2017/02/25

三岳らへんで地形図遊ばれ

2月18日(土)
かっこよく「地形図遊びをしたよ~」と言いたいところだったけれど、
完全に、遊ばれてきました。(^^;

この方に案内をしていただいて、三岳横断。

山歩きの楽しさって、その時、その場所でいろんな方たちに教えていただいたけど
フィールドに出たら全力で遊びましょう!と教えてくださったのは、
間違いなく、この人でしょう。
どんな条件のもとでも、きっちりと楽しく山歩きができるのは、
ベー太さんに撒いてもらった種のおかげ♪だと思っています。

で、冬が来る前から、とっても楽しみにしてました。
6時に家を出たら、8時前には中禅寺湖畔。。。(^O^;
さすがに早すぎたっ! と、寄り道しながら湯元まで。
DSC00034.jpg

前日は春の嵐~。
からの、この日は、冬型が強まって、湯元では、雪が降ってるんじゃないかな?
って、心配したけれど、素晴らしい青空が広がっていました。
DSC00039.jpg
まっ白な金精山がかっこいい♪

まず、集合場所のホテルに着いたら、出発前に事前勉強会。
地形図に、今日歩くルートを書いてみましょう~。
「どこを通ったら、楽に目的地に着けるかな~?」とか、
「積雪期は急な斜面のトラバースは避けましょう。なんで?」
なんて話をしながらルートを書いて、その地図を持ったら、いざっ!!

金精道路に入ったところで、スノーシューを装着。
そして、相撲を取ります。。。じゃなくて、ストレッチ。
最近、頑張りすぎるとすぐ足が攣るからさ、上手なストレッチの
仕方を教えていただきました。
がっ!!  ストレッチにならないほど体が硬い私。(^^;
02181620(2)金精道路

一般的には、三岳へは、林道経由で取りつくそうですが、
雪つむりがたくさんお散歩中の金精道路をしばし登って、
元料金所の辺りから、森の中へ。
DSC00041_20170222232234ffd.jpg
今ではすっかり忘れられつつある、湯元から光徳へ抜ける登山道が
あるんだそうです。

「古の人の行き来を思いながら、静かな針葉樹の森を・・・」
なんて、一瞬思ったけれど、いきなり目の前には、急な斜面~。(^O^;;


いやね、この日のために、スノーシューを新調してしまいました。
そのくらい、気合入りまくり。
今までのスノーシューだったら、ずるずるしちゃいそうな斜面も、
ガシガシ上っていけます。
DSC00044.jpg
ついでに「なんでもない日おめでとう~」と、めぐやんにプレゼントしてもらった
ザックも、使い初め。ピカピカの1年生の気分です。(笑)

動物の食痕のお話を聞いたり、雪の脱力ちゃんの出来方の
お話を聞いたりしながら、ゆるゆる~~~っと。
02181620(6)サルの食痕


三岳は昔は火山だったんだよ~。の面影を残す森のなかで、、、

「さっ、先にどうぞ♪ 安全に林道へ出てね~」と言われ。。。

ココロの準備はできていたはずだけど、、、、
さて、どっちへ行ったらいいのやら。
たどり着きたい場所は、点でなく、林道を目指せばいいんだから・・・
時間は11時。太陽の位置から、東はこっち。えっ、東はどっち?(^O^;;
コンパスの使い方も、マスターしてたつもりだけど、あれれ、磁北線って
どっちに傾いてたんだっけ?    完璧、思考回路。フリーズです。(^O^;;;;;;;;
DSC00048_2017022223223758b.jpg
困ったときの助け舟。。。
数十メートル先に、林道の、、、ルートマーカーの青リボンのありかを教えてもらいました。
がっ、目の前の大きな石とか倒木を避けて歩いてたら、あっさりとそれを見失う。(^^;

直線距離300メートルを進むのに1時間。(^O^;
DSC00056_20170222232335fdf.jpg
モフモフちゃんとかはすぐに見つけられるんだけどね、地形図とか、
その場所の様子をじっくり見て、ルートを見つけましょうは、もっと
がんばれ! だな。

貸し切りの森の中。
こんな森の中を、心の声とお話ししながら歩けるようになったら
楽しいだろうな~。
DSC00057_20170222232337ee9.jpg

さて~、そのためには、よく地図を見て~。
今いる場所はどこ?
どっちに進んだらいいの?
ひとまず、峠を目指します。
あっ、私は戦線離脱。次回は先頭で頑張りますんで。(^^;(^^;
DSC00067.jpg

さっきまでは、アスナロの森だったのが、明るいダケカンバの森に変わりました。
そして、さっきまでだだっ広い雪原だったけど、北三岳と南三岳の斜面が
だんだん近づいてきました。
目指す峠がだんだん近づいてきているのがわかります。
DSC00072_201702222323409e5.jpg

で、(庭)さんのスノーシューは、絶好調。
今までは、できるだけ避けていたトラバースが、楽しくて仕方ありません。(^^;
そして、わかんで参加の(岩)さん。
私よりもはるかに体重の軽い彼女の足元は、うんと雪に沈み込んでいました。
ところが、急な斜面を下るのは、かかとから足をついてひょいひょいと。
スノーシューとわかんとの違い、で、それぞれ得意、不得意なこと
なんかも教えていただきました。
IMG_4526.jpg

あっ、フォトジェニックなモノが落ちてた♪
せっかくだから、日向にもってこよっ。。っと、うっしっし♪なところが
見つかってしまいました。(^^;
IMG_4540.jpg
山アジサイの影が雪面に映ったら素敵だろうな~。と思ったのに、
太陽、、、隠れちゃうし。(T_T)

でも、木の枝は、誰も踏んでいない雪面に素敵な模様を描いてました。(^^)
DSC00074_20170222232341b8b.jpg

大きな岩だ~!!
これは、噴石として吹っ飛んできたものなのか、地中から出てきたものなのかは
わからないけれど、独特の雰囲気です。このあたり。
そして、大きな岩の上からしっかり根を下ろす木たち。
生命力の強さを感じます。
DSC00076_2017022223244989b.jpg

峠まで登ってきました。ここでお昼!
時間は13時過ぎ。(^^;(^^;
広がる青空に、刷毛でなぞったような雲がとっても素敵です。
DSC00090_201702222324505ed.jpg

あっという間にその雲も消え、インクを流したような色な、快晴の空!
普段の心がけの良さだよな。。。なんて馬鹿なことを言いながら
オプションの。。。。。
ダケカンバの急斜面で、スノーシューの練習。
ベー太さんの歩いた足跡は美しい。全然ズルッとしてないの。

急な斜面は、「カモエダズンネ・カモエダズンネ」と、心で唱えながら(笑)
登りきると。。。
DSC00093.jpg

わぁ、優しい尾根。もちろん、誰も歩いていません。
DSC00101_201702222324530ed.jpg

そして、振り返ると、大好きな日光の景色♪
DSC00130_20170222232634446.jpg
やっぱり男体山が見える景色は、特別だな。。。そう思ってしまいます。
中禅寺湖も、高山も、社山も見えてます♪
そして、家から見る日光の山並みは、男体山の右側に
大真名子山や女峰山が見えるんだけど、ここからだと、それらの山は
男体山の左側に。。。ちょっぴり不思議な感じです。
ちょうど佐野の逆側から男体山を見ていることになります。

いや~、ちみのおかげで、ここまで案内してもらえたよ~。
技術のなさは、道具でカバー。(^^;;
DSC00118_20170222232455f77.jpg

「奥白根も見えてるよ~」と教えてもらった方へ行ってみると、
山頂だけがちょこんと。(^^)
DSC00122_2017022223263106f.jpg

そして、金精山は、やっぱりかっこいい。(^O^)
DSC00127.jpg

いつまで眺めていても飽きない景色です。
心地いい空間に、穏やか~~な時間が流れていきました。
IMG_4616.jpg
光徳牧場の奥の斜面の上にはこんな景色があったんだね。
南三岳の山頂付近には、中国の桂林にあるような岩峰があるってのは
誰かの山行レポで見たことがありました。
あのあたりが、その岩峰ですね~。って教えていただきました。
どんな景色が広がってるのかな~。それは、ココロの目で。
複雑な地形&倒木にゴロゴロ岩に、微妙に育った針葉樹の幼木に・・・
のエリアなんだそうです。

あまりの居心地の良さに、お約束の寝っころがり。(^^;
IMG_4642_CR2.jpg
「地形図が読めれば、自由に遊べるフィールドが増えるよー」と、言われ、
そだよね、地形が読めれば、大好きな静かな山歩きが楽しめるんだよね。
がんばろっ。

名残惜しいけれど、ぼちぼち下山です。
男体山の爆裂火口に向かって、急な斜面をおっかなびっくり。
DSC00133.jpg

峠付近のダケカンバの幹には、グルグルにまかれたスズランテープ。
初めてその光景を鳴神山で見たときは、かなり衝撃的でした。
で、、をいをい、こんな山奥でもかい。。そんな気持ちになるほど、
シカの食害を防ぐために、木の幹には、スズランテープが巻きつけられていました。
鹿避けネットよりも効果があるんだとか。
しかも、視覚的な効果があるそうで、巻いてあるテープは、みんな白!

そして、あちこちに鹿の足跡。
しかも、おなかを擦りながら歩いている様子がよくわかります。
DSC00134_20170222232637e3c.jpg
厳しい自然の中で生きていくのは大変・・・だね。

そして、その厳しい中で「疲れたよ」と、うなだれた羊。(笑)
DSC00138.jpg

それと、宇宙人が手を振って見送ってくれました。(^O^)
DSC00143.jpg

「ゆっくりしすぎると、日が暮れるよ~~!」と、声をかけられ、、、
楽しかった三岳横断は、間もなくおしまい。
DSC00146_20170222232812e00.jpg

川を渡れば、光徳牧場までもう少し。
DSC00148_2017022223281325c.jpg
や~、この川、光徳沼まで続いているのか・・・と思うと、なんか、
ちょっとだけ不思議な感じです。

名残惜しくて振り返る。。。
あの谷間を抜けて、湯元から歩いてきました。
距離にしたら4㎞+α。。とってもこゆい時間でした。
DSC00149.jpg

ホテルに戻ったら、反省会。
さて、地形図に、今日歩いてきたルートを書きましょう。
DSC00159_20170222232906167.jpg
赤ペン先生の添削付き。
ざっくりは見られたけれど、登った谷、歩いた尾根。。
細かいところはまだまだだな。(^_^.)
これからの山歩きで、地形図見ながらの遊び方のヒントをもらったりして、
充実の1日は終了♪

のぼせるほど温泉につかったら、ライトアップ♪
DSC00153_2017022223290248d.jpg

春の陽気に、溶けちゃったかな? って、心配だったけれど、
まだまだきれいな氷の彫刻に会えてよかった~♪
DSC00156_2017022223290421d.jpg
この冬、一番のイベントが終わっちゃったな。
ちょっぴり寂しい気持ちと、楽しかった1日を振り返りながら帰宅。


今回も、べー太さんには、興味の種をたくさん撒いていただきました。
なぜか、この人に種をまいてもらうと、せっせと水やりをして育てたく
なっちゃうのよね。
たくさん芽が出て、おっきく育つかな~?
あっ、、来年は、先頭行きます。(ホントかな?(^^;)

今回のツアー。
「子供ぢゃないんだから・・・」のわがままにも対応していただき
ありがとうございました。
で、私が映っている写真は、ベー太さんと(岩)さんから頂いたものです。感謝。m(__)m


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
奥日光小西ホテル ネイチャーツアー
http://www.okunikko.co.jp/naturetour/
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
2017/02/19

ご近所花めぐり

柿平・セツブンソウ

動物除けの柵が設置されていました。
セツブンソウを守るために、地元の方たちが尽力してくださったそうで、
ほんと、ありがたいことです。
DSC00173_20170219181923437.jpg
人除けの柵が設置されないように、気をつけなきゃね。(^^;

春の妖精が、今年も元気にやってきました。(^^)
DSC00172_20170219181920be8.jpg

まだ、おねむちゃんもたくさん。
これから、もっともっと、目を楽しませてくれることでしょう~♪
DSC00168.jpg

日当りのいいところでは、背中をピーンと伸ばして
可愛い花を咲かせてましたよ。
DSC00162_201702191819169f7.jpg

目が合った。ドキッ☆
DSC00164_201702191819181c1.jpg

ソメイヨシノじゃなくても、桜が咲くと、やっぱりうれしい♪
DSC00174.jpg


佐野市梅林公園

全体的には、ちょっぴり寂しい感じだけど、なんか、いつもこんな感じの
ような気も・・・(;^ω^)
DSC00179.jpg
毎年時期を外してるってこと?(笑)

紅梅はぼちぼち満開の時期を終え、花の色が茶色くなり始めてました。
それに代わって、白梅たちが元気いっぱい。

わ、この子たちは、つぼみ~花の雰囲気がほんのり緑色。
DSC00175_20170219182044163.jpg

こちらは薄ピンク。
あたりには、梅の花のいい香り~♪が漂ってました。
DSC00180_2017021918204871a.jpg

ロウバイもあった~。
そういや、今年は切り花になってるのしか見てなかったものね。
うれしい~。\(^o^)/
DSC00181.jpg


三毳山公園

雪割草~。今年は、たくさん植えてくださったようで・・・
DSC00183_20170219182150797.jpg

あちこちにかわいい花。
今年も新潟に見に行かなきゃね。(^^)
DSC00185.jpg

ここに植えられた雪割草たちも、種がこぼれて、来年は、もっと株数が
増えていてくれたらいいな~。
DSC00187_20170219182153369.jpg
近づく春の足音に、心ウキウキ。
でも、まだ冬、、、終わっちゃダメ~。(^O^)
2017/02/14

お抱え運転手で東京ドーム

今年も母を連れて行ってあげようと計画してたら、
「行くなら一緒に乗せてってよー」と、話好きなおばさんたちから逃れられず(^^;
小さな車に4人で。
話は延々と尽きることなく、そのうち車の中。酸欠になるんじゃね? って
思いながら東京ドーム。

休日の都心は走りやすいね~と、渋滞もなくスムーズに着いたけれど、
駐車場に入る列に並び損ねて(^^;、東京ドームの周りを1周。(^O^;

目的はこちら。世界らん展。
DSC09927.jpg
お休みの日じゃ、嫌になるほど混んでるんじゃない?
って心配したけれど、思っていたほどの混雑はなくて、一安心。

この日に向けて、大事に大事に育てられてきた蘭の花たちが
これでもかって、飾られていました。
DSC09928.jpg

洋ランが好きか? と聞かれたら、「それほどでも~」って感じだけど、
でも、これだけたくさんのコチョウランとかカトレアが飾られていたら
やっぱり「すごっっ」っと思ってしまいます。
DSC09931.jpg

ディスプレイもほんとに素敵だし、これだけの花たちに囲まれて
過ごすなんて、もぉ、非日常なことだものね。
DSC09933.jpg

今年の日本大賞は、こちら!
鮮やかなピンクが、ホントにきれいな色でした。
DSC09937_2017021320363475a.jpg
デンドロビュームって、茎にちょんちょんって花をつけるのかと思っていたけど
上の方にもっさりと咲くものもあるんだねー。
まだまだ知らないことだらけ。

パヒューム部門で優秀賞に選ばれた3鉢。
この花の香りが一番好きでした。(*^_^*)
DSC09939.jpg
ずらっと並んだ入賞作。一つずつ鼻をくっつけてクンクンしまくり。
どれがどれだかわからなくなってきたけど、戻ってきてこの花の香りに
触れると、癒されるわ~♪ って感じ。(^^)

実は、エビネは好き!な私。
実家の裏庭に植えてあったエビネは茶色い花だったけれど、
園芸種の物は、白やらピンクやら紫やら。
DSC09942.jpg

こんなかわいい子が咲くのを心待ちにしながらお世話するのは
楽しいだろうな~。
DSC09948.jpg

そして、もひとつ好きなのが、セッコク。
これは、、、鉢植えになってるのじゃなくて、一度、木にくっついて
咲いているところを見てみたいなぁ。
くっついてるところまではたどり着けてるんだけど、なかなか開花時期に
合わせるのは難しい。。。
DSC09943.jpg

うわっ、これ、めちゃめちゃきれい!!
DSC09946_201702132038224f9.jpg

アリよりも小さな花も咲いてました。
一つ一つは、ちゃんと蘭の花の形をしてるのがすごいっ。
DSC09954.jpg

きれいなブルーの花。
どうも私は、ちっちゃいものがやっぱり好きなようです。(^^;
DSC09960.jpg

市松模様に植えられたコケの庭。そのあちこちに
きれいな花たち。
窓を開けたらこんな景色だったら、幸せだろうね~。
DSC09970.jpg
お世話する手間は考えたくないけどさ。(^^;


DSC09976_2017021320410620c.jpg


DSC09949_2017021320452278f.jpg

桃の花とコラボだ…
DSC09977.jpg

・・・と思いながら正面に回ったら、胡蝶蘭で雛飾り。
DSC09988.jpg

この作品は、栃木県でランを栽培されている方の物。
日光の春の息吹を表現したものもなんだそうです。
DSC09985_20170213204527a17.jpg
ところどころに溶岩もあしらってあって、小さな湖も作ってあって・・・
てっぺんにあしらった胡蝶蘭は、きっと男体山の雪を表現してるんだろうね~。

おとぎの国チックなのも楽しいね♪
DSC09980.jpg

これは、一昨年日本大賞を受賞したデンドロビューム。
そうそう、前回来たときは、これが中央にド~ンと飾られていた、
その株が、今回は、手に届くところに飾られていました。
DSC00006_20170213204657342.jpg
「今年の大賞はちょっと地味だな」一昨年は、そんな風に思ったけれど
近くで見ると、つやつやしている花たち。
つぼみから開き始めるとどんどん色が変わってくるところも、とっても素敵です。

このランは、太陽の光が大好きな種類なんだそうです。
DSC00011_201702132046586a0.jpg
そして、暗い展示室の中には、光合成をしないランが・・・
ツチアケビや、オニノヤガラなども、大事に展示されていました。
山へ行けばそれらが見られる。。。やっぱ、山の中って宝物が
たくさんあるんだなぁ。ってしみじみと。

この子もかわいいっ!!
DSC09952_20170213204700feb.jpg
もぉ、すご~い。とか、かわいい~。とか、きれい~。とか。
何回言ったでしょう。
NGワードに指定されてたら、罰ゲーム確定です。(^^;

ディスプレイ部門では、生け花とも盆栽ともちと違う・・・
でも、一つ一つが素敵な世界を作っていました。
DSC00004_20170213204654d83.jpg

DSC00005.jpg

DSC09990_20170213204753382.jpg

私も、サンキャッチャーにお花を括り付けてみようかな?
DSC00003.jpg
いやいや、そんなもったいないこと、できないな。(^○^;

美ら海水族館とのコラボ。
チンアナゴに思いきり癒されたら・・・
DSC00019_20170213204750a0b.jpg
ショッピングタイム、行きますよ~。

今回は、絶対にセッコクの苗を買って帰ろうと思っていたのに、、、、

私の心をつかんでしまったのは、瓶の中で、ゆらゆらと・・・
DSC00029_20170213204751bb5.jpg
かわいい・・・(#^^#)

花の時期は、もう終わってしまったそうだけど、今年の冬の初め・・・
きっと、こんな花が咲いて、私を喜ばせてくれるはず。
DSC09957_201702132041029b4.jpg
が~~~。。。
エアプランツすら枯らしてしまう私。
ショップのお兄さん曰く「枯らす方が難しいくらい簡単ですよ」
ホントかなぁ。。。。。
とりあえず、、、楽しみですぢゃ。

それにしても、伯母たちのマシンガントークに付き合い、
帰ってきたらぐったり。
やっぱり私は静かな休日が好きなようです。(^○^;;