2016/12/06

稜線上に広がる氷の花畑~那須・中ノ大倉尾根

いつもヤマレコで那須や高原山の素敵な景色を見せてくださる
sakurasaku64さんのレコに触発されて、那須岳~♪

「終日晴れ予報の日なら、行けますよ」って、教えていただいちゃったし。(^^♪

剣ヶ峰のトラバース&鎖が張ってあるところを通るのは怖いので
北温泉から、中ノ大倉尾根を登って、スダレ山の先の大岩で展望を楽しむ♪

…と言いながら、心は、三本槍のてっぺんから、雪をかぶった浅草岳が見たいな~。と。

駒止めの滝の駐車場から歩き出して、数分後。。。
最初の、、、で、最大の試練。
つるつるに凍ったアスファルトの下り。(;O;)
DSC08850.jpg
ここは、道路の端をそろりそろりと歩きます。

あぁぁぁぁ、憧れの北温泉。
この温泉プールは、一度入ってみたいなぁ。。。と思いながら、登山口へ。
DSC08851.jpg

出だしは、しばしの急登。

あっ、ツチグリみ~~~っけ。
思わず指でツンツンしてみたら、小さい穴から、パフっと
茶色いお粉が飛び出しました。
DSC08852.jpg

迷彩柄がきれいだな~。なんて、現実逃避をしながら、黙々と。
DSC08853.jpg
なんて言っても、初冬の那須だもの。きっと寒いよね~。と、
ヒートテックなんぞを着てきちゃったけれど、ポカポカ陽気に
上着を脱いで、さらにシャツを脱いで、その後ロンT姿に。
ついでに、ニットの帽子を脱いで手ぬぐいかぶって、なんだか
秋の頃と同じような格好になってしまいました。

葉っぱを落とした木々の間からは、かっこよく茶臼岳。
思わずテンションが上がる時です。(^^)
DSC08856.jpg
枝たちがフレームのようになってるし。(^^)

足元を見れば、コケに薄~く積もった雪
それがほんのり溶けて、キラッキラ。
DSC08857.jpg
誰か、クラッシュゼリーをかけました?
それとも、保冷剤の中身をぶちまけた?  そんな感じです。(^^;

シロヤシオの群生地付近では、ずっと日陰で、谷から冷たい風が吹きあがてきて
ちょっとだけ寒く感じたけれど、スキー場からの道と合流したあたりからは、また、
日差しがポカポカ。
素手で雪遊びがしたくなっちゃいます。(^^)
DSC08860.jpg

お気に入りのダケカンバの1本。
その向こうには、男前な朝日岳。
DSC08867.jpg

こちら側は、去年、素敵な霧氷の景色を見せてくれた、赤面山。
DSC08873.jpg

景色の中から、すっかり暖色が消えてしまったので、やっぱり、赤い色を見つけると
ちょっとだけ嬉しい♪
DSC08875.jpg
しかも、この赤。これからの厳しい寒さを耐えていく、冬芽たちなんだもん。
思わず、応援したくなっちゃうよね。

灌木帯に入ると、茶臼・朝日岳も、一層かっこよく見えます~。
しかも、山の北斜面には、白くくっつく霧氷たちも。
DSC08878.jpg
をぉぉぉぉ、溶けずに待っていてよ~。
やる気スイッチ、ON! となります。(^^;;

スダレ山までのひと頑張りに備えて・・・
DSC08879.jpg
あい はぶ あん あっぽーぱい。(表面に卵を塗らなかったので、ちとカサカサ(^^;)

振り返ると、今まで歩いてきた中の大倉尾根の登山道がくっきり。
ココも、このルートのお気に入りのところです。(^^)
DSC08882.jpg

あっ、ロバくん、み~~~っけ♪
DSC08884.jpg
このロバくん、初めは、ブタの横顔に見えました。
それが、だんだん、ウサギの横顔に見えてきて・・・
それが、ロバに落ち着いたんだけど、見るその時の気分で、いろんな動物に
見えてくるがなんとも不思議な感じです。

稜線上を歩いていると、向かいの赤面山の斜面に霧氷がついてるのが見えてきました。
あぁ、行き先の選択、間違えた? なんて、ちょっぴり凹んでいると。。。

をぉぉ、枝先に、白い花が咲き始めたよ~~~!!
DSC08887.jpg
日差しが強くて、すごい勢いで溶け落ちていく霧氷たちだけど、
那須の、、、
氷の花咲く景色に出会えました。\(^o^)/

振り返っても、めちゃめちゃきれい~~。\(^o^)/
DSC08900.jpg

奥は、三本槍の山頂??
一面真っ白になるんじゃなくて、笹の緑と霧氷の白が、ホントに爽やか~な
景色を作っていました。(^^)
DSC08901.jpg

スダレ山の柱にくっつくエビのしっぽ~~。
風上側に成長するエビのしっぽちゃんが、まるで、これから進む方を
指し示しているようです。
DSC08906_201612052028406be.jpg

繊細な霧氷、1本1本を楽しみながら。
そして、霧氷越しの景色を楽しみながら、大岩まで登ってきました。
DSC08908_20161205202842377.jpg
広がる景色に、「かっこいい~」「きれ~~ぃ」 そればっか。

・・・がっっ
のろのろ歩きで、お待たせしてばかりじゃ申し訳ないっ。
霧氷が落ちちゃったら大変。。。と、自分のペースを超えた速さで
歩いちゃって、またまた足がつって悶絶タイム。
IMG_0283.jpg
顔は笑ってるけど、心の中では「いててて・・・」と。

座ったままで、周りの景色を楽しみましょう~。

元気なお山の大将もいるしさ。
DSC08916.jpg

霧氷原の向こうに見える旭岳はめちゃめちゃかっこいいしさ。
DSC08921.jpg

紅葉したガンコウランの葉っぱにくっつく霧氷は、砂糖菓子のようだしさ。
DSC08924.jpg
秋の丹後山で学習して、足が攣った時用に漢方薬も持ってきて
それを飲んだのに、なんか、イマイチな感じに、結構凹む。(^^;

まぁ、じっとしてても、あんまり変わらないので、ゆっくり歩いて、その先の景色とご対面。

真正面に、平ヶ岳~会津駒~中門岳~三岩岳が、大きな山塊となって見えます。
その左に、燧ケ岳。さらにその左には、真っ白な至仏山。
DSC08925.jpg
いやぁ、嬉しいねぇ。

三本槍まであと30分、がんばれそうにないので、ゆっくり清水平へ降りて
ニセ飯豊の、流石山に会ってきましょう~。
DSC08933_20161205202938a71.jpg
この日、本物の飯豊山は雲の中。
あぁ、来年は、「飯豊!」とは言えないけど、那須の、ミニ飯豊山を歩いてみたいな~。

清水平のベンチでランチタイム。
1900メートル峰の北斜面にくっつく霧氷がとっても素敵です♪
DSC08936.jpg

で、今日のランチは、餃子鍋。(^^♪
食べるまでの儀式が長くて、せっかくの熱々餃子は、冷え冷え~。(^^;
DSC08944_201612052033329c2.jpg
なんて、たくさん作ったので、その後は、ハフハフしながら。

朝のうちは、風が強かったけれど、お昼時、絶好の山鍋日和となってました。(^^)
食べ終わった後、ベンチに寝っ転がって、お昼寝モードに突入できるほど。

でもね、、、
流石山の向こうに、雪をかぶった浅草岳が見えちゃったときにゃぁぁ、、、
ダメダメな自分に、ちょっと凹む。(T_T)
絶好の展望日和。
三本槍のてっぺんから、雪をかぶった浅草岳が見たかったなぁ。

もぉ、初冬の那須岳。癖になりそう。
ピークからの大展望は、来年の宿題。持ち越し~。
DSC08948.jpg
元気にお山の大将になっちゃいましょう♪

強い風が吹き抜ける大岩付近は、霧氷はたくさんついてたけど、
雪はほとんどありませんでした。
そんな陽だまりに、春を待つかわいい子が。
DSC08955_20161205203335925.jpg
厳しい那須の自然の中で、黙って冬を越すんだね。
春になるまで、、、またね。

さて~、ふもとの町を見下ろしながら元気に下山です~。
DSC08958.jpg

…とはいっても、金網が張ってあるココの登山道。怖いのよ。私。(^^;
DSC08961_20161205203423a22.jpg
せっかくの展望を楽しむ余裕もなく、ずっと足元を見ながらトボトボと。(^^;(^^;

お山の大将になってからちょうど2時間後。
北温泉まで戻ってきました。あぁ、気分は、このまま温泉へドボン。。
温泉プールに浸かってるおぢさんたちが羨ましかったなぁ。
DSC08964_20161205203425a65.jpg
朝、つるつるに凍っていた北温泉までのアスファルトは、午後になっても
ツルツルのままでした。

最後のとどめのように、駐車場までの上り坂が効くんだわ。(^^;


初めて三本槍を目指したのは数年前の10月の末。
中ノ大倉尾根の途中からまさかの吹雪でした。(笑)
結局スダレ山のチョイ先で下山。
雪の那須って、怖い。って、その印象だけ残っていました。
その時は、まさか「雪が降ったから三本槍へ行きたい」って思う日が
来るなんて思いもしなかったな。
でも、穏やかな天気の初冬の1日なら、素晴らしい景色を見せて
くれることを知ってしまいました。

あぁ、こりゃ大変。年中行事の一つに追加♪
来年こそ、雪をかぶった浅草岳に会う! リベンジね☆

2016/11/13

山お茶日和にまったりハイク 仙人ヶ岳

いや、、、、
今年お初の雪遊びだぁ!!! と、準備を整え、前の晩、早寝をしたんだけど・・・

お布団が「まだ出ちゃダメ!!!」と、私を引き留めたので、いつまでもぬくぬくと。(^^;


そんなわけで、行先変更。
アカヤシオが咲きまくる稜線の紅葉ってどんなだろう。と。

岩切登山口に着いたのが10時。
この時点で、登山口近くの駐車スペースはほぼ埋まっていて、路駐の車もありました。
う~ん、アカヤシオ咲く週末は、いったい何時に来たりゃいいんだ?
なんて思いながら準備を整え、まだまだ青々とした沢沿いを登っていきます。
DSC08651_20161113200414707.jpg
そうそう。今日は、山頂直下まで、ずっと小俣川と一緒です♪

春は、スミレとか、ハナネコちゃんとかが咲く沢沿い。
すっかり寂しくなってしまった登山道だけど、それでも、パッと目を引く
宝物を探しながら登っていくと・・・

夏の忘れ物が残ってたり
DSC08644.jpg

ん? これって、スーパーでパック詰めになって売ってるのと同じキノコぢゃね?
なんて思ったり
DSC08647_201611132004124bb.jpg

スミレって、こんな感じに種がはじけるんだね。なんてのを見つけたり
DSC08650.jpg

モフモフちゃんの中に赤い落とし物。かわいいな~。
なんてのを見つけたり
DSC08652_20161113200416640.jpg

小俣小学校の子供たちが作った、年季の入った「熊の分岐まで ここから難所」
の看板には「あと400歩」と書いてあります。
で、その隣に「ゆっくりで、あと2000歩」(あれ20000歩だったかな?)と書いてあります。
さぁ、どっちがホントかな? と思い、数えながら登ってみましょう~。

375歩まで来たところで、ふと見上げると、なんとも素敵な雰囲気の森が広がってました。
DSC08662.jpg

アブラツツジの木が真っ赤♪
DSC08666.jpg
そして、熊の分岐までは、530歩でした。(^^;(^^;

稜線まで上がると、いい眺め~。
東方面。
中央より少し右側には、筑波山。(見えますか?(^^;)
DSC08667.jpg

北方面。
大きな雲の左に、雪をかぶった奥白根。
右側には、雲がかかる男体山。
日光の山は、お昼過ぎには雲の中。
DSC08672.jpg

そして、熊の分岐から、あれれ、こんなに歩くんだっけ? と思いながら
ようやく山頂♪
DSC08673_20161113200633a6d.jpg
少しトレーニングの意味を含めて、頑張って歩いてみよう! なんて、朝のうちは
思っていたけれど、結局のんびり歩きで、ちょうどお昼になりました。

ランチは、山頂のちょいと先で。
先週食べ損なった、フカひれのカップラーメン。
クコの実が入っていて、ちょいとテンションが上がる。(^^;
DSC08674.jpg
お粥さんとか、杏仁豆腐にクコの実が乗ってると嬉しいタイプ。σ(*・∀・)私

ラーメン食べながら、次の休憩の時にお茶が飲めるようにお湯を沸かしてると・・・

あっ、どんぐり坊や!!
DSC08678.jpg
ここはコナラのドングリなので、ベレー帽はちょっと小さ目。

日の光に、葉っぱが透けてきれいだな~。。。
なんて、のんびり休憩をしたら、春、アカヤシオトンネルだった稜線を歩いて
下山しましょう~。
DSC08680.jpg

途中、、、
ここの紅葉が、一番きれいだったな~♪
DSC08685.jpg

登山道わきでは、ちっちゃな子も真っ赤っか。
DSC08686_20161113200727dba.jpg

麓で、ぶんぶん走る車の音とか、またまた「こちらは栃木県選挙管理委員会です」なんて
広報車の音も聞こえてくるんだけど、でも、見える景色は、すごく山深いところ・・・
のようです。
DSC08690.jpg

弱い風に、ゆさゆさ揺れるススキの穂がきらっきら。
DSC08692_20161113200820074.jpg

見上げれば、オレンジグラデーション。
DSC08695.jpg
朝は、「今日は、トレーニングだ!」なんて思っていたのはすっかり忘れて、
いつものようにのんびりペース。

松田ダムが見えてきました。
そういえば、今年の初めは、水不足だったんだよね。
それが一転して、被害が出るほどの大雨続き。
これからの天気はどうなるのかな?
DSC08700_20161113200823cf1.jpg

これから歩く方。
下って登ってまた下る。。。の稜線が、まだまだ続いています。
DSC08701.jpg

あっ、つつじが咲いてる!!
DSC08702.jpg

そして、アブラツツジの紅葉。
この日、一番鮮やかだったのは、アブラツツジの赤でした。
DSC08711_20161113200906876.jpg
で、七五三の髪飾りを思い出すこの花が終わった実の部分。
かわいい~♪

見上げると、日の光が当たって一層きれい♪
DSC08712.jpg

あぁぁ、あと2つピークを越えれば、素直に下山かな?
DSC08713_2016111320090974f.jpg
来年、またロングコースを歩けるのかな? と、ちと不安になってきたぞ。(^^;

真っ赤に色づいた葉っぱを見つけてはにっこりしつつ~
DSC08714.jpg

今回も、犬帰りは巻き道で。(^^;
で、そこを登り返したところで、お茶にしましょう~。
9月の西吾妻の時からずっとザックに入りっぱなしだった、フリーズドライの甘酒。
ふぅ、ほっこりするねぇ。。。なんて思いながら飲み、ふと思う。
DSC08728.jpg
う~ん、お湯が沸くのをのんびり楽しみながら待てるような穏やかな天気の日は、
温かい飲み物より、冷たい飲み物のほうが嬉しいな。(^O^;;

最後に眺望を楽しんだら
DSC08731.jpg

暖色の木々の色を楽しみながら、下山です~。
DSC08732_20161113200957f75.jpg

あら、クルマムグラが咲いてる!!
ちっちゃいのにけなげだなぁ。
そんなちっちゃい子を見つけてはスクワットをして楽しむ山歩きは、ま
た来年のお楽しみだね。
DSC08736.jpg

登山口近くの民家のお庭では、山茶花の花が見ごろになっていました。
こんな小春日和にのんびり山歩き。
今年、あと何回楽しめるかな?
DSC08739.jpg


で、家に帰ったら、読書タイム~(笑)
DSC08642.jpg
「昼遊夜読」だな。(^O^;
2016/11/06

神社のお庭

母親の用足しついでに紅葉狩り~♪
DSC08626_20161106173616eb2.jpg

向かったのは、鹿沼市にある・・・
こんな、天狗の神社
DSC08630.jpg

お参りをしてから、
DSC08632.jpg

古峯園の中へ。
DSC08635.jpg
やすらぎの名園。。だそうです。

赤い実&赤い葉っぱ。
DSC08640.jpg
すご~~~くいい色してました。(#^^#)

ん~~~、私って、いい娘だ。(笑)
DSC08641_20161106173702515.jpg


ランチ。ごちそうさまでした。( *´艸`)ププッ


2016/07/04

隠居倉の千鳥さん@那須岳

7月2日(土) 那須岳


テント泊の練習をしながら、クロユリでも見てくるか…
と、早々に準備をしたものの「山沿いでは、所により激しい雷雨となるでしょう」
と言う天気予報にビビって、とっとと中止。

家で燻っていても仕方ないので、那須でお花見。
那須ICで高速を降りたときは、あたり一面真っ白。
道の駅 友愛の森付近では、小雨がぱらつく。。と、なんともやる気を
削ぎ落とされるような天気。
あぁぁ、仕方ない。那須で花見するか。。とか、ふざけたこと言ってたからかな?(^^;

でも、駐車場に向かう途中から雲を抜け、あたりはいい眺め~。

狛犬さん。ありがとう~♪
DSC06630_20160703205413090.jpg
駐車場付近ではビュービュー吹いていた風が気になるところだったけど
森林限界を過ぎる頃には、風も弱まり・・・

マルバシモツケ越しの那須岳の景色をゆっくり楽しむことができました。\(^o^)/
DSC06639_20160703205414dd8.jpg

麓を見下ろすと、あたり一面、雲・雲・雲・・・
下界では、どうやら曇り空のようです。
DSC06647_20160703205416a42.jpg

ん、なにこれ。ピンクのお花!?
DSC06650_20160703205417903.jpg

マルバシモツケ越しの茶臼岳。
DSC06660_2016070320541924b.jpg
家に帰って、画像をPCに取りこんでびっくり。
マルバシモツケ越しの山の写真だらけ。
どんだけしつこく撮ってたんだ?私。(^_^;)

ヒメシャジンはまだつぼみ。
これが咲いたら、また、素敵な景色を作りだしてくれるんだろうな~。
DSC06663.jpg

5月に来たときは、まだまだ花の時期を迎える前だった那須岳。
ほんの2か月足らずの間で、すっかり花の山となっていました♪
DSC06669.jpg
ピンクのマルバちゃん。かわいい。(*^^*)

朝日岳のオノエランは、まだつぼみ。
でも、なんとも緑がかった白色がとってもきれい♪
DSC06670.jpg

ぷっくりくるりんちゃんもかわいいね~♪
DSC06671.jpg

朝日岳山頂。
青空ではなかったけれど、ぐるっとひとまわり。
グッド~な眺望です。(^^)
DSC06673.jpg

DSC06679.jpg

朝日岳から見下ろす那須のこの稜線の景色。大好き。
DSC06683_20160703205833b6b.jpg

で、こっち側も。\(^o^)/
DSC06684_20160703205835c9e.jpg

ナナカマド~や、
DSC06685.jpg

シャクナゲ越しに見える山の景色に、にっこり♪
DSC06687.jpg

で、たくさんの緑色の中に、ポツポツと白色が。
遠くからも、ナナカマドが咲いているのがよ~~く見えました。
その向こうには、三本槍岳。
DSC06689_2016070320593529d.jpg

これから向かう、隠居倉方面。
その奥には、会津の山々が見えています。
DSC06690_201607032059361cb.jpg
…今日、会津駒ヶ岳、山開きだったんだよなぁ。。。なんて、ふと。(^^;

熊見曽根から稜線を歩いていくと、さっそく出てくるオノエラン。
開いている時の白さも、それはそれはの美しさ~。
白って、ひとくくりの色じゃないんだなぁって、オノエランに会うたびに
思ってしまうのです。(^^;
DSC06693.jpg

ベニサラサドウダンも、まだまだ元気。
DSC06699.jpg

をぉぉ、おっきな、シャクナゲのブーケ。(^^)
DSC06708.jpg

テガタチドリが登場。さぁ、お花畑ロードのはじまり・はじまり~♪
DSC06713.jpg

まだ咲き始めの、ピカピカなテガタチドリ。
DSC06727.jpg

そっ、、そして!!!
DSC06730.jpg

同じようにお花にひれ伏していた女の子と「これ、ニョホウチドリだよね??」
なんて言い合いながら感動の、はじめましてのご対面~~♪ となりました。
DSC06740.jpg

思ってた以上に鮮やかな赤紫色の花。
思っていた以上に大きかった一つ一つの花。
DSC06746.jpg

緑色の中で、思い切り自己主張をしていました。
DSC06747.jpg

小さなお花畑では、千鳥さんのほかに、ウスユキソウやら、
ベニバナイチヤクソウやら。
で、やっぱり目をひく、ハクサンシャクナゲ~♪
DSC06751.jpg

DSC06753.jpg

いつ見ても美しい稜線だなぁ。。。と思ってしまう、三倉・大倉山方面。
お花の時期に、一度は行ってみたいなぁ。
DSC06755.jpg

本当は、隠居倉から先、三斗小屋温泉方面に下山して、峰の茶屋へ登り返そうかな? って
思っていたけれど、微妙な天気雨。それも、結構な降りっぷり。(^^;
しかも、なんか、素敵な感じに(-.-;雲海も盛り上がってきてるので、来た道を戻ります~。
DSC06759.jpg
1日4張り限定、1泊2000円。温泉入り放題。の、素敵なテン場偵察はまた今度。(^^;

ハナニガナロードを戻ります。
同じ花に引っ掛かりながら。(^^;
DSC06764.jpg

もふもふカラマツソウもかわいいな~♪
DSC06766.jpg

ツボミの妖精ちゃんもいたしさ。(笑)
DSC06765-1.jpg

「お花みたい。なにこれ??」って思ってたのは、何ちゃらウツギ(^^;の花が落ちた
跡だったんだね~。
DSC06770.jpg

コケモモの花は、ちっちゃなベル。ピンク色がかわいい。(^^)
DSC06774.jpg

途中まで戻ってくると、広がりつつある青空~。\(^o^)/
DSC06780.jpg
ん~、このまま三本槍行っちゃう?
・・・と思ったけれど、夕方までに帰宅したいので、今回はパス。
この間行ったばかりだもん、いいぢゃん。と、自分を納得させ・・・

じゃ、こりゃぁ、こっちの山に、行かなきゃな♪
DSC06781.jpg
あぁ、出かけると鉄砲玉だな。。。と、我ながら、そう思ふ。

ちょっとだけ霞のかかる連なる山々が、何とも言えず素敵です。
小雨がぱらついたけれども、ずっとずっと遠くの山々は見えていました。
DSC06782.jpg
燧ケ岳も、会津駒ヶ岳も、平ヶ岳も。。。み~~んな見えてます♪

茶臼岳へ登る途中、ふぅ、日がさすとやっぱり暑いな。。と、空を見上げると
不思議な虹。
左から赤~黄~青と並んでいて、時間とともに色が変わっていきました。
DSC06792_20160703210331deb.jpg
   ↓ 
下レポ参照。


で、茶臼岳~。久しぶりです。
DSC06796.jpg

山でせき止められる雲がなんともステキだなぁ。と見下ろすと、
青いジャージ軍団。
なんだか、元気な中学生のジャージまでもが、景色の一つになったようです。(^^)
DSC06797.jpg

ぐるっと火口の周りを巡って、下山しましょう~。

最後の最後まで、マルバシモツケ越しの那須の景色を楽しみながら過ごした1日となりました♪
DSC06806.jpg

山の神様。ありがとう~。(^O^)
DSC06810.jpg

無事下山後、片づけを始める頃から、だんだんガスが登り始め、
駐車場を出る頃には、ロープウェイ乗り場あたりまでも一面真っ白。
山を下りてソフトクリームを食べてる頃には、ポツポツと雨も。
ホントにいいタイミングで花の那須岳を楽しむことができました。\(^o^)/

で。。。
憧れの、あの池の畔でのテント泊は、、、
練習なしでぶっつけ本番を迎えることになりそうです。(^O^;
あぁぁぁぁ、きっと、行けば登るだろうけどさー
テント、ちゃんと張れるかな~。お天気どうかな~。
無事にご飯にありつけるかな~。
今度は、忘れずにシュラフカバーも持っていくぞー。
ワクワク。ドキドキの、真夏の訪れ~。
でも、早く来い来い。梅雨明け真夏♪
2016/05/24

高原山でこの世の極楽の景色に出会う!?

同じタイミングでこの景色を見ていた隣のおじさん。
「こりゃぁ、この世の極楽だな」って。
DSC05392_20160524234216fce.jpg
水色とみどりと、白と紫。
色味はとっても華やかだけど、それでも、なんか、心穏やか~になれる
この花園は、ほんと、この世の極楽なのかもしれないな。なんて、妙に
共感してしまいました。

今年も、高原山。大入道でシロヤシオを愛でるオフ会に参加させて
いただきました~。   (trekker-kさんからの頂もの写真)
DSC_0010.jpg
今年のツツジは、めちゃめちゃいいらしい♪
しかも、文句なしの晴れ予報。
ネビルさんが、なんか、写真を撮ってくださるらしい。う~ん、嬉いねぇ。

・・・・・去年に引き続き、集合時間ギリギリに到着。駆け込みセーフ。
皆様、お待たせいたしました。<(_ _)>

1年ぶりにお目にかかる方がほとんどだってのに、それを感じさせないというのが
なんとも不思議な感じです。
おしゃべりをしながら、ピカピカの新緑に彩られたダケカンバの林の中を抜け・・・
DSC05286.jpg
途中、ワラビ採りなんぞで盛り上がり・・・

並んだセミの抜け殻。なぜか、並んでいる。それだけで、かわいらしさ2倍♪
DSC05289.jpg

をぉ、羽化したばかりのセミがいたよぉ。
DSC05300.jpg
透き通った緑色の羽が何とも美しぃ~♪

rayさんが、なんとも貴重な瞬間を見つけました!
羽化なう。
DSC05305.jpg
その直前、さなぎのセミって、羽を上手にたたんでいて、まるて
天使の羽みたいだよねー。なんて言っていたところ。
まさに、その、天使の羽をみせてくれました
それにしても、抜け殻大きさに対して、セミの体が大きいこと。(@_@;)
どうやって入っていたんでしょう。

こんなにそっくり返りながら殻から抜け出てきたってのに、この状態から
どうやって木の幹に止まるんだろねー。ちょっと興味津々。
まぁ、それをずっと観察しているわけにはいかないので、先に進みます。

ひーこら歩いて、ようやく景色のいい場所に来ました。
広~い関東平野。遠くには筑波山。
DSC05318.jpg
強い日差しで、汗だくだく。
そんな中でも、トレランの方たちは、さっそうと走り抜けていきました。
あぁぁ、、、山道だってのに、私が平地を走る時よりもずっとずっと速いなぁ。
あっ、私の場合は走っても、歩いてもほぼ変わらないスピードだけどさ。(^^;

八海山神社では、いつものように、笑顔の記念撮影~。(リンゴさんからの頂もの写真)
この頃、ネビルさんは、逆回りで一足お先に花園の撮影タイムに突入♪
DSCF3764.jpg

木陰で、mariさん手作りのチーズケーキ。
とってもおいしかったぁ~~~。\(^o^)/
DSC05322_20160524235329273.jpg
ヨーグルトが入っていて、カロリー控えめなんですって。
「おいしいものは、なんでもカロリーが高いんだよね」って開き直らないで(^^;
ちゃ~~んと見習わなければっ!!

こうちゃとももちゃ。かわいいね♪
DSC05324_2016052423533119e.jpg

真っ青な空に、みずみずしい葉っぱと真っ白な花。
もう、こりゃ最高。!(^^)!
DSC05338.jpg

DSC05342.jpg

剣ヶ峰付近は、まだまだつぼみだったシロヤシオだけど、遠くに
まだまだ雪の残る会津のお山を眺めながら標高を下げてくると、
出てくる。出てくる。シロヤシオ。花回廊~♪
DSC05351.jpg

もっさりと花がついてたら、思わず立ち止まって見上げ、
カメラを向けちゃうね。
DSC05352.jpg

DSC05354.jpg

DSC05363_20160524235428c1a.jpg

DSC05368_201605242354296af.jpg

真っ白な花園も、もちろん素敵なんだけど、ミツバツツジの鮮やかな
紫色が加わると、一層素敵な感じ。
DSC05369.jpg
そうそう。ここが、この世の極楽♪ です。(^^)

枯れた木の幹.
それすら、景色の一部となっています~。
DSC05372_20160524235538e44.jpg

青空のもとに咲くシロヤシオ。
みんなでお花見。楽しいな~♪
DSC05373.jpg

ミツバツツジが加わると、一層豪華♪
DSC05376_20160524235541bb8.jpg

仲良したん。(*^^*)
DSC05380.jpg

素敵な花回廊に、カメラをしまう間もなく、いやいや、電源を切る間もなく
って感じで、ちょっと歩いては立ち止まって写真を撮る。その繰り返し~。
DSC05382.jpg

だって、どこを見てもきれいなんだも~ん。ヽ(^o^)丿
DSC05386.jpg

DSC05387.jpg

DSC05398.jpg

DSC05400.jpg

DSC05401.jpg

2代目縄文ヤシオのところで、ランチタイム。
お漬物に、味付けゆで卵に~、フルーツに~。
ごちそうさまでした~。
DSC05405.jpg
次回こそは…と思いながら、食べる人に徹する私。
                         ε===へ(;^^)ノ

こんな素敵なツツジの園で、ネビルさんに写真を撮っていただきました~。
DSC05411.jpg
ご夫婦さんかの皆さんは、ツーショットで。
どこのお宅も、旦那様の方が嬉しそうな表情をされていたのが
とっても印象的でした。(*^^*)

で、trekker-kさんの持つ、かわいい箱の中には・・・
食べるのがもったいない~。(^O^)
DSC05413.jpg
あ~、そんなつぶらな瞳で見つめないで・・・(*^^*)
やー、ひと思いに。。。ぱくっ。      
            中には、チョコクリームが入っていました♪

見上げれば、ものすごくゴージャスに咲いているシロヤシオ。
こんな素敵な景色の中でランチタイム。幸せだぁぁ。
DSC05416_20160524235853b0e.jpg

ブナの葉っぱも、光に透けて、とってもきれいだしねっ。
DSC05417.jpg

わ・わ・わ・・・
こんなにたくさん花をつけちゃって大丈夫???(笑)
DSC05423_201605250001146a0.jpg

で、光に透けるシロヤシオの葉っぱもステキだね。
DSC05430_201605250001148e9.jpg

今年は、どこもミツバツツジの花つきもとっても良くて・・・
DSC05432.jpg

ミツバツツジの木がそこにあるだけで、あたりは、一気に華やかな感じになりました。
DSC05435.jpg


大入道まで来ると、シロヤシオの花回廊はおしまい。
もぉ、大満足のお花見タイムでした。
DSC05441_20160525000302a74.jpg
あとは、ひたすら下ります~。
沢沿いで一休み。。。。。
休んで元気回復。にはならず、「足が重~い」なんて
言いながら、小間々まで。

小間々付近では、鮮やかなヤマツツジが迎えてくれました。
DSC05447.jpg

で、見上げれば、青空のもと、カエデの葉っぱも鮮やか。
DSC05450.jpg


楽しい1日はあっという間に過ぎ、ちょっぴり名残惜しく駐車場でしばし立ち話。
その後、次回を楽しみに、解散となりました。

取りまとめをしてくださったリンゴさん
ひっそりと何度も下見をしてくださったネビルさん
yamasanpoさん・yosieさん。
のんびり夫婦の山遊びさん・奥様。
ray・mariさん
trekker-kさん。 ホントにありがとうございました。
次は紅葉狩りですか~?
またの機会を楽しみにしています。



・・・日付が変わると、急にサクサク動き出す、我が家のネット回線。
ようやくアップするところまでたどり着けました。(^^;(^^;