2016/04/08

新潟花めぐり  坂戸山&六万騎山

木に咲くピンクのひらひらちゃんを見に行くはずだったのが、
地面に咲くピンクのひらひらちゃんに化けてしまいました。(^^;(^^;
DSC03824.jpg
あぁぁ、でも、やっぱりかわいいなぁ。(*^^*)

その日の天気予報は、関東地方だけピンポイントで曇り空。
周辺地域は晴れの予報。
う~~ん、仙人ヶ岳のアカヤシオも捨てがたいけど、、、
いよしっ、新潟へ行こう! と。

今年の坂戸詣はいつにしよう・・・と、日々覗かせてもらっていた
六日町観光協会のブログ。情報に感謝っ!

そして、青い車はいつものように赤城ICから関越道に。
沼田ICを過ぎると、霧で真っ白。(^O^;
水上ICを過ぎた頃からだんだん青空がのぞき始め、お約束の
土樽PAからは、かっこいい谷川岳~♪
DSC03680_20160408112344086.jpg
・・・を眺めながら、朝ごはん。(^^)

六日町ICで高速を降り、鳥坂神社前のパーキングへ。
どうせ無理だろう。。。と思っていたけど、車を停めることができました♪

去年は4月18日に登っているけれど、その時は駐車場付近から残雪アリ。
城坂コースを歩くのは全然無理~。っていう感じだったけれど、今年は
まったく雪がありませんでした。

そんなわけで、城坂コースで登って、大城往復。薬師尾根で下山~。

登山口付近のカタクリは、まだ芽を出したばかり。
あれあれ、大丈夫かな? と、ちょっと不安になるけど・・・

をぉ、白いすみれちゃん。(*^^*)
DSC03688.jpg

カタクリの三連符だ~🎶
DSC03695.jpg

青いキクザキイチゲを見つけると、嬉しくなって走りだし~
DSC03696.jpg

お祭り状態で咲いてるキクザキイチゲを見つけると、もう、
笑いが止まらなくなってくる~。(^^;
DSC03698.jpg

去年のGWには、まだまだ雪の残っていた堰堤脇の登山道。
今年は、奥の方までびっしりカタクリが咲いてました。(^^)
DSC03700.jpg

延々と続く階段に、ひぃぃぃ~(^O^;となっていたけれど、見上げれば
桜のピンクとアブラチャンの黄色がとっても優しい山肌。
DSC03703.jpg

青空のもと咲くお花たちは、どれもピカピカだね~。
DSC03709_2016040811245200e.jpg

この日は、もう、鼻水だくだく。
鼻をかみながら、うぅぅ、こりゃ、鼻の周りだけ日焼けだな。。。なんて。(^^;(^^;
鼻がすっきりしたら、どこからとなく漂ってきました~。
DSC03713_20160408112453326.jpg
このスミレちゃん。とってもいい香り♪

山頂直下では、形のいいカタクリが八海山を背負っていました♪
DSC03715.jpg
なんてたって、残雪の山&カタクリの景色に会いに来たんだもんね~♪

そして、ようやく山頂。
地元の方たちは、ペットボトル1本持ってお散歩気分で登ってらっしゃいましたが
私ゃ、もう、ヘトヘト。汗だく~。
DSC03718_201604081124566b4.jpg
雪をかぶった八海山が、かっこいい~♪

そして、すっかり雪の消えた稜線を歩いて大城へ。
DSC03728.jpg
桜&残雪の山もいいねぇ。(*^^*)

で、足元には、咲き始め、ピカピカのイワナシちゃん。
DSC03729.jpg
これから、いろんな登山道わきで会えるね。(^^)

金城山。その奥には、まだまだ真っ白な巻機山。
さらに、もっと左の方には、今年登ってみたいお山たち~。
(写真では切れちゃってます)
DSC03734.jpg

雪の消えた田んぼは、まるでパッチワークのよう。
今年も、おいしいコシヒカリを頼みますよ~♪
DSC03735_20160408112600a13.jpg

で、下山は、延々と階段を下る薬師尾根で。
登山道脇は、ずっとイワウチワ祭。
DSC03736.jpg
ピンクと白花が並んでる~♪(*^^*)

標高が下がってくると、どんどん豪快な咲きっぷりになってきたタムシバ。
DSC03752_20160408112652e5b.jpg

あぁ、ピンクのひらひらちゃん。
やっぱりかわいいなぁ。(*^^*)
DSC03759.jpg

そして、延々と続く階段につかれてきた頃、目に飛び込んできたのが
紫カーペット。
一面に広がるカタクリは、圧巻です。(*^^*)
DSC03766.jpg
一瞬にして、疲れが吹っ飛びました~。\(^o^)/


その後、車で10分くらい移動。
第二ラウンドは、六万騎山。

3月17日。ちょいと寄った時に咲き始めだった雪割草は
だいぶお疲れのご様子。
その時、ピカピカに咲いていたコシノコバイモ。
さすがに、もう、残ってないかなぁ~。。。と探してみると。。。

かわいい子がまだお花をつけて待っていてくれました。\(^o^)/
DSC03780.jpg

山全体がカタクリに包まれてる? って思っちゃうほどの咲きっぷりな
カタクリの園。
DSC03781.jpg

DSC03782.jpg

登山道の両側にびっしりと。
DSC03797_201604081128208f1.jpg

そのカタクリに紛れて咲いているのが、ミチノクエンゴサク。
DSC03799.jpg

ピンクちゃん
DSC03806.jpg

ブルーちゃん
DSC03809.jpg

天気は下り坂とのことで、ずいぶん、上越国境のお山には
雲がかかってきちゃったけれど、春の訪れを喜ぶ新潟のお山で
お花見を楽しんできました。
DSC03810.jpg

こちらのお山でも、ティッシュをぶちまけたかのように咲いているタムシバ。
DSC03825_20160408112906e50.jpg

そして、下山は、やっぱりかわいいイワウチワちゃん。
DSC03829.jpg

まだまだ目覚めたばかりのおねむちゃんも。
DSC03821_2016040811290506b.jpg

下山後、顔を洗ってさっぱりとしたら、南魚沼の道の駅に寄り道~。
仕上げは、濃厚ソフトクリームとかまどで炊いたコシヒカリの塩むすび。
あぁぁ、今年も、ここの道の駅で車中泊をしちゃうんだろな。(^^;
2016/03/22

雪が溶けたら雪割草

2016.3.17. 
穏やかな日差しの中、地元の方たちが大切にされているという里山で
春の訪れを喜ぶ花たちに会ってきました~♪

DSC03291_2016032021133951c.jpg

自生地の保護だけでなく、盗掘を防ぐという意味で、場所を特定できるような
場所や施設名には一切触れないことを約束して教えていただきました。
そんなわけで、詳細な山域は伏せさせていただきます。


快晴の空に、真っ白な谷川岳。
かっこいいねぇ~。と、定点観測。(^^;
DSC03138_2016032021004733f.jpg

そして、いつものように、土樽PAから、かっこいい白いお山を見上げる。(*^^*)
ここで、朝ごはん。
DSC03140.jpg
六万騎山の、かわいいコシノコバイモに萌え萌えした後は、
小出ICからもう一度関越道に乗って、日本海を目指します。

で、駐車場に車を停め、50歩くらい歩くと、ゴロッと足元にカンアオイ。
DSC03306.jpg
地味な花だけれど、見つけると、なぜか妙に嬉しい。

その隣では、いきなり始まるオウレン祭。
DSC03161.jpg

いやいやいやいや・・・
こんなにたくさんのオウレンが咲いているのを見るのは、初めてのことで
その後は、「うひゃぁ」とか「うひょぉ」とか、感嘆の声を上げっぱなし。
DSC03174.jpg

そして、雪割草ロードの始まり・始まり~。
DSC03171_20160320210051410.jpg

この先、これでもかって咲いてるよ~。って、見どころポイントは何か所か
教えていただいてるのに、初っ端から立ち止まり~の、スクワットをし~ので
なかなか前へ進みません。
DSC03179.jpg

DSC03185_201603202103066ff.jpg

太陽の光をたっぷり浴びて、キクザキイチゲも、ぐ~んと背伸びしているよう。(^^)
DSC03181.jpg

色とりどりのユキワリソウ。
ひとつひとつの花の色が違うだけでなく、蕊の色が違っていたり、
花びらの色がグラデーションになっていたり・・・
DSC03198_20160320210743851.jpg

どの子もとってもかわいくって、
DSC03205_20160320210744bdf.jpg

ちょっと歩いちゃ、立ち止まって、屈んで・・の繰り返し。
DSC03206.jpg

オウレンと雪割草とのコラボもあちこちで。(^^)
DSC03214.jpg

踏まないように、気をつけて歩かないと。(*´ω`)
DSC03229.jpg

このブルーの株は、とっても大きなブーケになっていました。
この日、一番のお気に入り~♪
DSC03236.jpg

でも、ピンクちゃんも、やっぱりかわいいなぁ。(*´ω`)
DSC03246.jpg

キクザキイチゲも元気いっぱい。時々青花も♪
DSC03247.jpg

そして、顔を上げると、穏やかな海の向こうに見えるのは、佐渡。
お花の季節に、佐渡も行ってみたいなぁ。
DSC03257_2016032021104611d.jpg

気持ちのいい道をずんずん歩きます。
でも、ここには雪割草は咲いていません。
日当たりが良すぎちゃうところでは、雪割草は育たないそうです。
DSC03259_20160320211158614.jpg
木を伐採しすぎて、減っちゃったの?
いやいや、やっぱり、来る人が、みんな持っていっちゃうからだよ。
・・・と、地元の人たちの話。

ショウジョウバカマは、まだまだ蕾。
カタクリの葉っぱも出ていたけれど、カタクリと雪割草との
コラボが見られるのは、もうちょっと先みたい。
DSC03260.jpg

あぁぁ、ホント、雪割草で、お腹いっぱい。
DSC03261_2016032021120148e.jpg

そして、ようやく・・・
本当に、ようやく、最終目的地としていた休憩場所につきました。
普通に歩いたら1時間かからないようなところ。
笑いの止まらない2時間半でした。(^^;(^^;
DSC03264_20160321174816f9d.jpg
貸し切りベンチで、佐渡を眺めながら、、のんびりランチタイム。

わぁ、木が斜めって立ってるし。
どれだけ強い風が吹くんでしょう。
DSC03269.jpg

天狗スミレ。ちゃうちゃう。
ナガハシスミレ。
DSC03273.jpg
今年は、ちょっと、スミレを見分けられる目が持てるようになりたいな~。

さて、帰りも、雪割草ロードを。
DSC03277.jpg

DSC03278.jpg

DSC03292_20160320211341f24.jpg

どっさりとお花が咲いている場所では、みんな、ひれ伏したり、倒れ込んだり。
DSC03294.jpg
春の妖精たちに、ずきゅーーーんとなってました。(*^^*)

雪解けを待って、一斉に花をつけた、かわいい子たちにたくさん会えて
大満足の1日となりました。(*^^*)
DSC03296.jpg

DSC03301_2016032021155851c.jpg

帰り道。越後三山を眺めながら・・・
DSC03307.jpg
今年も、新潟yearになっちゃうのかな?(^^;(^^;
2016/03/17

コシノコバイモ祭♪

2016.3.17.(新潟)

登山道の雪の様子が知りたくて、ちょいと偵察。

というか、関越トンネルを抜けて、湯沢から塩沢付近、あまりに
雪が少なくてびっくり!!!

登山口にも、まったく雪がありませんでした。(@_@;)

なら、、と、ちょいと歩いてみましょう。

をぉ、スミレが咲いてるし。(^^)
DSC03144.jpg

ひょえぇぇぇ!!! 
コシノコバイモが、もう、咲いてるっ!!
DSC03145.jpg

まだ咲きたて、ピッカピカ。(*^^*)
DSC03149.jpg

かわいい~。(*^^*)
DSC03158.jpg

うつむいて咲いてるから、下から覗いちゃおぉ~~っと。(*^^*)
DSC03147.jpg

かわいい子は、つぼみもかわいい。(^^)
DSC03150_201603172216013b1.jpg
調べてみると、ミノコバイモというのもあるそうな。
見てみたいな~。

ちょいと時間が早かったので、キクザキイチゲはまだおねむ。
DSC03148.jpg

カタクリは、ようやくつぼみをつけた子が、ちらほら。
カタクリの絨毯になるには、もうちょっと。
DSC03154.jpg

でも、今にも咲きだしそうな子も。
きっと、この子は、今日の午後か、明日の午後には開くね。(^^)
DSC03155_201603172210554bd.jpg

ユキワリソウもあちこちに。
いやいや、本番は、これからだけどさ。(^^;
DSC03160.jpg

ちょっと偵察のつもりで、クロックスで車から降りちゃったのを
激しく後悔~。(^^;(^^;
ん!? 靴に履き替えてきちゃったら、山頂まで行っちゃったか。(^^;(^^;
DSC03156.jpg
いやぁ、それにしても、雪をかぶったお山はかっこいいねぇ。


がっ!!!
カタクリとミチノクエンゴサクとコシノコバイモのコラボを、今年も
見に行きたいなぁ~。って思っていたけれど・・・
いつにしたらいいんだぁ!?!?   悩むっ。
2015/10/30

今年は新潟っ!  諦めきれずに巻機山~

この秋、輝く草紅葉を楽しみに行こうと思っていた巻機山。
お天気が悪くて、平標山に変更。
もう、日も短くなってきたし。今年は無理だな。と、諦めていましたが・・・
最後のチャンスと言わんばかりの晴天予報。これは行くしかないでしょう♪

さすがに車中泊では寒いので、3時に起きられたら巻機山。
寝坊したら尾瀬の笠ヶ岳。さらに寝坊したら前袈裟丸。なんて思っていたら
しっかり3時に起きられました。\(^o^)/

3:40に出発。赤城ICから関越道へ。
6時少し過ぎに桜坂の駐車場へ着きました。
この時期の平日の登る人なんていないかな?と思っていたら、
すでに5台くらいの車が停まっていました。

お天気は上々。
あそこを登ってさらにその先まで。大丈夫かなぁ。と、ちょいと
不安に思いながらも、黙々と。
DSC01192_2015102919100299a.jpg

ミズナラやブナはすっかり葉を落としてしまっていたけれど、
時々、はっとするほど美しい色付きの木がありました。
DSC01195.jpg
日陰だから、全然鮮やかじゃないね。(笑)

ようやく日が登ってきたよ~。
冷たい風を警戒して、ニットの帽子にフリース。
暖かい格好をしてきたけれど、一気に暑くなりました。(^^)
DSC01198.jpg

を~、あれが東洋のマッターホルン、大源太山?
DSC01199.jpg

雨上がりには思いきりぬかるんでいるんだろうなぁ。と思える登山道。
そこに落ち葉が積もっていて、思いもよらないところでツルっと滑ります。(^^;
「わぁ、きれいだなぁ」なんて、よそ見をしていると、特にねっ。(^^;(^^;
DSC01200.jpg

登山道脇には○合目と言う柱が立っているので、それを励みに・・・
で、〇合目5勺は、何となく「あぁ、半分か」って思うんだけど、7勺って・・・(笑)
まぁ、ちょっとやる気が出るような、出ないような・・・
DSC01202.jpg

快晴の空に枝を伸ばすブナの木々。
あ~、きれいだなぁ。
青空と繊細な枝先は最強だな。なんて思いながら、延々と歩きます。
DSC01203.jpg

だんだん、木の高さも低くなり、視界が開けてきました~。
ヌクビ沢。こちらの登山コースは上級者用~。
あんなところを登るのか~い。(@_@;)と思いながら見上げちゃいましたよ~。
DSC01207.jpg
私は井戸尾根往復で精いっぱいでござります~。

振り返ると、見つけるととっても嬉しい山の一つになった火打・妙高山。
その左には、雪を頂いた白馬岳~。
DSC01209.jpg

ここは、朝日岳へ続く稜線。。。だったかな?(^^;
なぜか、上越国境に連なる稜線を眺めるのが好きな私。
キュンキュンでござります。
DSC01219.jpg

で、8合目から9合目まで延々と続く階段。
このあたりは、人の踏み込みで荒れてしまった植生を回復させるために
ボランティアの方たちが手を加え、保護しているんだそうです。
で、もちろん、ここを登り切ってもまだ山頂でないことは学習済み。
そんなわけで、心が折れました~。
DSC01224.jpg

でも、振り返ったら、、、
富士山見っけ~~~!!!\(^o^)/
DSC01226.jpg
手前の鞍部に見える小さな建物は清水峠の避難小屋かな?

富士山パワーで元気が出たのも束の間。
延々と続く階段に「もう、二度と来るもんかっ!!」って、何度思ったでしょう。
DSC01228.jpg

でも、登り切って、巻機山の稜線が見えた途端、そ~んな気持ちは
一瞬で吹っ飛びました。
DSC01230.jpg

そこにいるだけでやさしい気持ちになれる、穏やかな表情を見せる山の景色。
あ~、こういう場所。大好きだよ~。(*^^*)
DSC01231.jpg

振り返れば、妙高・火打山もずっと見えてるしさ。
DSC01232.jpg

ニセ巻機の山頂では、昨夜避難小屋にお泊りしたという若いお二人が
スキー場の同定をしていました。
DSC01233.jpg
もう、ここから巻機山の山頂を眺めるだけで満足かも~。(^O^;

でも、気持ちのいい稜線を進みます。(*^^*)
超きれいだと噂の巻機山避難小屋へは、いったん下ります~。
DSC01237.jpg

日陰には雪が残っていました。
雪のついた木道は、怖し。。。そろり・そろりと一歩ずつ。
DSC01238.jpg

避難小屋はすっかり雪囲いがされ、冬を迎える準備が整っていました。
雪囲いを外せば中を覗くことができたんだろうけど、面倒だからや~めた。
小屋の向かい側にし歩くと水場があるそうなんだけど、こちらも雪があるからや~めた。
DSC01239.jpg

しばし休憩の後、山頂を目指しましょう~。
あ~、やっぱり、基本、こういう雰囲気の山が好きなんだなぁ。。。と
しみじみと思ってしまいました。
DSC01242.jpg
前を見てもキュンキュン☆

後ろを見てもキュンキュン☆
DSC01243.jpg

駐車場を出てから4時間。
ようやく山頂につきました~。\(^o^)/
DSC01247.jpg

山頂標の奥を覗くと、ド~ンとそびえる越後三山。
この大きなお山たちを眺めるのも楽しみにしていました。(*^^*)
DSC01251.jpg
来年は、きっとお邪魔しますよ~。(^^)/~~

で、本当の山頂は、山頂の標の少し先にあるので行ってみましょう~。
口元緩みっぱなし。
きっと、初夏にはかわいいお花たちが咲き乱れてるんでしょうね~。
DSC01255.jpg

さりげな~く、本当の巻機山頂がありました。
DSC01258.jpg

今まで歩いてきたところを振り返る。あ~、ずっと谷川連峰に
そして、苗場山に背中を押されながらここまで歩いてきたんだねー。
DSC01261.jpg
で、実は、ここから先が本当のお楽しみ。(*^^*)

連なる上越国境のお山を眺めながら、牛ヶ岳まで続く稜線をお散歩~。
DSC01262.jpg

雪が溶けてぐちゃぐちゃだったり、風が強くて一瞬心細くなっちゃったりしたけれど、
でも、憧れだったこの稜線上を歩くことができて、もう、大満足。
DSC01265.jpg

すれ違う人とは「こんにちは~」と挨拶をしたその次には
口々に「最高の眺望ですね~」と。
DSC01267.jpg

牛ヶ岳の山頂には、かわいい祠が。
その奥、右側のとんがったピークが割引岳。
次は、あっちのピークにも行ってみたいな~。
その時は、避難小屋へお泊りかな~。と、膨らむ妄想。
DSC01268.jpg
「二度と来るもんか!」なんて思ってたことは、すっかり忘れてました。(^^;

遮るもののない牛ヶ岳山頂から、ぐるっと見渡してみましょう~。
(間違ってたら教えてくださいませm(__)m)
まず、越後三山。中央が越後駒が岳。
DSC01271.jpg

奥中央が燧ケ岳。左側に平ヶ岳。さらにその左奥が会津駒ヶ岳。
燧ケ岳の右が黒岩山・鬼怒沼山・女峰山。
DSC01272.jpg

尾瀬方面。ほぼ中央に至仏山。さらに右に小笠から笠ヶ岳。
その奥は、左に大真名子・小真名子・女峰山。
男体山は、至仏山の陰に隠れて見えません。
至仏山の右は、奥白根・錫が岳・少し離れて皇海山・袈裟丸。
手前に見えてるのが奥利根湖。
DSC01274.jpg

割引岳の向こうに妙高火打。で、奥に白馬。
DSC01275.jpg

やっぱり嬉しくって火打山あ~~っぷ。(*^^*)
DSC01276.jpg

ど~んと武尊山。その奥に赤城山。
DSC01279.jpg
で、谷川連峰は、、、、さっぱりで、ギブ。(^O^;

眺望を楽しんだら、名残惜しいけど下山しましょう~。
DSC01280.jpg

でも、雪があったら、、、やっぱり作っちゃうよね~。
DSC01282.jpg

尾瀬~日光の山並は、やっぱり何度も何度も見ちゃう。
燧ケ岳が、会津駒ヶ岳が思ってた以上に近くに見えてびっくり。
DSC01283.jpg

今日も、ホテル青い車並みの青空に感謝!
DSC01288.jpg

山頂の標のところでお昼ごはん。
今日は、鶏ゴボウごはん~。
ついつい食べ過ぎちゃう、危険なおにぎり。(^O^;
DSC01292.jpg

そしたら、ホントに下山しましょう~。
ニセ巻機までは、気持ちのいい、そこにいられることが嬉しくて
仕方ない程の気持ちになれる稜線散歩~。
DSC01298.jpg

さようなら。
二度と来るもんか。なんて言ってごめんね。
DSC01303.jpg
違った表情を見せてくれる季節に、必ずきっとまた。

登山道沿いの紅葉はすっかり終わってしまったけれど、
沢沿いを覗き込むと、まだまだ鮮やかに色づいた木々。
DSC01311.jpg

そして、登山道わきでは、春になったら花を咲かせるための準備が
着々と進んでいました。
DSC01312.jpg

5合目より下では、まだまだ鮮やかに色づく木も。
DSC01323.jpg

名残りの紅葉を楽しみながら、駐車場に戻りました。
巻機山頂から3時間。頑張った。(笑)
DSC01327.jpg

あっ、何かお花が咲いてた! 
なんか、お花の写真を撮ったの。久しぶり。(笑)
DSC01328.jpg



下山後は、新米コシヒカリを買いに南魚沼の道の駅へ~。
そこで、ちょっと早いけど、晩ご飯。
DSC01331.jpg

そして仕上げは、湯沢温泉。駒子の湯~。
DSC01332.jpg
いよしっ、これであとは、家に帰ったら寝るだけだぞ~! と、
下道で帰宅。

寝る気満々でお布団に入ったのに、ナチュラルハイ状態で
なかなか寝付けなかった帰宅後の夜でした。(^O^;

オオミスミソウの咲く角田山に始まった新潟詣で。
たくさんのお花や、素敵な山々の景色に囲まれ、
どこも幸せ~な山行となりました。
今年は、ひとまずこれでおしまい。新潟ブームはまだまだ続く。
春になったら、またまたオオミスミソウ。再びだなっ☆(*^^)v
2015/09/21

かっこいい谷川岳主脈稜線に萌え萌えっ☆

心の目で見てねっ。(^O^;



シルバーウィーク。なにそれおいしいの? の私。(T_T)
お山へ行けるのは、この日だけ。(T_T)
巻機山の草紅葉が見たくて、ホテル青い車は2週連続で三国峠越え。
猿ヶ京温泉付近では、きれいな星空だったのに、湯沢は雨でした。(^O^;
雨の中、初めてのお山へ登る勇気もなく、来た道をUターン。

平標山-仙の倉山で草紅葉&木々の紅葉を楽しみましょ~♪
出発前、駐車場で「天気とくらす」を見る。登山指数「A」いよしっ。
と、登り始めたところで、雨が降り始める。(^^;(^^;

登山口から約1時間。最初のポイント、鉄塔まで来ました。
私プランの中では、ここで振り返ると、ど~んと苗場山が見える。
そんな予定でした。
DSC00211_20150921114234c19.jpg
さぁ、振り返ってみましょう♪

あはは。真っ白。(^O^;

でも、虹が出ていました♪
DSC00212.jpg
これから、日がさしてくるのかな~?
ちょっぴり期待♪

更に1時間。松手山まで来ました。
私プランの中では、この先は、平標の山頂を目指してルンルンの
稜線散歩♪
DSC00213_2015092111423702a.jpg

ん~、足元のクロマメノキの葉っぱが鮮やかだなぁ。。。
DSC00219_20150921114241ed0.jpg

ピカピカのツリガネニンジン。
この手のベル型のお花は、かわいいから好き~。(*^^*)
DSC00214.jpg

う~ん、日がさしてたら、最高にきれいな紅葉の景色が
見られたんだろうなぁ。(T_T)
DSC00220_20150921114349fc6.jpg

ミネザクラも鮮やか~♪
黄色から赤へのグラデーション。
DSC00221.jpg

ちょっとじめじめしたところに咲いてた、イワショウブ。。。だよね?(^^;
いやさ、私の知ってるイワショウブの2倍以上の大きさ。(^O^;
DSC00223.jpg

階段わきの、風の当たらないところでは、ミヤマコゴメグサが
たくさん咲いてました~。
DSC00226.jpg

山頂直下のツツジやカエデが、ホントに鮮やか。
このガスってる中で、これだけきれいな紅葉が見られちゃうんだから
晴れてたら、それはそれはきれいなんだろうな~。
DSC00229_201509211145126ac.jpg

今度は、そんな時に来てみたいな~♪
DSC00230_201509211145142ad.jpg

山頂。。。ここで数人の方たちと一緒になりました。
みんな、この悪天候。残念だけど、下山します。と。
DSC00231_201509211145162d0.jpg

1人、鞍部のお花畑へ続く階段を降りていきます。
そこは、思いきり風の通り道。
首にぶら下げた手ぬぐいをパタパタさせながらぐるぐる巡るのは
T.M.Revolutionの WHITE BREATH 。思わず熱唱。(笑)
DSC00232.jpg
凍えそうな季節に君は、愛をどうこう云うの~♪(^O^;;;

                  誰も聞いていないって、素晴らしい。(笑)

きっと晴れていれば、輝く草紅葉。って言う表現を絶対使うと思う。
でも、こんなお天気の時は、「枯草」(笑)
人間の目って案外いい加減だな~と思う。
DSC00235_20150921114705f28.jpg

あっ、ハクサンイチゲ。咲き始め。
なんてけなげなんでしょ。
寒さに負けないで、ちゃんと実を結んでね。
DSC00233.jpg

天気が悪くても、赤や黄色。鮮やかな紅葉が
目を楽しませてくれました~。(^^)
DSC00237_20150921114707df6.jpg

DSC00239_2015092111470839a.jpg

太陽。出て来いやぁぁぁ!!!
DSC00241.jpg

でも、ダメでした。(T_T)
DSC00243.jpg

仙の倉山。貸切。(T_T)
今回で4回目の仙の倉山。登るたびに天気が悪くなってくるので
ちょっぴり凹む。
DSC00245_201509211148360cf.jpg
でも、また来ちゃうもんね~。
今度は残雪期?
う~ん、麓、紅葉。谷川岳、冠雪。なんて頃??(笑)


さて、帰りも、鮮やかな紅葉を楽しみながら戻りましょう。
DSC00257_20150921114838843.jpg
今回も、谷川岳のかっこいい稜線は見られなかったけど、
美しい紅葉と、悪い天気の中を歩く非日常的な感じで、ちょっぴり楽しい。

あはは、ヘチマの「たわし」みたい。
DSC00261.jpg

すれ違う人と「いやぁ、やれやれなお天気ですねぇ」なんて声を
かけあうけれど、なんか、妙に楽しい。
DSC00263_20150921114840f40.jpg
ダウンとレインウェアという、まだ9月ですけど、何か? って格好だけどね。(^^;

あっ、イワインチンが咲いてる!
この夏、湯の丸山ではじめまして。と出会って、1つ、新しく覚えたお花です♪
DSC00265.jpg

平標山山頂再びはそのままスルー。
山の家に向かって下山しましょう。
DSC00268_20150921114931f05.jpg

あれあれあれあれ???
DSC00272.jpg

キタぁ~~~~!!!
なんて鮮やか。(*^^*)
DSC00274_20150921114935073.jpg

一気に遠くの山々を見渡せるようになりました。
とりあえずすぐにわかったのが、赤城山と榛名山。
DSC00277_20150921114936b68.jpg
残念ながら、苗場山にかかる雲は切れることなかったけどさ。

「枯草」から「草紅葉」に格上げされました。
DSC00278.jpg

めちゃめちゃきれい~。
巻機山の草紅葉が見られなくて残念~。なんて気持ちは、
いつの間にかどこかへ吹っ飛んでいってしまいました。
DSC00281_20150921115037558.jpg

赤にオレンジ。ピッカピカ。(*^^*)
DSC00288.jpg

見えてるのになかなか着かない山の家。
DSC00290.jpg

ここから見上げる平標~仙の倉山の景色は、大好き♪
さてさて、今日、3度目のランチタイムにしましょう。
DSC00295_2015092111504179d.jpg

三国山方面をちょっと偵察。
いやね、紅葉がそれはそれはきれいなんだそうで・・・
いつか、木々がカラフルに染まった頃歩いてみたいな~と。
DSC00301.jpg

ちょっと歩いただけで、展望が開けてくるところもあり・・・
もうちょい秋が深まった頃、再訪の楽しみができました。(*^^*)
DSC00302_201509211156104e7.jpg

ミズナラの葉っぱの上には、赤い宝石。(^^)
DSC00304.jpg

2つずつ仲良く並んだ実がブルーベリーみたい。
オオナルコユリ。。と言うそうです。
DSC00309_20150921115613ae0.jpg

まだまだ緑色が鮮やかな樹林帯。
ブナとカラマツが黄葉したら、どんな景色を見せてくれるんでしょうね。
DSC00311.jpg

林道まで下りてくると、ゲンノショウコが咲きまくり。
なかなかいい色です♪
DSC00313_20150921115728458.jpg

弾けたツリバナ~。
この時期、妙に目に付くド派手ピンク。
DSC00317.jpg

ミゾソバもかわいいな~。
DSC00321.jpg
天気が悪いってのに、あちゃらこちゃらで休憩しまくり、で、
ほぼ、最後の下山組。。となりました。(^O^;

朝は見えなかった鉄塔が、しっかり見えちゃってたりすると、
ちょっぴり「くそぅ」な気持ちになっちゃったりもするのです。(^^;(^^;
DSC00323.jpg

帰りは、赤城おろしに吹かれながら帰宅。
もしかして、今シーズンお初の冬型の気圧配置。。だったのかな?