つぼみ~花の雰囲気がほんのり緑色。
DSC00175_20170219182044163.jpg

こちらは薄ピンク。
あたりには、梅の花のいい香り~♪が漂ってました。
DSC00180_2017021918204871a.jpg

ロウバイもあった~。
そういや、今年は切り花になってるのしか見てなかったものね。
うれしい~。\(^o^)/
DSC00181.jpg


三毳山公園

雪割草~。今年は、たくさん植えてくださったようで・・・
DSC00183_20170219182150797.jpg

あちこちにかわいい花。
今年も新潟に見に行かなきゃね。(^^)
DSC00185.jpg

ここに植えられた雪割草たちも、種がこぼれて、来年は、もっと株数が
増えていてくれたらいいな~。
DSC00187_20170219182153369.jpg
近づく春の足音に、心ウキウキ。
でも、まだ冬、、、終わっちゃダメ~。(^O^)
2017/01/22

本日の夕景

穏やかな・・・
寒くない夕暮れちょい前。
こりゃぁ、行くしかないでしょ! と、買い物した荷物を冷蔵庫に
放り込み、靴をもって、大小山。(笑)

さて、日没までもうちょい。間に合わないぞ。急げっ!!

・・・と、今日は、妙義山コースから。
うっ、、何気にきつい。でも、のんびりしてたら日が沈んじゃうぞ。

あぁぁ、岩ちゃんだ。
DSC09679_20170122180515898.jpg

下山途中のでんさんにばったり。
一緒に山頂まで行っていただいちゃいました(^^;
で、、何とか日没に間に合いました♪

今日は、浅間も富士山も残念ながら雲の中。
でも、オレンジ色に輝く空はとってもきれい。
DSC09681_20170122180517020.jpg

振り向くと、筑波山もほんのり。
DSC09682.jpg
今日は、都心方面も大仏さんも残念ながら、見えませんでした。
東京タワーは、また、次回のお楽しみね♪

今日も太陽は雲の中に沈んでいきました。
でも、雲の端がオレンジ色になっていて、きれいだな~♪
DSC09686_20170122180519bb1.jpg

空を、すい~~~っと泳ぐ、カワウソ君。(#^^#)
DSC09687.jpg

「あれ、高原山見てるじゃん」って、でんさんに教えていただいて、
見つけました~。\(^o^)/
八方ヶ原の穏やかな斜面も♪
DSC09694.jpg

フラワーパークのイルミネーションを見ながら、下山。
DSC09695.jpg
フフフ、余は満足ぢゃ♪


穏やかな、寒中とは思えないくらい暖かだった日曜日。
母の用足しついでに、三毳山公園。

ようやく顔を出したフクジュソウ。
DSC09676.jpg

陽だまりでは、寒水仙。
DSC09677_20170122180607807.jpg
花の時期も待ち遠しいけど、でも、もっと雪遊びもしたいぞよ。(^^♪
2017/01/14

大仏見えたかな?

この冬一番の寒波がやってきたこの週末。
心ゆくまでお布団と仲良くして、ゆっくり活動開始。
サンドイッチ作って、水筒に紅茶を入れて、家を出たのが11時過ぎ。(^^;

寒さに負けず、大小山から大坊山を往復。。。
なぁ~んて思ってたけれど、さて、どうするべかな。
と思いながら、すっかりお気に入りとなってしまった滝コースから。
DSC09495.jpg

足元のかわいい子たちを見つけては立ち止まりながら、ゆるゆると。
DSC09496.jpg

寒いよね。きっと寒いよね。と思って、がっつり着込んできました。
ところが、思ったほど寒くなくて、手袋外して、上着を脱いで・・・
DSC09497.jpg

上空に広がる雪雲。
見渡してみると、雲が発達しているところとそうでないところと。
どんな条件でピンポイントで雪雲が発達するのかな?
あのあたりで雪雲が発達してるのは、やっぱり東京湾が影響してるのかな?
新宿のビル群、スカイツリーはよく見えていました。
DSC09498.jpg
さてさて、大仏様は。。。
双眼鏡で覗いてみたけど、見つかりません。(^^;

まっ、妙義山の山頂でゆっくり探せばいいか。。。と、時々冷たい
風の吹き抜ける稜線を歩いていきます。
DSC09499.jpg
寒い日だったけれど、たくさんの人たちが大小山を楽しんでいらっしゃいました♪

ミニミニ柱状節理だぁ。(^○^;
DSC09504_2017011418525412d.jpg

下山してきたお兄さんたちが口々に「山頂は、めちゃめちゃ寒いよ~」と。
DSC09507_201701141852585e2.jpg
風が抜ける稜線上でこんなもんだも、もぉ、大げさなんだからぁ。。。
なんて思いながら歩いて行って、いよいよ山頂。

うっ、、さっ、、、、寒い。
さっきまでザックの中に突っ込んでいた上着を慌ててはおります。
DSC09512.jpg
空は、、青空の部分と雪雲の部分、くっきり。
浅間は雪雲の中にすっぽり。でも、剣が峰だけがツンと見えています。
やっぱり雲の発達具合って、面白いな~。

風をよけて岩の上に腰かけてランチ~。
風が当たらなければ、思ったほど寒くありません。
DSC09515.jpg
さ、パンを食べたら、大坊山~。行こ。行こ~♪

赤城は、鍋割山は見えていたけれど、地蔵も黒檜も雲の中~。
DSC09523.jpg
さてさて、大坊山へ行く前に、見つけなければ。。大仏様。
遊水地の向こうの地平線を、双眼鏡でずずず~~~~~っと
見ていくと・・・

東京に向かって、かめはめ波を打っている牛久大仏。(^○^)
DSC09532.jpg
見つけた。見つけた。
もぉ、黙って双眼鏡をのぞいて、口元、にやけっぱなし。
これは嬉しい。そして、想像していたより大きい。\(^o^)/

なんか、大坊山へ行くの。面倒になったな。(^○^:
そのまま、滝コースで下山しましょう。(笑)

雪雲充満だな。
DSC09536.jpg

雲で光が弱まった太陽に照らされたモフモフちゃんたち。
綿毛かキラキラしてました。(^^)
DSC09538.jpg

見晴らしのいいピークにつくたびに、大仏さん見つけ。
数百メートル歩いただけなのに、見える大仏さんの位置が
随分変わって見えました。
DSC09542.jpg

ピンポイントで青空が広がっていた大小山界隈。
やっぱり歩きに来てよかったな♪
DSC09543.jpg

ゴルフ場に向かって元気に下山。
もちろん、大仏様の姿を探しながら。(^^;(^^;(^^;
DSC09544.jpg
鳴神山からでも見つけられるかな?
あはは、なんか、、、新たなブーム到来?(笑)

今夜は冷え込みそうですね~。
明日の朝、目が覚めたら一面の銀世界。。。だったら嬉しいのにな~。
2017/01/04

大小山 お初の滝コース

ついに禁じ手の高速を使って出勤してしまった仕事始めの日。
あっ、、寝坊したわけじゃないのよ。
仕事に行きたくないよぉぉぉ。と、ぐずぐずしてたら、時間がなくなったのだ。(^○^;

お偉いさんたちは、年始回りに忙しそうだったけれど、下々の者たちは
「帰っていいよ~」って言ってもらえたので、大小山。
まさかの、3連続です。

今回は、滝コースで。
葉を落とし、すっかり明るくなった森は、とっても気持ちがいい♪
DSC09301.jpg

ピンクのモフモフちゃん。(^^♪
DSC09304.jpg

ひたすら緊張の岩場・・・
じゃ、嫌だけど、ちっちゃな岩場なら、わくわく楽しい~。
DSC09305.jpg

登り切っちゃえば、いい景色。
奥の方には、うっすら筑波山。
DSC09306.jpg

楽しい、楽しい、稜線散歩。
大小山は、滝コースが好き! っておっしゃる方が多いけど、その気持ちが
よ~~~~~~~~~~~~くわかりました。(^○^)
DSC09310.jpg

時間は3時ちょっとすぎ。
太陽は、まだまだ元気。
フリースを羽織って歩いていると、ほんのり汗ばんでくるほど。
DSC09311.jpg

気持ちのいい稜線を歩いていきます。
小鳥のさえずりも聞こえてきて、どこにいるのかなぁ。。。と、思わず探してしまいます。
DSC09312.jpg

大晦日、気が付いたらこんなところへ来ちゃった! のピークから。
下山しようと思っていたのは「大小」と書いてある左側の鞍部付近。
更に左にあるピークを登った時に「なんかおかしくね?」って、気づこうよ。
と、自分に突っ込みを入れつつ、周りの景色を楽しみます。
DSC09317.jpg
とはいっても、北・西方面の山は雲の中。
富士山・新宿のビル群は、うっすら見える程度。

屋根に反射してできている光の帯がとってもきれいです。
ただ今、マイブーム♪
DSC09318.jpg

山頂では、おぢ様方がおしゃべりをされてましたが、風がだんだん
強くなってきてみんな下山。
DSC09325.jpg
って、今日は、滝コースの様子を見に来ただけなので、私も下山しましょー。

・・・が、なんか、雲がいい感じに輝きそうじゃね?
と思ったので、山頂からちょっと下ったところで、お茶の時間。
DSC09328.jpg

あと20分くらいで日没。でも、爆風。
さて、やっぱり帰ろ。
DSC09330.jpg

今日は、雲の中に太陽は沈んでいきました。
その後、どんな夕景を見せてくれたのかはわからないけれど・・・
DSC09332.jpg
完全にはまっている、大小山サンセット。(笑)
2016/12/06

稜線上に広がる氷の花畑~那須・中ノ大倉尾根

いつもヤマレコで那須や高原山の素敵な景色を見せてくださる
sakurasaku64さんのレコに触発されて、那須岳~♪

「終日晴れ予報の日なら、行けますよ」って、教えていただいちゃったし。(^^♪

剣ヶ峰のトラバース&鎖が張ってあるところを通るのは怖いので
北温泉から、中ノ大倉尾根を登って、スダレ山の先の大岩で展望を楽しむ♪

…と言いながら、心は、三本槍のてっぺんから、雪をかぶった浅草岳が見たいな~。と。

駒止めの滝の駐車場から歩き出して、数分後。。。
最初の、、、で、最大の試練。
つるつるに凍ったアスファルトの下り。(;O;)
DSC08850.jpg
ここは、道路の端をそろりそろりと歩きます。

あぁぁぁぁ、憧れの北温泉。
この温泉プールは、一度入ってみたいなぁ。。。と思いながら、登山口へ。
DSC08851.jpg

出だしは、しばしの急登。

あっ、ツチグリみ~~~っけ。
思わず指でツンツンしてみたら、小さい穴から、パフっと
茶色いお粉が飛び出しました。
DSC08852.jpg

迷彩柄がきれいだな~。なんて、現実逃避をしながら、黙々と。
DSC08853.jpg
なんて言っても、初冬の那須だもの。きっと寒いよね~。と、
ヒートテックなんぞを着てきちゃったけれど、ポカポカ陽気に
上着を脱いで、さらにシャツを脱いで、その後ロンT姿に。
ついでに、ニットの帽子を脱いで手ぬぐいかぶって、なんだか
秋の頃と同じような格好になってしまいました。

葉っぱを落とした木々の間からは、かっこよく茶臼岳。
思わずテンションが上がる時です。(^^)
DSC08856.jpg
枝たちがフレームのようになってるし。(^^)

足元を見れば、コケに薄~く積もった雪
それがほんのり溶けて、キラッキラ。
DSC08857.jpg
誰か、クラッシュゼリーをかけました?
それとも、保冷剤の中身をぶちまけた?  そんな感じです。(^^;

シロヤシオの群生地付近では、ずっと日陰で、谷から冷たい風が吹きあがてきて
ちょっとだけ寒く感じたけれど、スキー場からの道と合流したあたりからは、また、
日差しがポカポカ。
素手で雪遊びがしたくなっちゃいます。(^^)
DSC08860.jpg

お気に入りのダケカンバの1本。
その向こうには、男前な朝日岳。
DSC08867.jpg

こちら側は、去年、素敵な霧氷の景色を見せてくれた、赤面山。
DSC08873.jpg

景色の中から、すっかり暖色が消えてしまったので、やっぱり、赤い色を見つけると
ちょっとだけ嬉しい♪
DSC08875.jpg
しかも、この赤。これからの厳しい寒さを耐えていく、冬芽たちなんだもん。
思わず、応援したくなっちゃうよね。

灌木帯に入ると、茶臼・朝日岳も、一層かっこよく見えます~。
しかも、山の北斜面には、白くくっつく霧氷たちも。
DSC08878.jpg
をぉぉぉぉ、溶けずに待っていてよ~。
やる気スイッチ、ON! となります。(^^;;

スダレ山までのひと頑張りに備えて・・・
DSC08879.jpg
あい はぶ あん あっぽーぱい。(表面に卵を塗らなかったので、ちとカサカサ(^^;)

振り返ると、今まで歩いてきた中の大倉尾根の登山道がくっきり。
ココも、このルートのお気に入りのところです。(^^)
DSC08882.jpg

あっ、ロバくん、み~~~っけ♪
DSC08884.jpg
このロバくん、初めは、ブタの横顔に見えました。
それが、だんだん、ウサギの横顔に見えてきて・・・
それが、ロバに落ち着いたんだけど、見るその時の気分で、いろんな動物に
見えてくるがなんとも不思議な感じです。

稜線上を歩いていると、向かいの赤面山の斜面に霧氷がついてるのが見えてきました。
あぁ、行き先の選択、間違えた? なんて、ちょっぴり凹んでいると。。。

をぉぉ、枝先に、白い花が咲き始めたよ~~~!!
DSC08887.jpg
日差しが強くて、すごい勢いで溶け落ちていく霧氷たちだけど、
那須の、、、
氷の花咲く景色に出会えました。\(^o^)/

振り返っても、めちゃめちゃきれい~~。\(^o^)/
DSC08900.jpg

奥は、三本槍の山頂??
一面真っ白になるんじゃなくて、笹の緑と霧氷の白が、ホントに爽やか~な
景色を作っていました。(^^)
DSC08901.jpg

スダレ山の柱にくっつくエビのしっぽ~~。
風上側に成長するエビのしっぽちゃんが、まるで、これから進む方を
指し示しているようです。
DSC08906_201612052028406be.jpg

繊細な霧氷、1本1本を楽しみながら。
そして、霧氷越しの景色を楽しみながら、大岩まで登ってきました。
DSC08908_20161205202842377.jpg
広がる景色に、「かっこいい~」「きれ~~ぃ」 そればっか。

・・・がっっ
のろのろ歩きで、お待たせしてばかりじゃ申し訳ないっ。
霧氷が落ちちゃったら大変。。。と、自分のペースを超えた速さで
歩いちゃって、またまた足がつって悶絶タイム。
IMG_0283.jpg
顔は笑ってるけど、心の中では「いててて・・・」と。

座ったままで、周りの景色を楽しみましょう~。

元気なお山の大将もいるしさ。
DSC08916.jpg

霧氷原の向こうに見える旭岳はめちゃめちゃかっこいいしさ。
DSC08921.jpg

紅葉したガンコウランの葉っぱにくっつく霧氷は、砂糖菓子のようだしさ。
DSC08924.jpg
秋の丹後山で学習して、足が攣った時用に漢方薬も持ってきて
それを飲んだのに、なんか、イマイチな感じに、結構凹む。(^^;

まぁ、じっとしてても、あんまり変わらないので、ゆっくり歩いて、その先の景色とご対面。

真正面に、平ヶ岳~会津駒~中門岳~三岩岳が、大きな山塊となって見えます。
その左に、燧ケ岳。さらにその左には、真っ白な至仏山。
DSC08925.jpg
いやぁ、嬉しいねぇ。

三本槍まであと30分、がんばれそうにないので、ゆっくり清水平へ降りて
ニセ飯豊の、流石山に会ってきましょう~。
DSC08933_20161205202938a71.jpg
この日、本物の飯豊山は雲の中。
あぁ、来年は、「飯豊!」とは言えないけど、那須の、ミニ飯豊山を歩いてみたいな~。

清水平のベンチでランチタイム。
1900メートル峰の北斜面にくっつく霧氷がとっても素敵です♪
DSC08936.jpg

で、今日のランチは、餃子鍋。(^^♪
食べるまでの儀式が長くて、せっかくの熱々餃子は、冷え冷え~。(^^;
DSC08944_201612052033329c2.jpg
なんて、たくさん作ったので、その後は、ハフハフしながら。

朝のうちは、風が強かったけれど、お昼時、絶好の山鍋日和となってました。(^^)
食べ終わった後、ベンチに寝っ転がって、お昼寝モードに突入できるほど。

でもね、、、
流石山の向こうに、雪をかぶった浅草岳が見えちゃったときにゃぁぁ、、、
ダメダメな自分に、ちょっと凹む。(T_T)
絶好の展望日和。
三本槍のてっぺんから、雪をかぶった浅草岳が見たかったなぁ。

もぉ、初冬の那須岳。癖になりそう。
ピークからの大展望は、来年の宿題。持ち越し~。
DSC08948.jpg
元気にお山の大将になっちゃいましょう♪

強い風が吹き抜ける大岩付近は、霧氷はたくさんついてたけど、
雪はほとんどありませんでした。
そんな陽だまりに、春を待つかわいい子が。
DSC08955_20161205203335925.jpg
厳しい那須の自然の中で、黙って冬を越すんだね。
春になるまで、、、またね。

さて~、ふもとの町を見下ろしながら元気に下山です~。
DSC08958.jpg

…とはいっても、金網が張ってあるココの登山道。怖いのよ。私。(^^;
DSC08961_20161205203423a22.jpg
せっかくの展望を楽しむ余裕もなく、ずっと足元を見ながらトボトボと。(^^;(^^;

お山の大将になってからちょうど2時間後。
北温泉まで戻ってきました。あぁ、気分は、このまま温泉へドボン。。
温泉プールに浸かってるおぢさんたちが羨ましかったなぁ。
DSC08964_20161205203425a65.jpg
朝、つるつるに凍っていた北温泉までのアスファルトは、午後になっても
ツルツルのままでした。

最後のとどめのように、駐車場までの上り坂が効くんだわ。(^^;


初めて三本槍を目指したのは数年前の10月の末。
中ノ大倉尾根の途中からまさかの吹雪でした。(笑)
結局スダレ山のチョイ先で下山。
雪の那須って、怖い。って、その印象だけ残っていました。
その時は、まさか「雪が降ったから三本槍へ行きたい」って思う日が
来るなんて思いもしなかったな。
でも、穏やかな天気の初冬の1日なら、素晴らしい景色を見せて
くれることを知ってしまいました。

あぁ、こりゃ大変。年中行事の一つに追加♪
来年こそ、雪をかぶった浅草岳に会う! リベンジね☆